スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

櫻子「次期生徒会福会長、大室櫻子は改造人であーる!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 00:40:58.72 ID:Duqq9cPK0
向日葵「ウソでしょう?」

櫻子「ウソだけどね」

向日葵「ですわよねー」

櫻子「でもさ、お腹にずっとあんなベルト巻いてると邪魔だよね」

向日葵「邪魔でしょうねえ」

櫻子「寝返りとか大変そう!」

向日葵「改造人間って寝るのかしら……」

櫻子「キスしていい?」

向日葵「いいですわよ」

ちゅー

櫻子「えへへへへへ」

向日葵「ふふっ」

綾乃「∵」
8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 00:46:52.93 ID:Duqq9cPK0
櫻子「向日葵って犬派? 猫派?」

向日葵「猫かしら。あの自由な雰囲気が好きですの」

櫻子「ふーん。私は犬! 普段はお行儀いいんだけど甘えんぼなとことか可愛いー!」

向日葵「櫻子とは真逆の魅力ですわね」

櫻子「向日葵だってクソ真面目で猫とは正反対だろー!」

向日葵「キスします?」

櫻子「するする」

ちゅー

櫻子「にゃー♪」

向日葵「よしよし」

綾乃「∵」

11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 00:50:00.42 ID:Duqq9cPK0
今日は初心に帰ってみようと思う(意訳:飽きたら寝る)

13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 00:53:37.86 ID:Duqq9cPK0
向日葵「櫻子、なに読んでますの?」

櫻子「えー、少女マンガ」

櫻子「こーゆーのに出てくるキスシーンってさ、かなり無茶なのあるよねー」

向日葵「例えば?」

櫻子「えっと、私が椅子に座ってるじゃん? で、向日葵ちょっと後ろ」

向日葵「はいはい」

櫻子「後ろからゆるっと抱きしめて?」

向日葵「こうですの?」

櫻子「そうそう。で、私が上を向く。向日葵は下を向く」

向日葵「で?」

ちゅー

櫻子「ってする」

向日葵「普通に向き合ってした方がいいですわよ」

櫻子「だよねー」

綾乃「∵」

14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 00:56:47.48 ID:Duqq9cPK0
櫻子「向日葵なに飲んでんの?」

向日葵「苺ミルクですわ」

櫻子「えーいいもん飲んでんじゃん。ねね、ちょっとー」

向日葵「ん」

ぢゅー

櫻子「苺ミルクの味がする!」

向日葵「でしょうね」

綾乃「∵」

20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 01:02:16.17 ID:Duqq9cPK0
向日葵「櫻子、ちょっとそっちの書類とってくださらない?」

櫻子「あいよー」

向日葵「ありがとう。こっちにおいでなさい」

櫻子「あいよー」

ちゅー

櫻子「えへ、次はなに取る!?」

向日葵「しばらくは必要ありませんわ」

櫻子「ちぇっ」

綾乃「∵」

22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 01:07:01.46 ID:Duqq9cPK0
櫻子「ひまわりひまわり」

向日葵「なによ」

櫻子「今日の晩ご飯どっちで?」

向日葵「櫻子の家でしょ」

櫻子「お風呂は?」

向日葵「それはうちですわ」

櫻子「寝るの」

向日葵「そっち」

櫻子「ちゅーは?」

ちゅー

向日葵「ですわ」

櫻子「だったね。えへ!」

綾乃「∵」

26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 01:16:51.13 ID:Duqq9cPK0
向日葵「櫻子、ひざ来ます?」

櫻子「来ますー」

向日葵「でもこれじゃ前が見えませんわね」

櫻子「私が代わりにみてやろう!」

向日葵「あなたを抱っこしてるから手も塞がってますわ」

櫻子「私が代わりに書いてやろう!」

向日葵「そしたら櫻子の分の仕事が手付かずになりますわよ」

櫻子「あ、そうか」

向日葵「仕方ないからキスしときます?」

櫻子「しゃーないなー」

ちゅー

櫻子「んで仕事は?」

向日葵「なんですのそれ?」

櫻子「なんでもないや」

綾乃「∵」

27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 01:20:12.20 ID:Duqq9cPK0
ふええ、他のひまさくスレに書きこむので忙しいよぉ~

32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 01:28:21.12 ID:Duqq9cPK0
櫻子「向日葵は最近ハマってることってなんかある?」

