スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫子「もぶおん?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/14(土) 23:56:32.07 ID:H5EAhf4N0

三花(軽音部のライブかっこよかったな~)
(でもあれくらいなら私にもできるかも・・・)
(でも受験が・・・いやいやできる私なら両立できる!)




三花「じゃあさっそく姫子、バンドやろう!」

姫子「えっなんで?」

三花「だって軽音部のライブ超かっこよかったじゃん!!」

姫子「まぁ確かにそうだけど、なんで私なの?それに私、楽器できないよ」

三花「姫子がギターヴォーカルならかっこいいじゃん!ちなみに私はキーボードだよ!」

姫子「興味はあるけど、さすがに無理がない?」

三花「じゃ決まりだね!あとはベースだね。誰がいいかな~ふふふ面白くなってきたよー」

姫子(話聞けよ・・・)
2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 00:01:14.92 ID:j54rlNvN0

よくじつ!


三花「姫子ベース出来る事とか知らない?」

姫子「だから、私はやるとか言ってないって・・・でも、違う学校でバンド組んでない
ベースの子が知り合いにいるよ」

三花「あぁ!いちごとかどうかな!?あのちっちゃい体ででっかいベース持ってさぁ」

姫子(話聞けよ・・・)

三花「じゃ早速、誘ってみよっと!」

姫子「いや、だからさぁ・・・」

三花「い~ちごっ!」

姫子(聞いちゃいない・・・)



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 00:04:58.90 ID:j54rlNvN0

いちご「なに?」

三花「私と姫子でバンドやるんだけど、いちごベースできるよね?一緒にバンド組まない?」

いちご「やだ」

三花「またまたご謙遜を、姫子がギターヴォーカルで私がキーボードだよ。ほらほらユーも入っちゃいなYO!」

姫子「いやいや、私もまだやるとは・・・」

いちご「やだ。ていうか、受験でしょ?」キュー

三花「ふっふっふーお姉さんはなんでも知ってるのだよいちご君。いちごは部活でK大の推薦もらえるし、姫子は専門だから受験は無し!」

姫子「へぇK大ってすごいじゃんいちご。ってなぜ私のも知ってるの?」

いちご「・・・」

三花「そうと決まれば、今後の方針と親交を深めるために放課後ミーティングだー」

姫子「えっちょっと」
いちご「・・・」




8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 00:10:10.82 ID:j54rlNvN0


ほうかご!


みか「というわけで!私たちの新たな門出を祝ってかんぱーい」

姫子「か、かんぱーい」(結局押し切られてしまった・・・)

いちご「・・・」

三花「早速、これからの方針なんだけど・・・」

姫子「いちご大丈夫なの?」ヒソヒソ

いちご「何が?」

姫子「いや、本当にバンドやる気なの?ていうかベース・・・」ヒソヒソ

いちご「できるわよ」

姫子「え、マジだったの・・・?私はやっぱ無理だなぁ2人には悪いけど・・・」ヒソヒソ

姫子「ねぇ三花、私やっぱり・・・三花「ということで、このバンドで軽音部、いやHTTをブッ倒します!!」

姫子「はっ?」
いちご「・・・」



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 00:15:01.39 ID:j54rlNvN0

三花「姫子、心配しなくても大丈夫よ。ギターは昔パパが使ってたのがあるし、知り合いの
スタジオスタッフに指導してもらえるわ!」

姫子「いやだから、私は・・・」

三花「私、HTTのライブ見て焦ったの・・・もちろん感動もしたけど、だらしないニート
一直線な平沢さんや、
かわいいだけが取り柄のヘタレの秋山さん、ずぼらなデコ、沢庵があんなに輝いてるんだもん」

姫子(なんか語りだしたよ・・・ていうか唯のイメージひどい)



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 00:20:02.13 ID:j54rlNvN0

三花「たくさんのお客さんを一瞬で虜にしてしまうあの子たちに比べて、自分はなんて平凡で
冴えない人間なんだろうって・・・私も何かしなきゃって思ったの」

いちご姫子「・・・」

三花「それで思い付きでバンドしようって思っただけなんだけど、その思い付きさえも形にできないようじゃ
また前の冴えない私のままで終わっちゃう・・・だから、だからお願い力を貸して!」

姫子「・・・三花」
(確かにあんな輝いてる瞬間、わたしの人生じゃなかったな・・・このままじゃずっと冴えないままか・・・)

姫子「よし、わかったやろう!」

三花「姫子・・・ありがとう!」

いちご(立花姫子。押しと情熱に弱い)



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 00:26:19.06 ID:j54rlNvN0

姫子「でも三人だけでやるの?向こうは5人もいるのに」

三花「確かに、3人だけじゃ音の厚みとグルーヴでは劣るわね」

いちご「その前になんでドラムいないの」

三花「・・・やっぱドラム必要?」

姫子「まさかとは思ってたけど探してないの?」

いちご「ドラムいないなら私やらないから」ツーン

三花「えー全然考えてなかったよ・・・どうしてもいなきゃダメ?」

いちご「ダメ」

姫子「困ったわね。誰かドラムできる人いる?」

三花「んー信代なんてどうかな?イメージならドラマーっぽいよ」

姫子「イメージってあんたねぇ」

いちご「・・・」




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 00:32:49.11 ID:j54rlNvN0


よくじつ!


三花「中島信代さん」

信代「ど、どうしたの三花?そんな改まって・・・ていうか頭上げてよ」

三花「一生のお願いですドラマーになってくださいっ!!」ゴッ

信代「ちょ、ちょっと廊下で土下座しないでよ!しかもなんでドラマー!?」

三花「これでもダメですか・・・然らばこれでぇ!!」ビタン

信代「こっ、これは謝罪の最上級、伝説の土下寝!!?」

いちご(何が彼女をそこまで駆り立てるのか)



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 00:44:07.29 ID:j54rlNvN0
姫子「ちょっと何やってんの三花!信代困ってるじゃない!」

三花「三度の礼でもダメでしたか・・・」

信代「三顧の礼っていいたいのかな・・・よくわかんないけど、私にドラムやってほしいの?」

姫子(こんなのでよく伝わったわね・・・)

三花「そういうことだよ信代君!詳しく事情を話すとだね~カクカクシカシカシカクイ・・・」


信代「なるほど、軽音部に触発されてバンドを組んだはいいけど、ドラムが入らないと早くも解散の危機だから、
とりあえずドラマーっぽい私を誘ったと・・・」

いちご(理解力ありすぎだろこの豚)


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 00:49:55.82 ID:j54rlNvN0

すたじお!

姫子「トントン拍子で決まったわね。まさか声掛けられて5日で初練習なんて」

三花「まさに行動力の勝利だよ!」

いちご(若さって怖い)キューティクル

姫子「でも信代はよかったの?私と一緒で初心者でしょ」

信代「全然!むしろ嬉しいくらいだよ。家業を継ぐから、このまま高校卒業までモラトリアムな時間を
過ごすだけだったし、何か趣味も欲しかったしね」

三花「やはり、私の千里眼に狂いはなかったわね!」

姫子「いやそれも微妙に違うし。とにかく、私と信代はしばらくスタッフさんと個人レッスンだね」

いちご(響きがやらしい・・・)///



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 00:58:05.10 ID:j54rlNvN0

三花「その間に、私といちごで曲を作っておくから楽しみに待ってなボーイズ&ガールズ!」

信代「なんか頼もしいね。でも、三花って曲作りなんてできるの?」

三花「そ、その辺はいちごが手とり足とりナニとり・・・」

姫子「プッ、セクハラだぞー」

いちご「と、とにかく///まずは3曲作るから2人は基礎を身につけて」

信代「了解」
姫子「ふふっ、ごゆっくり~」




26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 01:07:29.95 ID:j54rlNvN0


よくげつ!


三花「ふーなんとか歌詞はできたね。私の中1から欠かさず書いてるポエムが役に立ったよ!」

いちご「時間かかりすぎ。あと、歌詞にエッジ利きすぎ」

三花「黒歴史とは呼ばせない!私も色々忙しいんだよーでもまぁ曲は大体出来てるんでしょ?
あとは歌詞乗っけるだけじゃん。それにギターヴォーカルとドラムにはまだ時間が必要でしょ!」

いちご「・・・そうね。順調だといいけど」

三花「ふー最近寒くなってきたね。あぁ早くライブしたいなぁ」

いちご「・・・三花疲れてる?」

三花「え?そんなこと無いよー。でも最近、歌詞作りでちょっと寝不足かなぁハハ」

いちご(・・・みんなウソが下手ね)





28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 01:16:30.26 ID:j54rlNvN0

すたじお!①


スタッフ1「信代ちゃんセンスあるねー。見た目でパワー系かと思ったけど、器量よしっていうか抑えも利くし、いいドラマーになれるよ!」

信代「ははは、それって誉めてるんですかー?でも、よく見た目と違うって言われます」

スタッフ1「だろうねーハハ」
(はぁこれで見た目が良けりゃ・・・ギターの子かわいかったなぁあっち教えてぇよ)

信代(ドラムって楽しいなぁこれは三花に感謝だねっ)




31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 01:21:19.70 ID:j54rlNvN0
すたじお!②

スタッフ2「じゃ前と同じとこをこんな感じで」ジャンジャーン

姫子「はい・・・っく」ジャンジャッ

スタッフ2「んー姫子ちゃんは※バレーコードが苦手のなのかな?」
※指の腹で複数の弦を押さえるコード。よく初心者の壁といわれるFコードが代表的

姫子「いえ大丈夫です。がんばります」

スタッフ2「まぁ初心者はよくここで躓くけど、そろそろ1カ月だからねぇ。簡易コードでもいいけど、先を考えるとやっぱ出来るようにならないとね。」

姫子「はい」

スタッフ2「・・・何か隠してない?」

姫子「・・・いえ。それより練習続けましょう」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 01:32:53.19 ID:j54rlNvN0

がっこう!


