スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明久「秀吉と一緒に水族館行きたいんだけど」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 23:27:43.72 ID:D/EyvDFT0
秀吉「…お主は何を言っておるのじゃ…」

明久「ほら…これチケット!」

秀吉「カップルげんて…またカップル限定じゃぞ明久!」

明久「いいじゃないか?何か問題でもあるの?」

秀吉「大ありじゃ…」
4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 23:33:26.18 ID:D/EyvDFT0
明久「またまた~w秀吉だって水族館行きたいでしょ?」

秀吉「むっ…それはそうじゃが…店員に止められないかのう…」

明久「それは自信もって言えるよ。100%大丈夫」

秀吉「あまり即答されても嬉しくないのじゃが…」

美波「アキ~?なにやってるのよ?」

姫路「吉井君?なにやってるんですか?」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 23:38:05.89 ID:D/EyvDFT0
明久「ああ二人共実は秀吉と一緒に水族館に右腕が千切れる程痛いィいいいいいい!!」

美波「へ~「二人で」ね~」

姫路「吉井君…?行くならみんなで行きましょうね?」にこ

明久「まって!姫路さん!美波!両腕はやめて!!!」

秀吉「明久も災難じゃのう…」タタタ

明久「あああ!!待って秀吉まだ話が!!!いたたたた!!!」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 23:43:07.20 ID:D/EyvDFT0
秀吉「ふう…まいったのう…なにか知らぬが胸がズキズキする…」

雄二「恋でもしたのか秀吉?」

秀吉「ゆ…雄二!?」

雄二「図星らしいなwんで?相手は誰だ?ムッツリ―ニか?明久か?久保か?」

秀吉「なぜに全員男なのじゃぞ…ち、違うのじゃ…決して違うのじゃ!」

雄二「耳まで真っ赤にしても説得力ないけどなw」

秀吉「むううううう////」

ムッツリ―ニ「………もらった」パシャ

秀吉「あっ…何をしておるのじゃムッツリ―ニ…」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 23:46:14.97 ID:D/EyvDFT0
ムッツリ―ニ「………商売」

秀吉「いったいワシの写真を誰に渡すのじゃ…」

ムッツリ―ニ「………お得意様」

雄二「明久か?」ボソっ

ムッツリ―ニ「………ご名答」

秀吉「お主ら何を話しておるのじゃ…はぁ…」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 23:52:38.10 ID:D/EyvDFT0
放課後

明久「ひ~で~よ~し~」

秀吉「むう…なんじゃ明久…真剣な顔なんぞして…似合わぬのう」

明久「明日午前9時駅前集合お金は持参しなくてよし!」バン

秀吉「あ、明久!…行ってしまったのう…チケット…渡されても困るのじゃが…」

雄二「腹くくるしかねえな」

ムッツリ―ニ「………少し嫉妬」

姫路&美波「…………」

秀吉「はあ…」

雄二「まあ夜遅くならないようにな」

ムッツリ―ニ「…………」ボタボタ

秀吉「何を考えておるのじゃムッツリ―ニ」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 00:02:23.11 ID:+rgJYqpy0
秀吉宅
お風呂
秀吉「やっぱり駄目なのじゃ…男同士じゃぞ…間違っておる…」
回想
明久「秀吉は性別秀吉!」

回想終わり

秀吉「ワシは……男じゃ……」ブクブク

秀吉「ふう…いい湯じゃった…」

優子「…………」

秀吉「ど、どうしたのじゃ姉上…人の顔をジロジロと」

優子「あんたって髪留め付けてないと本当に瓜二つよね…鏡見てるみたい…」

秀吉「そこばっかりはしょうがないのう…」

優子「しかもモテるのは何故かあんたばっかり…しかも男」

秀吉「別に好きでなってる訳じゃないのじゃぞ…」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 00:09:32.57 ID:+rgJYqpy0
優子「あ~あ私にも出会いがないもんかしらね~」

秀吉「(まずはその勝気な性格を直さぬものには…)」

優子「あんた今なんか言った?」

秀吉「き、気のせいじゃ!はっ!そうじゃ!」

優子「何よいきなり目を輝かして」

秀吉「姉上!水族館に興味はないかの?」

優子「水族館…?そ、そうねちょっと行ってみたいかも」

秀吉「ならこれを受け取るがよい」ピラ

優子「何よこれ?カップル限定って…あんた嫌味?私にはいないんだけど」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 00:20:05.64 ID:+rgJYqpy0
秀吉「明日午前9時駅前集合お金は持参しなくてよし!」

優子「はぁ?」

秀吉「明久が待っておる…まぁ行くのはワシという事になっているのじゃが…姉上ならバレぬじゃろ?」

優子「つまりどういう事?」

秀吉「明日明久とデートに行ってくれぬかの?」

優子「はぁ!?何を言ってるのよ!あんたが行きなさいよ」


秀吉「頼むのじゃ…男同士というのは間違っておるじゃろ…」

優子「まあそれも…そうね」

秀吉「それにいい事ばかりじゃぞ?上手く行けば明久と付き合えるかもしれぬし」

優子「な…何言ってるのよ!」

秀吉「顔が真っ赤じゃぞ…姉上…」

優子「……うるさいわね」

秀吉「それじゃあ頼んだのじゃ」

優子「わかったわよ…それじゃああんたの髪留め貸して明日なり済まさないといけないし」

秀吉「(これでよかったのじゃ…これで…)」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 00:30:16.92 ID:+rgJYqpy0


