スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恒一「tAtarar・・・?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 19:33:59.00 ID:4OdJXGWXO
多々良「恒一くん・・・お昼一緒に食べよ?」

恒一「いいけど、僕パンを買わないと食べるものが」

多々良「それなら・・・はい、お弁当」

恒一「え、僕に?いいの?」

多々良「うん・・・///」


赤沢「」イライラ

鳴「」イライラ

三神「」イライラ

有田「」イライラ
9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 19:39:40.80 ID:4OdJXGWXO
赤沢「ねえ。なんなのよ、これ」

鳴「・・・私が知りたい」

綾野「私はいいけどなー、微笑ましくて」

赤沢「」ギロ

鳴「」ギロ

綾野「な、なーんて・・・へへ」

赤沢「とにかく対策しないとね」

鳴「今回ばかりは私も協力するわ」

小椋「・・・ん?ねえ」

12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 19:45:20.10 ID:4OdJXGWXO
赤沢「何?由美」

小椋「あの二人、いなくなっちゃったけど」

赤沢「!?」

鳴「も、もしかして、2人でご飯を」

赤沢「どどどどどどどどどどどどどうしよう」

綾野「・・・探しに行けばいいんじゃない?」

鳴「!!!」

赤沢「そんな手があったとは・・・」

小椋「・・・」

赤沢「探しに行くわよ!」

14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 19:48:59.91 ID:4OdJXGWXO
屋上


多々良「はい恒一くん。どうぞ」

恒一「あ、あの」

多々良「?」

恒一「こ、これは何?」

多々良「え?卵焼きだけど」

恒一「そうじゃなくて!この状況!」

多々良「何って・・・あーん、だけど」

恒一「」

19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 19:53:51.28 ID:4OdJXGWXO
恒一「だ、だめだよ」

多々良「どうして?」キョトン

恒一「だ、だって僕と多々良さんはそんな関係じゃ」

多々良「恵」

恒一「え」

多々良「恵って呼んでくれなきゃやめない」

恒一「う・・・」

多々良「ね?」

恒一「め・・・」

恒一「恵・・・///」

多々良「///」

22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 19:59:10.77 ID:4OdJXGWXO
恒一「さ、さあ言ったよ!僕を解放してくれ!」

多々良「だめ」

恒一「話が違う!」

多々良「はい、あーん///」

恒一「ぐ・・・やむを得ないか。あー・・・」

赤沢「そこまでよ!」

恒一「あ、赤沢さん!」

27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 20:04:45.90 ID:4OdJXGWXO
赤沢「恵。恒一くんから離れて」

多々良「なんで・・・?」

赤沢「なんでもよ」

多々良「私は恒一くんと一緒にいたいだけなのに・・・」

恒一「ね、ねえ赤沢さん。僕は大丈夫だから」

多々良「恒一くん・・・」

赤沢「ぐぬぬ・・・」

29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 20:08:34.33 ID:4OdJXGWXO
赤沢「とにかく。恵はほどほどにすること。それじゃ」

ガチャ バタン

恒一「赤沢さん・・・」

多々良「さ、恒一くん。お弁当の続きをしましょう。あーん」

恒一「多々良さん!?」

多々良「恵」

恒一「め、恵。今言われたばっかじゃ」

多々良「関係ないもん」

恒一「」



綾野「青春ですなぁ」パシャッパシャッ

39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 20:48:59.81 ID:4OdJXGWXO


赤沢「駄目だあの子・・・早くなんとかしないと」

鳴「赤沢さん。恒一くんは?」

赤沢「屋上にいたわ。恵も一緒に」

鳴「そう」

赤沢「なんであの子があんな積極的に・・・」

鳴「そのことなんだけど」

赤沢「?」

40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 20:54:28.99 ID:4OdJXGWXO
鳴「おそらく別の現象だと思う」