瀧エリ「三花~この前の模試どうだった?」

三花「ダメ全然ダメ。ダメすぎて自己否定が止まりません」

ちか「気持ちは痛いほどわかるわ・・・」

瀧エリ「正直このままじゃヤバイよねぇ。ホントこの冬が勝負だよ・・・」

ちか「ああ、推薦の子が羨ましい・・・」

エリ三花ちか「はぁ」

瀧エリ「でも三花、バンド始めたんでしょ?勉強大丈夫なの?」

三花「うん大丈夫!私なら出来る!」

ちか「すごい自信だね」

三花「ふふ、まぁね!でも出来そうな気がするんだ。あ、噂をすれば、ちょっと行ってくる!」スタッコラ

瀧エリ「三花ちょっと変わったよね」

ちか「うん、忙しそうだけどなんかキラキラしてる」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 01:37:23.42 ID:j54rlNvN0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


三花「調子はどうだね?信代クン姫子クン」

信代「お、三花。予想以上に楽しいよ!ドラムって意外に簡単なんだね」

三花「おうおう言いますなぁ姫子は?」

姫子「あ、あぁこっちも順調だよ。でもコード覚えるのが大変って感じかな」

いちご「じゃあ、来週から合わせるから1曲目は覚えておいて」

信代「了解」
姫子「う、うん」
三花「がんばるよー」



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 01:45:25.57 ID:j54rlNvN0

放課後のすたじお!



三花「早速合わせてみよう!」

いちご「歌はいいから、通してできるように頑張って」

姫子「わかった」

信代「じゃいくよー1・2」


ジャジャーーン・・・


三花「初めてにしてはいいんじゃない!?く~なんかバンドらしくなってきたよ!!よしこの勢いで明日ライブしよう!」

信代「ハハハ、それはさすがにやりすぎでしょ。でもすっごい楽しかった」

姫子(楽しい・・・なんとか誤魔化しながらも出来たし、このままいけるかも)

いちご「信代はほぼノーミスね。姫子はもう少し思い切って音出して」

信代「まぁ~ねっドラムって簡単で楽しいよ」
姫子「う、うん。初めてだから緊張したわ」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 01:53:46.37 ID:j54rlNvN0

三花「しかし、信代は初めてとは思えない出来だったね!1ヵ月ちょっとでこれほどとは、うちのリズム隊は安泰ですなぁはっはっは」

いちご(豚の才能か・・・)

三花「よし、信代にはご褒美におじさんがキャンディーをあげよう」ガサゴソ

信代「こっ、これはベスタースオリジナル!?」

三花「そう、あなたは特別な存在なのですよっふふふ」

姫子「・・・」ジャンジャンジャーン

いちご「姫子、できる?」

姫子「えっ?ああ、大丈夫だよ。がんばって練習するから!さすがに、初めてで完璧に出来ちゃ面白くないじゃん」

いちご「そうじゃなくて、あなたの・・ 三花「ほら、姫子もいちごもキャンディー食べて特別な存在になっちゃいなYO!」ビシッ

姫子「あはは、ありがと三花。もらうね」パクッ
いちご「・・・」パクッ




40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 01:55:01.35 ID:j54rlNvN0

三花「しかし、信代は初めてとは思えない出来だったね!1ヵ月ちょっとでこれほどとは、うちのリズム隊は安泰ですなぁはっはっは」

いちご(豚の才能か・・・)

三花「よし、信代にはご褒美におじさんがキャンディーをあげよう」ガサゴソ

信代「こっ、これはヴェルタースオリジナル!?」

三花「そう、あなたは特別な存在なのですよっふふふ」

姫子「・・・」ジャンジャンジャーン

いちご「姫子、できる?」

姫子「えっ?ああ、大丈夫だよ。がんばって練習するから!さすがに、初めてで完璧に出来ちゃ面白くないじゃん」

いちご「そうじゃなくて、あなたの・・ 三花「ほら、姫子もいちごもキャンディー食べて特別な存在になっちゃいなYO!」ビシッ

姫子「あはは、ありがと三花。もらうね」パクッ
いちご「・・・」パクッ



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 02:07:07.15 ID:j54rlNvN0

練習後のふぁみれす!



信代「いや~今日は楽しかったよ」

三花「初めて合したとは思えない出来だったね!もしかして、私たち相性抜群なんじゃない!?その辺どうですか、いちごさん!?」

いちご「・・・知らない」

三花「またまた、釣れないんだからいちごちゃんは~ほっい!」ダキッ

いちご「ち、ちょっと暑苦しい」

三花姫子信代「ハハハ」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 02:17:07.46 ID:j54rlNvN0

姫子「でも、早くライブやりたくなってきたよ」

信代「それには、まずギターとヴォーカル出来るようにならないとね」

姫子「うっ、ギターやりながら歌うの難しいんだよぉ」

三花「大丈夫!為せば成る、為さねば成らぬ何事も!」

信代「お、三花いいこというじゃん」

ハハハ

いちご「・・・」

ワイワイガヤガヤ



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 02:23:33.55 ID:j54rlNvN0


姫子「ところでさ、最初に言ってたけどこのバンドの目的って本当にHTTをやっつけることなの?」

三花「当然!」

信代「えっそうだったの?」

姫子「でも、どうやって?まさか、また何も考えてなかったとかはやめてね」ニコッ

三花「もっ、もちろん考えてあるわよ!ねっいちご!?」オロロ

姫子「結局、いちご頼みかい」

いちご「・・・対バンかな」

三花「そうっ!バンド同士の仁義無き戦い・・・血で血を洗う骨肉の争いッ!!それが対バンだよ!!!」

信代「ライブってそんなヴァイオレンスなの?」

いちご「いや違うから」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 02:28:16.48 ID:j54rlNvN0

   いちご「仲の良いバンド同士とか、まだ単独じゃスタジオを埋められないバンド同士で1回のライブをシェアするのが対バン」
       「三花が言うように客の盛り上がり具合で対決することもあるけど、敵対的にやるのは稀ね」

三花「みんなわかった!?HTTは私たちが対バンでブッ倒します!!!」

姫子「別に倒すとかギスギスするやり方じゃなくて、普通に仲良く一緒にライブすればいいんじゃないの?」

三花「それじゃ意味が無いんだよ!私はニートやヘタレ、デコ沢庵に負けたくないの!!」

信代「ニート?ヘタレ?よくわかんないけど、三花が誘ってくれたからこんな楽しいことができるわけだし、
私は三花に賛成かな。勝負が決まってからでもバンド同士の仲が良くなればいいじゃん。ていうか、元々クラスメートだし」

姫子「んーまぁ、言われて見ればそうね。唯たちには悪いけど、たまには友達同士でも本気でぶつかり合うのも青春かな」

いちご「私はライブできればいい」



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 02:34:34.84 ID:j54rlNvN0

三花「みんなぁ・・・!三花は今、猛烈に感動しているぅぅ!!!」ガバッ

姫子「はは、三花苦しいよ」
信代「おう!がんばろうねみんな!!」
いちご「抱きつかないで。離れて」


三花「では然るべき時、然るべき場所でHTTに対バンを仕掛けるのだぁ!!」

三花「おおぉー!!」
信代「おーっ!」
姫子「おー!」
いちご「・・・」




ちょっと休憩

53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 03:07:20.37 ID:j54rlNvN0

冬休み!


三花「やばい、もう2時じゃん!そろそろ寝ないと明日も予備校とバンド練習が・・・。ふぁ眠い、歌詞考えてると時間過ぎるの早すぎるよぉ」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


よくじつ!


瀧エリ「三花、バンドの調子はどう?」

三花「もうバッチリだよ!この勢いならお披露目も近いかもね!」フフン

しずか「へーすごいねぇ、最近始めたばっかりなんでしょ?」

三花「初めて、2カ月です!」フンス

瀧エリ「でも、あんまり無理しないようにね。ほら、クマさんできてんじゃん」ププッ

しずか「あ、ホントだ。ちゃんと寝なきゃダメだよぉ」

三花「なっ!これは新しいペットのクマちゃんだよ!」グッ

アハハハ


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 03:12:46.33 ID:j54rlNvN0


すたじお!

信代「三花寝不足?目の下にクマができてるよ」

三花「まぁねぇ、最近このクマさんがかわいくてさ飼ってるのぉ」フラフラ

姫子「調子悪そうね」

いちご「今日はもう切り上げるわ」

姫子「そうね。そうしましょう」

三花「いや、大丈夫だから練習続けよう!スタジオ代が勿体ないよ」



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 03:23:16.00 ID:j54rlNvN0

姫子「いやいや、無理して倒れたら意味無いじゃん。三花は受験勉強もやってるんでしょ?」

信代「そうだよ。いくら志望校のA判定出てるからって、このまま無理し続けたら本番まで持たないぞ!
ほら、肩貸してあげるから今日はもう帰ろう」スッ

三花「大丈夫だってっ!!」バシッ

信代「っつ!」ビクッ
姫子「み、三花!」

三花「ご、ごめん。でも大丈夫だからあと1回だけやらせて・・・」ハァハァ

いちご「わかった。信代フリして」

姫子「いちごっ!!」

三花「はぁはぁ、ふぅ。よしやろう!」フラフラ

信代「・・・じゃ、じゃあ1・2」

姫子「あぁーもうっ!」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 03:32:52.68 ID:j54rlNvN0

よくしゅう!


信代「三花まだ風邪でダウンだって」

姫子「はぁやっぱり、あの時無理させるんじゃなかった」

いちご「ああいうタイプは最後までやらせてあげた方がいいのよ」

姫子「でもさぁ受験生だよ!?冬の大事な時期なのに・・・」

信代「私たちのせいで受験失敗したら・・・」

いちご「・・・そのことなんだけど、話しておくことがあるの」

姫子「何?まだなんかあるの?」

信代「いい話ではなさそうだね・・・」

いちご「ここじゃあれだから、どこかに入りましょ」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 03:47:34.62 ID:j54rlNvN0

ふぁみれす!

信代「はい、レモンティーとコーラ」

姫子「さんきゅ。で、話っていうのは三花のことだよね?」

いちご「そう。もっと言うと三花の受験の話」

信代「正直、あんまり聞きたくないなぁ」

いちご「大事なことだからちゃんと聞いて。」

信代「うっ、うん」
姫子「それじゃ話して」

いちご「三花の受験勉強はうまくいって無い。」

信代「え?でも、志望校はA判定って言ってたじゃん・・・もしかして」

いちご「それは嘘。バンドを続けるため、私たちに心配を掛けないための強がりよ」



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 03:53:28.81 ID:j54rlNvN0
信代「三花・・・」
姫子「・・・マジなの?」

いちご「三花の模試結果を見たから間違いないわ。実際、志望校はC判定・・・微妙なところね。
これからの頑張り次第よ」

信代「あの子いつもニコニコしてるから全然気づかなかった・・・どうしよう私たち三花に無理させて、こんな大事な時期に風邪ひかしてちゃって・・・!!」オロオロ

姫子「信代、落ち着いて。これは三花の問題よ私たちにできることは限られてる」

信代「で、でも私たち取り返しのつかないことしたかもしれないんだよ!?」

いちご「この時期にバンドを作ったのも、受験と両立させようとしたのも三花の意志よ。
    あの子が考えて、あの子が決心したの」

信代「ぁっ・・・だからって2人とも冷たすぎるよ・・・少しの間かもしれないけど、
一緒にやってきた仲間じゃん助けてあげたいよ・・・」

いちご「だからこそ2人に話したの。決心してほしかったから」

姫子「うん・・・話してくれてありがとう、いちご。そうね、三花を助けるにはいちごの考えしかないかもね」

信代「ど、どういうこと?」






いちご「このバンドは解散ってこと」

61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 04:02:43.29 ID:j54rlNvN0

よくじつ!


