スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棚町「純一にアピールするにはどうすればいいと思う?」

1 タイトルちょっと変えた 2012/04/02(月) 20:17:57.99 ID:1/eZtgsD0
棚町「最近の私たちってさ、なんかマンネリしてるのよねー」

田中「マンネリっていうかそもそも付き合う前から変わってないような……」

棚町「細かいことは気にしない。それでさ、私たちの関係にも何か刺激が欲しいって思ったわけよ」

田中「ふーん。それで何か考えてるの?」

棚町「何も」

田中「でしょうね……」
3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 20:20:54.75 ID:1/eZtgsD0
棚町「だから恵子に相談してるんじゃない」

田中「相談って言われても、私あまりアイデアとか浮かばないよ?」

棚町「そうよねー。恵子は頭が固いから」

田中「失礼しちゃう。でも反論は出来ないわ……」

棚町「そんな恵子、可愛い!」

田中「あ、ありがとう///」

5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 20:22:40.04 ID:1/eZtgsD0
棚町「うーん、それじゃあ誰に相談したらいいかな」

田中「絢辻さんとかどう?頭良いしきっと素晴らしいアイデアをくれるんじゃない?」

棚町「絢辻さんか……私苦手なのよね……」

田中「まあ相談するかしないかは薫が決めることだけどね」

棚町「まあ、言い出したのは私だし……よし!ちょっと行ってくるわ!」

田中「がんばれー」

8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 20:24:42.36 ID:1/eZtgsD0
 ・
 ・
 ・

棚町「あ、あの…絢辻さん」

絢辻「あら、棚町さん。何かしら」

棚町「その……折り入って相談が……」ヘヘヘ

絢辻「棚町さんから相談なんて珍しいわね」

棚町「あのですね……純一のことなんだけど」

絢辻「」ピクッ

9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 20:27:28.61 ID:1/eZtgsD0
絢辻(橘くん……そうよね、今は棚町さんと付き合ってるんだものね……)

絢辻「……橘くんがどうしたのかしら?」

棚町「その……もっと純一と仲良くなりたいなあ、なんて思ってて……何か純一にしてあげたいなあって思ってて」

絢辻(何言ってるの?あんたが橘くんの彼女なんでしょ!ふざけんじゃないわよ!)

絢辻「……それで私にアイデアを出してほしいと、そういうこと?」

棚町「そう!さすが絢辻さん!物わかりが早くて助かる」

12 薫以外のヒロインは橘さんに片思いという設定です 2012/04/02(月) 20:30:10.68 ID:1/eZtgsD0
絢辻(……フフフ、いいこと思いついた)

絢辻「うーん、それじゃあこういうのはどうかしら?」

棚町「お!さっそく思い浮かんだの?」

絢辻「放課後の公園にいつも犬がいるんだけど、その犬を可愛がってるところを橘くんに見せるの」

棚町「ふむふむ」

絢辻「犬を可愛がってる棚町さんの好感度アップは確実よ」

棚町「ほぉ、さすが絢辻さん!さっそく試してみるわ。てんきゅー!」タッタッタッ

絢辻「(おしっこにご注意を)」フッフッフッ

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 20:32:14.20 ID:1/eZtgsD0
――放課後の公園――

棚町(ええっと……犬は……)キョロキョロ

棚町(いたいた!そろそろ純一がここを通る頃かしら。時間ぴったりね)

棚町「さあわんちゃんおいで!ほらほら!」

犬「キャンキャン」ハッハッハッ

棚町「ははは。本当に可愛いわねこの子。おーよしよし」ナデナデ

犬「ハッハッハッ」フリフリ

棚町「純一のことなんてどうでもよくなっちゃうくらいヤバいわ。可愛い可愛い」ナデナデ

犬「ワンワン」ジョー

棚町「きゃあああ!!」

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 20:33:52.83 ID:1/eZtgsD0
純一「!?女の子の悲鳴が!!」ダッダッダッ

棚町「じゅ、じゅんいちぃ~」ウルッ

純一「なんだ薫か」

棚町「なんだじゃないわよ!」

純一「そんな事よりさっき女の子の悲鳴が聞こえなかったか?」

棚町「それ私」

純一「冗談はほどほどにしとけよ。薫があんな可愛い叫びをあげるわけないじゃないか」

棚町「さすがの私も起こるわよ!」プンプン

純一「ははっ、冗談だよ。薫の声を間違えるわけないだろ。それよりなんで悲鳴をあげたんだ?それに靴下がびしょびしょだぞ」

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 20:35:39.24 ID:1/eZtgsD0
棚町「それが、おしっこひっかけられたのよー」