向日葵「そうですわね……和食に凝ってますわ」

櫻子「えー、向日葵の和食って味薄くない?」

向日葵「健康志向ですからね。櫻子も味の濃いものばかり食べてちゃいけませんわよ」

櫻子「だって濃い方がおいしいんだもん」

向日葵「身体壊しますわよ……ちょっとちゅーしてみなさいな」

ちゅー

櫻子「どう?」

向日葵「甘いですわ」

櫻子「えっへへへへへへ」

綾乃「∵」

35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 01:35:26.63 ID:Duqq9cPK0
向日葵「甘いといえば。櫻子、あなた今なにか食べてます?」

櫻子「あ、うん。飴なめてる」

向日葵「あらいいですわね、私にもひとつくださる?」

櫻子「いいよー何味がいい?」

向日葵「任せますわ」

櫻子「おっけ、じゃあかもーん」

向日葵「はいはい」

ちゅるん

櫻子「何味だったでしょーか!」

向日葵「櫻子味でしたわ」

綾乃「∵」

37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 01:43:17.53 ID:Duqq9cPK0
櫻子「向日葵って逆立ちできる?」

向日葵「壁があればなんとか……櫻子は三点倒立できましたわよね?」

櫻子「えへん! せっかくだから見せてしんぜよう!」

向日葵「ちょ、机の上は危ないですわよ」

櫻子「よゆーよゆー……っほ!」

向日葵「うわ、本当に出来てますわ……」

櫻子「ぬおお、でもこれ怖い! 向日葵、向日葵ー!」

向日葵「はいはい」

ちゅー

櫻子「よし!」

向日葵「スパイダーマンごっこと呼ぶには不恰好すぎますわね」

綾乃「∵」

41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 01:51:47.95 ID:Duqq9cPK0
向日葵「さっきパンツ丸見えでしたわよ櫻子」

櫻子「えっマジ!?」

向日葵「マジですの」

櫻子「先に言えよー恥ずかしいじゃん!」

向日葵「勝手にやりだしといてワガママ言ってんじゃねーですわよ」

櫻子「なんだとー! 向日葵のくせに生意気だぞ!」

向日葵「私のくせにとはなんですの。腹立たしいですわね」

櫻子「お、なんだやんのかー?」

向日葵「やってやるですの」

ちゅーちゅっちゅちゅー

櫻子「表出ろ!」

向日葵「臨むところですの」

綾乃「∵」

47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 02:05:10.82 ID:Duqq9cPK0
櫻子「ていうかこの制服だとパンツどころの騒ぎじゃなくない!?」

向日葵「あ、気付きましたのね……善意で黙っていましたのに」

櫻子「いーえーよー! ど、どこまで見えてた?」

向日葵「まあ、せいぜいおへそまででしたわよ」

櫻子「ホントに?」

向日葵「本当ですわ」

櫻子「そっかーよかったー。それより上まで見えてたら恥ずかしくて死んじゃうところだったよー」

向日葵「櫻子」

櫻子「ほいほい」

ちゅー

向日葵「櫻子から私のにおいがしますわ」

櫻子「向日葵からは私のにおいがするよ」

綾乃「∵」

50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 02:13:05.64 ID:Duqq9cPK0
向日葵「ちょ、そのプッキー私の!」

櫻子「ゴチになってます!反対側から食べる?」

向日葵「いただきますわ」

ポリポリポリポリポリポリポリちゅー

櫻子「次いくよー」

向日葵「今度は櫻子がチョコついてない方ですからね」

ポリポリポリポリポリポリポリちゅー

櫻子「もういっちょー!」

向日葵「待ちなさい、あなた散々食べてたんですから次も私がチョコの方ですわ」

綾乃「∵」

53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 02:21:39.95 ID:Duqq9cPK0
櫻子「うーんうーん」

向日葵「どうしましたの?」

櫻子「見てよ向日葵ー、くちびる腫れちゃったー」

向日葵「あら本当、どうしたんですの?」

櫻子「わかんない、気付いたらこんなんなってた」

向日葵「とりあえずキスしときます?」

櫻子「うん」

ちゅー

櫻子「少しマシになった気がする!」

向日葵「それは良かったですわ」

綾乃「∵」

71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 02:40:28.57 ID:Duqq9cPK0
向日葵「プッキーだけじゃ物足りませんわね……ほとんど櫻子が食べちゃいましたし」

