スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春香「英語禁止ボウリング?」

5 >>1 スレ立てThx 2012/03/20(火) 01:44:13.94 ID:3iAarOos0
~とあるボウリング場~

春香「わあ、わたしボウリングなんて久しぶりだよー!」

千早「春香はボウリングをしたことがあるの?」

真「え、まさか千早、ボウリング初めてなの?」

千早「ええ。あまりこういうところに遊びに来ることはなかったから」

春香「そうなの? じゃあ千早ちゃんには私が教えてあげるね!」

千早「ええ、お願いするわ」

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 01:49:00.39 ID:3iAarOos0
わいわい、がやがや

小鳥「はいはい、注目してくださーい! 全員揃ってますねー?」

一同「はーい!」

小鳥「みんな聞いてると思うけど、今日は765プロ新年会と称して、ボウリングを行うわ! 勝者には豪華商品、そして敗者には罰ゲームもあるわよー?」

雪歩「ば、罰ゲームですかぁ……?」

響「自分、ボウリングは得意だぞ!」

千早「あの、音無さん。私ボウリングは初めてなんですけれど」

貴音「僭越ながら、わたくしもです」

やよい「私もですー……」


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 01:54:48.01 ID:3iAarOos0
小鳥「ふふ、安心して千早ちゃん、貴音ちゃん、やよいちゃん。今日のボウリングはただのボウリングじゃあないわ。なんとあの、英語禁止ボウリングよ!」

春香「英語禁止ボウリング?」

小鳥「そう、英語禁止ボウリング。呼んで字のごとく、英語を喋っちゃいけないボウリングのことよ。知ってる人も居るんじゃないかしら?」

真「あのお正月のテレビ番組のやつですよね? うわぁ! ボクあの番組大好きなんです!」

美希「英語禁止って……英語の言葉を喋っちゃいけないの?」

あずさ「それだけなら簡単そうね~」

小鳥「ちなみにこの様子は、春の765オールスターライブの特典映像として配布する予定だから。みんな、アイドルらしく過ごしてね」

伊織「だからカメラが回ってるのね……。オフの日まで何事かと思っちゃったわよ」

やよい「何だか楽しそうだね、伊織ちゃん!」


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 01:58:52.31 ID:3iAarOos0
小鳥「ふふ。それじゃあ、ルールを説明していくわね。律子さん?」

律子「はいはい。それじゃあまずは簡単なルールを説明していくわね。まず一つ、私と小鳥さん以外は、英語は絶対禁止。これは大前提よ」

雪歩「しゃ、喋っちゃったらどうなるんですかぁ……?」プルプル

小鳥「喋ったら、一回につき100円の罰金がつくわ」

真「100円……流石に、本家よりは優しいんですね」

P「当たり前だろ。お前らからそんなに金取れるわけないじゃないか」

亜美「お→、兄ちゃんやっさし→! 太っ腹ですな→!」

真美「兄ちゃんの腹はたぷたぷですな→!」

P「お前ら、それ他の人には言うなよ……? 特に女性には」ビシ

亜美真美「あいあいさ→!」

やよい「お、お金がかかってるんですか……」

真「まあ、本家は1回1000円だからそれに比べたら随分ましなんじゃないかな?」


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 02:03:32.63 ID:3iAarOos0
律子「あ、審判は私と小鳥さん、それにプロデューサー殿の3人で行うわ」

P「ま、それを見越して新年会費はタダにしてあるんだ。ボウリング代よりは高くならないように気をつけてくれ、って感じだな」

美希「ふっふ~ん。タダでボウリングが楽しめるなんて、とってもいい企画なの♪」

律子「あら美希、凄い自信ね。あとでどうなっても知らないわよ?」

美希「どう考えても楽勝なの!」

真「それがそうでもないんだよね、この企画……」

雪歩「うぅー、凄いミスしちゃいそうだよぉ」

やよい「5回でごひゃくえん、10回でせんえん……」ブツブツ

伊織(やよいに変なスイッチが入っちゃってるわ……)


