スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徐倫「父さん、これなんなの?」承太郎「ああ、それは……」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 21:58:08.55 ID:PWIFcRp+0
承太郎「杜王町の海もなかなかきれいだな」

承太郎「今までこのようにゆっくりと眺める時間がなかったが……」

承太郎「最近はやつのことで忙しいからな……」

風子「あの、すいません」

承太郎「ん?」

風子「これどうぞ」
6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:02:41.93 ID:PWIFcRp+0
承太郎「これはなんだ?」

風子「なにに見えますか?」

承太郎「……」

承太郎(これは…星……?)

承太郎(星…スター…スタープラチナ……)

承太郎(こいつ、おれのスタンドを知っている……)

承太郎「おまえ、ひょとっしてスタンド使いか?」

風子「スタンド……?一体何のことですか?」

承太郎「敵だっていうんなら、とっととスタンドを見せな」

承太郎「このまま…おめーを有無も言わせず再起不能にするってえやり方は
    おれ自身の心に後味のよくねえものを残すからな……」

風子「意味不明です!」

風子「なんなんですか、敵とかスタンドとか!」

承太郎「あくまでしらをきるか……」

12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:10:46.01 ID:PWIFcRp+0
承太郎「まあいい、今からおまえがスタンド使いかどうか見分けてやる」シュボッ

承太郎「スタンド使いはタバコの煙を少しでもs

風子「コホン…コホッコホ…タバコを……」

承太郎「鼻の頭n」

風子「ケホッケホゲホゲホ…消してくだsハックショイ!」

承太郎「血管g」

風子「ゴッホンゴホゴホゼエゼエゼエ…お願いですから……」

承太郎「おまえ、タバコだめなのか」ジュウ

風子「はい、ダメダメです」

15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:21:06.30 ID:PWIFcRp+0
風子「というか、断りもなく他人の前でタバコを吸うのはマナー違反です」

承太郎「それもそうだな…すまなかった」

承太郎(違うだろ…話が脱線している)

承太郎「今度こそ見極めてやる」

承太郎「スタンド使いは頭の上に手を載せられるとだな…」

承太郎「無意識にその手を振り払う」スッ

風子「……!」ヒョイ

承太郎「……」スッ

風子「……!」ヒョイ

承太郎「……」スッ

風子「……!」ヒョイ

風子「さっきからなんなんですか!最悪です!もう帰ります!」タカタカタ

承太郎「……やれやれだぜ」

19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:29:21.95 ID:PWIFcRp+0
承太郎「今日も潮風が心地いいな……」

風子「あっ、昨日のヘンな人!」

承太郎「誰が変だ」

風子「……!」ピッ!

承太郎「まあなんだ、昨日はすまなかった」

承太郎「しかし、ようやく確実な方法を考えた」

承太郎「夜も寝ないで昼寝して考えたからよく見てろ」

承太郎(スタープラチナッッッ!!)

承太郎(殴ると見せかけて…直前で…拳をとめるッ!)

風子「…一体何が起こるんですか?」

承太郎「いや、見えてないのならいい、お前はスタンド使いじゃあなかった」

承太郎「疑って悪かったな」

風子「……?」

22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:33:04.26 ID:PWIFcRp+0
風子「ところで、これです」スッ

承太郎「昨日の星か」

風子「星じゃないです!これは……」

風子「……」ポワワーン

風子「……」ポワワワーン

承太郎「おい、どうした、おい」

風子「……」ポワポワポワワワーン

承太郎「なんだってんだ……」

24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:38:46.67 ID:PWIFcRp+0
風子「はっ!」

承太郎「おお、気がついたか」

承太郎「おまえ、あまりボーッとするのはよせよ」

承太郎「魂が抜けてるかのようだった」

風子「風子、ボーッとしてません。どちらかというとシャキッとしてます」

承太郎「よくいうぜ…そのうち変なやつらに絡まれるぞ」

風子「……!」ピッ!

承太郎「……」

25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:48:14.03 ID:PWIFcRp+0
風子「それは置いといて、ヘンなあなたにこれをあげます」

承太郎「…これはなんなんだ?星の置物か?」

風子「星じゃないです!ヒトデです!」

承太郎「ヒトデ…だと……?」

承太郎「こんなものどうするんだ?」

風子「抱いてよし、撫でてよし、添い寝してよしです」

風子「飾ったり床に敷き詰めたりもできます」

承太郎(……)

風子「とにかくあげますから大事にしてください。それでは」タカタカタ

承太郎「おい待ちな!…行っちまいやがった……」

29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:55:02.81 ID:PWIFcRp+0
承太郎「よう」