優子「じゃあ行ってくるわ…ねえ?顔へんじゃない?」

秀吉「大丈夫じゃ!早くしないと遅刻じゃぞ?」

優子「わかってるわよ!じゃあ行ってくるわ」

バタン

秀吉「胸が…苦しいのじゃ…」

駅前

明久「秀吉遅いなーあっ化粧とかで時間かかるか!うわーじゃあもっと色っぽく」

優子「ごめーん待った?あっ…待ったかのう?」

明久「いや全然待ってな…あれ?なんか感じ変ったかな?」

優子「うっ…け、化粧なのじゃ!ちょっと失敗してしまったがのう」

明久「あはは…全然失敗してないよ可愛い可愛い」

優子「そ、そい言われると嬉しい…のぅ///」カァッ

雄二「おーい明久ー」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 00:38:58.59 ID:+rgJYqpy0
明久「あれ?雄二じゃないか。それに霧島さんも…あっ!デート?」

雄二「デートに見えるか…?」

明久「うん!でっかい指輪なんかしてもうラブラブじゃないか」

翔子「……私と雄二は…仲良しこよし//」

雄二「どこが指輪に見えるんだ!どう見ても手錠だろうが!!」

翔子「……二人もデート?」

優子「げっ!まずい会長ならすぐ気付いちゃう!」

明久「うん!秀吉とこれから水族館に行くんだ!」

翔子「………秀吉?その子はムグ…」

優子「な、何でもないのじゃ!さぁ早く行こうかの!」

雄二「へえ…」ニヤリ

明久「??そうだねじゃあ行こう!」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 00:50:33.56 ID:+rgJYqpy0
雄二「あれ秀吉の姉さんだよな」

翔子「……間違いない。優子」

雄二「どうしてああなってんだ?」

翔子「……わからない…でもあまり聞くのは良くない」

雄二「そうだな」

明久「二人はどこに行くの?」

翔子「……如月グランドパーク」

明久「また行くんだ!」

雄二「この間は邪魔が入ったからって翔子が聞かなくてな」

翔子「……今夜はお泊り///」

雄二「決してしない」

優子「お…お泊り//」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 00:57:09.81 ID:+rgJYqpy0
雄二「二人も泊まって行ったらどうだ?」ニヤリ

明久「ば、ば馬鹿言わないでよ雄二」

優子「そ、そうじゃぞ!二人ともからかいすぎじゃ!ワシらは男同士じゃぞ」

雄二「男同士…ねえ」二ヤニヤ

優子「(ば、バレテル)」

翔子「……雄二」

雄二「ん?ああ悪いちょっとイジりがいがあったからなw」

翔子「……じゃあまた明日」

明久「え?う、うんじゃあね雄二!霧島さん!」

優子「また明日学校で」

??「目標確認しました」

??「了解」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 01:05:42.52 ID:+rgJYqpy0
明久「(まいったな…雄二のせいできまずい…しかし僕も男だ!ここで雰囲気を変えてこそ!」

優子「(もう…お泊りだなんて…別にいいけど)」

明久「ひ、秀吉!」

優子「な、なんじゃ」

明久「ペ、ぺンギン好き?」

優子「ペンギン…ん~(そうだ…ちょっとからかってみよっと)」

明久「す、好き?」

優子「明久の次くらいに好きじゃな」

明久「ほ、本当に!?なんか喜んでいいのかよく分かんないけど嬉しいよ」

優子「それじゃあこっちからも質問じゃ」

明久「な、何かな?」

優子「明久は姫路と島田とワシの誰が一番好きかのう?」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 01:14:55.51 ID:+rgJYqpy0
明久「(えッ!なにこれいきなり難易度あがったよ?どうすればいいの?これは試されてるのかな?」

優子「(ここでもうひと押し上目使い使って)選べないかのぅ…」

明久「(どうしよう…わからない答えが出ないよ誰か助けて!答えを教えて!)」

明久悪魔「ここは秀吉ってこたえるべきだろ?おい秀吉を泣かせたいのか?」

明久天使「駄目だよ自分の気持ちに嘘ついちゃ!決められないんでしょ?」

明久悪魔「いけよ…秀吉ルートが待ってるぞ」

明久天使「明久は最低のゲス野郎になっちゃうよ!ただでさえバカで甲斐性無しなのに!」

明久「よしきまった!秀吉に決まってるじゃないか!!!」




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 01:23:44.15 ID:+rgJYqpy0
優子「ほ、本当に!?(あっ標準語出ちゃったじゃない)」