櫻子「めんごめんご。なにか探す?」

向日葵「お願いしますわ」

櫻子「なっにっかっなっいっかっなーっ……あった! プリン!」

向日葵「プリン? いいですわね」

櫻子「私プリンの最後の方をぐちゃぐちゃに混ぜるの好きなんだよね。あーん」

向日葵「あーん」

向日葵「んー」

ぢゅるるる

櫻子「うまい!」

向日葵「……私食べれてないじゃありませんの!」

綾乃「∵」

74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 02:48:48.49 ID:Duqq9cPK0
櫻子「向日葵ー、こっちの書類も書いといてー」

向日葵「わかりましたわ」

櫻子「こっちもー」

向日葵「はいはい」

櫻子「これも!」

向日葵「ええ……ってこれ、婚姻届?」

櫻子「ぁ、ばれた?」

向日葵「ばれますわよ……もう、ちょっとツラ貸しなさい」

櫻子「へーい」

ちゅー

向日葵「この婚姻届は今月発売の百合姫に付いてきますわ」

櫻子「買ってね!」

綾乃「∵」

75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 02:55:11.91 ID:Duqq9cPK0
向日葵「そういえば、昨日部屋を片付けていたらこんなものが出てきましたわ」

櫻子「あー! この指輪、どっちも向日葵んちにあったんだー!」

向日葵「そのようですわね」

櫻子「ねーねー、久しぶりにケッコンごっこやろうよ!」

向日葵「いいですわね。じゃあまず誓いのキスから」

ちゅー

櫻子「えへへ、誓いました!」

向日葵「私も誓いましたわ」

櫻子「次はなんだっけ?」

向日葵「キスの交換でしょう?」

櫻子「あーそうだったそうだった」

ちゅー ちゅー

櫻子「次は?」

向日葵「なんだったかしら……キストスだとか、キスシャワーだとか……そんな感じだったと思いますわ」

綾乃「∵」

78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 03:07:15.28 ID:Duqq9cPK0
櫻子「あ。今月の百合姫といえばさ、ねーちゃん出てくるらしいじゃん」

向日葵「ですわね。なんか、彼女さん(!?)とご一緒に登場して、私がそこに居合わせるとか……どういう状況ですの」

櫻子「……」

向日葵「櫻子?」

櫻子「……浮気しちゃ、やだよ?」

向日葵「……」

櫻子「……」

ちゅー

向日葵「ほら、安心できましたの?」

櫻子「……ん……えへ」

綾乃「∵」

83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 03:35:57.03 ID:Duqq9cPK0
向日葵「ふぅ、これで一区切りつきましたわ」

櫻子「やったー終わったー!」

ちゅっ

向日葵「帰ります?」

櫻子「帰る帰る帰ろ!」

ちゅう

向日葵「では先輩、私たちはこれで」

櫻子「失礼しまーす!」

ちゅー

綾乃「∵」

千歳「」

84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 03:36:54.99 ID:Duqq9cPK0
綾乃「∵」

千歳「」

綾乃「「「∵」」」

千歳「」

綾乃「∵」

千歳「」

綾乃「……」

綾乃「い、」



綾乃「家でやんなさいよぉおおおおおおおおおおおおおおおおおっ……!!!」



千歳「」

86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 03:37:52.61 ID:Duqq9cPK0
よし、これで20本!キリがいいな!寝るか!

90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 03:58:04.99 ID:Duqq9cPK0
向日葵「はじめての(ベロ)チュウ」とか思いついたけど向日葵ちゃんそんな事言わない……

92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 04:31:17.23 ID:Duqq9cPK0
第二部~向日葵「はじめての(ベロ)チュウですの!」~はっじまっるよー!

95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 04:35:20.28 ID:Duqq9cPK0
~ちっぱい家~

ちゅー

櫻子「んー……」

向日葵「んっ……ぷはっ」

櫻子「えへへ」

向日葵「ふふっ」

櫻子「んじゃ、お風呂入ってくるねー」

向日葵「ええ。ちゃんと肩まで浸かるんですのよ?」

櫻子「うぇーい」

ぱたん

向日葵「……」

96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 04:36:21.02 ID:Duqq9cPK0
裸眼で書くからちょっとセーブ効かないぜ

98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 04:46:13.75 ID:Duqq9cPK0
向日葵「(なんやかんやの末、櫻子と日常的にキスをする仲になって数ヶ月が過ぎましたわ……)」