純一「だ、誰にだ!?」

棚町「……あんたそれ本気で言ってるの?犬よ!犬!ばっかじゃないの」

純一「なんだ犬か。また高く売れるとか考えてたんじゃないのか?」

棚町「うちは貧乏だけどそんなせこいまねしないわよ」

純一「まあ、薫がそんなせこいことするわけないもんな。とりあえず靴と靴下脱いで。洗ってくるから」

棚町「え?いいわよ別に、そんなことしなくても」

純一「いいわけないだろ。いいから僕に任せて!」

棚町「そう……じゃあお願い……」ヌギヌギ

純一「素直なことはいいことだついでに足も洗おうか、よいしょっと」ダキッ

棚町「ちょ!純一!お姫様抱っことか、は、恥ずかしいから降ろして!」ジタバタ

純一「そんなこと言ったって、ほっとくわけにはいかないだろ」スタスタ


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 20:37:51.97 ID:1/eZtgsD0
純一「じゃぶじゃぶ」ゴシゴシ

棚町「……」

純一「薫、足洗うぞ」

棚町「ひぃ!冷たい!」

純一「我慢しろよ、ほっといたらかぶれちゃうんだから……よし、オッケー」

棚町「もう!いきなり冷たいじゃない!もっと優しくしなさいよ!」

純一「わがままだなあ」

棚町「……まあ、お礼を言ってあげないこともないわよ……てんきゅ」


17 書き溜めはここで終わり 2012/04/02(月) 20:39:57.96 ID:1/eZtgsD0
純一「じゃあ家までおんぶしてあげる」

棚町「え?それはさすがに恥ずかしすぎるわよ。私はイヤ!」

純一「嫌って言っても、それじゃあこの寒い中裸足で帰るっていうのか?冷えたアスファルトは寒いぞ」

棚町「……」ブルブル

棚町「……はやくしゃがみなさいよ」

純一「よし来た」スッ

棚町「私が乗ってあげてるんだから感謝しなさいよね」ハハッ

棚町「純一!ダッシュ!」

純一「よーし、行くぞ!」タッタッタッ

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 20:45:42.53 ID:1/eZtgsD0
純一「……ハァハァ……」

棚町「なによ!もう疲れたの?」

純一「ハァハァ……そんなこと言ったって……ハァハァ……」

棚町「そんなんじゃ国体目指せないわよ!ファイト!」

純一「目指してないよハァハァ…そんなのハァハァ……」

棚町「なっさけないわね」

純一「薫がおも

棚町「何だって?」バシン

純一「痛て!何すんだよ」

棚町「私しーらなーい。だいたいあんたが乙女には禁句の言葉を言おうとしたんでしょ。自業自得よ」

22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 20:50:27.60 ID:1/eZtgsD0
棚町「それにしても今日は酷い目にあったぁ」ダラーン

純一(!?この背中の感触は!ま、まさか、いやしかし、薫がそんなに持ってるはずがないし……)

純一(持ってる……なるほど、盛ってるのか)

純一「今日は随分盛ってるんだな」

純一(やばっ!つい口から漏れちゃった!)

棚町「持ってる?何を?」

純一「い、いやぁ別になんでもないよ」ハハッ

棚町「んー、まあいいわ、もうすぐ家に着くし」

純一「家までおぶっていくよ」

棚町「悪いしいいよ。ここからは走るから。純一……てんきゅー!」タッタッタッ

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 20:54:14.53 ID:1/eZtgsD0
――――――

――――

――

棚町「ってことがあったのよ、この結果、どう分析しますか?恋愛博士」

田中「ええぇ、恋愛博士ってほど経験ないよぉ」

田中「うーん、そうだなぁ。話を聞く限りでは進展はないわね」

棚町「そうよねー。私もそう思ってた」

田中「でもお姫様だっこやおんぶは距離が近いからポイントアップだと思うわよ」

24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 20:57:16.02 ID:1/eZtgsD0
棚町「でもこれだけじゃ弱いわよね」

