スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「ヤンキーちゃんとメガネちゃん」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 13:59:44.95 ID:HncYTn3j0
授業中。

唯「あ、教科書忘れちった。和ちゃん教科書見して~」

和「前後の席で見せ合うって無理あるでしょ」

唯「そっか。
  じゃあ立花さん見せて!」

姫子「え……いいけど」

唯「わーい」
2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 14:03:32.29 ID:HncYTn3j0
机を寄せ合う二人。

姫子「はい」

唯「ありがとー」

姫子「……」

唯「……」

姫子「……」

唯「英語の授業って退屈だよね~」

姫子「そうね」

唯「この先生の話聞いてると眠くなるよね~」

姫子「うん」

唯「世界が嫉妬する髪へ」

姫子「へぇ」

唯「もー、立花さん反応薄い~」

和「……」

3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 14:08:17.17 ID:HncYTn3j0
姫子「ていうかいま授業中なんだけど。話しかけないでよ」

唯「えっ、立花さんってけっこう真面目なタイプ?」

姫子「そうじゃないけど……
    目ぇ付けられて起こられたら嫌でしょ」

先生「こら、平沢、立花。さっきからうるさいぞー」

姫子「……ほら、怒られた」

唯「あうぅ」

姫子「静かにしててよ」

唯「はーい(小声)」

姫子「……」

唯「……」

姫子「……」カチカチ

唯「あっ立花さん携帯いじってる」

4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 14:13:25.16 ID:HncYTn3j0
姫子「いいでしょ別に」

唯「あー、さっきは私に
  『授業中だから静かにしろ』って怒ってたくせに」

姫子「携帯いじってても静かでしょ。
    ていうかさっきからうるさい。黙ってて」

唯「逆に怒られた」

姫子「ったく……」カチカチ

唯「……」

姫子「……」カチカチ

唯「……」

姫子「……」カチカチ

先生「えー、で、だからつまりここがこうなる。
    では次に演習問題をやってもらおうかな……
    じゃあ、立花」

姫子「えっ」

5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 14:18:46.46 ID:HncYTn3j0
先生「どうした、立花。
    ちゃんと授業を聞いてれば答えられるはずだぞ? ん?」

姫子「えー……と」

唯「答えは3番だよ、立花さん!」ヒソヒソ

姫子「え、あ、3番です」

先生「うん、正解だ。
    少し難しい問題だったが良くできたな」

姫子「あ、ありがとう平沢さん」

唯「えへへー、ここのページは
  昨日みんなで予習したからねっ」

姫子「みんなって、軽音部の?」

唯「うん、そうだよー。
  立花さんもちゃんと予習しなきゃだめだよー」

姫子「分かってるわよ。
    答え教えてくれて、ありがとう」

唯「えへへー」

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 14:25:37.01 ID:HncYTn3j0
昼休み。

唯「和ちゃーん、お昼ごはん食べよ」

和「ええ、いいわよ。
  今日は偶然にも澪と律とムギが休みだから、
  久々にふたりだけの食事ね」

唯「何その説明口調」

和「気にしないで」

唯「和ちゃんのお弁当、今日も美味しそうだね」

和「そうかしら。
  憂の作ったお弁当のほうが美味しそうじゃない?」

唯「隣りの芝は青いんだよ和ちゃん」

和「あ、そう」

姫子「……」がたっ

唯「あ、立花さーん。
  立花さんも一緒にお昼ごはん食べようよ~」

姫子「えっ」

和「……」

7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 14:34:45.46 ID:HncYTn3j0
姫子「あー……私、購買行くから」

唯「じゃあ戻ってくるまで待ってるよ!」

姫子「いやいいよ、時間かかるし」

唯「大丈夫だよ、待つよ~。
  ね、和ちゃん」

和「……唯、無理に誘うのは良くないわ。
  立花さんもああ言ってるし」

唯「えー、でもー」

姫子「ごめんね、じゃ」たたっ

唯「あ、立花さーん……いっちゃった」

和「じゃ、食べましょうか」

唯「うん……」

和「……唯、立花さんと仲良かったの?」

唯「? ううん、さっきの英語の時間に初めて話したよ。
  でももっといっぱいお話したいな~って思って」

和「……そう」

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 14:42:54.42 ID:HncYTn3j0
放課後。