向日葵「(交わしたキスは星の数ほど、乗り越えた苦難も数知れず)」

向日葵「(お互い、照れや躊躇いもすっかりなくなってきました)」

向日葵「……」

向日葵「(だから、私、一大決心をしましたの)」

向日葵「(そろそろ……いよいよ……とうとう!)」

向日葵「今日! 櫻子とべろちゅーをやり遂げてみせますわ!!!」

がちゃっ

櫻子「なんか言ったー?」

向日葵「ほわぁ!? さささ櫻子! あなた、もうお風呂から上がったんですの!?」

櫻子「うん」

向日葵「相変わらずカラスの行水ですわね……髪とか、ちゃんと洗ってますの?」

櫻子「洗ってるし!」

99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 04:53:01.12 ID:Duqq9cPK0
向日葵「ま、信じてあげますけど……ほら、こっち」

櫻子「ん」

ちゅー

向日葵「……」

櫻子「……? 向日葵?」

向日葵「ぇ、あ、な、なんでもありませんわ。ほら、前向いて? 髪乾かしますわよ」

櫻子「ん、よきにはからえー」

ごわああああああああー

櫻子「んー……♪」

向日葵「……」

櫻子「ほわぁぁぁぁぁ……♪」

向日葵「(櫻子の髪、さらさらでふわふわ……綺麗……)」

櫻子「んふー……って、ひ、向日葵? 顔近くないっ?」

向日葵「あっ!? ご、ごめんなさい!」

櫻子「いや、いいけどさ……」

101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 05:01:33.41 ID:Duqq9cPK0
向日葵「は、はい、終わりましたわ……」

櫻子「お、さんきゅー。お礼にちゅーしたげよう!」

向日葵「!」

櫻子「?」

向日葵「……」

櫻子「ひまわりー?」

向日葵「は、はい……うん。キス、しましょう」

櫻子「? するって言ってんじゃん。どしたの?」

向日葵「いえ……じゃ、いきますわよ」

櫻子「かもんー♪」

ちゅー

102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 05:15:37.65 ID:Duqq9cPK0
向日葵「……ん」

櫻子「~♪」

向日葵「(櫻子のくちびる……いつも通り甘くて、いつもより熱い……お風呂上りだからかしら)」

向日葵「(……くちびるだけでもこんなに熱いのに……)」

向日葵「(このなかに……私は……)」

向日葵「……っ」

櫻子「(あれ……なんだろ、いつもより長いな)」

向日葵「(くちびるを、少しだけ開いて、深くキスをして)」

櫻子「んぷ、ふぅ……っ?」

櫻子「(あれ、なんか……)」

向日葵「(舌を……)」

向日葵「――」

ちょんっ

108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 06:06:22.00 ID:Duqq9cPK0
櫻子「!!?」

櫻子「(ぇ、な、べろ、が、くちびるを……!?)」

向日葵「(……くちびるを、押し込んでっ)」

つぷっ

櫻子「!!!!!!!」

向日葵「(このまま――)」

櫻子「~~~っ!」

ぐいっ

向日葵「え――!?」

櫻子「――」

向日葵「さ、櫻……」

櫻子「……って」

向日葵「え――」

櫻子「出てって! 向日葵のえっち!!!」

向日葵「!!!!!!!!!!!!!!」

109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 06:14:33.39 ID:Duqq9cPK0
~おっぱい家~

向日葵「――と、いうことなんです……ガチ川さん、どうしましょうっ!?」

ちなつ「ガチ川さんって言うのやめて」

向日葵「あ、はい」

ちなつ「でも、そっか……作戦は失敗かぁ」

向日葵「ええ……ガチ川さんに教わった通り、キスからさりげなく舌を入れようとしたんですけれど……」

ちなつ「ガチ川さんって言うのやめて」

向日葵「あ、はい」

向日葵「……やっぱり、事前の了承を得ずに舌を入れようというのがダメなのでは……」

ちなつ「そんなことないよ!」

ちなつ「私の経験上、だいたいの女は無理矢理にでも舌入れてあげれば喜んで受け入れるもん!」

向日葵「(ガッチガチですわぁ……)」

110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 06:24:52.24 ID:Duqq9cPK0
向日葵「……つまり、櫻子はそのへんのあばずれより身持ちが堅いということですの?」

ちなつ「あかりちゃんをあばずれ扱いなんてしないであげて!」

向日葵「えっ」

ちなつ「えっ」

向日葵「……こほん。聞かなかったことにしますわね」

ちなつ「とにかく、レイプまがいの強行突破が通用しないんなら私からアドバイス出来ることはもうないかな」

向日葵「(極狭の専門分野ですの……)」

向日葵「ですが、それなら私はどうしたら……」

ちなつ「べろちゅーさせてくださいって頭下げてみればいいんじゃない?」

向日葵「なげやりっ!? しかも、普通最初の作戦と順序が逆じゃありません!?」

ちなつ「やだなあ向日葵ちゃん、やったことない作戦を人に勧められないよー」

向日葵「(ガッチガチですわぁ……)」

117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 08:00:01.79 ID:Duqq9cPK0
~翌日~