田中「そうねー、橘くんって鈍いから」

棚町「ほんと、あいつって鈍いのよね。私がこれだけ尽くしてるっていうのに」

田中(薫、これで尽くしてるつもりだったんだ……)

棚町「もう純一じゃなくて鈍一に改名するべきね」

田中「うわぁ、文字にしないとわかりにくい」

26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 20:59:39.81 ID:1/eZtgsD0
棚町「次は誰に相談したらいいと思う?」

田中「そうねー、……森島先輩とかどう?」

棚町「森島先輩か……純一が憧れてたっていう先輩よね」

田中「そうそう、結構仲良かったからもしかしたらいいアイデアをくれるかもよ」

棚町「そうと決まれば善は急げだ!恵子!てんきゅー!」タッタッタッ

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 21:04:49.68 ID:1/eZtgsD0
 ・
 ・
 ・

棚町「あの!森島先輩!」

森島「わお!女の子から告白なんて初めてだわ!でもごめんなさいね、私もうすぐ卒業だし……」

棚町「え……?あ、いや、違います。あの……純一のことで……」

森島「」ピクッ

棚町「私、純一と…橘くんとお付き合いさせてもらってるんですけど……」

森島(そうよね。もうあの子には彼女がいるのよね……)

棚町「それで、もっとあいつとの仲を深めたいなあって思ってて」

森島「はあ、つまり私にアドバイスが欲しいってことかな?」

棚町「そうです!あいつと仲のいい森島先輩ならきっと良いアイデアをもらえると思いまして」

31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 21:12:32.94 ID:1/eZtgsD0
純一「さぁてご飯だご飯だ!」

棚町「ねえ純一?今日食堂行かない?」

純一「お、良いね行こうか」


――食堂――


棚町「ねえ、ただ食べるだけじゃつまらないわよね」

純一「何言ってんだ、美味しい食べ物をいただけることに感謝しろよ」

棚町「いや、私が言いたいのはそういうことじゃなくて。ちょっと面白い食べ方してみない?」

純一「仕方ないなあ、付き合ってやるよ」

棚町「さすが純一!ちょっと待ってて、すぐ買ってくるから」

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 21:19:04.53 ID:1/eZtgsD0
純一「ラーメン?ラーメンで何をする気なんだ?」

棚町「いい?純一は誘拐されたの。私が犯人」

棚町「純一は手足を縛られて3日何も食べてない」

棚町「そこでこのラーメンを食べるわけだけど、ただじゃ食べさせられないわね。私が食べさせてあげる」

棚町「わかった?ちゃんとノリ良くやってよ」

純一「わかったよ、薫のたのみだからな」

棚町「じゃあ、よーいスタート!」

純一「なにか!何か食べ物をくれ!もう3日も何も食べてないんだ!」

棚町「(あら、ノリノリね)仕方ないわね、ほら、ラーメンよ」

純一「クンクン……はぁ、美味しそうなスープの香り。はやくこの手をほどいてくれ!」

棚町「そうはいかないわ。ほどいたら逃げる気でしょ。私が食べさせてあげる」

純一「くっ……この際仕方ないか……はやく、早く食べさせてくれ!」

35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 21:23:44.70 ID:1/eZtgsD0
棚町「ほら、口をあけな」

純一「あーん」

棚町「ほらよ」

純一「あ、熱っ!あっつ!食えるかこんな熱いもの!」

棚町「ご、ごめん純一!やけどしなかった?」

純一「大丈夫だから早く続けて」

棚町「あ、うん……こんなものも食えないのか。仕方ねえなあ」フーフー

純一「あーん」パク

純一「うーん、美味しい!もっと!もっと食べさせてくれ!」

棚町「そう焦るなよ」フーフー

純一「あーん」パクモグモグ

棚町(……可愛い)ポッ

37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 21:28:50.73 ID:1/eZtgsD0
棚町「……」ナデナデ