さわ子「はい、じゃあHRはこれで終わり。
     みなさん、さようなら」

生徒「さよならー」
生徒「さよーならー」
生徒「あーやっと終わったー」
生徒「つかれた帰ろー」

ざわざわ

唯「立花さん! 一緒に帰ろ!」

姫子「えっ?」

唯「ダメかな?」

姫子「いや、ダメ……じゃないけど。
    部活はいいの?」

唯「今日は澪ちゃんたち欠席だから中止だよ~」

姫子「あ、そう……」

和「……」

10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 14:47:55.02 ID:HncYTn3j0
唯「ねー、一緒に帰ろうよ」

姫子「別にいいけど……」

唯「わーい、やったー!
  和ちゃんも一緒に帰ろ~!」

和「あ、私は生徒会あるから」

唯「そっかー、残念。
  じゃあ二人で帰ろっか、立花さん」

姫子「え、うん……」

唯「じゃあねー、和ちゃん」

和「うん、また明日…………
  ……………………」





音楽室。

梓「誰も来ない……」

12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 14:53:09.89 ID:HncYTn3j0
帰り道。

唯「立花さんっていえどこなの?」

姫子「あー……中村橋を越えたとこ」

唯「へー、けっこう遠いんだね」

姫子「まあね」

唯「私はけっこう近いよ~」

姫子「へえ……
    ところで平沢さん」

唯「なに?」

姫子「なんで私のこと誘ったの?」

唯「え、だめだったかな?
  もっといっぱいお話したいなって、思ったんだけど」

姫子「ああ、いや別にダメってわけじゃないけど……ちょっと気になって。
    今まで全然話したことなんてなかったし」

唯「そういえばそうだねー、
  せっかく隣の席だったのに」

13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 15:00:00.09 ID:HncYTn3j0
姫子「まあ、席が隣だってだけであんまり接点ないし」

唯「接点か~。
  立花さんはギター好き?」

姫子「あんまり音楽は興味ない」

唯「そっかー、うーん……
  放課後はいっつも何やってるの?」

姫子「バイトしてる」

唯「えっ、すごいねー、どこで?」

姫子「近所のファミレス」

唯「へー、すごーい……
  バイトしてるなんて大人だね~」

姫子「そんなことないでしょ……
    バイトくらいみんなやってる」

唯「いやー、でもすごいよー。
  立花さん大人っぽいと思ってたけど、
  バイトしてたからだったんだね~」

姫子「バイトのせいじゃないと思う…………ただ1コ上なだけだし」

唯「え?」

16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 15:05:22.07 ID:HncYTn3j0
姫子「……」

唯「え? 1コ上って? 何が?」

姫子「あ、知らないんだ……
    私が留年してるってこと」

唯「え、留年してたの? 全然知らなかったよ!」

姫子「うん、留年してるの」

唯「でもなんで留年したの?
  成績悪かったの? 病気で入院してたとか?」

姫子「……」

唯「え、あ、ご、ごめんね。
  だめだよね、こんなプライヴァスィーのことに踏み込んじゃ……えへへ」

姫子「いや、別にいいよ。
    ただタバコやって何回か停学くらってただけ。あとバイク。
    うちの学校バイク禁止だから」

唯「ふーん、そうなんだ……
  ごめんね、変なこと聞いちゃって」

姫子「いいよ、別に気にしなくても……」

17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 15:11:51.98 ID:HncYTn3j0
唯「……」

姫子「……」

唯「……」

姫子(空気が……死んだ)