25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 02:07:53.83 ID:3iAarOos0
春香「それより小鳥さん、罰ゲームの方が気になるんですけど」

小鳥「もちろんそれも今から説明するわ!」

律子「その前にまず気をつけておいて欲しいのは、勝ち負けはボウリングのスコアじゃなくて、罰金の金額で判断するということね」

貴音「つまり、多くの英語を口にした者が罰を受ける、ということでしょうか?」

律子「そうよ。ボウリングが初めての人も居るみたいだし、これなら公平でしょう?」

小鳥「もちろんボウリングが上手な人にはボーナスもあるけど、それはあくまでオマケ程度ね。ゲームは純粋に楽しんでほしいと思っているわ」

響「最下位は散々な目にあいそうだな……。それでピヨコ、罰ゲームってなんなんだ?」

小鳥「ふふふ。聞いて驚きなさい。罰ゲームは、なんと……!!」

一同「…………(ごくり)」


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 02:12:58.08 ID:3iAarOos0
小鳥「向こう一ヶ月、事務所のトイレ掃除と窓拭きよ!」

一同「…………」

小鳥「あ、あれ?みんなどうしたの?」

春香「い、嫌なのは確かに嫌だけど」ヒソヒソ

響「なんかすごく地味だぞ……」ヒソヒソ

雪歩「拍子抜けしちゃいましたぁ」ヒソヒソ

千早「というかこれ、音無さんが楽をしたいだけなんじゃないかしら」ヒソヒソ

小鳥(そんなにこれ、嫌だったのかしら……?)


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 02:18:00.25 ID:3iAarOos0
やよい「お掃除くらいなら私、やりますけど……」

伊織「駄目よやよい。それじゃあ罰ゲームにならないじゃないの」

美希「一ヶ月……。これは、絶対に負けられないの……」ゴゴゴ

小鳥「みんなのやる気の差がすごく気になるけど……。続いて優勝商品を発表するわね!」

春香「優勝商品……何だろう?」

亜美「亜美はケーキとかがいいな→!」

真美「お→、亜美いいこと言った!」

貴音「らぁめん一年分……いえ、あまり個人的な望みは申し上げないでおきましょう」

あずさ「温泉旅行とかだと素敵ね~」


29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 02:22:41.25 ID:3iAarOos0
小鳥「優勝者にはなんと、『プロデューサーに一日何でも言うことを聞いてもらえる券』が授与されるわ!」

P含む一同「!!!!?」

P「ちょ、ちょっと待ってください音無さん! 聞いてないですよ!」

小鳥「あらやだ。プロデューサーさんこの間、『最近すごく頑張ってるし、あいつらにもそろそろ何かしてやりたいなあ』って言ってたじゃないですか」

P「それは確かに言いましたけど……。大体、お前らも賞品がこんなんじゃ嫌だろ?」チラッ

美希「負けられない。負けられないの」ギリギリ

真「一日、プロデューサーを独り占め……」

春香「何でも、かぁ。何お願いしちゃおっかなぁ、えへへ」

千早(絶好のチャンス、ね……)グッ


30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 02:30:04.22 ID:3iAarOos0
あずさ「あらあら。もしかして今日は運命の日、かしら?」

伊織「まずは跪いてもらうところからかしらね。にひひっ♪」

亜美「何でもする?今何でもするって言ったよね!?」

真美「ぐふふ→。何してもらっちゃおっかな→?」

響「何でも……何でも……?///」プシュー

雪歩「…………」キュッ

やよい「うっうー!お願いすることは一つに決まってますー!」

貴音「絶対に負けられない戦いが、ここにある……」キリッ

一同「………………」ゴゴゴゴゴゴ

P「ほ、迸るほどのやる気……」

律子(私も参加したかったな……)