純一「おいなんで僕の頭をなでてるんだ?」

棚町「え?あ!ごめん……つい……」

純一「じゃあ交代ね」

棚町「え?」

純一「だって薫、まだお昼ご飯食べてないだろ?」

棚町「あ、そういえば」

純一「へっへっへっ、叫んでも誰もこないぜ」

棚町「(急に始まった…)ちょっと!こっちは腹ペコなのよ!何か食べ物くれないと舌噛んで死んでやるんだから!」

純一「まあ待て、ほれ、ラーメンを食わせてやる」

棚町「じゃあこの紐ほどきなさいよ」

純一「おっとそうはいかねえ、おまえは人質だからな。僕が食べさせてやる」

38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 21:32:39.60 ID:1/eZtgsD0
棚町「ちゃんとふぅふぅしなさいよ」

純一「わかってる、ほれ口を開けろ」フーフー

棚町「あーん」パク

棚町「もっともっと」

純一「ったく、わがままな人質だなあ」フーフー

棚町「あーん」パク

棚町「もっともっと」

純一「……」

棚町「あーん」チュ

棚町「!?」

純一「ラーメン味のキスも悪くないな」

棚町「ちょ、ちょっと!みんなが見てる前で…恥ずかしいじゃない……」

純一(このラーメンプレイは恥ずかしくなかったのか)

39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 21:37:20.72 ID:1/eZtgsD0
――――――

――――

――

棚町「っていう感じだったのよ、どう思う?恋愛博士」

田中「……ただののろけじゃないの」

棚町「ち、違うわよ!最後のは……まあ…嬉しかったけど……」

田中「やっぱりのろけじゃない」

棚町「本題はその前のグダグダよ。やってる時は楽しかったけど、整理して話すと結構グダグダしてたのね」

田中「それじゃダメダメね。恋愛ポイント獲得ならず!」

棚町「ダメかー。恋愛博士の評価は厳しいなあ」

42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 21:42:18.02 ID:1/eZtgsD0
田中「うーん、私としてはもう今のままでいいんじゃないかって思うんだけどね」

棚町「恵子はよくても私が納得してないの。次はだれに相談する?」

田中「そうだなぁ……1年生の七咲さんって子はどう?」

棚町「七咲ってあの美也ちゃんと同じクラスの?」

田中「そうそう。橘くんがよく水泳部を覗きに行くのも七咲さんを見に行ってるかららしいよ」

棚町「純一のやつ!あとで懲らしめてやる」

棚町「じゃあ七咲に話を聞きに行くか。恵子、てんきゅー!」タッタッタッ

44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 21:53:47.06 ID:1/eZtgsD0
 ・
 ・
 ・

棚町「いたいた、七咲ー!」

七咲「あ、棚町先輩。何か用ですか?」

棚町「実は七咲に聞きたいことがあってさ」

七咲「私に、ですか?」

棚町「そう、純一のことで」

七咲「」ピクッ

七咲(橘先輩……捻じ曲がってて変質的にいやらしい先輩……でも、私まだ先輩のことが……)

棚町「あいつが好きそうなものって何かなぁ?」

七咲「橘先輩の好きなものですか?スクール水着とか競泳水着じゃないですか?」

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 21:58:35.82 ID:1/eZtgsD0
棚町「いや、もっとこう……」

七咲「それじゃあ女の子の入った後の残り湯とか、女の子の手袋の匂いとかじゃないですか?」

棚町「いや、モノとかじゃなくてシチュエーション的な何かを聞きたいのよね」

七咲「シチュエーション……ですか……公園……」

棚町「げぇ、公園?私公園にはちょっとしたトラウマが……」

七咲「じゃあなおさらいい思い出で上書きする必要があるんじゃないですか?」

棚町「あら、良いこと言うじゃない」

 ・
 ・
 ・

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 22:04:02.79 ID:1/eZtgsD0
――放課後の公園――

純一「薫のやつ……一緒に帰ろうって言ったのに、先に帰るなんて……」トボトボ

ギコギコ

純一「ん?ブランコの音……薫か?」トコトコ

棚町「遅かったわね、何してたのよ」ギコギコ

純一「何って、一緒に帰ろうって約束してたじゃないか!先に帰っちゃうなんてひどいよ」

棚町「ふふっ、先に来て準備してたのよ。さあ乗って乗って」

純一「ブランコにか?よーし」ドッコイショ

棚町「いや、そっちじゃなくて、こっちこっち!」

純一「ええ?こっちって、薫が乗ってるじゃないか、どうやって乗れば」

薫「そこに座んなさいよ」

48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 22:12:37.18 ID:1/eZtgsD0
純一「乗ったよ」