唯「……」

姫子「あー……なんかごめん……
    同じ学年とはいえ、年上と一緒にいるのってアレだよね。
    私、こっちから帰るから」

唯「あっ、違うの、そういうのじゃなくて。
  ただ変なこと聞いて申し訳ないなって思って……」

姫子「それは気にしなくていいってば」

唯「分かった、もう気にしない。
  だから立花さんも私に気つかわないで!」

姫子「へっ」

唯「立花さん年上でも、私気にしないから!
  同じ教室で隣同士のクラスメイトだもん!
  大事なお友達だもんね」

姫子「と、友達……」

18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 15:17:36.10 ID:HncYTn3j0
唯「あ、ダメ……? 友達……」

姫子「えっ、ううん、そんなことないよ……
    まさかそんなこと言われるなんて思ってなかったから……その」

唯「あっ、立花さん顔赤いよ!」

姫子「こっ、これは……違」

唯「えへへー、立花さんってカッコイイ系だと思ってたけど、
  けっこう可愛いよねっ」

姫子「もう、からかわないで」

唯「へへ、ごめんごめん。
  そうだ、あのさ」

姫子「何?」

唯「下の名前で呼んでもいい……?」

姫子「うん、いいよ」

唯「わーい、姫子ちゃんっ」

姫子「唯」

唯「えっへへー」

姫子「ふふっ」

19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 15:24:20.31 ID:HncYTn3j0
翌日、教室。

ガラッ
和「おはよう、ゆ……い」

唯「あ、おはよー和ちゃーん」ぎゅーっ

姫子「ま、真鍋さん……おはよう」

和「何やってるの、唯」

唯「何って、姫子ちゃんに抱きついてる」

和(姫子……ちゃん……!?)

姫子「あはは……」

和「唯、離れなさい。
  立花さんが迷惑してるでしょ」

姫子「あ、私は大丈夫だから」

唯「そーだよー。
  私たち友達だもんね~姫子ちゃん!」

姫子「うん、そうだね」

和「……………………」

20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 15:30:45.49 ID:HncYTn3j0
…………

さわ子「じゃあ朝のHRはこれで終わり。
     今日も一日頑張ってね~!」

わいわいがやがや

姫子「じゃね、唯」

唯「あれ、移動教室?」

姫子「うん、私化学とってるから」

唯「そっかー、じゃあまた後でね~」

姫子「うん」

唯「私たちは生物だね、和ちゃん」

和「え、うん、そうね……」

唯「どしたの?」

和「あー、なんていうか……
  唯、立花さんと仲いいの?」

22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 15:39:48.65 ID:HncYTn3j0
唯「うん、そうなんだー。
  昨日一緒に帰って仲良くなったんだよ~!」

和「ふーん……
  言いにくいんだけどさ、唯……」

唯「なに?」

和「立花さんと仲良くするのはやめておきなさい」

唯「えっ……な、なんで!?」

和「なんで、って……知ってるでしょ。
  あの人、留年してるのよ」

唯「それは昨日姫子ちゃんから聞いたけど……
  なんで留年してたら仲良くしちゃいけないの?」

和「私生徒会だからよく知ってるんだけど、
  立花さん去年タバコで何度も謹慎処分くらってたのよ。
  それにバイクの免許もとったりしてて、
  授業も出席日数ギリギリしか出てなかったのよ。
  あとちょっとで退学になるところだったらしいわ」

唯「……姫子ちゃんがそういう悪い子だから、
  仲良くするなってこと?」

和「ええ、そうよ。
  友達は選ばなきゃダメよ、唯。
  あんたの世間体にも関わってくるんだから」

26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 15:51:39.19 ID:HncYTn3j0
唯「せ、世間体って……
  私、そんな考えで友達作りたくないよ。
  ただ姫子ちゃんと仲良くしたいから仲良くしてるの!」