ピンポーン

姫子「あ、三花?お見舞いに来たよ。そう、メールで伝えた話したいこともあるから」


三花「やあやあ、3人さんいらっしゃい!」

信代「風邪はもう大丈夫なの?」

三花「うん、おかげ様でもう全開だよ!この前はごめんね~わがまま言って困らせちゃってさ。
もう大丈夫だから、今度は最高のキーボードを披露するよっと!」

いちご「三花、その事なんだけど大切な話があるの、実は・・・」





三花「・・・・・・」

62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 04:10:13.67 ID:j54rlNvN0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


信代「泣き喚いてたね三花。そのあとは机にかじり付いてたけど」

姫子「でも、最後にはわかってくれたじゃん。それに信代も結構渋ってたくせにー」ププッ

信代「だって、せっかく楽しくなってきたところだったし、三花の気持ちを考えるとね・・・条件付きとはいえここでいきなり解散なんてさ」

姫子「三花ならバンドのために馬車馬のように勉強すると思うけどなぁ。三花を信じてあげようよ。
それより『受験成功なら再結成、失敗なら一生口利かない』なんてえげつない条件出したいちごにビックリだよ」フー

いちご「とにかく今は三花には受験に集中してもらいたいから」

信代「そうだね!私たちはその間に各々練習だね」

姫子「三花が順調ならセンター試験で終わりだから、2月くらいには再結成できそうだね」

信代「再結成とかなんかプロっぽくていいね!」

いちご「まだ何もしてないけどね」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 04:22:58.26 ID:j54rlNvN0

信代「しかし、三花大丈夫かねぇ。あと1カ月くらいでしょ?」

いちご「あの子は集中したら凄いから大丈夫だよ」

姫子「へーなんだかんだで、いちごって三花のこと信じてるんだねぇ」ツンツン

いちご「う、うるさい」///

信代「あーっいちごが赤くなってる!」アハハ

いちご「とっ、とにかく再開したらすぐにライブするから、練習サボらないようにね」

信代「了解!さぁ来年が楽しみだね!・・・あー寒いと思ったら雪降ってきたよぉ早く帰ろうっ!ヒューッ」タタッ
姫子「あ、ちょっと信代走ったら危ないって!っと、いちごもそれまで曲作りよろしくね!じゃっ」





いちご「・・・」


いちご「・・・悪くない、かな」

64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 04:27:52.89 ID:j54rlNvN0


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

姫子「じゃあね、信代」

信代「うん、じゃ次は大晦日にね!」タタッ




姫子「ふふ、全く信代は元気よね・・・・・っつ!」ズキッ

姫子「・・・だから冬は嫌いなのよ・・・」ズキッ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 20:43:43.70 ID:j54rlNvN0


~~おおみそか!


ガヤガヤ


三花「みんなーぁ!ひっさっしっぶっりぃぃい!!」ガバッ

信代「お、三花久しぶり!」ガッシット
姫子「うわっ!あんた信代がいなかったら、私といちご潰れてたわよっ!?まぁでも、久しぶりね」ナデナデ
いちご「とりあえず離れて痛い」グイグイ

109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 20:50:34.82 ID:j54rlNvN0

信代「で、勉強はどう?」

三花「へへん、おかげ様で自分でも驚きの成績を叩き出しております。みんなの存在が私を机に向かわせてるぜっ!」フフッ

姫子「なぁにカッコつけてんのよ。さっさと受かって早く再結成するんだから、しっかりセンターで終わらせなさいよ!」グッ

三花「はっはっはっ、わかってるって姉御」グッ

信代「順調そうで良かったよ。来年もこの調子でね」


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 20:55:23.54 ID:j54rlNvN0

いちご「早く、こっち。年越しちゃう」

三花「お、いちごは意外とこういう神事が好きなのかな?」
信代「へー意外だな」
姫子「人は見掛けによらないよ」


いちご「違う、おみくじが引きたいだけ」


三花「私もおみくじ好きだよ!でも、今年の学業だけはお願いします!神様!キリスト様!」
信代「それは宗教違うから」
姫子(いちごって意外と子供っぽいのかしら?)



いちご(今年こそは・・・・・)


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 21:02:42.75 ID:j54rlNvN0

アケオメー ゴーンゴーンゴーン アケマシテオメデトウ オメデト


三花「大吉だぁぁ!!『学業は大成す』だって!受かったも同然だよぉみんな!!」パァァ

姫子「気を抜くな三花。たかがおみくじだよ。って小吉かー微妙だなぁ信代は?」

信代「私は吉。まあまあかな。いちごは?」

いちご(・・・・きょ、凶・・・5年連続の・・凶っ・・・・)ズーン



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 21:17:45.39 ID:j54rlNvN0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

唯「あ~ん、みんな待ってよ~」

澪「フラフラしてたら置いてくぞ唯」

梓「出店はおみくじした後でも食べれるんですから、少しは落ち着いてください。唯先輩のせいで遅れてるんですよ」

唯「だって~わたあめちゃんがこっち見てるんだも~ん」

紬「ふふふ私、毎年みんなとおみくじするのが夢だったの~」

律「今年こそ大吉を引いてやるぜ!っと・・・ありゃ?あそこにいるのはいちごと三花じゃなか?」

唯「あ、ホントだ!のぶちゃんと姫子ちゃんもいるよ!」

梓「誰ですか?」

澪「うちのクラスメートだよ。学祭の劇にも出てたぞ」

唯「お~い姫子ちゃ~ん、あけおめー」


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 21:31:14.68 ID:j54rlNvN0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

三花「大吉さまぁぁ我に力を~うぅうん」ナムアミ~ダ

信代「神頼みじゃなくて自力でがんばりなよ」ハハハ

ヒメコチャーン

姫子「ん?あっ唯たちじゃない!みんなも来てたんだね。あけおめ!」

三花「なぬぅ!?ここで会ったが100年目!成敗してくれるわ我が宿敵ぃぃ!!」ガッバッ!

信代「なに訳わかんないこと言ってんの、抑えて抑えて」ガッシ

三花「う゛ぅぅぅ」ハァハァ

唯「三花ちゃん??姫子ちゃんたちはお参りとおみくじしたの?」

姫子「これはちょっとした病気だから気にしないで。私たちはもう終わったよ。おみくじはいまいちだったけどね」ハハ



117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 21:46:11.24 ID:j54rlNvN0

澪「やっぱり出遅れたかー唯がフラフラしてるからだぞ」
唯「えへへ~ごめんね澪ちゃん」
律「ま、私たちは遅れてきてもみんな大吉を引かせてもらうけどな!」フフン
紬「楽しみだわぁ」

ピクッ

三花いちご「・・・」ゴゴゴゴコ

澪「ふっ2人ともどうしたんだ?」ビクッ

ゴゴ゙ゴゴゴォ

三花いちご「あなたたちには負けないっ!」クワッ

澪「えぇ!?ちょ、ちょっとどういうことだ信代!?」ビクビク


120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 21:57:50.53 ID:j54rlNvN0

信代「あー・・ごめん、こっちの話だから気にしないで」ハハハ

姫子「さっ、2人とも帰るわよ。じゃまた新学期にね、みんな勉強頑張って」ガッシ 
信代「じゃあね~」ガッシ

ズルズルズル

三花「HTTブッ倒す・・そしてブッ生き返す・・・・」ブツブツ
いちご「5年連続で凶って・・凶て・・・・」ブツブツ

ズルズル

121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 22:06:22.78 ID:j54rlNvN0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


唯「うん、バイババーイ」フリフリ

澪「・・・な、なんだったんだ?」

律「さぁ?しかし、言い知れぬ殺気を感じたな・・・」

梓「な、なんだかこわい方たちでしたね・・・」

唯「そう?みんないい子たちだよ~」

紬「これを振ればいいんだったかしら?お代はどこで渡せばいいの?」

梓「・・・むぎ先輩空気読んでください」


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 22:21:53.62 ID:j54rlNvN0

~~~予備校!


瀧エリ「ふー今日はこの辺にしとこうかな」

ちか「あ、じゃ私もキリいいから一緒に帰ろっと」

瀧エリ「おっけ~三花はどうする?」

三花「んーわたしはもうちょっとやってくよ。今日は先に帰ってて」カリカリ

瀧エリ「わかった。がんばってね」
ちか「じゃ三花また明日ねーお先」

三花「うん、バイババ~イ・・・」カリカリ


124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 22:31:05.98 ID:j54rlNvN0

三花「・・・・ふーちょっと休憩して自習室行こっと」

スタスタ、ガチャ

三花「自習室さん失礼しまーす。おっ、和と風子だ。2人だけ?」

高橋風子「あ、三花ちゃん。この時間は人少ないから」
和「あら、三花じゃない。自習室に来るなんて珍しいわね」

三花「あはは、久しぶりに来たよ。こんなモノもらったらがんばらない訳にはいかないからね!」ジャーン

和「それは合格祈願のお守り?」
風子「あっ、もしかして彼氏から?」

三花「まぁね!親友という名の彼氏たちから頂いたのさ」フンス

風子「親友?彼氏たち?」
和「よくわからないけど頑張らないとね。三花もセンター利用でしょ?」



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 22:57:15.00 ID:j54rlNvN0

三花「うん、R大文学部狙ってるの。2人はどこだっけ?」

風子「私たちはH大の法学部が第一」

三花「おおーさすがは優等生諸君ですなぁ。でも和は生徒会長だったし、うち一応進学校だから推薦の口はいくらでもあったんじゃないの?」

和「もちろん推薦はいくつかあったわよ。でも、今の志望校じゃないといけない理由があるのよ」

三花「ふ~ん、そういうもんかねぇ。平凡な私からしたら勿体ないと思うけどなぁ」

和「そうね。楽をするのは簡単だけど、苦労をしてでも譲れないモノがあるのよ。三花にもそういうモノとか人があるでしょ?
たぶん、それと一緒よ。」

三花「・・・なるほど・・・・うん!和の言いたいことよくわかるよ!!大事だよねそういうの!
よし!勉強勉強!っと早速で悪いんだけど、ここ教えてくれない?」エヘヘ



127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 23:23:00.89 ID:j54rlNvN0
じゅけん!


三花「ば、馬鹿な緊張しすぎて会場に入れない・・・だと・・」

姫子「なぁにアホなこと言ってんのよっ」バシッ

三花「っつうぃ!効いたよ姉御の紅葉まんじゅう!!」ハハハ

信代「なんか見送りに来て損した気分だよ。三花、全然緊張してないじゃん」アハハ

いちご「馬鹿は緊張感がないのよ」プイッ

三花「こらこら~せっかく皆が来てくれて感動したのに、私の気持ちが台無しじゃないかい?」ヘヘヘ

姫子「それだけ減らず口叩ければ十分ね。さぁさっさと行って終わらして来なさい!」グッ
信代「がんばってね!終わったらお祝いだからさ!」グッ
いちご「落ちたら一生口利かないから」グッ

三花「おうっ!見せてやるぜっ連邦のMSの性能とやらを!!」グッ



三花「よしっ!ア○ロ・ミカいっきまーすっ!!」ダダダッ



姫子「・・・あの子ってオタク?」
信代「え、そうなの?」
いちご(・・・・ガノタ?)

128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 23:34:33.57 ID:j54rlNvN0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

三花「見えるっ!私にも見えるぞっ!!」ヌリヌリ

試験官「そこ静かに」

三花「・・・すいません。ついノリで・・」

プププッ、ナニアノコー、アハハ、ウルセー

瀧エリ(あの子なにやってんのよ・・・)ヌリヌリ
ちか(なんか私が恥ずかしいよ・・・)ヌリヌリ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 23:39:17.69 ID:j54rlNvN0

