スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向日葵「櫻子が大好き」櫻子「向日葵が大好き」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 19:27:33.90 ID:4w8jPlx/0
M=独白、傍白
×=時間経過、回想


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 19:29:01.84 ID:4w8jPlx/0
◇向日葵の部屋・夜

  閉じられたカーテンから入る込む月光で仄暗い室内。
  向日葵は片隅のベッドに横たわっている。
  しかし暗がりの中で、その表情までは捉えることは出来ない。

向日葵M「私が櫻子への気持ちに気づいたのはずっと前。
 でも、そのときにはもう今のような関係。
 中学生になれば、それも変わるかもしれないなんて考えていましたのに……」

  向日葵は側にある枕をたぐり寄せ、抱きしめる。

向日葵M「……私が変わるしかありませんわ。
  私が素直になれば、櫻子もきっと」
3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 19:34:16.73 ID:4w8jPlx/0
◇通学路・朝

  学校へ向かう生徒達の中に向日葵と櫻子の姿。
  2人は隣り合って、他の生徒より幾分ゆっくりと歩いている。
  ――と、向日葵は口元に手をやり。
  
向日葵「ふわぁ……(大きなあくび)」

櫻子「向日葵、寝不足?」

向日葵「ええ。少し」

5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 19:38:53.08 ID:4w8jPlx/0
  櫻子は、後ろ手に向日葵の前に躍り出る。
  そのまま後ろ歩きをしながら。

櫻子「なんか悩み事?私で良ければ相談乗るよ?」

  向日葵は少し目をそらして。

向日葵「結構ですわ。櫻子に相談してもややこしくなるだけですし」

向日葵M「(はっとして)またやってしまいましたわ……」

櫻子「なんだよ! せっかく心配してやってるのに」

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 19:43:16.22 ID:4w8jPlx/0
向日葵「(目を伏せ)ごめんなさい、櫻子」

櫻子「え?」

  櫻子は呆気にとられ、足が止まる。
  それに合わせて、向日葵もまた立ち止まる。
  向日葵は表情を曇らせ。

向日葵「せっかく心配してくれているのに…私…」

  俯く向日葵の顔をのぞき込むようにして。

櫻子「向日葵? ホントに大丈夫なの?」

  向日葵はすぐに表情を戻し。

向日葵「ええ。昨日、少し寝付けなかっただけですわ。
 さ、急ぎましょう。遅刻してしまいますわ」

  向日葵は歩き出す。
  
櫻子「う、うん」

  櫻子は腑に落ちない様子で向日葵を追う。

7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 19:49:00.04 ID:4w8jPlx/0
◇教室・昼休み

  机をくっつけて昼食をとっているいつもの4人。
  しかし、櫻子は箸が動いていない。
  向日葵は上の空の櫻子に気づいて。

向日葵「櫻子、さっきから全然食べてませんわよ?」
  
あかり「具合でも悪いの?」

櫻子「え? あ、全然! さあ、お昼お昼!」

  櫻子は慌てて弁当を掻き込むが、むせてしまう。

ちなつ「そんなに慌てなくても、ご飯は逃げないよ」

向日葵「櫻子ったら。ほら、お茶ですわ」

  そう言って向日葵は自分のペットボトルを差し出す。

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 19:55:09.75 ID:4w8jPlx/0
櫻子「あ、ありがと」

  櫻子は素直に受け取って飲む。

向日葵「大丈夫ですの?」

櫻子「うん、もう大丈夫」
  
  櫻子は向日葵にお茶を返す。
  向日葵はそれを受け取って。  

向日葵「なら、よかったですわ」

  微笑む向日葵に対し、櫻子の表情は暗くなる。
  しかし、すぐに笑顔になり。

櫻子「ありがと。向日葵」

9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 20:00:18.35 ID:4w8jPlx/0
◇生徒会室・放課後


千歳「ほな、うちらはごらく部に行ってくるわ」

綾乃「すぐ戻るけど、その間よろしくね」

  と言って2人は生徒会室を出る。
  向日葵と櫻子はそれを見送る。

向日葵「さ、櫻子。さっさと済ませてしまいましょう」

  向日葵はプリントの束を櫻子に渡す。

櫻子「えっと、これをクラスごとに仕分ければいいんだっけ?」

  と櫻子は受け取ったプリントを睨みながら尋ねる。


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 20:05:13.13 ID:4w8jPlx/0
向日葵「各クラスの、委員会の人数ごとですわよ」