櫻子「向日葵……」

向日葵「さ、さくらこ!?」

櫻子「向日葵、昨日はゴメン……ひどいこと言っちゃって」

向日葵「い、いえ……私こそごめんなさい、あなたの気持ちも考えずに」

櫻子「許してくれるの?」

向日葵「もちろんですわ。むしろ、許しを乞うべきなのは私の方ですもの……」

櫻子「よかったぁ……」

向日葵「……」

125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 08:54:53.34 ID:Duqq9cPK0
~放課後~

がらっ

櫻子「向日葵ー?」

向日葵「待っていましたわ、こっちへ」

とてとて...ぴたっ

櫻子「きたけど……」

向日葵「(う、上目遣いっ……)」

櫻子「向日葵?」

向日葵「あ、いえ、別に、なんでも。それじゃあ――」

櫻子「……」

向日葵「キス、しましょうか」


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 11:16:16.79 ID:Duqq9cPK0
向日葵「……白状しちゃいますわね」

櫻子「白状?」

向日葵「そう。昨夜、私はあなたと、べろちゅー……ディープキスがしたかったの」

櫻子「ディ……っ!?」

向日葵「ふふ、驚くでしょうね。私たち、まだ中学生なのに」

櫻子「あ、いや……」

向日葵「ごまかさなくていいですわ。私だって自分がおかしいんだって、自覚はありますもの」

向日葵「……ほんと、おかしくなっちゃったとしか思えませんわ」

向日葵「少し前までいがみ合っていたあなたを、今ではこんなにも求めているなんて」

櫻子「向日葵……」

向日葵「抱きしめたい。キスがしたい。それが叶えば、その先が欲しい」

向日葵「逸るあまり、あなたを怖がらせてしまっては仕方がないのに」

櫻子「……」

向日葵「昨夜は、本当にごめんなさい。もう、櫻子が嫌がることはしませんわ」

櫻子「……もん」

149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 11:30:39.53 ID:Duqq9cPK0
向日葵「え?」

櫻子「きらいじゃ、ないもん」

櫻子「きらいじゃないもん!」

向日葵「!」

櫻子「私だって向日葵のこと大好きだもん、ちゅーしたくないわけないもん」

櫻子「昨夜は……ちょっとビックリしちゃったけど……」

櫻子「……私だって、その先、欲しいもん」

向日葵「櫻子……」

櫻子「……向日葵。私、がんばるよ」

櫻子「がんばるから……」

向日葵「……」

櫻子「ちゅー、しよ」

向日葵「……ええ」

ちゅー

151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 11:42:21.97 ID:Duqq9cPK0
向日葵「んむ、ちゅっ……」

櫻子「ふぁ……ん」

向日葵「(キスをしましょう)」

向日葵「(やさしく、やわらかく、氷を溶かすように)」

向日葵「(この子を安心させてあげられるまで、何回も)」

櫻子「ちゅ、ちゅっ……ちゅう……ん、ちゅっ……」

向日葵「(雰囲気がほぐれてきたら……)」

向日葵「(……本で勉強したみたいに……)」

向日葵「(舌先で、くちびるを……)」

つうっ

櫻子「っ!」

156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 11:57:02.01 ID:Duqq9cPK0
櫻子「んぅう……っ」

向日葵「(櫻子、目、見て……)」

櫻子「っ……!」

向日葵「(分かりますわよね? 私の気持ち。どうしたいか)」

向日葵「私も分かるから。あなたがどうしたいか……だから」

櫻子「ぁ……ふぁ」

向日葵「(……ありがとう、櫻子。大好き)」

ぬるっ

161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 12:14:08.39 ID:Duqq9cPK0
櫻子「っ!」

向日葵「――!」

櫻子「(ひ、向日葵の、べろ、入ってきて……!)」

向日葵「(す、すごいっ……櫻子の口の中、こんな……)」

向日葵「……ちゅ、れる……」

櫻子「~っ……! ふぁ、む……」

向日葵「れ、ちゅっ……ちゅく、む、っぷぁ……」

櫻子「んぅ、……ゃ、あっ……ぅ、んっ……」

向日葵「(あたたかい……櫻子の中、とても……)」

櫻子「(向日葵が……私の中で、動きまわってる、みたい……)」

向日葵「んっ、んふ……ふぅ……んちゅ、んんっ……」

櫻子「ゃう……ちゅ、ちゅーっ……ふぁ、ぅぷっ……」

169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 12:36:06.16 ID:Duqq9cPK0
向日葵「れろ……」