~~~~合格発表!


三花「数字を見つける・・それがこの行事の醍醐味だよ・・・・じっくりと、ゆっくりと、探すっ!あぁ愉しきかな合格発表っ!!」プルプル

姫子「物陰で震えながら何言ってんのよ・・・ほら、さっさと見てきなさい!」グイッ

ズルズル

三花「あぁ!?いやっ、ちょって、待って姉御!まだ心の準備がぁぁあぁ」ジタバタ

信代「ははは、案外小心者だね三花は。自己採点は十分合格ラインだったんでしょ?自信持って見てきなよ!」グイッ

ズルズル

三花「信代っ!こちとら人生の山場迎えてるんですよ!慎重にもなりますよ!」ジタバタ

いちご「早く行け。寒い」

三花「はい、すいませんでした。いちご様。・・・逝ってきますっ!」タタタッ


132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/15(日) 23:56:23.62 ID:j54rlNvN0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

たたたっ・・・

姫子「ふぅ、ようやく行ったわね。頼むわよ神様」
信代「大丈夫だよ。きっと受かってるって」
いちご「・・・」

姫子「・・・・あ、人波に呑まれた・・」
信代「端まで流されたね」
いちご「・・・」

姫子「・・・なぜクロールで戻る」
信代「なんか人波を楽しんでるね」
いちご「・・・」

姫子「・・・前の長身女が邪魔で見えないみたい」
信代「なんか長身女と仲良くなってるよ」
いちご「・・・」

姫子「・・・あ、長身女に肩車してもらってる」
信代「あ!番号あったのかな?喜んでるよ!」
いちご「・・・」

姫子「・・・そうみたいだけど、胴上げされてんじゃん」
信代「すごい笑顔だねぇ良かった~」
いちご「早く戻ってこいよ」

133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 00:20:46.40 ID:OGTJY6c60

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

三花「み゛ぃみ゛んな゛ぁっぁぁぁ!!!」ボロボロ 
   「う゛、うっ、ううぅ、うぅかっ、うかっ」ポロポロ

信代「うん!うん!」ウルウル
姫子「落ち着いて、ゆっくり報告して」

三花「う゛、うん!あぁ・・あの、うっが、う、う゛がっでましだぁぁぁっぁぁgdふぁあ!!」ガバッーァ

ガッシッ!!

信代「やったー!良く頑張ったよ三花!おめでとう!」ポロポロ
姫子「よくやったよ三花!やっぱ、あんたはすごいよっ!」ポロポロ
いちご「三花にしては上出来よ。でも、汚れるから離れて」グイグイ


三花「ぅうわあぁぁん!よぉがったぁぁよかったぁよおぉぉっ!!すっごい不安だったんだよおぉぉぉぉ」ボロボロ
   「みんあ、ありがとう!ありがとぅ!!こんなバカな私を待っててくれてぇぇ・・・・」ポロポロ

姫子「何言ってんのよ、あんたが頑張ったからでしょ。それに三花は私たちの大事な仲間じゃない!」ポロポロ
信代「そうだよっ!三花なら出来るって信じてたから3人で待ってたんじゃん!」ポロポロ
いちご「これでやっとバンドは再開ね」

140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 01:10:44.87 ID:OGTJY6c60
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ふぁみれす!


姫子「それじゃ、三花の合格とバンドの再出発を祝って!かんぱ~い!」
信代「かんぱ~いっ!」
いちご「かんぱい」
三花「かぅぁんぱぁぁ~いぃぃ!!!!」ゴゥ!


三花「ぷはぁーコーラは最高!いやーホントによかったよー正直心臓バックバクだったもん」

姫子「ま、番号見つけてすぐ戻ってこなかったのは許してあげるわ」アハハ

三花「あ、あれはなんか周りが盛り上がっちゃってさぁ・・胴上げされたのなんて人生初だよ」ヘヘヘ

信代「どっちにしても良かったよ!改めて、おめでとう三花!」



141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 01:24:35.89 ID:OGTJY6c60

三花「ありがと!やっとバンドができると思うと、もう我慢できないよ!いちごっ今すぐスタジオ押さえて練習しよう!」

いちご「それは無理。練習は3日後よ。三花は受験の疲れをとりつつ、キーボードの感覚を戻して」

三花「えー3日も待てないよーすぐしたいよー」

姫子「こらこら三花。また無理して倒れたら、いちごから今度はもっとヒドイ条件出されるわよぉ」フフフ

三花「うっ・・それだけはもう勘弁です」

あはははは

信代「とにかく、今は三花の合格を祝ってあげようよ。さぁ皆グラス持って!もう一回かんぱーい!」

姫子「かんぱ~い!」
いちご「かんぱい」
三花「かんぱぁぁ~いぃ!!!」

142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 01:38:34.85 ID:OGTJY6c60

~~~3日後のすたじお!


三花「やっと、やっとこの時が・・・・1万年と2千年前から待ってた気がするよ・・・・」ジーン

姫子「あ、その歌詞知ってる。なんだっけ?昔、CMでやってたような・・」ジャーンジャーン

信代「あれって確かパチンコのCMだったよね?」

いちご「・・・創世のアクエリオン」

三花「そう、それだよっ!でも、あんまり人のボケを解析するのはよして頂きたいなぁ諸君」フンフン

姫子「あはは、ごめんごめん。でも、こんな感じの曲よね?」ジャーン

イチマンネント、ニセンネンマエカラアーイーシーテールー

三花「おぉ姫子も腕上げてたね!こりゃ私も負けてられないよ」ピロロン!


143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 01:49:35.06 ID:OGTJY6c60

信代「三花が机にかじり付いてる間、私たちずっと個人練習だったからね。私たちの方が先輩になってるかもよ?」ドコドコドン

いちご「・・・・」ヴゥンブン

三花「よし、即興で創世のアクエリオン!私がアポロね」


イチマンネント、ニセンネンマエカラアーイーシーテールー




三花「ふー久しぶりだから時間が経つのが早いね~」

信代「最初はおふざけだったけど、オリジナル曲の練習もできたしよかったんじゃない?」

姫子「そうね。いよいよ、私たちもライブ出来るくらいまできてるのかな?」

いちご「全然。個々人はそこそこの力量だけど、バンドとしてはまだまだね。」

三花「そういうことだよっ!まずは、このバンドで音楽を出来るようにならなくちゃね!そうじゃないと、HTTは倒せないよ!」


144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 02:01:46.99 ID:OGTJY6c60

いちご「でも、あまり時間が無いのが現状だから月末にはライブに参加するわよ」

姫子「なんか本当にバンドやってるんだね、私たち」フフフ

信代「なんか今まで、個人練習ばっかりだったから急に現実味が出てきたね」ハハハ

三花「とにかく!まずは私たちの初ライブを成功させること!みんな張り切っていこー!!」

姫子「うん!」
信代「おうぅ!」
いちご「・・・」

146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 02:22:29.31 ID:OGTJY6c60
~~~~~~~~~~~~~~~~~
練習後のふぁみれす!



三花「この感じ・・このファミレス・・・何もかもが懐かしい・・・・」

姫子「なにおっさんくさいこと言ってんのよ」ハハハ

三花「でもでも、みんな見違えるくらい上手くなってたね!いちごは元々上手いけど、姫子の上達っぷりはいいね~弾きながら歌えてたしっ!
「それに、やっぱ姫子の声はかっこいいよ!!さすが、私が見込んだだけのことはあるね!」

姫子「最初はイメージだけで誘ったくせにぃ。ま、私も頑張ったからね!」アハハ


三花「そして何より信代!カツカレー食べてる場合じゃないよーぉ!あなたの才能を私に下さい!!」

信代「ちょっとこんな所で土下座しない!でも、そんなに驚くこと?家の手伝いの合間にちょくちょく練習したくらいだよ?」

いちご「確かに信代は才能の塊ね」



147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 02:39:09.40 ID:OGTJY6c60

姫子「い、いちごが誉めるくらい凄いの?」

三花「そりゃもうすごいよ!うちがHTTに勝てるパートはドラムとベース、つまりリズム隊だね!」グッ

信代「へ?私、律に勝てるくらいうまいの?」

いちご「自信持っていいよ。信代の腕と才能ならどこのバンドも欲しがるだろうから」

信代「なんか照れるなぁ・・・そんなに褒められたら自惚れちゃうよ」ガハハ

姫子「そういえば、HHTとの対バンってどうなってるの?唯たちには何か伝えてるの?」

信代「確かあの子たち、私たちがバンド始めました~くらいしか知らないはずだよ」

三花「その辺はだいじょーぶ!いちごっ!」

姫子「結局またいちごかよ・・・」

149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 02:48:33.33 ID:OGTJY6c60