33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 02:35:28.08 ID:3iAarOos0
小鳥「はいはーい。みんなのモチベーションも上がったところで、そろそろスタートするわよ!」

律子「とにかく押さえておいてほしいのは、1:英語は禁止。2:だんまりも禁止。ってことだけね。撮影されてるということも忘れないように」

美希「え、黙ってたら駄目なの?」

律子「当たり前じゃない。黙ってたらゲームにならないでしょうが」

美希「はーいなの……」

小鳥「もしも英単語が聞こえたら」

\ピヨー/

小鳥「この小鳥特製ベルでお知らせするわ!」

響「あれ、ベルなのか……?どこから音が出たか分からないぞ」


37 あ、一位の結果発表に使えそうなAA知ってる人いたら教えて欲しいかも 2012/03/20(火) 02:40:46.96 ID:3iAarOos0
律子「今のうちに言いたい英語は言っておいた方がいいわよ? 始まったら、ストライクとかガーターとかの言葉もアウトだからね」

春香「あ、そっかぁ。よーし、ストライク!ストライク!ストライク!」

やよい「うー、ガーター!ガーター!ガーター!」

真「田○ハイレーン!田○ハイレーン!」

伊織「真、あんた何言ってるの……?」

真「いやぁ、これを言わないとこの企画って感じがしなくてさ」エヘヘ

伊織「そういうものなのかしら……」



42 >>40 知らんかった……脳内補完よろ 2012/03/20(火) 02:44:15.40 ID:3iAarOos0
小鳥「それじゃあ早速、スタートよ!」

春香「え、もうスタートなんですか!?」

\ピヨー/ 【start】

春香「あ、いきなりやっちゃった!いっけない」コツン

あずさ「なるほど、こういうのも駄目なんですか。意外と難しそうですね~」

P「ははは、春香らしいミスだな。気をつけろよ」



44 >>39ありがとう。でももうちょいランキングっぽくできるやつがいいかな……他に無ければ使うかも 2012/03/20(火) 02:50:18.82 ID:3iAarOos0
春香「はー

\ピヨー/ 【miss】

   い……?」

P「え、俺もなんですか!?」

律子「当然じゃないですか。最初にちゃんと、私と小鳥さん以外、って言いましたよね?」

P「く、俺審判なのに……理不尽だ……」

美希「見ててねハニー!ミキ、絶対優勝するから!」

\ピヨー/ 【honey】

美希「えー!? これも駄目なの?」

律子「そりゃそうよ。それも立派な英語じゃない」


48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 02:55:28.44 ID:3iAarOos0
千早「これは、美希にとっては辛いルー……決まりになりそうね」

亜美「今千早お姉ちゃん危なかったっしょ→?」

真美「ぎりぎり耐えましたなぁ」

千早「どうやら、途中で止めるのはセーフのようね」

\ピヨー/ 【safe】

千早「あ……くっ、油断したわ」

伊織「……というかこれって、美希じゃなくても」

美希「じゃあ今日はプロデューサーって呼ばなきゃ……はっ!?」

\ピヨー/ 【producer】

美希「ああああ!しまったの!」

52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 02:59:01.56 ID:3iAarOos0
伊織「やっぱりそうよね。それだって立派な英語だもの」

貴音「なるほど。今日はぷろでゅーさー」

\ピヨー/ 【producer】

貴音「……もとい、あの方を普段のように呼ぶことはできないということですね」

P「あ、そうか。みんないつも大体俺のことはプロ……じゃなくて、英語で呼ぶもんな」

\ピヨー/ 【professional】

P「えええええ!今のもアウトなんですか音無さん!?」

\ピヨー/ 【out】

P「ああああ!面倒くさい!!」

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 03:03:46.84 ID:3iAarOos0
真「これがあるから、意外とこの企画難しいんだよね……」