赤沢「!? 他にもあったの!?」

鳴「ええ。稀だけど死者の現象と併発して起こるらしいわ。まあ害はないらしいけど」

赤沢「私には害だけどね。で、どんな現象なの?」

鳴「それはね」

赤沢「うん」

鳴「『タタラ』という苗字の生徒が『コウイチ』と言う名前の生徒にベタベタしたくなる現象らしいわ」

赤沢「・・・なにそれ」

鳴「問題はここからよ」

赤沢「?」

42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 21:03:10.97 ID:4OdJXGWXO
鳴「これとは別に、さらに問題の現象があるの」

赤沢「ま、まだあるの!?」

鳴「実は100以上はあるらしいわ。条件が厳しいからコンプしにくいらしいけど」

赤沢「コンプする必要ないわよ」

鳴「話を戻すけど。その問題の現象っていうのが」

赤沢「うん」

鳴「苗字が5文字で『ら』で終わる男子が、氏名に『み』を含む黒髪ロングストレートの女子にベタ惚れする現象よ」

赤沢「・・・・・・は?」

48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 21:09:31.27 ID:4OdJXGWXO
赤沢「またわけのわからない・・・」

鳴「赤沢さん。恒一くんの苗字は?」

赤沢「え?榊ば・・・!まさか」

鳴「ええ。このままだと恒一くんは多々良さんに・・・」

赤沢「駄目よそんなの!絶対だめ!」

鳴「でしょ?」

赤沢「どうすれば・・・」

鳴「簡単よ」

赤沢「?」

49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 21:13:31.99 ID:4OdJXGWXO
鳴「多々良さんに髪型を変えてもらえばいいのよ」

赤沢「!!!」

鳴「どう?」

赤沢「天才ね」

鳴「ふふ」

赤沢「じゃあ早速恵のところに行きましょ」タッ

鳴「ええ」タッ



赤沢(帰って黒に染めよう)タッタッタッ

鳴(明日はつけ毛して行こう)タッタッタッ

51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 21:18:47.28 ID:4OdJXGWXO
多々良「ふふ」

恒一「あの、め・・・恵」

多々良「なに?」

恒一「廊下で腕を組むのは、ちょっと・・・」

多々良「・・・嫌?」

恒一「いやじゃないけど、ちょっと恥ずかしいというか」

多々良「私は恥ずかしくないよ?」

恒一「う・・・」

多々良「ふふっ」ニコニコ

52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 21:24:25.47 ID:4OdJXGWXO
赤沢「ちょっといいかしら」

恒一「あ、うん。ちょっと待ってて」

多々良「! い、いやだよ恒一くん」

恒一「!」

多々良「恒一くんと離れたくない・・・」グスッ

恒一「! 恵・・・」

多々良「恒一くん・・・」

恒一「恵・・・」

赤沢「話を聞けええええええええええええ!!!」ゴシカァン

多々良「」ビクッ

恒一「」ビクッ

54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 21:29:47.26 ID:4OdJXGWXO
赤沢「用があるのは恵のほうよ」

多々良「え?私?」

赤沢「ええ。ちょっと来てくれない?」

多々良「こ、恒一くん・・・私離れたく」

赤沢「もういいから」

恒一「ははは・・・僕は逃げもしないから行ってきなよ」

多々良「う、うん・・・」

赤沢「・・・」

55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 21:34:34.20 ID:4OdJXGWXO
多々良「それで、話って・・・」

赤沢「ええ。現象の話よ」

多々良「!」

赤沢「どうやら黒髪ロングストレートは現象の被害者になりやすいらしいわ」

多々良「え!」

赤沢「さらに黒髪ロングストレートが一人もいなくなると現象が激しくなるらしいのよ」

多々良「そ、そんな。私どうすれば」

赤沢「・・・」

多々良「恒一くんに、会えなくなっちゃうの・・・?」ポロポロ

赤沢「・・・恵」

57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 21:40:17.86 ID:4OdJXGWXO
赤沢「私が代わってあげる」

多々良「!!」

赤沢「私が、恵の代わりに『黒いもの』になるわ」

多々良「で、でもそしたら泉美ちゃんが」

赤沢「私は対策係だから。当然よ」

多々良「泉美ちゃん・・・」ジーン

赤沢「ふふっ」



赤沢(計画通り)