いちご「HTTの3年生は全員が私立大の受験で3月までは勉強ね。だから、3月末に卒業ライブと称した
エサを目の前に吊るせば、HTTを焙り出すのは簡単よ。準備もしてるわ」

三花「っと、いうわけよ!!それまで私たちはライブをして場数を踏む、そしていよいよ決戦へ・・・・
どう?!完璧な作戦でしょっ!!」キラン

姫子「でも、HTTは3月まで受験で練習期間も短くなっちゃうよね?それでフェアな勝負って言えるの?」
信代「確かに、あまりフェアとは言えないよね・・・」

いちご「HTTは今年で結成4年よ。こっちは実質2カ月。それにHTTは結成当初からオリジナル曲でライブをやってるわ」

三花「そういうこと!私たちとは歴が違うんだから、このくらいのハンデはもらわないとね!
そして何より、この勝負は私たちが桜校でクラスメートのうちじゃないと意味が無いの!」


150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 02:55:07.97 ID:OGTJY6c60


~~~~初ライブ!


ジャーンジャン!!


姫子(最近は調子良かったのに・・・・今日はやけに痛むわね・・・)ズキズキ

スタッフ「ハイ、オッケーです!じゃ本番30分前まで自由時間でお願いしまーす」

三花「さて、リハも終わったしダラダラしよっか」

信代「あーなんか楽しみだけど、緊張もしてきたー」ブルブル

姫子「ふふふ、信代のは武者震いでしょ?三花は緊張してないのね」

三花「まぁね!だって大事なのはHTTとの対バンだもん!今回は本番前のリハみたいなもんだよ」


151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 03:04:34.78 ID:OGTJY6c60

姫子「確かにね。お客さんも私たちを知ってる人ほとんどいないし、顔見知りも受験が終わったエリ、ちか、和、風子、
冬美、アカネくらいだもんね。なんか気楽になってきたわ」

信代「あれれー姫子緊張してるのぉ?トチってギター忘れないようにね頼むよー」ヒヒヒ

姫子「ふふふ、信代こそ緊張してピッチ上げないようにね」

姫子(・・・3曲だけよ。このくらいなら持つはず・・)ズキッ

いちご「・・・・」

いちご「姫子、ちょっといい?買い出し手伝ってくれる?」

姫子「ん、いいよ。よいしょ、ちょっと行ってくるねー」

三花「あ、じゃがりことアルフォート買ってきてね!」
信代「私はポッキーとピザポテトよろしくー」

姫子「全く・・はいはい」

153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 03:13:07.15 ID:OGTJY6c60

~~~~こんびに!

アリガトーザーシター

姫子「ったく、あの子たち本番前にどれだけ食べるのよ」

いちご「・・・・」

姫子「でも信代、あれでも最近痩せたんだってさ」アハハハ

いちご「・・・今日は一段と寒いわね?」

姫子「ん?そうね。喉冷やさないようにしないと。ヴォーカルは大変だよ」

いちご「指は大丈夫なの?」

姫子「・・・・え?別に何とも無いないわよ?いつも通りだけど」

いちご「・・・・そう、ならいいわ。ただ、無理だけはしないでね。」

姫子「・・・・うん」

姫子(・・・・・なんでっ・・・なんで今日なのよっ!)ズギッ!


154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 03:39:01.97 ID:OGTJY6c60

~~~~ライブすたじお!

いちご「・・・ただいま」
姫子「ただいま~。はい、じゃがりことアルフォート、ポッキーにピザポテト!」

信代「さんきゅ~」
三花「さすが姉御!バイトしてる人は太っ腹だね!」パァァ

姫子「いやいや、きっちりお代はいただきますからお客さま」ニコッ

信代・三花「ぶーケチ」チャリン

姫子「どっちがだ!」

いちご「そろそろ、客も入りはじめたわね」

三花「あっさっき2組のみんなに会ったよ!楽しみにしてるってさぁ♪」

信代「みんなにドラムがお似合いだねって言われっちゃたよ」

姫子「だってイメージ通りじゃん」ニヤニヤ

アハハハ


155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 03:46:41.80 ID:OGTJY6c60

三花「みんなの顔見たら俄然やる気出てきたよー!さぁ信代、ウォームアップで走りに行こう!」

信代「よしきたーっ!」

姫子「ちょっと、そろそろ楽屋入ってないと・・・って行っちゃったよ」

いちご「三花は体力無いからすぐ戻ってくるわよ」

姫子「はは、それもそうね・・・」



姫子「・・・・っつ!」ズキッ

いちご「・・・・」



157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 03:53:34.05 ID:OGTJY6c60

~~~ほんばん!


\ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/

♪サカナッ!”サカッ”!サカナッ” デガサカナァァッァ!!!♪

\ヒューヒュー!カッコイー!!/


信代「結構盛り上がってるわね・・・しかも素人目にも上手いし」コソコソ

三花「ふッふふん、わ、私たちの前座にはもってこいのバンドね!」ブルブル

いちご「今、演奏してるのは今日のメインバンドの1つよ。テクも人気もこの辺りではそこそこね」

三花「えぇぇっ、そうなの!?ま、まぁ私たちならあのくらいすぐ、おっ、追い越すわっ!」ブルブル

いちご「ちなみに、私たちの後のバンドは今日のメインだからね。私たちはまさに前座よ」

信代「そっかーやっぱこうして見ると、バンドにも色々な順列が付いてるんだねー」

三花「の、信代も、あ、私みたいに結構余裕あるじゃないぃぃ!あ、ぁ、安心したわっ!」ブルブル

信代「・・・・とりあえず、そのブルブル震える健康器具から降りなよ・・・」


159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 04:09:33.98 ID:OGTJY6c60

~~~ほんばん!


\ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/

♪サカナッ!”サカッ”!サカナッ” デガサカナァァッァ!!!♪

\ヒューヒュー!カッコイー!!/


信代「結構盛り上がってるわね・・・しかも素人目にも上手いし」コソコソ

三花「ふッふふん、わ、私たちの前座にはもってこいのバンドね!」ブルブル

いちご「今、演奏してるのは今日のメインバンドの1つよ。テクも人気もこの辺りではそこそこね」

三花「えぇぇっ、そうなの!?ま、まぁ私たちならあのくらいすぐ、おっ、追い越すわっ!」ブルブル

いちご「ちなみに、私たちの後のバンドは今日のメインだからね。私たちはまさに前座よ」

信代「そっかーやっぱこうして見ると、バンドにも色々な順列が付いてるんだねー」

三花「の、信代も、あ、私みたいに結構余裕あるじゃないぃぃ!あ、ぁ、安心したわっ!」ブルブル

信代「・・・・とりあえず、そのブルブル震える健康器具から降りなよ・・・」


160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 04:18:44.36 ID:OGTJY6c60
信代「・・・・とりあえず、そのブルブル震える健康器具から降りなよ・・・」



姫子(・・・・やばい、どんどん痛みが強くなる・・・)ズキッ!ズ゙ギッ!

三花「ふー、ダイエット終了!ほら、姫子もこっち来て観てみなよ!結構面白い歌うたってるよー」

姫子「えっ?あ、うん。すぐ行くわ」ズキッ


いちご「・・・・」



\ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/

♪サカァァッァナー!! センキュー!!

\ワァァァ!!ダイテー!カッコイイーサイコー!!/


三花「よし、終わったわね!さぁ皆の者出陣じゃーっ!!」

信代「おぉぉぉ!!」
いちご「おー」
姫子「・・・ぉぉー!」ズキズキ

161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 04:30:18.88 ID:OGTJY6c60
~~~~~きゃくせき