棚町「よーし、行くわよ!」ギコギコ

純一「ははっ、ブランコなんて小学校以来だな」

棚町「まだまだ行くわよ!それー!」ギコギコ

純一「うお!けっこう行くね!」

棚町「まだまだ!それー!」ギコギコ

純一「いや、これちょっと高すぎだよ!僕が高いところ苦手なの知ってるでしょ!」

棚町「何言ってんの!これくらいで弱音吐いてんじゃないよ!それー!」ギコギコ

純一「(あ、薫のスカートがひらひらと……)危ない!いろいろと危ないよ!」

棚町「はっはー、気持ちいい!もっと行くわよ!それー!」ギコギコ

純一(ピンク……か。薫らしいレースがついた可愛いやつだな……)

棚町「ん?どうしたの純一?怖すぎて声も出ないの?」ハハッ

純一「いや……その……見えてるよ、パンツ」

棚町「え?……ええ?ちょ!きゃあああ!」ガシャン

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 22:16:39.28 ID:1/eZtgsD0
棚町「いてててて……あ、純一大丈夫?」

純一「まあ、なんとかね」ハハッ

棚町「ごめんね、急に手を離したりして。あと、受け止めてくれて…ありがと」

純一「女の子を落とすわけにはいかないだろ」ハハッ

棚町「でもよくブランコから落ちなかったね」

純一「薫は軽いからね、これくらいじゃビクともしないさ」

棚町「こないだは重いって言ったのに」

純一「そんなこと言ったっけ?」

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 22:21:37.74 ID:1/eZtgsD0
棚町「……調子に乗ってごめんなさい」シュン

純一「いつものことだから気にしてないよ」ナデナデ

棚町「本当にごめんね」

純一「……じゃあお詫びに……もうちょっとこのまま抱きついてて」

棚町「……そんなことでいいの?」

純一「僕は薫といるだけで幸せだからね」

棚町「純一……」ギュッ

純一「さっきみたいにお転婆な薫も、今みたいにお淑やかな薫も、僕はどっちの薫も好きだよ」ギュッ

棚町「もう……///」

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 22:24:29.27 ID:1/eZtgsD0
――――――

――――

――

田中「それでそれで!?」

棚町「それでって、これで終わりよ」

田中「ええぇ!キスは?ねえキスは?」

棚町「キスなんて!は、恥ずかしすぎてできないわよ!もう」

田中「……薫って本当にうぶよねぇ」

棚町「だ、だって……」

田中「だってじゃないわよ!もう完全にキスのシチュエーションじない!橘くんだって待ってたはずだよ!」

56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 22:28:36.25 ID:1/eZtgsD0
棚町「純一が?まさかぁ」

田中「薫は思春期の男の子の気持ちを知らなすぎるのよ」

棚町「さすが恋愛博士、言うことが違うわね。それで今回はどうなの?」

田中「うーん、100点あげられると思ったけどこれは40点ね」

棚町「えー、今回は高ポイントだと思ったのに……」

田中「恋愛とは最後、掴み取った人が勝ちなの。薫も覚えておきなさい」

棚町「恋愛博士は厳しいなあ」

58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 22:32:32.10 ID:1/eZtgsD0
田中「このままじゃ好感度不足でソエンルートよ」

棚町「私が画家になるルートか……悪くないわね」

田中「何言ってるのよ!橘くんとソエンになっちゃうのよ!」

棚町「あ!それは困る!恵子……次はだれに相談したらいいかなあ……?」

田中「そうだなー。七咲さんの友達の中多さんなんてどう?」

棚町「あぁ、あのボインちゃん」

田中「あの悩殺ボディにロリフェイスで橘くんのお気に入りらしいわよ」

棚町「ぐぬぬ……悩殺ボディにあやからねば!てんきゅー恵子!」タッタッタッ

60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 22:37:51.40 ID:1/eZtgsD0
 ・
 ・
 ・

棚町「おーい、中多さん!」

中多「あ……棚町先輩……」

棚町「あのさ、ちょっと聞きたいことがあるんだけど」

中多「聞きたい……ことですか……?」

棚町「そうそう、純一のことで」

中多「」ピクッ

中多(橘先輩……私の……初恋の人……そういえば棚町先輩が橘先輩の恋人だっけ……)