  それだけ答えると、向日葵は自分の作業を始める。
  少しだけ不安げな表情になる櫻子。

向日葵「どうかしましたの?」

櫻子「う、ううん。何でもない」

  櫻子も作業を始める。
  2人はプリントの枚数を数えては分ける作業を黙々とこなす。

向日葵M「今日は疲れましたわ。ですが、いつもみたく憎まれ口を叩いていては、
 変わる物も変わりませんし。
 (ため息)……素直にって難しいですわね」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 20:08:46.36 ID:4w8jPlx/0
  ×  ×  ×

  会話はなく、ただ紙が擦れる音が響く室内。
  耐えかねなくなった櫻子は立ち上がり。

櫻子「ごめん! 向日葵!」

  勢いのままに頭を下げる。

向日葵「え……え? 櫻子?」

  目をパチクリさせる向日葵。

13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 20:12:43.65 ID:4w8jPlx/0
  櫻子はそんな向日葵にお構いなしで。

櫻子「よく分かんないけどごめん! 私なんか怒らせることしちゃったんだよね?
 (目をそらして)向日葵、朝から素っ気ないし……」

向日葵「別に怒ってなんていませんわよ。それに素っ気なくしてたつもりも――」

櫻子「とにかく、ごめん!」

  そう言ってまた頭を下げる。

向日葵「ですから、私は怒ってなんていないですわ」

櫻子「……本当に?」

  櫻子は視線だけ向日葵に向ける。

14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 20:18:43.65 ID:4w8jPlx/0
向日葵「(ため息)嘘ついてどうするんですの」

櫻子「よかったぁ……(床に座り込み)私、向日葵に嫌われたんじゃないかって」

  向日葵は少し赤くなって。

向日葵「そ、そんなこと、あるはずないですわ」

  向日葵は櫻子に手を差し出す。

櫻子「ありがと」

  櫻子はそれを握り、立ち上がる。

15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 20:25:02.76 ID:4w8jPlx/0
櫻子「(目元を拭って)でも、怒ってないなら何で素っ気ないの?」

向日葵「だからそんなつもりでは――」

櫻子「だって、今日ノート忘れた時とか何も言わずに見せてくれたし、
 おっぱいって言っても無視したし」

向日葵「それは……」

  向日葵は櫻子から目をそらし、俯く。
  櫻子はしっかりと向日葵を見据えて。

櫻子「(語気を強めて)さっきだって、指示の内容忘れてたのに何も言わなかったじゃん!」

  少しの間。
  
向日葵「だって……」

16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 20:30:30.79 ID:4w8jPlx/0
  俯いたまま、向日葵はつぶやく。

向日葵「だって、私が素直になれば、きっと櫻子も素直になってくれるって。
  そう思って……」

  櫻子は驚き。

櫻子「え……それって」
  
  向日葵はこぶしを握りしめ。
 
向日葵「私……(顔を上げて)櫻子が好きですわ!!」

  みるみる向日葵の顔が赤くなる。

向日葵「昔みたいに、もっと櫻子の近くにいたいんですの!
 だから……私と付き合ってください!」

  向日葵は頭を下げる。
  目をぎゅっと閉じ、不安げに祈るような表情。

櫻子「……ごめん」

18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 20:35:27.07 ID:4w8jPlx/0
向日葵「え……?」

  向日葵が頭を上げると、櫻子はとっさに目線をそらして言葉を続ける。

櫻子「いや、その……付き合えないとかじゃなくてさ、少し、考えさせて」

向日葵「そ、そうですわよね。こんなこと、いきなり言われても困りますわよね」

  向日葵は目に涙を浮かべるも、すぐ隠すように拭う。
  そして感情を押し殺した声で。

向日葵「わかり、ましたわ」

  櫻子は暗い表情で目をそらしたまま。

櫻子「ごめん。明日までには答え出すから……ごめん」

  向日葵は無言のまま頷き、仕事に戻る。
  櫻子もそれに続く。

21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 20:41:21.34 ID:4w8jPlx/0
◇古谷家・キッチン・夜