風子「あ、連日のヘンな人!」

承太郎「だから変な人はやめろといってるだろう」

風子「でも名前聞いてないです」

承太郎「そうだったか…空条承太郎だ」

承太郎「間違ってもジョジョなんて呼んじゃあだめだからな!絶対だぞ!!」

風子「あ、はい…じゃあ空条さんって呼びます」

承太郎「……」

承太郎「…そうだ、おまえは?」

風子「伊吹風子です」

風子「凛々しくてシャキッとした風子にピッタリの名前です」

承太郎「どこがだ」

38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:02:18.36 ID:PWIFcRp+0
風子「そういえば空条さんはどんなお仕事してるんですか?」

風子「平日の昼間からこんなところにいるなんてヘンです」

承太郎「それはおまえもいっしょじゃあないか」

風子「風子はいいんです、いまリハビリ中ですから」

承太郎「リハビリ?」

風子「はい、風子はあそこの病院に入院しているんですが、最近ようやく回復したんです」

風子「だからリハビリのために歩いてるんです」

承太郎「ほう、そうか」

風子「それで、空条さんはなにしてるんですか?」

承太郎「いわゆる学者か研究者みたいなものだ。海の生物の生態を調べている」

40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:09:01.35 ID:PWIFcRp+0
風子「その海の生物というのはヒトデですね!?ヒトデに違いないですね!?」

承太郎「いいや、残念ながらヒトデについて調べたことはないな」

承太郎「最近まではクジラの研究をしていたんだが、一段落ついてな」

承太郎「次の調査対象を探してるところだ」

風子「それならぜひヒトデを調べてください!」

承太郎「…ヒトデか…案外面白いかもしれないな」

承太郎「まあ候補の一つに入れておこう」

風子「ありがとうございます!」

承太郎「それにしてもなんでそんなにヒトデが好きなんだ?」

風子「とてもかわいいです。プリティーです。萌え死にそうです」

承太郎「…そうか?」

風子「ならよく見てください」バッ

承太郎「おお、どこに持ってたんだ」

風子「こまけえこたぁいいんです。このヒトデの可愛さに比べれば……」

風子「……」ポワワーン

43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:16:00.62 ID:PWIFcRp+0
承太郎(またか……)

風子「……」ポワワワーン

承太郎(だが、こいつの惚けっぷりを証明するいい機会だぜ)

承太郎(なにかいい方法は……おっ)

承太郎「おいぼーや、そのジュースをくれ」

承太郎「すまねーが後で新しいの買ってやるからな」

承太郎「せーの」ズボッ

45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:26:48.76 ID:PWIFcRp+0
風子「……!?」

風子「わっ!わっ!」

風子「今、鼻がヘンでした」

風子「ちんっ!ちんっ!」

承太郎(くそっ、ジュースを飲ませるところまではいかなかったか……)

風子「いきなりなにが起こったんでしょうか……」

承太郎「さあな、でもボーッとしてるからそういう目に遭うんだぜ」

承太郎「もう少ししっかりするんだな」

風子「風子、十分しっかりしています!」

承太郎「…やれやれだぜ……」

47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:32:56.99 ID:PWIFcRp+0
風子「あっ、空条さん」

承太郎「最近よく会うな。なにやってるんだ?」

風子「見てのとおりです、ヒトデを彫ってます」ガリガリ

承太郎(あれはこうやって作ってたのか……)

風子「前にあげたヒトデはどうしましたか?」

承太郎「確か部屋に置いてあるはずだ」

風子「ほんとですか!大事にしてくださいね!」

承太郎「ああ……」

風子「……」ガリガリ

承太郎(どうも手つきが危なっかしいぞ……)

風子「……」ガリガリ

風子「…いたっ!」

49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:37:55.71 ID:PWIFcRp+0
承太郎「おい!」

風子「だ、だいじょうぶです」

承太郎「本当か?」

風子「はい…たぶん」

承太郎「…もうヒトデ作りはやめておけ。彫刻刀は俺が預かっておく」

風子「わっ!なにするんですか!返してください!」

承太郎「だめだ」

52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:43:29.99 ID:PWIFcRp+0
風子「なんでですか!」

承太郎「今まで気付かなかったが、手が絆創膏だらけじゃあないか」

風子「…こ、これはあれです!傷は子どもの勲章です!」

承太郎「どういう意味だ…とりあえずこれは預からせてもらうぞ」

風子「だめです!返してください!」

承太郎「…そんな怪我してまでやるのか?」

風子「はい、がんばるんです」

承太郎「…そうか」

承太郎「じゃあな、確かに返したぞ」

風子「えっ?…わっ!いつの間にか風子の手の中に彫刻刀が!」

56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:50:44.11 ID:PWIFcRp+0
風子「あ、空条さん」