棚町「あいつがどういうものが好きなのか聞きたいんだよね」

62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 22:42:38.76 ID:1/eZtgsD0
中多「でも……私じゃなくて棚町先輩の方が……橘先輩のことよく御存じなんじゃないですか?」

棚町「そうかもしれないけど、私以外の意見っていうのも聞きたいのよ」

中多「そうですか……橘先輩は……私の……む、む、胸……ばかり見てました……」

棚町(あいつ!こんなかわいい娘になんて視線向けてんのよ!……でも確かに特盛だわ)

棚町「大きい胸よね、あいつじゃなくても見ちゃうわ」

中多「そんな……恥ずかしい……///」テレッ

中多「……それじゃあこういうのはどうですか?」

棚町「ふむふむ」

 ・
 ・
 ・


64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 22:49:07.01 ID:1/eZtgsD0
棚町「そんなわけで温泉にやってきたのだった」

純一「いやぁ楽しみだよ!だってここ、混浴なんでしょ!」

棚町「あんた今いやらしい想像してたでしょ。っていうかずっといやらしい想像してたでしょ!」

純一「僕はいたってごく普通の健全な男子高校生だよ」

棚町「恋愛博士に聞いたわ。男の子は煩悩の塊なんですってね」

純一「恋愛博士?なんだいそれは?」

棚町「まあいいわ。それにこの温泉、水着着用だし」

純一「え!?」

棚町「な・に・か?」

純一「なんでもないです……」

棚町「じゃあ中で逢いましょ」

66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 22:59:14.64 ID:1/eZtgsD0
純一「遅いなぁ薫」

棚町「おまたせー」

純一「遅いよかお……」

純一(び、ビキニ!水色を基調とした白のドットが良いアクセントだ!)

純一(そしてアクセントに付いてる胸元のリボン……主張し過ぎないけど確かにそこにある存在感!)

純一(薫のスレンダーな体が僕の感覚を研ぎ澄ます……ッ!)

純一(くびれたウエストに意外と大きななヒップ、そして痩せているのに大きすぎず小さすぎず、まさに理想のバスト!)

純一(そのフォルムはまさにエンジェル!ビーナス!ビューティフォー!)

棚町「ど、どうしたの純一、黙っちゃって……。もしかして、この水着似合ってなかった?」

純一「……あまりの美しさに言葉も出ないなんてはじめてだよ。可愛いよ薫」

棚町「///てんきゅ///」テレッ

69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 23:10:21.88 ID:1/eZtgsD0
棚町「ここの温泉ってドクターフィッシュってのが有名らしいのよ」

純一「どくたーふぃっしゅ?」

棚町「なんか皮膚の角質とか食べてくれるみたい」

純一「へぇ、なんか面白そうだね。行ってみよう!」トコトコ

棚町「へえ、これがドクターフィッシュかぁ。ちっちゃくて可愛いのね」

純一「……薫、足入れてみろよ」

棚町「……純一から先に入れなさいよ」

純一「怖いのか?」

棚町「純一こそ」

純一・棚町「「……せーの」」ピチャ

71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 23:20:50.16 ID:1/eZtgsD0
棚町「ひゃあ!フフフ…く、くすぐったい」

純一「そうか?結構気持ちいいぞ」

棚町「わ、私足くすぐられるのだめなのハハハ」

純一「薫にも弱点があったんだな」

棚町「私だって弱点くらいありゅわよヒヒヒ」

純一(それにしても……笑い過ぎて赤くなってる薫……)ゴクリ

棚町「ハッハハハ…ダメ!そこはらめぇ!」

純一「……薫、そっち行くね」

棚町「え?ちょっと!後ろに座ってそんな///恥ずかしいよぉ///」ハッハッハ

純一「薫……今の薫……すごく色っぽいよ」

棚町「ちょっとぉ…そういうこというのは反則ぅ…ああん」

棚町(なにこれ……くすぐったいのが……なんか変な感じに……)

72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 23:28:42.86 ID:XeCqR6m10
 ∧ ∧
(*‘ω‘ *)  たんぽっぽ
 (   )
  v v
       ぼいんっ
   川
 ( (  ) )

75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 23:36:58.19 ID:1/eZtgsD0
――――――