  私服にエプロン姿の向日葵。
  包丁を手にニンジンを切っているが、まな板からはどこかぎこちない音。

  ×  ×  ×

◇生徒会室・放課後

  暗い顔の櫻子。

櫻子「……ごめん」

櫻子「少し、考えさせて」

  ×  ×  ×

◇古谷家・キッチン・夜

向日葵M「……まだわかりませんわ。なのに、なんで……」

  涙が向日葵の頬を伝う。


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 20:45:23.06 ID:4w8jPlx/0
向日葵M「櫻子なら大丈夫って、必ず受け入れてくれるって……
 そんな気持ちがどこかにあったのかも知れませんわ。
 勝手ですわね、私――」

向日葵「痛っ……」

  指の先から血が滲み出る。
  すぐに楓が駆け寄ってくる。

楓「どうしたの?」

向日葵「大丈夫。指を切ってしまっただけですわ」

  楓は向日葵の涙に気づき。

楓「お姉ちゃん、泣いてるの?」

  向日葵は慌てて、手で涙を拭う。

24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 20:50:19.98 ID:4w8jPlx/0
向日葵「た、タマネギを切っていて、そのせいですわ。(笑顔を作り)さ、楓。
 今夜はカレーですわよ」

  楓は元気よく。

楓「やったの! 楓、カレー好きなの」

◇大室家・櫻子の部屋・夜

  カーテンを閉め、電気も付いていない部屋。
  鞄が無造作に転がっており、すぐ隣のベッドには制服のままの櫻子。
  暗闇の中で、壁を背に両膝を抱えている。


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 20:55:06.40 ID:4w8jPlx/0
  ×  ×  ×

◇生徒会室・放課後

  顔を真っ赤にしている向日葵。
  涙目で櫻子を見つめ。

向日葵「私……(顔を上げて)櫻子が好きですわ!!」
 ――だから……私と付き合ってください!」

  ×  ×  ×


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 20:57:09.97 ID:4w8jPlx/0
◇大室家・櫻子の部屋・夜

  櫻子はそのままの体勢で横に倒れる。

櫻子M「私、向日葵とどうなりたいんだろ。
 考えたことなかったな……今の関係、結構好きだし」

  櫻子は膝を放し、仰向けに大の字を書く。

櫻子M「そもそも、私、向日葵のことどう思ってたっけ?
 友達、というよりもっと大事な……姉妹?
 ……恋人?」
  
  櫻子は頭を振り。

櫻子M「ないないない! そんなのあり得ない!
 向日葵が好きとか……好きだけどさ……
 あああ! もう! 訳分かんない!!」

30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 21:00:16.51 ID:4w8jPlx/0
  櫻子はベッドの上でじたばたと手足を動かす。
  同時にドアがノックされ開く。

撫子「うわっ! 暗! 櫻子、電気くらい付けなさいよ」

  櫻子は驚き、素早い動きでベッドに正座する。

櫻子「ね、ねーちゃん! 開けるならノックくらいしてよ」

撫子「したわよ! ほら、ご飯できたからさっさと来なさい」

櫻子「いい。食欲無い」

撫子「珍しい、なんかあったの?」

櫻子「別に、なんにも」

31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 21:05:54.65 ID:4w8jPlx/0
撫子「そんなことないでしょ」

  そう言って、撫子は部屋に入ろうとする。
  櫻子は声を荒げて。

櫻子「いいから! 1人にしてよ!」

  撫子は少しムッとするが、それを声には出さず。

撫子「そ。じゃあ勝手にしなさい」

  と、撫子はドアを閉める。
  再び暗闇に戻る部屋。
  櫻子は足を投げ出し、壁にもたれ掛かる。

櫻子M「向日葵が好き。もっと一緒にいたい。
 (天井を見上げて)それは昔からずっと変わらないのに……なんで――」

32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 21:10:28.79 ID:4w8jPlx/0
  ×  ×  ×

  櫻子はベッドの上で、丸めた布団に顔を埋めるように抱きつき横たわっている。
  ドアがノックされる。
  櫻子は顔を布団から離し、涙で赤くなった目でドアを見るるが、
  すぐにまた元の体勢に戻る。

撫子「櫻子。起きてるんでしょ? 入るよ」

  声がしてすぐにドアが開く。
  櫻子は身体を壁に向ける。
  撫子は部屋に入ると、手探りで電気を付ける。

撫子「どうしたの? 学校でいじめられでもした?」

  撫子はベッドに、腰掛け。

撫子「まぁ、それならひま子が黙ってないか。
  (ため息をついて)大方、ひま子に告白でもされたってところかしら」

34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 21:15:48.54 ID:4w8jPlx/0
  櫻子は身体を震わせる。