明久「うん!僕が考えて今決めた!」

??「仕留めましょう!!」

??「アキーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!」

明久「えっ………ムガァッ!!!!」

美波「あんたいい度胸じゃないの?そうなのね?それがあ・ん・たの素直な気持ちなのね?」

姫路「そうですか…吉井君…この口がイケないんですね…」

明久「(駄目だ…死…んじゃう…)」

明久天使「言ったこっちゃない」

ガサっ

秀吉「気になってつい来てしまったのじゃ…そうか明久はワシを…///だ、ダメなのじゃニヤニヤしたら駄目なのじゃ///」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 01:34:07.29 ID:+rgJYqpy0
結局4人でデートする事になりました

美波「いいわね?アキ?次軽はずみな発言をしたら…」

姫路「四肢が無くなりますよ?」ニコニコ

明久「姫路さん…冗談だよね?ね?」

優子「仲が相変わらずいいのうお主達は」

明久「秀吉…仲全然よくないよむしろ険悪だよ。」

美波「あっみてみて!タツノオトシゴよ!」

姫路&優子「本当!可愛い…」

明久「(うんうん…やっぱり女の子3人が楽しんでくれるだけで来たかいがあったね)」

美波「あ!見てこれなんてアキにそっくり!」

姫路&優子「本当にそっくり…」

明久「いや僕ってそんなにナマズに似てる?」

秀吉「ムムム…なにやら楽しそうじゃの」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 01:46:49.63 ID:+rgJYqpy0
明久「そういえばイルカのショーがやるとかやらないとか」

美波「本当に!?見に行くわよ!」

明久「秀吉…」ボソっ

優子「ん?どうしたのじゃ?明久?」

明久「こっそり抜け出そうか?」

優子「二人は大丈夫なのかの?」

明久「うん!二人には僕が上手く行っておくよ。だから入口に行ってて」

優子「わかったのじゃ」

入口前

優子「慣れない口調で話すと疲れるわね…」

秀吉「姉上…」

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 02:32:25.62 ID:+rgJYqpy0
優子「ん?あら秀吉じゃない?なについてきてたの?」
秀吉「ふ、二人のその後が気になっての…」

優子「ふ~ん」
秀吉「………」

優子「変わってほしい…?」
秀吉「んにゃ?」

優子「変わってあげてもいいわよ…そのかわり1週間ずっと私の奴隷」

秀吉「姉上!いくら何でもそれは」

優子「じゃあこの話は無し」

秀吉「むうううう」


10分後

明久「遅くなってごめーん!あの二人イルカに夢中だったからなんとかごまかせたよ」

秀吉「そ、そうじゃったのか!それは良かったのう」

明久「あれ?また雰囲気変わった?」

秀吉「そんな事はないのじゃいくかの明久」

優子「この借りはキッチリ返しなさいよ秀吉」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 03:04:44.20 ID:+rgJYqpy0
明久「ねえ…秀吉…」

秀吉「ん?なんじゃ明久」

明久「今日は楽しかった?」

秀吉「ん?そうじゃの楽しかったぞ(一緒にいたのは姉上じゃけどな)」
明久「そっか!秀吉にはいつも迷惑かけてるし何かお礼がしたくてさ」
秀吉「そんな気遣いいらんのじゃぞ?明久?お金も余裕ないんじゃろ?」

明久「そ、それはいいんだ。秀吉が喜んでくれたならいいんだ」

ムギュ

明久「ひ、秀吉!?」

秀吉「明久は優しすぎるのう…ワシは男じゃというのに…」

明久「だ、ダメだよ秀吉!それ以上抱きつかれると僕は」

秀吉「冗談じゃ」二コリ

明久「はは全く僕ががっつかないからいいけどもしがっつく人がきたら秀吉襲われちゃうよw?」
秀吉「何かが根本的に間違っておるがの」

明久「じゃあまた明日学校で…」
秀吉「うむ…また明日おやすみ明久」
秀吉「……何をやっているのじゃワシは!!!……しかしこんなことなら」
秀吉「最初から…行けばよかったのう…」

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 03:27:05.92 ID:+rgJYqpy0


秀吉「おはよなのじゃ~ってなんなのじゃこれは!!」

明久「あー秀吉い…みんなが…」

須川「幸せ者には地獄を見せるそれが!」

FFF団「われら異端審問会の掟!!」

雄二「なぜに俺までされにゃならんのだ!」

明久「もう昨日から痛めつけられて体ボロボロなのに」

FFF団「死刑!死刑!」

明久「あ待って!そっちには曲げないでいやああああああああ」

秀吉「……無念じゃ明久」

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 11:06:18.79 ID:u4p8mxeJ0
美波「木下ちょっと聞きたいんだけど…」

秀吉「ん?何じかの?島田?」

美波「あんたってもしかして本当にアキの事好きなの?」

秀吉「!!!!な、何を言っておるのじゃ!そんな訳ないじゃろ」

美波「そ、そっか!そうよね!ならいいんだけどさ」

秀吉「(やっぱり本当の事は言えないのじゃ…」

明久「はぁはぁやっと終わった…全く命がいくつあっても足りないよ」

秀吉「お疲れ様じゃの明久」

雄二「俺は行きたくて言った訳じゃないのに理不尽過ぎる」

秀吉「ドンマイじゃ雄二」

ムッツリーニ「………昼食」

明久「あっ!そうだね。じゃあ水のみ場に行ってくるよ」

秀吉「待つのじゃ明久」

明久「どうしたの?秀吉?」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 11:20:12.73 ID:u4p8mxeJ0
秀吉「そ、そのワシのせいで食べられないのじゃろ?」