和「私は唯のためを思って言ってるのよ。
  あんな不良と友達になるのは、唯にとって良くないわ」

唯「私にとって良いか悪いかなんて、
  和ちゃんが決めることじゃないよ!」

和「あんたが不良と付き合ってるって知ったら、憂だって悲しむわよ」

唯「憂は関係ないじゃん!」

和「関係あるわよ。いいから立花さんと仲良くするのはやめなさい!
  あんな不良と友達になるんじゃありません!」

唯「やだ! 姫子ちゃん良い子だもん!
  私は姫子ちゃんと仲良くしたいのっ!」

和「唯っ!」

唯「和ちゃんの馬鹿! あんぽんたん! ババア声! 高校デビュー!
  もういいよ! 和ちゃんなんて大っきらい!!! ふん!!!」

和「唯っ……」

キーンコーンカーンコーン

先生「はーい授業始めるぞー」

27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 15:57:45.34 ID:HncYTn3j0
昼休み。

唯「ふはー、やっとお昼だー」

和「唯、お昼ご飯……」

唯「姫子ちゃん!! 一緒に購買行こう!!」

姫子「えっ!? でも唯はお弁当……」

唯「お弁当も一緒に持っていくから!!
  今日も偶然澪ちゃんたち休みだから大丈夫!!」

和「ちょっと唯! 待ちなさい!」

姫子「真鍋さんが呼んで……」

唯「あんなのほっといていいから!
  ほら早く行くよ、姫子ちゃん!!」だだっ

姫子「ちょ、ちょっと待って唯……」



和「……」

28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 16:04:14.31 ID:HncYTn3j0
食堂。

唯「いただきまーす」

姫子「いただきます」

唯「姫子ちゃん良かったね~、
  ゴールデンチョコパン買えて」

姫子「ああ、うん……
    珍しかったからつい買っちゃった」

唯「良かったね~」

姫子「うん」

唯「良かったね~……」

姫子「……一口食べる?」

唯「えっ!? いいの!?」

姫子「うん、一口だけね」

唯「わーい、ありがとー」ぱくっ

姫子「どう?」

唯「おいしー!」

29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 16:09:21.29 ID:HncYTn3j0
姫子「そういえばさっき、真鍋さんなんか呼んでたみたいだけど」

唯「いいのいいの、
  和ちゃんのことなんか気にしなくて」

姫子「ふうん……?」

唯「私もお弁当食べよ~」ぱかっ

姫子「わっ、美味しそうだね。唯のお弁当」

唯「えへ、そうかなー」

姫子「お母さんお料理上手なんだね」

唯「あ、これ作ったの妹なんだ~。
  うちお母さんいないから」

姫子「え、あ、そ、そうなんだ……
    なんかごめん」

唯「お父さんといっつも海外行っててさー。
  全然家にいないんだよね~」

姫子「あ、そういうこと……」

30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 16:18:47.08 ID:HncYTn3j0
唯「姫子ちゃんのお母さんは? どんな人?」

姫子「ろくでなしだよ。
    私が10歳のときに不倫して離婚した」

唯「へえー」

姫子「そのときお母さんのほうに付いてったのが間違いだったな。
    新しいお父さんもろくでなしでさー、酒飲んでばっか」

唯「ふーん……」

姫子「まあそれで色々嫌になって、
    中学の頃から悪いことばっかしてたな~」

唯「タバコとか?」

姫子「タバコは高校入ってからだよ。
    中学の時は授業サボってゲーセン行ったりとか……
    はは、こんなこと人に話すの初めてだ」

唯「そーなんだ。
  もっと聞きたいな、姫子ちゃんの話!」

姫子「別に話してもいいけど……
    もう昼休み終わっちゃいそうだよ」

唯「うわ、急いで食べなきゃ……」もぐもぐ

姫子「ふふ」

31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 16:23:29.59 ID:HncYTn3j0
放課後。

さわ子「はい、じゃあHRはこれで終わり。
     みなさん、さようなら」

生徒「さよならー」
生徒「さよーならー」
生徒「あーやっと終わったー」
生徒「つかれた帰ろー」

ざわざわ

唯「姫子ちゃん! 一緒に帰ろ!」

姫子「えっ?」

和「ちょ、ちょっと待ちなさい、唯!!」

唯「うるさいな、和ちゃんは早く生徒会行けばいいでしょ!!
  私のことはほっといて!!」

和「ほっとかないわよ、待ちなさい!」

唯「やだよ!!」

姫子「な、なに喧嘩してるの?」

32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 16:29:31.79 ID:HncYTn3j0
唯「ほら姫子ちゃん、早く帰ろ!!」