59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 21:47:03.72 ID:4OdJXGWXO
次の日


多々良「おはよう、恒一くん」

恒一「おはよう・・・あれ、髪型変えたんだ」

多々良「う、うん」

恒一「似合ってるよ。ポニーテール」

多々良「ほ、本当?」

恒一「うん、かわいい」

多々良「あ、ありがとう・・・///」

62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 21:52:49.62 ID:4OdJXGWXO
恒一「でも、なんで急に?」

多々良「えっと、それは現・・・あ」

多々良(恒一くんが心配するから、って泉美ちゃんに口止めされてるんだった)

恒一「なに?」

多々良「い、イメチェンだよ。えへへ」

恒一「へえ」

多々良(ごめんね恒一くん・・・)

63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 21:55:46.08 ID:4OdJXGWXO
三年三組


恒一「おはよー・・・あれ」

赤沢「おはよう、恒一くん」

恒一「髪、黒にしたの?」

赤沢「どうかしら」

恒一「うん。赤もいいけど黒も似合ってるよ」

赤沢「///」

多々良(泉美ちゃん・・・私のために・・・)

66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 22:03:31.19 ID:4OdJXGWXO
ガラッ

赤沢「!?」

鳴「おはよう」

恒一「お、おはよう見崎。その髪・・・」

鳴「あ、これ?朝になったら伸びてたの。不思議よね」

恒一「そ、そうなんだ」



赤沢(あ、あの子・・・!)

多々良「ねえ、泉美ちゃん。見崎さんも知ってるの?」ヒソヒソ

赤沢「え!?・・・う、うん。2人なら心強いでしょ、ってね」

多々良「見崎さん・・・」ジワッ

赤沢(私の計画が・・・)

68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 22:09:58.37 ID:4OdJXGWXO
多々良「よし、決めた!私逃げない!」

赤沢「!?」

多々良「私、髪ほどくね」

赤沢「だっ駄目駄目!」

多々良「でも・・・2人が頑張ってるのに私だけ」

赤沢「恵は気にしなくていいの!」

鳴「そうよ」

多々良「見崎さん」

鳴「これ以上増えるとどうなるかわからないわ」

赤沢「そ、そうそう」

多々良「・・・うん、わかった」シュン

赤沢(良心が痛む)

69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 22:14:44.16 ID:4OdJXGWXO
恒一「何を話してるの?」

赤沢「う、ううん、別に」

鳴「なにも」ニコッ

恒一「そう?」

多々良「うん」

ガラッ

三神「はーい、席についてー」

多々良「またあとでね?恒一くん」

恒一「うん」

鳴(なんで・・・)

赤沢(なんで三神先生まで黒髪に・・・)

70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 22:20:12.18 ID:4OdJXGWXO
昼休み


多々良「はいお弁当」

恒一「ありがとう」

多々良「・・・」

恒一「・・・」モグモグ

多々良「・・・」

恒一「ねえ、多々良さん」

多々良「は、はい!なんでしょう!」

恒一「・・・」

74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 22:26:14.20 ID:4OdJXGWXO
恒一「・・・なにかあったの?」

多々良「! ううん、別に」

恒一「それは嘘だよ」

多々良「!?」

恒一「だっていつものあーんをしてこないし」

多々良「う」

恒一「さっきも『多々良さん』って呼んだけどスルーしたじゃない」

多々良「あ・・・」

恒一「何があったんだい?」

多々良「そ、それは」

恒一「話を聞くぐらいならできるから、ね?」

多々良「恒一くん・・・うう」グスッ

恒一「!?」

多々良「うう・・・」ポロポロ

恒一「た、多々良さん」オロオロ

76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 22:36:27.20 ID:4OdJXGWXO
恒一「そんなことが・・・」

多々良「うん・・・」

恒一「だから、髪を結んでたんだね」

多々良「うん・・・」

恒一「そうか・・・」

多々良「・・・私、どうすればいいのかな」

恒一「・・・?」

多々良「恒一くんとずっと一緒にいたい。でもそのために泉美ちゃんたちが犠牲になるのは見たくない・・・」

恒一「恵・・・」

77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 22:42:58.33 ID:4OdJXGWXO
恒一「恵は、そう思うんだね」