瀧エリ「あっ三花たち出てきたよ!楽しみー!」

冬美「衣装は制服なのね」

アカネ「姫子は相変わらずルーズ履いてるんだ」ププッ

ちか「なんか、ある意味古風だよね~」フフフ

???「甘いわねあなたたち!あれこそがJKの鑑よ!」

風子「さわ子先生!?どうしてここに?」

さわ子「受験中って音楽教師は暇なのよー。はぁていうか、なんでみんな呼んでくれなかったの?!
これでも一応、軽音部顧問なのよ!」

和「なんでも『軽音部の顧問に敵状視察させるわけにはいかないの!』とかで、誘わなかったらしいですよ?」

さわ子「敵情視察ーぅ?なにそれ、うちの子たちと敵対でもしてるのかしら?」

和「さぁ?私も詳しくは知りません」

瀧エリ「みんなそろそろ、始まるよ!」

ちか「よっ待ってましたーっ!!」

アカネ「それはさすがに古いよぉ」ププッ

アハハハハッ

163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 04:41:02.44 ID:OGTJY6c60

~~~~~~~~~~~~~~~~
すてーじ!


\ヨ、マッテマシター!/


三花「お、早くも2組のみんな盛り上がってるねー♪」ピロロン

信代「でも、あの掛け声はないでしょ」ププッ
ドコドコチャァン!
三花「確かに古いよねー。ね、姫子」ププッ

姫子「う、うん、そうね。」ズキッ
ジャーンジャジャ


三花「姫子、冷や汗かいてるじゃん。緊張してるの?大丈夫、いつも通りすればいいんだから!」

姫子「大丈夫よ!ちょっと緊張してるけど歌詞もコードも全部頭の中に入ってるから」グッ
(・・・・ふー、なんとか演奏できるくらいまでに治まったわね)ズキズキ
(これなら3曲ギリギリいけるわ!)ジャンジャーン

いちご「・・・・」ヴゥンヴン

164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 04:45:30.14 ID:OGTJY6c60


三花「みんな準備はいい?」


姫子「うん!」ズキッ
信代「いつでもいいよ!」
いちご「・・・」



三花「じゃいくよ!!私たちの初陣だぁぁ!!」




165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 04:51:27.78 ID:OGTJY6c60
信代「1・2!」

ジャジャジャンジャジャーン! ジャジャジャンジャジャーン!
ドッドッド・・・・
姫子『I have a big gun! I took it from my Lord. Sick with Justice.I just wanna feel you!
I’m your angel Only a ring away. You make me violate you. No matter who you are!』
 \ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/
                      \カッケー!!!ヤバイ!ナンテバンドダ!?/ 
      \ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/

姫子・いちご『Get down! on your knees. Get a good head on your shoulders.If it’s for your guys!
       Go to the end of the earth!!』

\ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/ 
             \ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/
 
                        \ヴォーカルノコカッコイ!!/ 
\ワァァァッァ!!! ワァァァァ!/

姫子『You made a mess!! For Christ sake, this rotten world. Shit out of luck. Go with my vision
  Light up the fire. Right on the power. Weapon… I have it all!!!』

 \ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/   
                   \ドラム、ベースウメェ!!/
\ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/
                        \ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/
              \カッケー!!!ヤバイ!スゲー!!!/ 
\ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/

166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 04:54:19.15 ID:OGTJY6c60
姫子「はじめまして!MOVSです!」
「今日はじめてライブってモノをしたんだけど、すっごく楽しい!こんな楽しいものが世の中にあったなんて・・・・

いちご(・・・・本当に大丈夫なのかしら?)

姫子「じゃあ、メンバー紹介!まずは私、ギターヴォーカルの姫子です!」ギュイィィン!
(アドレナリンのおかげでなんとかいけそうだ!)

\キャァァ!カッコイイ!!/
                    \ダイテー!サイコー!!/
    \カッコイイ!!ワァァ!/


167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 04:56:46.93 ID:OGTJY6c60

姫子「次、キーボードでバンドリーダーの三花!」
三花「やっほー!」ピロピロリン

\ミカー!カワイイー!/
                 \ヨッ!マッテマシタ!!/

姫子「次は、ドラム信代!」
信代「ふんっ!!」ッドガドン!

\ノブヨ、ドラムニアッテルヨー!/
                 \アノドラムマジウメーヨ!!/

姫子「そして最後にベースのいちご!」
いちご「・・・・」ヴンヴゥゥン!

\キャァァァ!チッチャクテカワイイ!!/
                    \ウマスギダロアノベース!!/

    \カワイイ!コッチムイテー!/
                     \ウチノバンドハイッテヨー!/


姫子「この4人でMOVSです!じゃ次の曲!!」

168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 04:59:19.33 ID:OGTJY6c60

信代「1・2・3・4!」


\ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/
                  
                         \ワァァッァ!イチゴチャーン!!/ 
              
              \カッケー!!!ヤバイ!スゲー!!!/ 
\ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/



・・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・・


169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 05:01:43.06 ID:OGTJY6c60

姫子「最後の曲いくよーー!!!」

\ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/
                       \ワァァッァ!キャーステキー!!/ 
         \ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/
\ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/
                          \カッケー!!!ヤバイ!スゲー!!!/ 
            \サイゴナンテヤダ!モットキキターイ!!/

・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・ズギンッ!!!

姫子(っつぁ!!!?ヤバイっ指が!!ギターがっ!!!)ズギズギズギッ!!
(っくぅ!!!いや!ヴォーカルだけでも!!)ズギズギズギズギズギッ!!!


信代(あれ?姫子ギター忘れてない??)
三花(!?ギターが・・・)
いちご(!?・・・やっぱりっ!!!)

170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 05:05:15.21 ID:OGTJY6c60

\ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/
                        \カッケー!!!MOVSヤバ!!!/ 
            \ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/
                              \ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/
        

・・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・・

姫子「今日はありがとう!またライブするから来てねー!!!」ズギズギッ!!

信代(ライブって楽しーっ!!)パァァ
三花(私の思いすごしかな?)
いちご(・・・・まずい)

171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 05:08:22.13 ID:OGTJY6c60

  \カッケー!!!マタライブシテネー!!/ 

\スゴカッタヨー!!ファンダイイチゴウ!!/

\ワァァァッァ!!! キャーアァァァ!!/

\ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/
 
・・・・・・・


・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・姫子「・・・・っつ!」ズギッ!      


204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 22:49:18.74 ID:OGTJY6c60

~~~~がくや!


信代「いやーライブって最高だねっ!!歓声が気持ちいいのなんのって!!!」グッ

三花「だよねーっ!!このままHTTのやっつけちゃおーっ!!!」グッ

信代「いいねーやっちゃおーっ!」

姫子(・・・・う、嘘でしょ?・・・痛みが激しすぎて指の感覚が無い・・・・・)ズギズギズギッ
  (やだ・・・・・こ、このままじゃギター弾けなくなっちゃう・・・・・そ、それだけは、それだけは絶対やだよぉ・・・・)





いちご「姫子、左手見せて」

206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 23:03:45.42 ID:OGTJY6c60
姫子「ぇえっ?ど、どうしたのいちご・・・?別になにもないよ?」

いちご「いいから早く」


姫子「ぃ、いや、だ、大丈夫だって!」

信代・三花「2人ともどうしたの?」キョトーン


いちご「いいから見せなさい!」グイ

姫子「ひっ!・・・や、やだ!絶対いやっ!!!」バシィ

タッタッタッ・・・


三花「あ、ちょっと姫子・・・・・」
信代「いくら、途中で演奏やめたからって厳しく言いすぎだよーいちご」


いちご「・・・・そうじゃないわ」

三花「・・・・もしかして姫子、途中で演奏忘れたんじゃなくて、できなくなったの?」

いちご「・・・・そうよ」

三花「やっぱり、そうだったのね・・・・」

信代「えっ?え?ちょっと2人ともどうしたの?姫子に何かあったの?わかるように説明してよぉ」

208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 23:14:48.63 ID:OGTJY6c60

~~~~スタジオ前!


瀧エリ「すごかったねー!三花たちのバンド!!私、一瞬でファンになっちゃったよー」パァァ

ちか「まさか、姫子が英語で唄うなんてねーっ!あれは反則でしょっ!!かっこよすぎだよ~」キラキラ


冬美「姫子のファンクラブとかできそうなくらい、ほかの女の子たち盛り上がってたもんねぇ」アハハ

瀧エリ「信代はやっっぱり似合ってたよねー」ププッ

風子「いちごちゃんかわいかったぁ・・・」ポッ

アカネ「いちごもかわいかったねー!姫子とは付き合い長いけど、あんなに楽しそうの姫子見たことないよ!」


209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 23:27:53.04 ID:OGTJY6c60

タッタッタッ・・・ドン!

和「いたっ!あ、すみませんだいじょ・・・って姫子じゃない。ライブおつかれさま」

姫子「あっ・・和、とみんな・・・」ズキズキッ

瀧エリ「あーっ!みんな本日の主役の登場だよ!!」

ちか「歌すっごく良かったよ姫子っ!」
アカネ「姫子すごいじゃん!見直したよっ!!」
冬美「今日でみんなファンになっちゃよ!」
風子「あっ、あのいちごちゃんは、ど、どこにいるかな?」


姫子「えっ、あ、ありがと・・・・えっと、・・他のみんなは後から出てくると思うから・・・・・わ、私用事あるから・・・ごめんねっ!!」ズキズキッ

瀧エリ「え?ちょ、ちょっとー!」
ちか「あー行っちゃったー・・・せっかくサインもらおうと思ったのにぃ」
アカネ「バイトでも入ったのかな?」
和「追いかけても迷惑だろうから、ひとまず三花たちを待ちましょう」

210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 23:34:02.49 ID:OGTJY6c60

~~~~~~~~~~~~

姫子(はぁはぁはぁ・・ど、どうしよう・・・!?どうしようっ!!)ズキズキッ
(い、いちごは指のこと・・・気付いてたっ!・・・・・も、もしも、もしもっ治らなかったら・・・っ!)ポロポロ
(うぅわ、わたしっ・・・・バンドをっ・・・・みんなと!!!)ポロポロ

タッタッタッ

さわ子「あら?立花さんじゃない、こんな所でなにぉ・・・って行っちゃった」


~~~~~~~~~~~~~~~



211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 23:44:41.27 ID:OGTJY6c60

~~~すたじお!


信代「ねぇなにがあったの?ライブではあんなに盛り上げてたのに意味わかんないよ!」

三花「・・・・」
いちご「・・・・」

信代「2人とも黙ってないでちゃんと説明してよ!姫子はなんで途中で演奏できなくなったの?どこか怪我したの!?」




三花「・・・え、えっとその・・・・多分だけど、左手がね・・・」
いちご「待って三花。これは姫子から直接聞いた方がいいわ。私も詳しくは知らないから・・・・」

信代「もしかして、すごく悪いの?・・・せっかく初ライブ成功したのに・・・・」ウルッ

いちご「とにかく、外に出て姫子を探しましょう。スタジオ前で2組の子たちが待ってるだろうけど、姫子のことは悟られないようにね」

三花「わかった。私が上手く誤魔化すよ」
信代「姫子・・・」

212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/16(月) 23:51:40.55 ID:OGTJY6c60

~~~すたじお前!


三花「やぁやぁ、皆さん出待ちご苦労様だよっ!」

瀧エリ「おっ!やっと出てきな主役め!よいライブであったぞコノヤロー」ウリウリ
ちか「おつかれ!待ちくたびれて帰るとこだったよ~」アハハ

三花「ははは、痛いよエリぃ。ちかはもうちょっと我慢ず良くならないとねー」アハハ
信代「・・・・」

冬美「早速、いちごと姫子のファンクラブができたみたいだよ!」フフフ
風子「い、いちごちゃんのファンクラブ入ったよ?」ウルウル

いちご「え゛?そ、それはありがとう・・・」タジ

214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 00:08:54.28 ID:6/jgq6UZ0

和「みんなお疲れ様。ところで、さっき姫子が先に帰って行ったんだけど何かあったの?」

三花「あー・・あれはね。この後、反省会と練習兼ねて別のスタジオ行くんだよ!でも姫子、バイト先で用事入ったから先に帰ったんだ!」ハハ

和「そうだったの、慌ててたからどうしたのかと思ったわ」
信代「・・・・」
三花「う、うん。急ぎの用事だったみたいだからね」
いちご「・・・・」


ちか「えーこの後練習なのぉ!?みんなでご飯行こうと思ったのにー」ブーブー
瀧エリ「ちょっと頑張りすぎじゃなぁい?たまは息抜きしなよ」グッ


三花「ははは、ごめんねー。それじゃ、姫子待たしちゃうからそろそろ行くね!」

一同「うん、じゃーねー!またライブ誘ってね!」


215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 00:22:03.68 ID:6/jgq6UZ0


~~~~~~~~~~~~~~~~~


ジャーネー!

三花「よし!それじゃ姫子を探しに行きますか!」

信代「うん、さっさと探し出して事情を聞かないとね」

いちご「ひとまず、別れて探しましょ。見つけたら携帯に連絡して集まること」

三花・信代「了解!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~



216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 00:34:21.53 ID:6/jgq6UZ0

三花「はぁはぁ、まったくどこ行ったのよ姫子は・・・これは見つけたらデコピンだね!」キョロキョロ

さわ子「あら、今度は佐伯さんじゃない。こんな所でどうしたの?」

三花「あ、さわ子先生!いや、そ、そのちょっと探し物を・・・あはは」

さわ子「?まぁいいわ。そういえばさっき、立花さんに会ったわよ。何かあったの?彼女泣いてたみたいだけど・・・・」

三花「!!姫子どっちに行きました!?」

さわ子「え?確か、向こうの方に走っていったけど・・・」

三花「ありがとうございます!あ、あとこのことは他言無用でお願いします!!」

さわ子「えぇ、わかってるわ」(・・・青春ねぇ)


タッタッタッ・・・

三花(はぁはぁ・・・・前言撤回!姫子を見つけたら私がデコピンよ!)