明久「そ、そんな事ないよ秀吉。慣れてるからこういうのは!」
秀吉「だから作ってきたのじゃ…あまり料理は得意じゃないのじゃが…」

明久「秀吉のお弁当…本当にいいの?」
秀吉「ワシからの少しでものお礼じゃ…屋上でもいこうかの」

美波「木下…あんたやっぱりアキの事を」

姫路「これは私たちも一緒に食べるしかありませんね」

姫路&美波「ちょっと二人共!」
雄二「おっと二人共…ちょっと待ってくれ」

ムッツリーニ「……これには事情がある」

美波「何よ事情って!」

翔子「……吉井はいつも木下にお世話になってるから誘った…そしてそのお礼に木下はお弁当を作った」

雄二「そういう事だ。別に二人に恋愛感情がある訳じゃない」

ムッツリーニ「………そういう事」
姫路「そうだったんですか」
美波「恋愛感情がないなら別にいいかな…まぁ少しだけならだけど」

ムッツリーニ&雄二&翔子「(………大嘘)(確証はないがな)(……恋愛感情があるとはいえない)」

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 11:33:21.45 ID:u4p8mxeJ0
雄二「ところで翔子…何故お前がここに?」
翔子「……私たちも一緒に屋上で食べる」

雄二「お断りだ」
翔子「……来ないと」バチバチ

雄二「分った!分ったからスタンガンを離せ」
姫路「仲のいいカップルって羨ましいですよね」

美波「憧れちゃうよねー!」
屋上

明久「いやーやっぱり昼は屋上だよねー!」

秀吉「そうじゃな…風も気持ちよくて言う事無しじゃな」

明久「静かだと思ったら二人きりだしね!」

秀吉「…二人きり…」カァッ

明久「あっ…」カァッ

雄二「二人して何赤くなってんだ?もういちゃつきタイムか?」

明久&秀吉「いちゃついてなんか(いないよ!)(いないのじゃ!)」


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 11:37:00.40 ID:u4p8mxeJ0
雄二「あーあー分った分ったじゃあ俺たちはこっちで食べるから」
翔子「……お弁当は女の武器の一つ…頑張ってね」ボソッ
秀吉「ワシは男なのじゃが…」

雄二「いいか!絶対に何もするなよ翔子!」
翔子「……分かってる」

秀吉「それでは明久食べるとするかの?」
明久「そうだね!楽しみだよ!まともな物食べてなくて…姫路さんのお弁当は…」

秀吉「思い出すのはやめるのじゃ明久…」

明久「そ…それではさっそく」ドキドキ

秀吉「あまり上手くはないのじゃぞ?」パカッ

明久「オオオオ!まともなお弁当じゃないか秀吉いい!!」

秀吉「お主も色々と大変じゃのう」

明久「じゃあいただきます!から揚げから」パクッ

秀吉「ど、どうかの?」ドキドキ

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 11:46:10.99 ID:u4p8mxeJ0
明久「うん!美味しいよ秀吉」

秀吉「そ、そうかの!それは良かったのじゃ」

明久「っていうか秀吉が作れば何でも美味しいよ!」

秀吉「またお主はそうやって…」カァァッ

明久「どうしたの秀吉?うつむいて顔真っ赤だよ?熱でもあるの?」

秀吉「何でもないのじゃ!」

翔子「………雄二…アーン…」

雄二「やらん」

明久「………(羨ましい)」

秀吉「あ、明久」

明久「ん?なに?秀吉」

秀吉「して…ほしい…かの?」

明久「えッ…」ドキッ


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 11:54:11.47 ID:u4p8mxeJ0
明久「う、うん…」

秀吉「それじゃあ箸を貸すのじゃ」

明久「(秀吉のアーン…なんて僕は幸せ者何だ!!もういつ死んだっていい!)」

秀吉「何故か緊張するのう」

明久「(後で異端審問会から死刑を与えられるだろけど構わない!僕はこの一瞬を楽しむ!)」

雄二「作戦にはまったな翔子…」ニヤ二ヤ

翔子「………世話が焼ける…」

秀吉「そ、それじゃ明久…あ、アーン」

明久「あ…アーン(胸が破裂しそうだー!!)」パクッ

秀吉「どうじゃったかの?」

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 12:06:37.33 ID:u4p8mxeJ0
明久「幸せだよ秀吉…」

秀吉「泣かんでもいいじゃろ…って明久…後ろ」
明久「え?後ろ…」

須川「連れて行け!」
FFF団「かしこまりました!!」

明久「えっ!?ちょっと待ってみんな僕まだ全部食べてな…いやあああああ!!」
秀吉「行ってしまたのう…」

雄二「これでワンステップ決めたな秀吉」ニヤ

翔子「……ゴールまで後もう少し」

秀吉「ゴールって…何なのじゃ…」

翔子「……ちなみに私と雄二はもう秒読み段階に」

雄二「入ってないからな秀吉!誤解するなよ」

ムッツリーニ「……色々と撮らせてもらった」

秀吉「ムッツリーニ?どうしてお主がこんな所に」

ムッツリーニ「………これはプレミアがつく」

秀吉「そ、それはワシが明久の口にご飯を運んでるシーンじゃ!駄目じゃムッツリーニ渡すのじゃ!」

ムッツリーニ「………サラバ」

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 12:23:12.67 ID:u4p8mxeJ0
雄二「んで…そろそろ決めたほうがいいんじゃねーか?」