撫子「図星みたいね……櫻子だって、ひま子のこと好きなんでしょ?」

  撫子は無反応の櫻子を一瞥して、優しく。

撫子「話してみなよ。私はいつだって櫻子の味方だからさ。
 なんたって、ねーちゃんだもん」

  櫻子の反応は無い。

撫子「なら、ひま子に彼氏が出来てもいいの?」

櫻子「そんなの嫌!!」

  と櫻子は震えた声で即答する。


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 21:20:57.20 ID:4w8jPlx/0
撫子「ならどうして?」

櫻子「だって……怖いから」

撫子「怖い?」

櫻子「今の関係を壊して、もしうまくいかなかったら。
 元に戻せなくなったら……そっちの方が嫌だもん」

  櫻子の声を押し殺した嗚咽。
  撫子は身を返し、櫻子の髪を撫でる。

38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 21:25:22.45 ID:4w8jPlx/0
撫子「誰だってそうよ。櫻子は、ひま子とどうなりたいの?」

櫻子「わかんない」

撫子「(ゆっくりと)嘘」

  櫻子は布団を抱く腕にぎゅっと力を入れ。

櫻子「……もっと一緒にいたい」

撫子「手とか繋いで?」

  櫻子は無言のまま、ゆっくりとうなずく。

39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 21:30:33.85 ID:4w8jPlx/0
  それを見た撫子は立ち上がり。

撫子「なら、それを伝えればいいじゃない。
 答えがどうであれ、櫻子のその気持ちは変わらないんでしょ?」

  櫻子は再びうなずく。

撫子「よし。でも、その答えを決めるのはあんた、私は助けないからね。
 さて、(腰に手を当て)分かったらさっさと涙拭いて、晩ご飯食べる。
 でないと、いつまでも片付けられないから」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 21:37:02.54 ID:4w8jPlx/0
◇生徒会室前廊下・放課後

  入り口に鞄をもった千歳と綾乃。
  千歳は室内に向けて手を振る。

千歳「ほな、うちらは帰るで~」

綾乃「2人とも、あんまり遅くならないようにね」

  扉を閉め、歩き出す2人。

綾乃「いいの2人きりにして?」

千歳「心配いらへんて~」

42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 21:41:04.78 ID:4w8jPlx/0
◇昇降口・放課後

  綾乃は腑に落ちない顔で。

綾乃「でも、今日は2人とも様子がおかしかったし……」

  千歳は下駄箱から靴を取り出し。

千歳「心配性やなぁ、綾乃ちゃんは。
 でもうち、綾乃ちゃんのそういう所好きで」

  綾乃は頬を染めて。
  それを隠すように靴を履きながら。

綾乃「だ、大事な後輩なんだから心配するのは当然でしょ!」

千歳「あはは~。照れない照れない」

綾乃「千歳!!」


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 21:46:06.68 ID:4w8jPlx/0
◇生徒会室・放課後

  千歳達を見送った2人は向き直り。

向日葵「櫻子……その、昨日の答えですけど」

  向日葵は不安げに尋ねる。

櫻子「うん。えっとね……」

  櫻子も不安そうに向日葵から目をそらす。
  それを見た向日葵は、うわずった声で。

向日葵「櫻子……」

  櫻子は俯き。

櫻子「ごめん」

44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 21:50:06.48 ID:4w8jPlx/0
  向日葵が噎び泣く声。
  櫻子が顔を上げる。
  そこには、何度も目元を拭い、涙を隠そうとする向日葵の姿。

櫻子「向日葵、違うの……」

向日葵「大丈夫ですわ。私は……大丈夫、ですから」

  向日葵は言葉の節々で幾度もしゃくりながら話す。

櫻子「向日葵!」

  櫻子は震える向日葵の肩に腕を回し、抱きしめる。

向日葵「嫌ぁ! 離して!」

  向日葵は離れようともがくが、櫻子はそれ以上の力で向日葵を抱く。

45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 21:55:37.32 ID:4w8jPlx/0
  櫻子は叫ぶように。

櫻子「私も向日葵が好き! 大好き!!」

  向日葵が止まる。
  そしてくぐもった声で。

向日葵「いい加減なこと言わないで……」

櫻子「私本気だもん!」

向日葵「でしたら、なんで……?」

櫻子「私、今の関係が好きなの!
 嫌み言って、喧嘩して、仲直りして、また嫌み言って……
 それが好きなの!」

向日葵「私は嫌ですわ! 好きなのに悪口ばかりいって、意味も無く張り合って。
 櫻子は変わるのが怖いだけですわ!!」

46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 22:02:41.40 ID:4w8jPlx/0
  櫻子はすすり泣き、その場に崩れる。
  そして、向日葵のスカートをつかみながら。