217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 00:44:48.02 ID:6/jgq6UZ0

~~~こうえん!


姫子「・・・・」ズキズキッ

三花「はぁはぁ・・・っ!姫子みぃぃーっけっ!!」

姫子「み、三花っ!?」ビクッ

ズンズン!

姫子「ちょ、ちょっと待って・・・来ないで!」ズキズキ

ズンズンズン!!

三花「・・・はい姫子!まずは私にデコピンしてっ!!!」ドン!

姫子「・・・ぇえ!?って、ちょっ、どういうこと!?」


218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 00:48:52.46 ID:6/jgq6UZ0

三花「仲間の怪我にも気付けないようなリーダーだからだよっ!!!」

姫子「っ!!・・・で、でも、それは・・・わたしが隠してた・・から・・・・・」ポロポロ

三花「いいからっ!!」

姫子「っは、はい」ビクッ

三花「思いっきりやってね」グッ

・・・・ビシッィ!!

三花「っつぅぅ!!効いたぞぉぉっ姫子ぉ!!!」ガバァ

ぎゅー

姫子「ご、ごめん・・ごめんねぇ・・・三花ぁぁ・・・っ!」ポロポロ

ぎゅー

三花「うんうん・・・よしよし・・・・・それじゃ、みんなの前で話してくれる?」ギュー


姫子「・・・・・うん」

220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 00:57:25.68 ID:6/jgq6UZ0

~~~~~~~~~~~~~~~~~



信代「姫子!心配したんだよ!」

いちご「・・・・落ち着いてるの?」

三花「うんっ話してくれるって!姫子、4人揃ったから聞かせてもらってもいいかな?」



姫子「うん・・・・みんなも気付いてると思うけど、私の左手には古傷があってね。中学のソフトボール部で左手の腱を痛めて以来、
   握力が弱くなっちゃって・・・寒い日とか雨の日は今でも疼くのよ。右利きだから、
   ソフトボール部は無理をしなければ大丈夫だったの。でも、医者には今度無理して痛めたら
   最低限の握力までしか戻らないって言われてた・・・」

221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 01:03:47.92 ID:6/jgq6UZ0

姫子「最初、ギターくらいなら大丈夫だろうって思ってたんだけど、コード押さえるのって結構に力いるんだよね・・はは・・・
   ・・・でも、部活引退してから無気力になってた私にとって、三花が教えてくれたギターは楽しくてさ・・・・
   夢中になって練習してたら、もうやめられなくなっちゃって・・・みんなと一緒に音楽したくて、
   ライブしたくて毎日、毎日夢中で弾いて・・・・そんな毎日が日常になっていって・・・」

姫子「指のことなんかお構いなしでさぁ・・今まで十分気をつけてきたはずなのにおかしいでしょ?
   冬の寒さで疼いてるのに無理して難しいリフ練習したりさ・・・・たまに唯に負けないぞ!っとか意地になって
   HTTの曲練習したり、ふふ・・・だから、痛くても我慢してやってたのよ。」

姫子「・・・・でも、それがいけなかった。最近は左手も調子が良かったんだけど、今日だけはやけに疼いてさ・・・
   ライブ前にいちごに悟られたんだけど、強がって大丈夫なフリしたの。実際はめちゃくちゃ痛かったんでけどね・・はは・・・
   でも、私たちの初ライブだったし、自分のためにも、みんなのためにも絶対にやめたくなかったの・・・・
   で、無理して弾いたら案の定、3曲目の途中で左手の爆弾がドカーン・・・・・・痛すぎて左手が動かなくなっちゃてさ・・・・
   なんとかライブはやり遂げたけど・・・・そのあと、事情を知ってるいちごに、左手のこと問い詰められたらパニくって
  “ギターできなくなったら、バンドやめさせられるっ!!”とか考えちゃって・・・・
   ふふ、いちごがそんなことするはず無いのにね・・・・で、気付いたら逃げ出してた・・・・・
   ・・・・・みんな・・ご、ごめんね・・・・け、怪我しっちゃって、ごめんねっ・・・・
   ・・・ぐすっ・・ぅっ・・・・めいっ・・わくぅ、かけて、ごめ・・っん・・・・わ、わたし・・・もっぅ、ギター・・・・・・できない・・か・ぅ・・・・」ポロポロッ

223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 01:06:00.43 ID:6/jgq6UZ0

三花「・・・・ごめんよぉ、ごめんよぉ・・・ひめこぉ」ポロポロ
信代「・・・・姫子ぉ」ポロポロ
いちご(・・・・本当にダメね、私って)ウルッ



ぅうわあぁぁ・・・・・・・やだぁぁぁやめたぐなぃよぉぉっ


・・・・・・


・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 01:21:40.75 ID:6/jgq6UZ0

いちご「みんな落ち着いた?」

三花・信代・姫子「うん」

三花「とにかく!姫子は、まだギター出来ないとは決まったってないんだから絶対諦めないこと!」

姫子「・・・うん」ズキッ

三花「いちごは、今後の予定を考えて!」

いちご「・・・わかったわ」

三花「信代はもうメソメソしない!」グッ

信代「うっ・・三花だって泣いてたじゃん!」グッ

三花「あれ~そうだっけー?」アハハ

信代「ひ、卑怯者~っ」

姫子「ふふっ」

いちご「姫子は明日、朝一で病院に行って検査してもらって。終わったら報告してね」

姫子「うん、わかってる!」ズキッ


225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 01:29:10.61 ID:6/jgq6UZ0

~~~よくじつ!


三花「あ、姫子からメール・・・・検査結果出たのかな?」

『三花、いちご、信代へ。検査に行ってきました。結果は明後日話すから、3時にいつものファミレスで』

三花(・・・・神様おねがい・・・)


226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 01:38:28.24 ID:6/jgq6UZ0

~~~ふぁみれす!


姫子「・・・・ダメだった。もうギターは弾けないって・・・・」

信代「そんなぁ・・・・」

三花「・・・うそ・・・・・・・」

いちご「・・・・」

姫子「大丈夫!私の中ではもう整理は出来てるから!これからはヴォーカルに専念するよ!!」

信代「姫子は本当にそれでいいの!!?本当は・・・本当はっ・・!」

姫子「・・・・実を言うとね、怪我したとき頭の隅っこではなんとなくわかってたの。あぁ、もうこの手じゃ弦は押さえられないなぁって・・・・・
もちろん未練タラタラだったけど、それもあの日みんなの前で全部吐き出せたから・・・・・私はもう大丈夫っ!」ニコッ

三花「・・・・」
信代「・・・・そっか、姫子がそう言うなら私は信じるよ!」
いちご「・・・・本当にいいのね?」

228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 01:45:25.87 ID:6/jgq6UZ0

姫子「えぇ、もうギターに未練は無いわ。だから、早く新しいギターを探して練習しましょ!」

いちご「そうね。日程的にもギリギリだから、腕のいいギターを見つけないと・・三花「ダメっ!!!」

姫子「み、三花?」

三花「絶対にダメっ!!!!」

信代「でも、早く姫子の代わりのギターを入れないと・・・」

三花「このバンドのギターは姫子なの!!姫子の代わりなんていないっ!!!」ポロポロ
  「そりゃ歴は短いかもしれないけど、4人で支え合って、4人で奏で合って、4人で創り上げてきたバンドなの!!」ポロポロ
  「だから、この4人以外の誰かを入れるなんて私は絶対に許さないっ!!」ボロボロ

姫子「三花・・・・・・」
信代「・・・・・・うん」
いちご「じゃあ、どうするの?姫子に無理矢理ギターやらすの?それともあなたがギターをする?キーボードは?」

230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 01:59:11.09 ID:6/jgq6UZ0

三花「・・・・・姫子のギターじゃないなら、もうこのバンドにギターはいらないわ!!!」
「いちごっ!今すぐ、曲をギター抜きで書き直して!!メロディラインは打ち込みで作って、私といちごの2人でPCでもフットでもなんでも使ってやるわよっ!!!」


信代「・・・・・」ポカーン
姫子「き、気持ちは嬉しいけど、それはいくらなんでも・・・・いちご「ぷっ、あははははははっ!」ケラケラ


姫子・信代「いちごが声出して笑って・・・る?」ポカーン
三花「・・・・・いいわね?いちご」


いちご「あはははっ・・・・・はぁ、えぇ面白そうね。それに、私も姫子以外のギターなんていらないわ」フン

信代「わ、私だって!」グッ



姫子「ふふふ、ありがと。みんなっ!」

233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 02:13:53.81 ID:6/jgq6UZ0

~~~~たいばん!


純「今日はHTTとあと1組だけなんだよね?」

憂「うん、なんでも同じクラスの人たちのバンドなんだって~楽しみだよね~♪」パァァ

純「2バンドだけの対バンなのにもう一杯じゃん!桜校生以外もたくさんいるし、そのクラスメートのバンド結構すごいんじゃない?」

憂「んー私はよく知らないけど、お姉ちゃんの高校最後のライブだから楽しみだよー」

純「そうだねぇ。あーぁ、これで澪先輩も見納めかと思うと凹むわぁ」ハァ


234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 02:28:15.26 ID:6/jgq6UZ0

~~~~MOVSがくや!