秀吉「決める?…とな」

翔子「……吉井の事…好きなんでしょ?」

秀吉「ななな何を言っておるのじゃ!わ、ワシは」

雄二「好きなんだろ?」

秀吉「………」

雄二「やっぱりな…最近の秀吉見てればわかるっつーの」

翔子「……告白しないの?」

秀吉「ワシは男じゃ…」

雄二「好きなら性別なんて関係ねーよ。まぁするもしないもお前次第だ…」

翔子「……後悔しないように慎重に考えて…」

秀吉「………」

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 12:34:12.55 ID:u4p8mxeJ0

秀吉「ワシは…明久の事が…でも性別の壁が」

秀吉「しかしこのままにしておく訳にもいかぬ…どうすれば」

チンピラA「おっ!可愛い子はっけーん!」

秀吉「なんじゃお主たち!」

秀吉「クッ離すのじゃ!ワシはそれどころじゃないのじゃ!」

チンピラA「早く連れってちゃっおうぜw」

葉月「………あれ?前に遊んだおねえちゃん?」

文月学園

明久「だーかーらー火やぶりだけはらめえええええええ」

FFF団「さーって吉井の丸焼きがそろそろ出来上がるぞー」
雄二「悪夢だ…」
ムッツリーニ「……地獄絵図」

ガラッ

葉月「馬鹿のお兄ちゃ~ん!!」

371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/01(月) 11:15:53.12 ID:sjkNGfXP0
明久「あれ?葉月ちゃん?どうしたの?」

美波「この子ったらアキに会いたいらしくてつい…こら!駄目でしょ葉月。学園内に勝手に入ってきちゃ」

葉月「バカなおにいちゃんこんにちはです!」

明久「こんにちは葉月ちゃん。」

雄二「ようちびっ子遊びにきたのか?」

葉月「ちびっ子じゃないです!葉月です!」

ムッツリーニ「………」カシャッ

明久「ごめんね葉月ちゃんこんなむさ苦しい教室にこさせちゃって。秀吉がいればまた違かったんだけど」


372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/01(月) 11:26:19.10 ID:sjkNGfXP0
葉月「秀吉ってあのおねえちゃんの事ですか?」

明久「そうだよ。あの可愛いお姉ちゃんって足がもげるように痛いいいいいいいいいい」

美波「ふ~ん私たちだけじゃ駄目って訳ね」

明久「ちち違うよ!決してそんなわけじゃ…」

葉月「お姉ちゃんなら男の人二人と仲良くしてどこかに行っちゃいましたよ?」

明久「……男?」

雄二「あ~あ明久先を越されたなw」

明久「そのお兄さん達ってどんな感じだった?」

葉月「う~んちょっと怖い感じの人達でした…」

ダッ!

雄二「おい!明久」

明久「ムッツリーニ!現在地とか分るかな!!」

ムッツリーニ「………秀吉には発信機をつけてる」

明久「サンキュームッツリー二!急がないと!」

374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/01(月) 11:41:48.14 ID:sjkNGfXP0
明久「(クソっ!秀吉一人で帰らせるなんてなんて危険な事をさせたんだ!」

明久「(急がないと秀吉が…)」

とある倉庫

チンピラA「うひょー!これは上玉だな」

チンピラB「たまんねーなー!めったにいないぜこんな可愛い子は」

チンピラC「ところで何故気絶しているんだ?」

チンピラB「ああ…軽く殴ったら気を失ってな…」

チンピラA「さてっじゃあそろそろいただくとするかな」

ドガーン!

チンピラA「な、なんだ!?」

チンピラB「だ、誰だ!?」

明久「秀吉!!!!」

377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/01(月) 11:55:28.35 ID:sjkNGfXP0
チンピラB「何だーこいつは」

チンピラA「ただのガキだな」

明久「……どっちだ…?」

チンピラC「あ?」

明久「…秀吉に手を出したのはどっちだって…きいてんだ…よ!!」

チンピラAの顔にけりを入れる
チンピラA「グワァ!」

チンピラC「何だこいつ!一人で勝てると思ってんのか?」

明久「グッ!」
チンピラBに拳を入れられる。こいつらやけに一発が重い…まずッい
チンピラB「じゃじゃーん!」

そいつの手にはご丁寧にメリケンがつけられていた…なるほどな

明久「らああああああ!!」

チンピラCになぐりかかるが止められ逆に殴られる

明久「お前ら…絶対にゆる…さねえ…」

失いかける意識をなんとか保とうとする

381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/01(月) 12:04:05.76 ID:sjkNGfXP0
チンピラB「止めだ!」