多々良「・・・うん」

恒一「じゃあ、僕がなんとかするよ」

多々良「え・・・」

恒一「僕も何か力になりたいし」

多々良「どうする気なの・・・?」

恒一「まぁ、まずは赤沢さんのところに行っててよ。僕は準備があるから」

多々良「・・・?う、うん」

恒一「ふふ」



綾野「こういっちゃん、何する気なんだろ」パシャッパシャッ

79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 22:47:32.59 ID:4OdJXGWXO
三年三組


ガラッ

多々良「・・・」

赤沢「あら、恒一くんは?」

多々良「ちょ、ちょっと用があるらしくて・・・」

赤沢「へえ・・・」

鳴「早く帰ってこないかしら」

赤沢「ね」

三神「」ソワソワ

多々良「・・・」

ガラッ

恒一「ただいまー」

赤沢「おかえり恒一く・・・ん!?」

恒一「?」

82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 22:56:44.91 ID:4OdJXGWXO
赤沢「恒一くん。一応聞くけど・・・それは何?」

恒一「何って・・・」



恒一「黒髪ロングのカツラだけど?」

赤沢「」

鳴「」

三神「」

多々良「恒一くん・・・」

綾野「」パシャッパシャッパシャッパシャッパシャッパシャッ

83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 23:02:46.85 ID:4OdJXGWXO
恒一「聞いたんだ、恵から」

赤沢「」

恒一「誰かがこの髪型でいなきゃいけないって」

鳴「」

恒一「だから僕が引き受けるよ」

多々良「こ、恒一くん・・・」ウルッ

赤沢「ちょ、ちょっと待ってそれはおかしい」

鳴「ソ、ソウダヨ恒一クン」

恒一「だって男女関係ないんでしょ?聞いた限り」

赤沢(ぬかった)

85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 23:08:47.43 ID:4OdJXGWXO
多々良「・・・もういいの、恒一くん」

恒一「多・・・恵・・・」

多々良「ありがとう恒一くん。それに泉美ちゃん、見崎さん、先生」

赤沢「め、恵?」

多々良「私、もう迷わない。髪を下ろす」シュルッ

赤沢「!?」

鳴「!?」

恒一「!」

多々良「思えば私の役目だよ。泉美ちゃんたちが犠牲になる必要はないよ」

赤沢「恵?本当にいいの?考え直してみて?ね?」

鳴「ウンウン」

88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 23:21:28.62 ID:4OdJXGWXO
多々良「もう大丈夫だから。ありがとう」

恒一「本当に、いいの?」

多々良「うん」

恒一「現象が起こったら、僕に会えなくなるんだよ?」

多々良「・・・」

恒一「それでも・・・」

多々良「・・・いいの」

恒一「!」

多々良「誰かを犠牲にしてまで、幸せになろうなんて思わないから」

恒一「・・・」

多々良「・・・でもやっぱりこわいんだけどね。えへへ・・・」

恒一「多々良さん、いや・・・恵」

多々良「?」

90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 23:22:40.37 ID:4OdJXGWXO





恒一「僕と、付き合ってください」








96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 23:33:10.36 ID:4OdJXGWXO
赤沢「」

鳴「」

三神「」

綾野「」パシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャッ

多々良「ほ、本当に・・・?」

恒一「うん」

多々良「・・・同情なら、いらないよ」

恒一「違う!!!」

多々良「!」

98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 23:36:33.06 ID:4OdJXGWXO
恒一「みんなのために勇気を出した恵に、僕は惚れたんだ。同情なんかじゃない」

多々良「恒一・・・くん」ウルッ

恒一「いつ現象がくるかわからない。でもそのとき、いやこれからもずっと君を幸せにするよ。恵」

多々良「ありがとう・・・」ポロポロ

恒一「こんな僕でよければ・・・」

多々良「ううん。恒一くんじゃなきゃ嫌。ふつつか者ですが・・・///」



赤沢「」

鳴「」

三神「」

綾野「いいよいいよー」パシャッパシャッパシャッ

100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 23:39:55.44 ID:4OdJXGWXO
数日後