櫻子「っ!」

向日葵「(櫻子の歯、つるつるしてる……)」

櫻子「やんっ……それ、だめ……っ」

向日葵「(歯茎も、なんだか……かわいい……?)」

櫻子「ふぅっ!? ん、ぁ、ちゅ、っぱぁ……」

向日葵「(舌、小さくて子供みたい……)」

櫻子「ぅ……れる、ちゅ、むぅ……ふ、れちゃ、くちゅ、ちゅうっ……」

向日葵「(ぁ……つば、どんどん溢れて……もう、どっちのか、わかんないっ……)」

櫻子「ちゅ、むっ……! じゅる……ぅ、ぁ、……んくっ、れぁ、こく……っん」

向日葵「(愛おしい……櫻子が、ぜんぶ……欲しい。欲しい、欲しい、欲しい……)」

櫻子「む、んーっ……ちゅぱ、ぺちゃ、れるっ……く、ぅん……んく、ぅ……」

向日葵「ふ、ぅう……ちゅっ……じゅる……ちゅ、ぁふ、っふぅ……ちゅー……」

171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 12:45:00.16 ID:Duqq9cPK0
~10分後~

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「……あの、さくら――」

櫻子「……けだもの」

向日葵「うぅっ!?」

175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 12:57:07.20 ID:Duqq9cPK0
櫻子「……」

向日葵「も、もの言いたげな眼差し……! さ、櫻子? これはですね……」

櫻子「向日葵のえっち。すけべ。ヘンタイ」

向日葵「う、うぅうう!?」

櫻子「なにが私の嫌がることはしないだよ! もうめちゃくちゃにしてくれちゃってんじゃんかよ!」

向日葵「い、イヤでしたの!?」

櫻子「イヤじゃないけどねー!!!」

向日葵「ちょ、なんなんですのこの子……」

櫻子「ぅぅぅぅぅぅぅぅぅ! 恥ずかしくてどうしたらいいか分かんないってこと! 言わせんな恥ずかしい!!」

向日葵「ぁ……ご、ごめんなさい……」

櫻子「むーーーっ……」

176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 13:12:45.79 ID:Duqq9cPK0
向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「……しちゃいましたね」

櫻子「……しちゃったね」

向日葵「……どうでした?」

櫻子「……デリカシーないよ」

向日葵「……櫻子にそう言われちゃ、相当なものですわね。反省しますわ」

櫻子「……どーゆー意味だよ」

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「……息、整いました?」

櫻子「……うん。平気」

向日葵「します?」

櫻子「しよっか」

ちゅー

178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 13:18:35.86 ID:Duqq9cPK0














綾乃「家でやれえええええええええええええええええええええええええええええオオオアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!」
















180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 13:21:52.65 ID:Duqq9cPK0
終わっちゃおう

関連記事

Comment


(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

DVD

絶対美少女48人!厳選素人4時間 GLAM PLUM BEST [DVD]

好きで好きで、すきで HD [Blu-ray][アダルト]

つぼみのパイパン極小モザイク [DVD][アダルト]

秘蔵ロリパイパン200分 [DVD][アダルト]

ある日突然モテ男に変身!?オッパイだらけの夢のハーレム性活 さとう遥希 つぼみ 愛原さえ 北川瞳 [DVD][アダルト]

中出し痴漢バス女子校生 つぼみ [DVD][アダルト]

牧瀬みさ 初中出し天国 [DVD][アダルト]

SOFT ON DEMAND 男性ユーザー100万人が選んだ!確実にヌケるガチンコ素人お嬢さん2010年間BEST.20 [DVD][アダルト]

ギリグラ!! 秘宝館 北川りな [DVD]

ギリグラ!!秘宝館 相澤久美 [DVD][アダルト]

センチュリオン 青山佑香 [DVD][アダルト]

初裸 virgin nude カレン [DVD][アダルト]

ハックツ美少女 Revolution 桃川奈々 [DVD][アダルト]

モォ~娘 クリアホール 大容量ローション120ml付き

うぶばーじん

ペペローシヨン 360ml[アダルト]
Copyright © えすえす・SS管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。