チンピラBが僕の顔に一発を決めようとする。

雄二「全くお前は一人で無茶しすぎだ」

その手を押さえたのは雄二だった…

チンピラB「があッ」

チンピラBが倒れる。倒れた背後には…

ムッツリーニ「……呆れる」

明久「雄二…ムッツリーニ」

雄二「さーて後は一匹だけだけどまだやるのか?」

チンピラC「クッガキごときに負けられっかよ!」

雄二「はあ…しかたねえ…なぁ!」

チンピラCの拳をかわし腹に一発を決めチンピラCは倒れた

明久「…みんな…ごめん…結局僕一人じゃ…」


382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/01(月) 12:16:12.00 ID:sjkNGfXP0
雄二「ばーかw謝る暇があるなら早くそこの」

雄二が眠っている秀吉を指差す

雄二「お姫様を連れて行った方がいいんじゃねーの」ニヤッ

明久「あっ…ごめん…秀吉!大丈夫?起きて」

秀吉はなかなか起きない

明久「こういう時…どうしたいいの?」

ムッツリーニ「………お姫様抱っこ」

僕の顔が一気に熱くなる

雄二「おいムッツリーニ明久にそんな事が出来る訳がないだろ」

明久「な、なんだと雄二!僕にだってそれくらい」

秀吉を抱えてやってみる…か、軽い…そしていい匂いガ…

ムッツリーニ「………明久もし変なことをしたら…」

明久「わ、分かってるって!しないしないよ!」

姫路&美波&葉月「大丈夫(ですか?)だった?」

388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/01(月) 12:37:14.66 ID:sjkNGfXP0
姫路「明久君…」ニコリ
美波「アキ…」ゴゴゴ
葉月「ふみゅうう」ウルウル

明久「いや…ちょっと待ってよみんな!…これには誤解が」
姫路&美波「問答無用おおおお!!」

雄二「ちょっと待ってくれお二人さん」

美波「何よ坂本!邪魔するならあんたもろとも」

ムッツリーニ「………この現状を見れば分かる」
僕はボロボロ。秀吉は気を失っている。倒れたチンピラ三名。そしてお嬢様抱っこ…

姫路&美波「アッ…」
雄二「そういう事だ」

ムッツリーニ「………」コクコク

姫路「まあ…そういう事なら」
美波「しょうがないか…」

よし!いまのうちに

明久「じゃあ…僕は先に帰るからね!」
美波「あっ!アキ!」

雄二…ムッツリーニ…恩にきるよ!


389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/01(月) 12:46:57.97 ID:sjkNGfXP0
夕暮れの帰り道

明久「(こう近くでみるとやっぱり…秀吉って…)」

秀吉「……」スヤスヤ

明久「可愛い…」

い、いかん!理性を保て!いくら可愛いからって駄目だ!こんな…

秀吉「ムニャ…」

キスぐらいなら…いいよね

そしてだんだん近づく僕と秀吉の顔の距離…ヤバイ!心臓が破裂する!

明久「(こんな所異端審問会に見られたら…)」

周りを確認する…よし!いない…よし!決める!!

明久「秀吉…じゃあおいとまして…」

秀吉「う?うーん?え?なっ?」

あっ起きた…

401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/02(火) 20:17:34.08 ID:f7BXmQDNO
秀吉「顔が近いのじゃ…明久」

あれ?意外と冷静?まだ寝ぼけてる?ちょっと拗ねた顔が可愛いよ秀吉


明久「あーごめんごめん秀吉。つい…」


秀吉「ところで…明久この状態は…何なのじゃ…」


そう言えば僕は秀吉をお嬢様抱っこしてたんだっけ…


明久「ごめん!秀吉すぐ止めるよ!!」


慌てて降ろそうとする僕に秀吉は告げた


秀吉「このままでいいのじゃ!」


明久「え?」


秀吉「このまま…でいいのじゃ…」


僕の胸に抱きつく秀吉

403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/02(火) 20:22:42.29 ID:f7BXmQDNO
明久「え!あっ!うん…分かった」


秀吉の顔は僕の胸に張り付いて見えないけど体は微かに震えていた


秀吉「お主が…助けてくれたのじゃろ?」


明久「あー僕一人じゃ助けられなかったよ。雄二とムッツリーニのおかげだよ」


秀吉の声は微かにかすれていた


秀吉「そんなに…傷ついて…」


明久「こんなのすぐ治るよ!心配しないで!」


秀吉「心配するなと言う方が無理なのじゃ!!」

そう告げて顔を上げた秀吉の顔は涙でいっぱいだった


明久「泣かないでよ…秀吉」


秀吉「明久には無理をしてほしくないのじゃ…」


410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/02(火) 20:36:15.22 ID:f7BXmQDNO
明久「無理じゃないよ…僕は自分の大切な人達を守りたいだけだよ…」


秀吉「明久…」


明久「だから余り自分を責めないでよ秀吉…僕ら仲間でしょ?」


そう告げるとまた秀吉は顔をうずめてしまった


秀吉「すまぬのう…明久また…迷惑かけて…」


明久「迷惑なんかじゃない!」

秀吉「最近泣いてる顔ばかり見せてしまっておるの…」


明久「あはは!そんな秀吉も可愛いよ」


秀吉「明久…ちょっと目を瞑ってくれぬかの…?」


414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/02(火) 20:47:25.92 ID:f7BXmQDNO
明久「えっ…う、うん」