承太郎「風子か…おまえ、本物のヒトデを見たことはあるか?」

風子「テレビでならあります」

承太郎「そうか…なら今から見せてやる、ついてこい」

風子「ほ、ほんとうですか!?」

承太郎「……」ザッシュザッシュ

風子「……」ザシュザシュ

承太郎「たいていのヒトデは海底に棲んでるが、時々こういう岩場で見つかったりもする」

承太郎「足元気を付けろよ」

風子「あ、はい」

承太郎「……」

風子「……」

58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:56:12.77 ID:PWIFcRp+0
承太郎「お、いたぜ」

風子「え!どこですか?」

承太郎「こっちだ、しかし近くで見るとなかなかにグロテスクだな……」

風子「こ、これは……」

風子「……」ポワワワーン

承太郎(今度こそ飲ませてやるぜ……)

承太郎「おいぼーや、何度もすまねえな」

承太郎「スタープラチナ・ザ・ワールドッッッ!!!」ドオオーーーン

承太郎「このままッ…ストローを!」

承太郎「鼻の穴に……つっこんで!」

承太郎「握りぬけるッ!!!」ブッギャア!

60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/21(水) 00:04:13.62 ID:uG9dwhOG0
承太郎「時間だ…時は動き出すッッ!!」

風子「!?」

風子「ゲホゲホゲホゲホゲホ!」

風子「い、今、鼻と喉と食道と気管がヘンでした!」

風子「でも何故か喉が潤ってます……」

承太郎「…大成功だ」

風子「えっ?」

承太郎「いや、なんでもない。とにかく、ボーッとするのはもうやめろよ」

風子「なに言ってるんですか。風子はいつでもシャキッとしてます」

承太郎「ダメだこいつ…早く何とかしないと……」

テレレレレレテレレレレーーー

64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/21(水) 00:14:49.17 ID:uG9dwhOG0
風子「空条さん」

承太郎「おお、どうした」

風子「聞きたいことがあるんですが」

風子「前に言ってた『スタンド』とか『敵』ってなんのことなんですか?」

承太郎「ああ、そのことか……」

承太郎「簡単に言うと、おれは…いや、おれたちは殺人鬼を追っているんだ」

風子「殺人鬼ですか!?」

承太郎「そうだ……」

承太郎「ところで、おまえの知り合いに最近様子がおかしいやつはいないか?」

風子「え…様子がおかしい人ですか?」

承太郎「ああ、例えば人が変わったよう、とか……」

風子「風子、まだ入院してるんでよくわかりませんが…」

風子「看護師さんはいつもどおりです。普通です」

承太郎「そうか……」

風子「……」

69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/21(水) 00:25:22.63 ID:uG9dwhOG0
風子「風子もその犯人を捕まえるのをお手伝いします」

承太郎「なにッ!?」

風子「風子の住むこの町の平和を守りたいんです」

承太郎「いや、やめておけ。おまえには無理だ……」

風子「なんでですか」

承太郎(第一スタンド使いじゃあないし、)

承太郎「おまえは元気そうだが入院中だろう、無茶をするな」

承太郎「それにはっきり言って、おまえは戦力になるかどうか怪しい」

風子「…そうですね…たしかに空条さんの言うとおりです……」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/21(水) 00:34:32.46 ID:uG9dwhOG0
風子「じゃあせめて、これを代わりに連れて行ってください」スッ

承太郎「またか…だがこれでどうしろと?」

風子「風子は昔これで獣人と戦いました」

承太郎「……なんだって?」

風子「あるときはゴーレムとも戦いました。獣人よりももっと手強い敵です」

承太郎「…なんだその獣人とかゴーレムとかいうのは?」

風子「またあるときは囮にもなりました」

風子「まさに獅子奮迅の活躍です」

承太郎「…言ってることがわからない……」

風子「とにかく、これが役に立つかもしれません」

承太郎「…まあ一応預かっておこう」

風子「お願いします」

74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/21(水) 00:48:41.17 ID:uG9dwhOG0
吉良「 勃 起 …しちゃいましてね……」

仗助「『スイッチ』を押させるなッ!」

承太郎(まずい…この距離では時を止めても間に合わねえッ……!)

承太郎(康一君もいない今…どうすればッ……!)