櫻子「怖いよ……怖くないわけないじゃん!
 恋人でいられなくなって、友達にも戻れなくて……
 離ればなれになるのが怖いの!!」

  櫻子は言葉を絞り出すように。

櫻子「昨日の向日葵、すごく優しかった。
 付き合ったら私、向日葵に頼りっきりになっちゃうかもしれない。
 迷惑ばっかり掛けて……向日葵に、嫌われちゃうかもしれない。
 だから、今のままが良いの」

向日葵「櫻子を嫌うなんて……
 そんなこと、あり得ませんわ。絶対に」

櫻子「そんなの分かんないじゃん!」

  櫻子は声を上げて泣きじゃくり、涙が向日葵のスカートを濡らす。


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 22:06:26.94 ID:4w8jPlx/0
向日葵「わかりましたわ」

  向日葵は膝をつき、櫻子を抱き寄せる。

向日葵「私のこと、好きなんですの?」

櫻子「うん。好き……友達とかじゃなくて恋人として。
 向日葵が誰かと付き合うなんて嫌」

  櫻子は向日葵を抱き返す。

49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 22:10:15.24 ID:4w8jPlx/0
櫻子「ごめん……私が弱いから、勇気が無いから」

向日葵「それだけ分かれば、十分ですわ」

  向日葵の涙が頬を伝い、櫻子の肩に落ちる。

櫻子「ごめん」

向日葵「謝るくらいなら、ひとつだけ約束ですわ」

  櫻子はうなずく。

51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 22:15:10.13 ID:4w8jPlx/0
  それを肩で感じた向日葵は、一拍おいて。

向日葵「付き合えとは言いませんわ。
 でも、せめて2人きりのときは、素直になってくださいな」

櫻子「うん。うん」

  櫻子は何度もうなずく。


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 22:20:39.75 ID:4w8jPlx/0
◇河川敷・路上・夕方

  夕日に向かって歩く2人。

櫻子「向日葵……手、繋ご」

向日葵「い、いいですわよ」

  向日葵は頬を染めて、櫻子の手を握る。
  櫻子は空いてる手で頬を?きながら。

櫻子「なんかさ、結局付き合ってるみたいだね」

57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/04(水) 22:25:15.11 ID:4w8jPlx/0
  向日葵は笑って。

向日葵「まだ友達ですわ。私は、こんな曖昧な関係、早くやめたいですのに」

櫻子「ごめん」

  向日葵は顔を背け。

向日葵「ま、まぁ卒業するまでくらいは、待って差し上げますわ」

櫻子「ねぇ……やっぱ腕組んでいい?」

向日葵「な――もう。し、しょうがないですわね!」

  夕日を受け、長く伸びる影が2つ。
  寄り添って遠ざかる。

  終わり
関連記事

Comment


(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

DVD

絶対美少女48人!厳選素人4時間 GLAM PLUM BEST [DVD]

好きで好きで、すきで HD [Blu-ray][アダルト]

つぼみのパイパン極小モザイク [DVD][アダルト]

秘蔵ロリパイパン200分 [DVD][アダルト]

ある日突然モテ男に変身!?オッパイだらけの夢のハーレム性活 さとう遥希 つぼみ 愛原さえ 北川瞳 [DVD][アダルト]

中出し痴漢バス女子校生 つぼみ [DVD][アダルト]

牧瀬みさ 初中出し天国 [DVD][アダルト]

SOFT ON DEMAND 男性ユーザー100万人が選んだ!確実にヌケるガチンコ素人お嬢さん2010年間BEST.20 [DVD][アダルト]

ギリグラ!! 秘宝館 北川りな [DVD]

ギリグラ!!秘宝館 相澤久美 [DVD][アダルト]

センチュリオン 青山佑香 [DVD][アダルト]

初裸 virgin nude カレン [DVD][アダルト]

ハックツ美少女 Revolution 桃川奈々 [DVD][アダルト]

モォ~娘 クリアホール 大容量ローション120ml付き

うぶばーじん

ペペローシヨン 360ml[アダルト]
Copyright © えすえす・SS管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。