秀吉「これはお礼…なのじゃ」

チュッ…

明久「えっ!?」

秀吉「受け取っておくのじゃ…」

見ると秀吉の顔も真っ赤だった。か、可愛い

明久「いい、今ぼ、ぼぼ僕の頬に何かし、した?」
秀吉「それと…あ、明久には言わなきゃ…いけない事が…」

遂に秀吉の耳まで紅くなってきた、そして僕の顔ももう真っ赤っか

明久「(まずい、顔が焼けるように熱いよ…しかも秀吉まで…どうしたらいいんだろ)」


秀吉「明久…ワシは…いけない事だとわかっておるのじゃが…ワシは…」
明久「ひ、秀吉!」


鼓動が早くなるのを感じる。今まさに最高潮に


秀吉「ワシはの…あ、明久の事が…」

421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/02(火) 21:08:06.11 ID:f7BXmQDNO
秀吉「ワシは…明久が…明久の事が…」

美波「アーーーーーーーーーーーーキーーーーーーーーーー!!!!」

雄二「わりい明久…やっぱり無理だった!」

ムッツリーニ「………作戦失敗」
秀吉「あっ…」

明久「ごめんっ!秀吉危ないから降ろすね!!!」

間一髪!僕が秀吉を降ろした瞬間美波の跳び蹴りが飛んできた

美波「よーーく考えて見るとやっぱりおかしいわ!異性で一緒に帰るなんてやっぱりおかしいわよね!」
雄二「まぁ…確かに少し考えれば分かるか…」

ムッツリーニ「………合掌」

あー人ってこうやって死んでくんだなー

明久「美波…き、傷が…致命傷に…」

美波「うるさーい!木下に手を出してないでしょうね!」

手は出してないけどちょっとはあった…とは言えない

明久「ないです!ないです!」

秀吉「(やはりワシと明久じゃ駄目なのじゃろうか…)」


521 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/03(水) 12:27:14.70 ID:/34TDkjNO BE:350316623-2BP(0)
sssp://img.2ch.net/ico/gikoneko2.gif
明久「いたたたた…!…ん?秀吉どうかした…?」


秀吉の顔が少し悲しそうな顔をしたような気がした

秀吉「いや、何でもないのじゃ…気にしなくていいのじゃ」


明久「???大丈夫ならいいんだけど…ね」

秀吉「(やっぱり伝えるのはやめるかの…)」
その後、雄二が止めてくれて僕は事なきを得た


美波「はぁ…何か疲れちゃったわ…」


姫路「そうですね…そろそろ明久君が可哀想になって来ちゃいました」


そう言うと二人は少し前を歩いて先に歩き出した
今しかないかな

523 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/03(水) 12:37:08.83 ID:/34TDkjNO
明久「ねぇ秀吉…」

やっぱり浮かない顔をしている秀吉が気になって仕方なかった

秀吉「…………」

僕の問いかけにも応じず秀吉はどこか上の空だった

明久「秀吉」

ちょっと肩を叩いてみる……

秀吉「はっ!あ、明久…」
明久「やっぱり何か変だよ秀吉…言いたい事あるなら言ってくれなきゃ分からないよ」

秀吉「大丈夫じゃ。ちょっと疲れてしまってのう…」

確かに色々あったしね…仕方ないか…あっそう言えば今しかチャンスはないかな?僕も勇気を出さなきゃ

明久「あのね…ひ、秀吉僕はね」

秀吉の顔が急にパッと変わる

秀吉「(何じゃ…もしかするとこれは…)」

明久「僕は、秀吉の事が大……」

雄二「おら~なにしてんだおまえら!早く行くぞ」

ちぃぃ!雄二の奴今が大事な時なのに

524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/03(水) 12:45:24.46 ID:/34TDkjNO
明久「(仕方ないね…明日にでも…)」


そして僕と秀吉はみんなの元に向かった


木下家
秀吉「明久は…何を言おうとしたのかの…」

優子「秀吉~ぃ!私の本知らない本!」


秀吉「本?いやワシは何も知らぬぞ?」

姉上が困り顔でワシの隣に座ってきた…珍しいのう

優子「あーまた後で探そう!明日代表に渡さなきゃいけない大切な本なんだけどね」


秀吉「姉上が物を無くすなんて珍しいのう」


優子「偶には失敗だってあるわよ」


そしてしばらく沈黙していたのじゃが姉上が再び話かけてきた。


優子「あんたさ~いつ伝える訳?」

530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/03(水) 13:00:07.15 ID:/34TDkjNO
秀吉「な、何がじゃ」