――――

――

田中「ハァハァそれで!!?」

棚町「温泉巡って終わり」

田中「……私、耳が悪くなったのかしら?……それで?」

棚町「終わり」

田中「……ほんと、どこまでうぶなのよ……」

棚町「だって……どうしたらいいのかわからなくなっちゃったし……」

田中「そんなの橘くんに身を委ねればいいのよ!」

76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 23:41:37.61 ID:1/eZtgsD0
田中「どう見ても橘くん誘ってたじゃないの」

棚町「誘うとかそういうのよくわかんないし」

田中「もう、これじゃあいつまでたっても進展なしだよ」

棚町「でも……でも……」

田中「じゃあ最後の手段、桜井さんに話を聞いてみたら?彼女は橘くんのことをだれよりも知ってるでしょ」

田中「これで何も進展がないならもうあきらめなよ」

棚町「うぅ……よし!決めた!じゃあ行ってくるよ、恵子!」タッタッタッ

80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/02(月) 23:54:52.46 ID:1/eZtgsD0
 ・
 ・
 ・

棚町「桜井さーん!」

桜井「ふぇ?あぁ、棚町さん。何か用かな?」

棚町「あのさ、純一のことなんだけど」

桜井「」ピクッ

桜井(純一……最近の純一幸せそうだし、棚町さんが彼女でよかった)

棚町「純一との仲をもっと深めたいんだけど、何かいい案ないかしら」

桜井「……仲悪いの?」

棚町「いや!そういうわけじゃないんだけど、なんていうか、友達を抜け出せてないっていうか……」

桜井「なるほど、……私に良い考えがあるんだけど」

84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/03(火) 00:08:34.83 ID:eu1QhSUP0
純一「相変わらず遅刻してくるなあ」

棚町「ごめーん待ったー?」

純一「5分遅刻だ」

棚町「そこは今来たとこっていうのがレディへの気配りでしょうが。細かい男は嫌われるよ」

純一「……薫は僕のこと嫌い?」

棚町「……意地悪」

純一「ははっ、折角のデートなんだから楽しくいこうよ」

棚町「そうね、じゃあさっそく行きましょ」

純一「そういえばどこへ行くんだ?」

86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/03(火) 00:17:32.79 ID:eu1QhSUP0
棚町「今日は美味しいケーキ屋さんを教えてもらったから一緒に行こうと思って」

純一「なんだ、そういうことならいってくれればお昼ご飯抜いたのに」

棚町「まあまあ、ケーキは別腹だから大丈夫よ」

スタスタ

棚町「たしかこのあたりって聞いたんだけど……」キョロキョロ

純一「どこにもないぞ?流行ってるんだろ?その店」

棚町「う、うん……店の外にも行列ができるって……」キョロキョロ

純一「……もしかしてここか?」

棚町「……そうそうこのお店!……でも閉まってるね」

純一「張り紙は貼ってあるぞ、なになに『探さないでください』」

棚町「……」

純一「……どうする?薫」

棚町「どうしよぉ……」アセアセ

87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/03(火) 00:20:49.07 ID:eu1QhSUP0
純一「……じゃあうち来るか?」

棚町「え?そんな悪いし……じゃあ久しぶりに私の家に来てよ!」

純一「それこそ悪いし」

棚町「来て!来て……ほしいの」

純一「…じゃあお言葉に甘えて」

棚町「よし!じゃあさっそくレッツゴー!」トコトコ

89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/03(火) 00:25:35.11 ID:eu1QhSUP0
――棚町家――

棚町「適当にくつろいでてよ、今誰もいないし。お茶入れてくるね」

純一「悪いな……(ん?誰もいない……?)」

棚町「はいお茶と……・今日焼いたシュークリームだよ」

純一「お、薫はお菓子も作れるのか」

棚町「料理全般は得意だよ、まあ手抜き料理が多いけどね。さあ食べて食べて」

純一「いただきます、モグモグ」

純一「ん!うまい!シュー生地がサクサクしてる!そしてカスタードがすごく良い感じだね!」

棚町「お口に合ってよかったわ」

92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/03(火) 00:31:04.58 ID:eu1QhSUP0
純一「……何か言いたいことがあるのか?」