姫子「え、あ、でも真鍋さんが」

唯「ほっといっていいから、帰ろ!!」

和「待ちなさい、唯!」

唯「いーっだ!!
  和ちゃんなんてシイタケになれ!」

姫子「意味がわからない」

唯「早く行こう、姫子ちゃん!」だだだっ

姫子「え、ちょ、ちょっと待ってよ」


和「唯…………」




音楽室。

梓「今日もひとり……」

35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 16:37:42.97 ID:HncYTn3j0
帰り道。

唯「まったくもう、和ちゃんは……」ぷんすか

姫子「ねえ、唯」

唯「何?」

姫子「真鍋さんと喧嘩でもしたの?」

唯「なんで分かったの!?」

姫子「見てたら分かるよ……
    なんで喧嘩してるの? いっつも仲良かったのに」

唯「えー、だって和ちゃんったら、
  唯は姫子ちゃんと仲良くするな、なんて言うんだよ?
  姫子ちゃんが留年してるからって」

姫子「あ、そ、そうなんだ……私のせいで」

唯「あ、いや別に姫子ちゃんが悪いわけじゃないよ!
  分からず屋であんぽんたんの和ちゃんが悪いんだから!」

姫子「いや、でも真鍋さんの言うことも尤もだよ。
    大事な友達が、こんな不良と仲良くしてるなんて分かったら、
    不安にもなるよね」

唯「姫子ちゃん……」

37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 16:49:21.84 ID:HncYTn3j0
姫子「私たち、仲良くならない方が良かったかも知れないね」

唯「そ、そんなことないよ!
  仲良くならない方が良いなんてこと、絶対ない!
  友達がいっぱいいたほうが楽しいもん!」

姫子「でも……私と仲良くしてたら、
    ずっと真鍋さんと喧嘩したままになるよ?
    それでもいいの?」

唯「そ……それは」

姫子「唯にとっては、私より真鍋さんの方が大事でしょ」

唯「どっちが大事かなんて決められないよ。
  和ちゃんは親友だし、姫子ちゃんとももっと仲良くなりたいよ……」

姫子「唯の気持ちは嬉しいけど……」

唯「……」

姫子「ごめんね、やっぱり私が退くよ。
    私が唯と絶交すれば、それで解決するもんね」

唯「だ、だめだよそんなの」

39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 16:58:48.50 ID:HncYTn3j0
姫子「唯……」

唯「せっかく友達になったのにお別れなんて嫌!
  もっと姫子ちゃんと遊んだり喋ったりしたいよ!」

姫子「でも、真鍋さんが……」

唯「う……和ちゃんとも仲直りしたいけど……
  だけど……」

姫子「……」

唯「わ、私どうしたらいいんだろ……
  姫子ちゃんか和ちゃん、どっちか選ばなきゃいけないのかな……
  そんなのやだよ……
  両方と友達でいたいよ」

姫子「……」

唯「どうしたらいいのか分かんないよ……
  姫子ちゃん、どうしよう……ぐすっ」

姫子「私は、私と唯が絶好すれば良いと思うけど……
    唯はそれじゃ嫌なんだよね」

唯「絶対いや!」

40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 17:09:18.25 ID:HncYTn3j0
姫子「そっか……」

唯「そもそも和ちゃんが悪いんだよ……
  姫子ちゃんのことあんなふうに言って……」

姫子「真鍋さんのこと、そんなふうに言っちゃだめだよ。
    きっと真鍋さんは真鍋さんなりに
    唯のこと心配してくれてるんだから」

唯「……姫子ちゃんはやっぱり大人だね」

姫子「1コ上だからね」

唯「私は全然そんなふうになれないや……
  なんかあったらすぐ人のせいにしちゃうし、
  悩みごとがあっても頭の中こんがらがっちゃって
  一人で解決なんてできないし……
  今だってそう」