優子「ここまで言えばもう分かるでしょ?」

相変わらず姉上は鋭いのう…

秀吉「ワシはこのまま今のままを貫く事にするのじゃ」

優子「………」

秀吉「やっぱり何かおかしいと思うのじゃ…もしワシの気持ちを告げて何かが変わってしまうくらいなら…伝えぬ方がいいと考えておるのじゃ」

優子「………それでいいの?」


秀吉「いいんじゃ!これで、明久達に迷惑がかかって関係がこじれるのは」

優子「ていっ!」

秀吉「いたっ!何をするのじゃ姉上!」

優子「さっきから明久明久うるさくて腹立ってきたわ。あんたの気持ちはどうなのよ」

秀吉「……」

優子「それでそのままの状態になってもあんたが傷つくだけじゃないの?」

優子「私がもしあんたの立場だったら…伝えるわね!イライラするし自分に」

優子「大事なのは気持ちでしょ?男なんだからいじいじしてないでスパッと伝えなさいよ!」

532 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/03(水) 13:05:18.74 ID:/34TDkjNO
そう言うと姉上は自分の部屋に戻っていった。慰めてくれたのじゃろうか?いや、カツを入れにきたのじゃな…姉上らしいのう


少しベランダに出てみようかの…
回想

明久「秀吉は性別秀吉!」
明久「秀吉は笑ってる顔が一番可愛いよ!」
明久「泣かないでよ…秀吉」

回想終わり


姉上のおかげで大分心余裕が出来たのじゃ

一晩考えて決めるかのぅ…

秀吉「ワシは…明久が…大好きなのじゃ」

536 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/03(水) 13:13:29.53 ID:/34TDkjNO


秀吉「姉上!」

姉上は玄関で身支度を整えもう行こうとしていた

優子「どうかした?」

秀吉「決めたのじゃ!ワシは後先考えないで明久に…気持ちを告げようと思う!」

優子「……そっ」ニコ

姉上が笑って答えた。姉上の笑顔なんていつぶりかの…

秀吉「姉上有難う、色々楽になったのじゃ…」

素直に頭を下げる

優子「なんの事?私は何にも言ってないわよ」

ガタンっ

優子「本当に…世話の焼ける弟」

優子「頑張れ!秀吉!」

秀吉「姉上…本当に有難うなのじゃ…」

542 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/03(水) 13:23:13.96 ID:/34TDkjNO
文月学園
秀吉「明久…ちょっといいかの…」

明久「あぁ秀吉!僕もちょうど秀吉に話があったんだ…」

秀吉「ん?明久どこに行くのじゃ?」

明久「屋上に行こう秀吉」
屋上

ダメじゃいざ言おうとすると緊張するのじゃ…初めてじゃのう…告白なんて

明久「………」

明久は何も言わずただワシを見つめている

秀吉「ずっと…ずっと言おうか迷っていたのじゃ…」

明久の顔がまとめに見れずうつむきながら話す

秀吉「ダメじゃダメじゃと…分かっていながらここまできてしまったのじゃ」

秀吉「でも、自分の気持ちに嘘をつくのは限界なのじゃ…」

秀吉「色々な人に頼りながら力を貸して貰いながらここまでこれたのじゃ」

秀吉「だから最後はワシの力だけで…」

明久「うん」

544 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/03(水) 13:34:08.47 ID:/34TDkjNO
秀吉「一度しか言わない…言えないからちゃんと聞いてほしいのじゃ」

明久「うん」

秀吉「明久…ワシは…明久の事が…大好きなのじゃ!!」


そう告げた瞬間暖かい体がワシを包み込んだ

明久「よく頑張ったね…秀吉…」

その言葉を聞いた瞬間涙が出た

我慢して声を漏らさないように気をつける秀吉

明久「秀吉!僕も秀吉が大好きだよ!」

秀吉「あき…ひさ」

明久「今まで辛い思いさせてごめんね秀吉…僕は相変わらずバカだね」

明久「もう一度言うよ。僕は秀吉が大好き」

僕は秀吉の涙をそっと指でふく
そして
明久「秀吉目をつぶって」
そっと僕は秀吉にキスをした
僕が支えてあげるんだ!もう秀吉が泣かないように……

fin


関連記事

Comment


(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

DVD

絶対美少女48人!厳選素人4時間 GLAM PLUM BEST [DVD]

好きで好きで、すきで HD [Blu-ray][アダルト]

つぼみのパイパン極小モザイク [DVD][アダルト]

秘蔵ロリパイパン200分 [DVD][アダルト]

ある日突然モテ男に変身!?オッパイだらけの夢のハーレム性活 さとう遥希 つぼみ 愛原さえ 北川瞳 [DVD][アダルト]

中出し痴漢バス女子校生 つぼみ [DVD][アダルト]

牧瀬みさ 初中出し天国 [DVD][アダルト]

SOFT ON DEMAND 男性ユーザー100万人が選んだ!確実にヌケるガチンコ素人お嬢さん2010年間BEST.20 [DVD][アダルト]

ギリグラ!! 秘宝館 北川りな [DVD]

ギリグラ!!秘宝館 相澤久美 [DVD][アダルト]

センチュリオン 青山佑香 [DVD][アダルト]

初裸 virgin nude カレン [DVD][アダルト]

ハックツ美少女 Revolution 桃川奈々 [DVD][アダルト]

モォ~娘 クリアホール 大容量ローション120ml付き

うぶばーじん

ペペローシヨン 360ml[アダルト]
Copyright © えすえす・SS管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。