三花「さ、さぁ、つっついにこの時が、き、き、きたよ!!!」ブルブル

信代「だから、そのブルブル震える健康器具気に入りすぎでしょ・・・・・」

三花「いや~ここに来たら、乗っとかないと気が済まないんだよ」ハハハ

姫子「3年2組のみんなも来てくれてるね。他のお客さんはHTTとうちのファンで半々ってところかな。」

信代「どうせ、姫子といちご目当てのファンだって」ヒヒヒッ

いちご「この間、信代にファンレター渡しに来た子がいたよ」

信代「えっ!?マジで!どの子???」

いちご「覚えてない」

信代「ちょ、ちょっと頼むよ、いちご様ぁ!」



236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 02:38:40.87 ID:6/jgq6UZ0

三花「さぁて、私たちがHTT相手にどこまで出来るかってとこね!」

姫子「でも、対バン勝負って伝えなくて本当に良かったの?」

いちご「HTTは自然体の時が一番いい演奏をするの。“フェアな勝負”でしょ?」

信代「確かにねー!一番いい相手を倒すのが気持ちいいもんだ!」ガハハ

三花「出番は私たちが先!前座じゃないわよメインは私たちっ!!HTTは閉店前のほたるの光にしてやるわっ!!!!ハハハハハハ!!!」

姫子「あはは、三花、興奮しすぎよ。とにかく、ここまで色々あったわね」
  「最初に三花に誘われた時は、なんの冗談かと思ったわよ」フフフ

いちご「手口が強引過ぎるのよ」

信代「廊下で土下座、土下寝された時はびっくりしたよ」ハハハ




237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 02:43:49.14 ID:6/jgq6UZ0

三花「強引さとノリが私の良さですから~ぁははは」
  「・・・・思えば、私の受験のせいで解散したり、姫子の左手が爆発したり」
  
姫子「いや、爆発はしてないわよ」


三花「ふふん♪でも、やっとここまで来たね。」

姫子いちご信代「うん」


三花「負けないと思う・・・・私たちなら。そんな気がするっ!!!」


姫子いちご信代「うんっ!!」




MOVSサンオネガイシマース!




三花「ここが私たちのゴールでスタート!!」


いっっっくぜぇぇぇぇっぇ!!!!!


239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 02:49:03.94 ID:6/jgq6UZ0

~~~~HTTがくや!



澪「なんだか観客が騒ぎ出したな・・・・」

\ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/

\MOVS!!! MOVS!!/
\ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/
        
紬「楽しみね~」

梓「結構盛り上がってますね。上手いんですか?」

律「ライブは結構こなしてるって話だ。最近はファンも増えてるってエリが言ってたな」

唯「この前、風子ちゃんにいちごちゃんタオルもらったよ~」

律「なに!?グッズまで出来てるとは澪並だな・・・・」

澪「私のを作ったのはお前らだろっ!」

律「まぁまぁそこはね!?おっ、出てきたぞ!」


241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 02:59:10.20 ID:6/jgq6UZ0

梓「・・・・あれ?このバンドってギターいないんですか?」

唯「あ、ホントだっ!姫子ちゃん手ぶらだね。ヴォーカルだけなのかな?」

紬「あら?三花ちゃんはキーボードとノートパソコン持ってるわ」

澪「打ち込みのメロディラインなのか?」

梓「ベースの人のフットペダルすごいですね・・・・いくつあるんですかあれ?」

澪「まさか、ベースやりながら打ち込みも使うのか・・・?」

唯「打ち込み?フット?」フワフワ


梓「・・・・どんな音を出すか楽しみです」ワクワク

律「お、そろろろ始まるな!」




242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 03:03:13.01 ID:6/jgq6UZ0
『1・2!』

ジャジャジャンジャジャーン! ジャジャジャンジャジャーン!
ドッドッド・・・・
姫子『I have a big gun! I took it from my Lord. Sick with Justice.I just wanna feel you!
I’m your angel Only a ring away. You make me violate you. No matter who you are!』

     \MOVS!! MOVS!!!/
                    \カッケー!!!ヤバイ!MOVS!!!/ 
\ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/

ジャジャジャンジャジャーン! ジャジャジャンジャジャーン!
ドッドッド・ドドッヴンヴウ

姫子・いちご『Get down! on your knees. Get a good head on your shoulders.If it’s for your guys! Go to the end of the earth!!』

               \ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/ 
\ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/
                        \ヴォーカルノコカッコイ!!/ 
\ワァァァッァ!!! ワァァァァ!/

姫子『You made a mess!! For Christ sake, this rotten world. Shit out of luck. Go with my vision
  Light up the fire. Right on the power. Weapon… I have it all!!!』
 \ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/   
             \ドラム、ベースウメェ!!/
                        \ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/
\ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/
                  \カッケー!!!ヤバイ!スゲー!!!/ 
        \スキー!!!MOVS!!/


245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 03:06:21.45 ID:6/jgq6UZ0

唯「姫子ちゃん歌うま~い!!」

梓「・・・・・すごい!」

梓「・・・律、信代のドラムどう思う?」

律「ま、ま~まぁまぁやるじゃん!」

さわ子「律ちゃん負けてるわよ・・・あと、澪ちゃんもね」

律「なっ!?んなわけあるかっ!!」

澪「いや、リズム隊は負けてるよ。あれだけの演奏をフットを入れながらなんて、
私には出来ない・・・・悔しいけどいちごの方が私より上だ」

さわ子「律ちゃんもわかってるんじゃないの?中島さんのドラムは走らないし、あのバンドのリズムを完璧に掴んでるわ」

律「へっわかってらぃっ!でも、バンドでは負けてないぜ!!」


251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 03:13:16.67 ID:6/jgq6UZ0
さわ子「そうね。そこがあなたたちの強みね」

梓「・・・・でも、すみません。私・・・・」

紬「梓ちゃんどうしたの?」

梓「・・・・私、初めて先輩たちの演奏を聞いた時と同じくらい感動してます。・・・・正直に言うと、
あのリズム隊の2人と合わせてみたいって思っちゃいました・・・・あっ、す、すみません!!」

律・澪「ッ!?」

唯「あ、あずにゃんが~・・・・でも私も、のぶちゃんといちごちゃんとやってみたいかも~」

紬「ゆ、唯ちゃんまで・・・・」

さわ子「あら、私もやってみたいわよ。それだけ、あのリズム隊が魅力的ってことよ!
さぁ、ここまで言われてどうする?HTTのリズム隊さん!」



澪・律「絶対負けません!」


252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 03:16:49.97 ID:6/jgq6UZ0
               \ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/
\ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/
                      \カッケー!!!ヤバイ!スゲー!!!/ 
\ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/
         \ワァァァッァ!!!アンコール!!/   
                          \サイコー!!アンコール!!/
                 \ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/
\ワァァァッァ!!! アンコール!!!/
              \キャー!!スゲー!!アンコール!!/ 
\アンコール!!! ワァァァァ!!/

律・澪「さぁいくぞ!今度は私たちの番だッ!!」
唯「おぉ!澪ちゃん律ちゃんやる気マンマンだね!!」
紬「HTT、高校最後のライブね!」
梓「やってやるです!」

        \HTT!HTT!/
                       \ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/
    \ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/
                  \カワイイーー!!!オネーチャーン!!/ 
  \ワァァァッァ!!! ワァァァァ!!/

唯「じゃーいくよ~ふわふわタイム!」

律『1・2・1・2!』

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・


253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 03:20:08.53 ID:6/jgq6UZ0
・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


~~~~~ふぁみれす!~~~~~~


三花「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ふぅ」

姫子「三花ったら燃え尽きたわね・・・・」

信代「ゴールでスタートとか言ったのにねー」アハハ

姫子「もうゴールしちゃったね」アハハ

いちご「結局負けたけどね・・・・」

三花「ッ!!負けてない!!負けてないよっ!!?観客の盛り上がりじゃ勝ってたじゃんッ!!!」

姫子「んーでも、やっぱテクじゃまだまだ勝てなかったからねぇ」フー

信代「大体、終わった瞬間に『沢庵に負けたぁぁぁぁ!』って叫んでたのは三花じゃん」ハハハ

三花「あ、あれは打ち込みとかが増えた分、本職が・・・・お、疎かに・・・・・」ガクッ

姫子「さらにダメじゃん」ププッ


254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 03:24:23.30 ID:6/jgq6UZ0

いちご「リズム隊は勝ったわ」
信代「まぁねー♪」

三花「くっそぉぉぉぉっ!!才能か!?才能なのかっ!!!?」ダー

いちご「“リズムは”勝ってたけど、メロディラインがボロ負けよ。フットと打ち込みの精度を上げないとね・・・・」

三花「確かに、今後の課題はそこだよね~ぇ」

信代「がんばれ~」

三花「くっそ!才能のくっそっ!!」

姫子「曲数も増やしたいね!」

いちご「ええ、もちろん。だから、姫子にも曲作り手伝ってもらうわよ。」

姫子「ご指導お願いします!」

いちご「じゃあ早速、歌詞は・・・・・~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 03:28:05.64 ID:6/jgq6UZ0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イラッシャイマセー


憂「あっ!見つけたよ純ちゃん!」

純「ホ、ホントだ!あ゛ー緊張してきたー!!」ドキドキ

憂「ほら、頑張って!」

純「う、うん!行ってくる!」



タッタッタッ


純「す、すっす、すびませんっ!」ドキドキ


三花「んっ?おー確か、ライブ見に来てくれてたー・・・・・確かぁ・・・唯の妹ちゃんの・・・・あれ?」

信代「あっ佐藤さんじゃない?」


256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/17(火) 03:31:46.61 ID:6/jgq6UZ0
純「憂の友達で、にっ、2年の鈴木純って言います!ジャズ研でベースをや、やってまして・・・・・」ドキドキ


姫子「へーじゃあ・・・ふふふ」チラッ


純「はっはい!あ、あ゛の!いちご先輩!!」バックンバックン




いちご「・・・・・?」


純「ら、ライブでっ・・・ファッ、ファンになりましてぇ・・・・ぇと、ぁの・・・・・サインくださいッ!!!!」バックンバックン


いちご「え、やだ」


純「」チーン




                           FIN

関連記事

Comment


(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

DVD

絶対美少女48人!厳選素人4時間 GLAM PLUM BEST [DVD]

好きで好きで、すきで HD [Blu-ray][アダルト]

つぼみのパイパン極小モザイク [DVD][アダルト]

秘蔵ロリパイパン200分 [DVD][アダルト]

ある日突然モテ男に変身!?オッパイだらけの夢のハーレム性活 さとう遥希 つぼみ 愛原さえ 北川瞳 [DVD][アダルト]

中出し痴漢バス女子校生 つぼみ [DVD][アダルト]

牧瀬みさ 初中出し天国 [DVD][アダルト]

SOFT ON DEMAND 男性ユーザー100万人が選んだ!確実にヌケるガチンコ素人お嬢さん2010年間BEST.20 [DVD][アダルト]

ギリグラ!! 秘宝館 北川りな [DVD]

ギリグラ!!秘宝館 相澤久美 [DVD][アダルト]

センチュリオン 青山佑香 [DVD][アダルト]

初裸 virgin nude カレン [DVD][アダルト]

ハックツ美少女 Revolution 桃川奈々 [DVD][アダルト]

モォ~娘 クリアホール 大容量ローション120ml付き

うぶばーじん

ペペローシヨン 360ml[アダルト]
Copyright © えすえす・SS管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。