姫子「ふうん……じゃあ、バイク乗せてあげようか」

唯「え、バイク? 姫子ちゃんの?」

姫子「うん。後ろに乗せてあげる。
    ガーっとすっ飛ばしたら、頭すっきりするよ。
    私もなんか悩みがある時はよく乗るんだ」

唯「へー、なんか楽しそう。
  じゃあ乗せて、姫子ちゃん!」

42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 17:16:42.68 ID:HncYTn3j0
一方その頃、和は。

和「はー、今日も生徒会疲れた……
  早く帰ろう」

梓「あっ、和先輩」

和「あら、梓ちゃん。奇遇ね、何してたの?」

梓「音楽室にいました」

和「え、でも今日は部活ないんじゃないの?
  偶然にも澪たちがみんな休んでるから」

梓「あっ、そうだったんですか?
  良かったー、2日続けて誰も来ないから、
  私だけハブられてるのかと思いましたよ」

和「ハハッワロス」

45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 17:24:08.10 ID:HncYTn3j0
帰り道。

梓「そういえば唯先輩も休んでるんですか?」

和「いや、唯は他の友達と帰ったわ」

梓「へえ、唯先輩って軽音部以外に友達いたんですね」

和「梓ちゃんはいないの?」

梓「いますよ!!!!」

和「そんなに力強く否定しなくても……」

梓「その友達ってどんな人なんですか?」

和「ああ、不良なのよ、不良」

梓「不良!?」

和「うん、タバコとバイクでなんども謹慎喰らって、
  2回目の3年生をやってる人なの。
  見た目も派手だし、制服の着方もだらしないし」

梓「へえー、唯先輩がそんな人と仲良くしてるなんて、
  あんまりイメージ出来ませんね」

46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 17:32:48.10 ID:HncYTn3j0
和「そうなのよ、だから心配でね。
  唯に、そんな人と付き合うのはやめなさい、
  って言ったんだけど、全然聞いてくれなくて」

梓「そ、そんなこと言ったんですか」

和「言ったけど……何?」

梓「流石にそれはだめですよ。
  友達と絶交しろなんて言われたら、
  誰だって怒りますって」

和「だって心配なのよ。
  唯が不良に染められて、
  タバコとかバイクとかやったらと思うと……」

梓「大丈夫だと思いますよ、唯先輩なら」

和「でも」

梓「唯先輩は誰とでも仲良くなれちゃうタイプですけど、
  相手に染められるとか、そういうのはないと思います。
  むしろ相手を自分のペースに巻き込んじゃう人ですよ、唯先輩は」

和「……」

梓「その不良さんがどんな人かはよく知りませんけど、
  唯先輩にとってはいい友達になるんじゃないですか」

47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 17:42:31.45 ID:HncYTn3j0
和「でもねえ……」

梓「そんなに不安がらなくても。
  唯先輩がタバコ吸ったりバイク乗ったりするように見えますか?」

和「……見えないわ」

梓「そうでしょう。
  だいたい和先輩は唯先輩の幼馴染なんでしょう?
  唯先輩のことは、和先輩がいちばんよく分かってるはずです」

和「……」

梓「和先輩が唯先輩のことを
  理解しようとしてあげなくてどうするんですか。
  親友なら、ちゃんと友達のことを信じて、
  やりたいようにやらせてあげるべきです」

和「うーん、そうねえ……
  梓ちゃんの言うとおりかも知れないわね。
  私、唯のことを分かってなかったかもしれないわ」

梓「分かっていただけて何よりです」

49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 17:53:52.27 ID:HncYTn3j0
和「そうよね、私が唯のことを
  ちゃんと信頼してあげなきゃいけないのよね。
  ありがとう、梓ちゃん。
  私、今から唯の家に謝りに行ってくるわ」

梓「はい、頑張ってください。
  じゃ私、こっちの道なんで」

和「ええ、またね……」


和(うん、私が間違ってた)

和(不良なんかと付き合っても、
  唯が不良になったりするわけないんだ。
  立花さんと仲良くしたいって言うんなら、
  唯のことを信じてそうさせてあげるべきよね)