承太郎「…こ、これだ!」

承太郎「急疾海星(は~りぃすたーふぃっしゅ)ッッッ!!!!!」

承太郎「オラァァァッッッ!!!!!」ブンッ

キーーーーーーーーーーーーーーン

吉良「いいや!限界だッ!押sぐはあああああああッッ」ドキュウウウウウウウウン

吉良「このクソカスどもがァーーーーーッ!!」

承太郎「スタープラチナ・ザ・ワールド!!」ドォーーーーーン

承太郎「風子…この町に来て君と知り合えて…本当に良かったと思ってるよ……」

承太郎「そしてやれやれ、間に合ったぜ……」

承太郎「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ……!!!!!!!!!!」

77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/21(水) 00:56:14.76 ID:uG9dwhOG0
康一「だからさ、僕はこれから大事な用事があるっていってるじゃあないか……」

風子「それでも受け取ってほしいんです!お願いします」

康一「こんなかさばるものもらっても困るしなー……」

風子「でもこれを抱くとすごく幸せな気分になります…こんなふうに……」

風子「……」ポワワワーン

康一「あの、君だいじょうぶ?…もしもーし」

康一「そういえば今何時なんだろ…」

康一「も、もう九時過ぎだ!完全に遅刻だよ……」

風子「……」ポワワワワーン

80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/21(水) 01:01:01.03 ID:uG9dwhOG0
風子「そうですか…じゃあこの町は平和になったんですね」

承太郎「ああ、おまえのおかげでな……」

風子「…風子、なにかしましたか?」

承太郎「なにかしたどころじゃあない」

承太郎「おまえがいなければ負けていたかもしれなかったからな…」

風子「…?」

82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/21(水) 01:06:43.68 ID:uG9dwhOG0
風子「空条さんはこれからどうするんですか?」

承太郎「そうだな…とりあえずはこの町を離れる」

風子「ええっ!?」

承太郎「一番大きな用事が済んでしまったからな」

承太郎「学者の端くれといえど結構忙しいんだ」

風子「そうですか…お別れですね……」

承太郎「ああ……」

風子「では、旅立つ空条さんに毎度おなじみのこれをあげます」

承太郎「もう三つめだぞ……」

風子「今度のには再会を願うおまじないをかけておきます……」

風子「さあ、どうぞ」

承太郎「…ありがたくもらっておこう」

84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/21(水) 01:14:28.63 ID:uG9dwhOG0
承太郎「じゃあ、そろそろさよならだ……」

風子「あ、あの、ヒトデの研究ですけど」

風子「終わったら、風子にもいろいろ教えてください、ヒトデのことを……」

承太郎「…機会があればな……」

風子「はい、ぜひお願いします」

承太郎「…ああ……」

承太郎「おっと、もう時間がない」

承太郎「じゃあ、元気でな……」

風子「はい、空条さんもお元気で……」

86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/21(水) 01:23:55.18 ID:uG9dwhOG0
徐倫「へぇ、そんなことがあったんだ」

承太郎「…ああ……」

徐倫「それで、その人とはどうなったの?」

承太郎「いや、あれから一度も会ってない……」

徐倫「そうなんだ……」

空条夫人「あなた、客人がお見えよ」コンコン

承太郎「誰だ?」

空条夫人「フーコさんという方だって」

空条夫人「わざわざ日本からいらっしゃったらしいんだけど…お知り合い……?」

徐倫「…!…父さん!」

承太郎「…やれやれだぜ……」

                          /⌒ヽ   _,,-''"
                       _  ,(^ω^  ) ,-''";  ;,
                         / ,_O_,,-''"'; ', :' ;; ;,'
                     (.゙ー'''", ;,; ' ; ;;  ':  ,'
                   _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'  ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'     d⌒) ./| _ノ  __ノ

Comment


(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

DVD

絶対美少女48人!厳選素人4時間 GLAM PLUM BEST [DVD]

好きで好きで、すきで HD [Blu-ray][アダルト]

つぼみのパイパン極小モザイク [DVD][アダルト]

秘蔵ロリパイパン200分 [DVD][アダルト]

ある日突然モテ男に変身!?オッパイだらけの夢のハーレム性活 さとう遥希 つぼみ 愛原さえ 北川瞳 [DVD][アダルト]

中出し痴漢バス女子校生 つぼみ [DVD][アダルト]

牧瀬みさ 初中出し天国 [DVD][アダルト]

SOFT ON DEMAND 男性ユーザー100万人が選んだ!確実にヌケるガチンコ素人お嬢さん2010年間BEST.20 [DVD][アダルト]

ギリグラ!! 秘宝館 北川りな [DVD]

ギリグラ!!秘宝館 相澤久美 [DVD][アダルト]

センチュリオン 青山佑香 [DVD][アダルト]

初裸 virgin nude カレン [DVD][アダルト]

ハックツ美少女 Revolution 桃川奈々 [DVD][アダルト]

モォ~娘 クリアホール 大容量ローション120ml付き

うぶばーじん

ペペローシヨン 360ml[アダルト]
Copyright © えすえす・SS管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。