棚町「え?なんで?」

純一「だって薫、最近様子が変だったじゃないか」

棚町「それは、別に……」

純一「今日だってシュークリームをこんなに焼いて。シュークリーム作るのに結構時間がかかるの知ってるよ」

棚町「……」

純一「そしてこの用意の良さ、初めから僕を連れてくるつもりだったんだよね?」

棚町「…………うん」

純一「何があったか話してくれる?」

93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/03(火) 00:37:30.94 ID:eu1QhSUP0
棚町「……別に……何があったとか、そういうことじゃないの」

棚町「ただ、純一が私を好きって言ってくれて、付き合いだして」

棚町「そこから私たちは恋人同士になったんだと思う」

純一「……うん」

棚町「でも、……付き合ってからも私たちの関係ってあんまり変わらなかった」

棚町「バカやって、からかって、たまにケンカして……」

棚町「そんなことは付き合う前からやっていたわ」

純一「……そうだね」

棚町「私、不安だったのかな……本当に純一が私のこと好きなのかどうか……」

95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/03(火) 00:46:07.81 ID:eu1QhSUP0
純一「……僕は、いつも通りの薫を好きになったんだ」

純一「薫が僕をからかって、梅原をからかって、そういう空間がすごく好きなんだ」

棚町「……うん」ウルッ

純一「だから付き合った後も同じ感じでいいと思ってたし、薫もそっちの方がいいのかなって思ってた」

棚町「……」ウルウル

純一「ごめんな、薫に心配かけちゃってて」ナデナデ

純一「僕は薫が好きだよ。毎日だって言ってあげる。薫が好きだ」

棚町「じゅんいちぃ……」ポロポロ

純一「泣くなよ薫、らしくないぞ」ナデナデ

棚町「だって……私だって女の子なんだもん……」ポロポロ

純一「僕はいつだって薫を一人の女の子として接してきたつもりだけど」ナデナデ

棚町「……わかりにくいのよ、ばかぁ」

純一「ははっ、ごめん」ナデナデ

97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/03(火) 00:53:36.74 ID:eu1QhSUP0
棚町「ごめんね、なんかいろいろ」

純一「そういうところも含めて薫だろ」

棚町「私は普段はもっとあっさりしてますー」

棚町「ありがとう、純一……大好き!」ダキッ

純一「おう、僕も大好きだよ」ダキッ

棚町「しばらくこうしてていい?」

純一「もちろんいいさ」モフモフ

棚町「純一……もっと撫でて……」

純一「あぁ」ナデナデモフモフ

99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/03(火) 01:00:53.25 ID:eu1QhSUP0
――――――

――――

――

田中「はいはい、お熱いことで」

棚町「やっぱり私、純一のことが大好きみたい」

田中「それで、キスはしたの?」

棚町「……//////」カァァ

田中「はいはい、ごちそうさまでした」

棚町「恵子も彼氏作りなよ、いいよ彼氏は。あ!純一は私のだから絶対あげないよ」

田中「口を開けばのろけるのね。いいなあ私も彼氏欲しいなあ」



田中「私の春はいまだ来ず……とほほ……」




終わり
関連記事

Comment


(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

DVD

絶対美少女48人!厳選素人4時間 GLAM PLUM BEST [DVD]

好きで好きで、すきで HD [Blu-ray][アダルト]

つぼみのパイパン極小モザイク [DVD][アダルト]

秘蔵ロリパイパン200分 [DVD][アダルト]

ある日突然モテ男に変身!?オッパイだらけの夢のハーレム性活 さとう遥希 つぼみ 愛原さえ 北川瞳 [DVD][アダルト]

中出し痴漢バス女子校生 つぼみ [DVD][アダルト]

牧瀬みさ 初中出し天国 [DVD][アダルト]

SOFT ON DEMAND 男性ユーザー100万人が選んだ!確実にヌケるガチンコ素人お嬢さん2010年間BEST.20 [DVD][アダルト]

ギリグラ!! 秘宝館 北川りな [DVD]

ギリグラ!!秘宝館 相澤久美 [DVD][アダルト]

センチュリオン 青山佑香 [DVD][アダルト]

初裸 virgin nude カレン [DVD][アダルト]

ハックツ美少女 Revolution 桃川奈々 [DVD][アダルト]

モォ~娘 クリアホール 大容量ローション120ml付き

うぶばーじん

ペペローシヨン 360ml[アダルト]
Copyright © えすえす・SS管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。