和(そして唯が選んだ立花さんのことも信じてあげなきゃ……
  唯が仲良くなりたいっていうんだもん、
  きっと良い人に決まってるわ)

和(そうよ、立花さんが非行に走って謹慎になったのは去年の話、
  今年に入ってからは何も問題を起こしてないんだもの。
  唯が彼女に影響されてタバコやバイクなんて、ありえない……)

とその時、
和の横を姫子と唯の乗ったバイクが通り過ぎていった。

和「ヘイタクシー!! 今すぐあのバイク追ってください!!」

50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 17:57:34.46 ID:HncYTn3j0
すみませんちょっと中断します
7~8時くらいに再開するので

55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 18:56:25.16 ID:HncYTn3j0
再開するでござる

56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 18:59:19.50 ID:HncYTn3j0
一方その頃、唯と姫子は。

唯「わー、速い速ーい!」

姫子「どう、気持ちイイでしょ」

唯「うん、すごいよ!」

姫子「ホントは自分で運転するのが最高なんだけどねっ」

唯「私、卒業したらバイクの免許とるよ!」

姫子「うん、そうしなよ」

唯「でも今バイク乗ってるのが誰かに見つかったら、
  やばいんじゃないの?」

姫子「大丈夫だよ、制服じゃないから
    動物並の動体視力なきゃ誰が乗ってるかなんてわかんないって」

唯「そっかー、じゃあ大丈夫だね」

姫子「よし、もっとスピード出すよ!
    しっかり掴まってて」

唯「うん!」

57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 19:05:59.01 ID:HncYTn3j0
――

――――

――――――

キッ
姫子「着いたよ、唯」

唯「ここどこ?」

姫子「私のお気に入りの場所……かな。
    ほら、見て」

唯「わー、すごい……街中見渡せるよ」

姫子「悩みがある時とか、落ち込んだ時とか、
    よくここに来るんだ。
    一人でこうやって街を眺めてると、
    小さいことなんか気にならなくなってくるんだ」

唯「へえー……」

姫子「唯は、どう?」

58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 19:15:02.51 ID:HncYTn3j0
唯「へ?」

姫子「唯の悩みに、決着はつきそう?」

唯「あー……
  バイクに乗ってる間、ずっと考えてたんだけどね」

姫子「うん」

唯「やっぱり姫子ちゃんとは友達でいたい!」

姫子「えっ、でもそれじゃあ……
    真鍋さんが」

唯「うん、和ちゃんとも仲直りしたい。
  だから私、和ちゃんに信じてもらえるように頑張るよ!
  姫子ちゃんは悪い子なんかじゃないって」

姫子「唯……」

唯「和ちゃんは分からず屋の石頭だけど、
  ちゃんと分かってもらえるまで話してみる。
  私に任せて、姫子ちゃん!」

姫子「うん……」

62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 19:22:59.93 ID:HncYTn3j0
和「唯っ!!」

唯「の、和ちゃん!?
  なななななんでここに……」

和「馬鹿、バイクの二人乗りなんかして、危ないでしょ!!
  それに学校の人に見つかったら謹慎よ!?」

唯「ご、ごめんなさい……」

姫子「わっ、私が誘ったの! 唯は何も悪くないわ。
    怒るんなら私を……」

唯「ち、違うの、姫子ちゃんは悪くないの。
  私が悩んでるの知って、
  姫子ちゃんが頭すっきりするからって
  バイク乗せてくれて……
  私のためにしてくれたことだから、
  だから姫子ちゃんは……」

和「悩んでるって、何を」

唯「和ちゃんと、喧嘩したこと……」

和「唯……」

運ちゃん「お、お客さん、タクシー代……」

63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 19:32:04.51 ID:HncYTn3j0
和「バカね、そんなこと気にしなくていいのよ。
  それこそ全部私が悪いんだから」