恒一「恵!」

多々良「恒くん!」

恒一「屋上でお昼にしようよ」

多々良「うん!」

キャッキャッ



赤沢「」イライラ

鳴「」イライラ

小椋「・・・諦めなよ」

綾野「ししし」

103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 23:42:14.13 ID:4OdJXGWXO
鳴「結局あのあと恒一くんの現象がはじまって・・・」

赤沢「毎日イチャイチャ・・・」

鳴・赤沢「「はぁ・・・」」

小椋「二人とも粘ったのにね」

鳴・赤沢「「・・・」」キッ

小椋「」ビクッ

綾野「まあまあ」

105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 23:45:33.52 ID:4OdJXGWXO
赤沢「・・・そろそろ元に戻そうかしら」

鳴「私は外すだけだから簡単」プチッ

赤沢「あっ、ずるい」

綾野「いいじゃん似合ってるし。そのままでいいんじゃない?」

赤沢「えー」

勅使河原「おーい赤沢」

綾野「てっしーだ」

107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 23:48:17.92 ID:4OdJXGWXO
赤沢「何?」

勅使河原「ああ、三神先生がさ」

赤沢「うん」

勅使河原「日直・・・・・・の・・・」

赤沢「?」

勅使河原「・・・」

赤沢「どうしたのよ」

勅使河原「・・・う」

赤沢「う?」



勅使河原「うおおおおおおおおおおおおおー!!!!赤沢ああああああああああああー!!!!」

赤沢「」

109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 23:51:56.72 ID:4OdJXGWXO
赤沢「な、何!?」

勅使河原「髪髪モフモフ!髪髪モフモフ!きゅんきゅんきゅい!!!」クンカクンカ

赤沢「」

小椋「まさか、それ現象じゃ・・・」

綾野「てしがわ『ら』・・・あ、てっしーも該当者だったんだ」

赤沢「」

鳴「よかったね、赤沢さん(ニッコリ)」

赤沢「よ、よくなああああああああああああい!」

綾野「」パシャッパシャッパシャッパシャッパシャッパシャッパシャッ

111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/06(金) 23:55:07.78 ID:4OdJXGWXO
ヨクナアアアアアアアアアアイ


多々良「なんだか騒がしいね」

恒一「うん」

多々良「はい、あーん」

恒一「あーん」

多々良「・・・」

恒一「・・・」モグモグ

多々良「おいしい?」

恒一「うん。恵のお弁当だからね」

多々良「///」



おわり
関連記事

Comment


(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

DVD

絶対美少女48人!厳選素人4時間 GLAM PLUM BEST [DVD]

好きで好きで、すきで HD [Blu-ray][アダルト]

つぼみのパイパン極小モザイク [DVD][アダルト]

秘蔵ロリパイパン200分 [DVD][アダルト]

ある日突然モテ男に変身!?オッパイだらけの夢のハーレム性活 さとう遥希 つぼみ 愛原さえ 北川瞳 [DVD][アダルト]

中出し痴漢バス女子校生 つぼみ [DVD][アダルト]

牧瀬みさ 初中出し天国 [DVD][アダルト]

SOFT ON DEMAND 男性ユーザー100万人が選んだ!確実にヌケるガチンコ素人お嬢さん2010年間BEST.20 [DVD][アダルト]

ギリグラ!! 秘宝館 北川りな [DVD]

ギリグラ!!秘宝館 相澤久美 [DVD][アダルト]

センチュリオン 青山佑香 [DVD][アダルト]

初裸 virgin nude カレン [DVD][アダルト]

ハックツ美少女 Revolution 桃川奈々 [DVD][アダルト]

モォ~娘 クリアホール 大容量ローション120ml付き

うぶばーじん

ペペローシヨン 360ml[アダルト]
Copyright © えすえす・SS管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。