唯「和ちゃん……」

和「ごめんね、唯。私、唯のことを信じてあげられなくて。
  どんな不良と付き合おうと、唯は唯なのにね……
  それを私は分かってなかったわ」

唯「ううん、私も悪いよ。
  和ちゃんは私のこと心配してくれてたのに、
  つい怒っちゃって……ごめんなさい、和ちゃん」

和「こっちこそごめんなさい、唯」

唯「仲直り、してくれる?
  これからも姫子ちゃんと友達でいていい?」

和「当たり前じゃない……
  唯が選んだ友達なら、きっといい人だものね」

唯「へへ、それは和ちゃんもだよっ」

和「唯……」

唯「和ちゃん……」



紬「うんうん」

65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 19:38:24.91 ID:HncYTn3j0
翌日、教室。

ガラッ
和「おはよう、ゆ……い」

唯「あ、おはよー和ちゃーん」ぎゅーっ

姫子「ま、真鍋さん……おはよう」

和「なに、また抱きついてるの?」

唯「えへへー、姫子ちゃんあったかいんだよ」ぎゅーっ

姫子「あはは……」

和「もー、離れなさい。
  立花さん迷惑してるでしょ」

唯「あっ、和ちゃん」

和「何?」

唯「その『立花さん』っていうのをやめよう」

和「は?」

66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 19:43:42.41 ID:HncYTn3j0
唯「姫子ちゃんも!
  『真鍋さん』っていうの禁止!」

姫子「えっ? な、なんで?」

唯「せっかくだから二人にも仲良くなって欲しい!
  だから苗字で呼び合うなんて他人行儀なことはやめて、
  下の名前で呼び合おう!」ふんす

和「いや唯、いきなりそれは……」

姫子「はは……」

唯「えーっ、いいじゃん!
  ほら、和ちゃんは『姫子ちゃん』、
  姫子ちゃんは『和ちゃん』って!
  さんはい!」

和「……」

姫子「……い、良い?」

和「う、うん」

姫子「の……和」

68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/09(水) 19:49:07.69 ID:HncYTn3j0
唯「ほら和ちゃんも!」

和「う……ひ、姫子」

姫子「あはは……なんか照れるな」

唯「恥ずかしいのは最初のうちだけだよ。
  これでもう二人は完璧に友達だねっ」

和「まだ名前を呼び合っただけなんだけど」

唯「そこまでいったらもう完璧に友達だよ!
  ほら、記念に写真とろう、友達になった記念に!」

和「え~」

唯「ほら二人とも、もっと寄って寄って! もっとがしっと!」ぐいぐい

和「ちょっと唯、分かったから押さないで」

姫子「ふふっ……和も大変だね」

和「あ、分かってくれる?」

唯「じゃあいくよ、はいチーズ!」カシャッ

この後も色々あって和と姫子は友情を深めていくのだが、
それはまた別の話である。

        お            わ             り
関連記事

Comment


(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

DVD

絶対美少女48人!厳選素人4時間 GLAM PLUM BEST [DVD]

好きで好きで、すきで HD [Blu-ray][アダルト]

つぼみのパイパン極小モザイク [DVD][アダルト]

秘蔵ロリパイパン200分 [DVD][アダルト]

ある日突然モテ男に変身!?オッパイだらけの夢のハーレム性活 さとう遥希 つぼみ 愛原さえ 北川瞳 [DVD][アダルト]

中出し痴漢バス女子校生 つぼみ [DVD][アダルト]

牧瀬みさ 初中出し天国 [DVD][アダルト]

SOFT ON DEMAND 男性ユーザー100万人が選んだ!確実にヌケるガチンコ素人お嬢さん2010年間BEST.20 [DVD][アダルト]

ギリグラ!! 秘宝館 北川りな [DVD]

ギリグラ!!秘宝館 相澤久美 [DVD][アダルト]

センチュリオン 青山佑香 [DVD][アダルト]

初裸 virgin nude カレン [DVD][アダルト]

ハックツ美少女 Revolution 桃川奈々 [DVD][アダルト]

モォ~娘 クリアホール 大容量ローション120ml付き

うぶばーじん

ペペローシヨン 360ml[アダルト]
Copyright © えすえす・SS管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。