響「というか、全然ゲームが始まらないぞ……」

\ピヨー/ 【game】

響「……はっ!?」

雪歩「でもでも、そしたら今日はプ……この人のことをどう呼んだらいいんですかぁ??」

美希「うーん。そこの人、とかどうかな?」

伊織「またえらく冷たい感じになったわね」

美希「負けないためには仕方ないの!」

P(何だかすごく、積み上げたものが崩れた気分だな)

56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 03:09:26.94 ID:3iAarOos0
貴音「わたくしは……そうですね、あなた様、とでも呼ばせてもらいましょうか」

亜美「お→、お姫ちん、おっしゃれ→!」

あずさ「じゃあ私も、あなた、って呼んじゃおうかしらね~?」

P「うわ、何だかくすぐったいな……。まるで夫婦みたいじゃないか」

貴音&あずさ「ふふふ……」

やよい「何だか、大人の魅力、って感じですー!」

小鳥(この二人、狙ってやってるんでしょうね……うふふ)

59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 03:15:22.38 ID:3iAarOos0
律子「というか普通に、Pさんって名前で呼べばいいじゃない」

真「あ、そっか。じゃあボクはPさん、って呼ばせてもらいますね!」

春香「私もそうしよっかな。Pさん、今日はよろしくお願いしますね」

P「お、おお……すごい違和感があるな」

春香「まあまあ、きっとそのうち慣れますよ。もう普段からPさんって呼んじゃおうかな?」

P「それは流石に恥ずかしいからやめてくれよ」ハハハ

春香「ちぇー、もっとPさんとの距離が縮まると思ったのになあ」テヘ

小鳥(春香ちゃん……正攻法って感じね)

61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 03:20:26.88 ID:3iAarOos0
真美「真美たちは普段どおり兄ちゃんって呼べばいいから楽勝だね!」

亜美「楽勝だYO!」

やよい「そっか、その手がありましたー!じゃあ今日は、お兄ちゃん、って呼ばせてもらいますね!」ニコッ

P「うっ……」ズキュン

やよい「えっ!?どうかしたんですか、お兄ちゃん?」

P「う、うぐぐ」

千早(高槻さん……自らの破壊力に気付いていないのね)

響「じゃあ自分も、今日はにぃにって呼ばせてもらうぞ! 普段から、自分のにぃににちょっと似てると思ってたんだー」ニカッ

P「う、うぅっ!?響まで!?」

64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 03:24:33.40 ID:3iAarOos0
やよい「じゃあ響さんは私のお姉ちゃんですね!うっうー!楽しそうですー!」

響「あ、そうなるな!やよいみたいな妹が持てるなんて、自分幸せだぞ!やよい、はい、た~っ」

やよい「響さん、今日はそれ駄目ですー!」

響「え? ……あ、そっか。やよい、ありがとう!」

やよい「どういたしましてー。それじゃあ今日は、せーの、で行きましょう!」

響&やよい「せーのっ!」パシン

小鳥(タイプの違う二人の妹キャラ……。アリね。思わぬ収穫だわ)

P「せ、背中がむず痒くなりそうだ……」

千早(……我那覇さん、羨ましい)

千早「に、兄さん……」ボソボソ

68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 03:28:31.99 ID:3iAarOos0
P「ん? どうした千早?」

千早「!? な、なななな何でもありません!プロデューサーには関係ないですから!」

\ピヨー/ 【producer】

千早「あぅ……」

P「? 変な千早だな」

小鳥(千早ちゃん、ばっちり聞こえたわよ。……アリね)

律子「はいはい、いい加減そろそろ始めるわよ。このペースで行ったら日が暮れちゃうわ」



69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 03:34:35.53 ID:3iAarOos0
~1レーン 春香・千早・真・雪歩~

春香「それじゃあ私から行くね!千早ちゃん、よーく見ててよー」

千早「分かったわ、春香」

雪歩「頑張って、春香ちゃん!」

真「最初っから全部倒しちゃえ!」

春香「まずね、投げるときはピンじゃなくて、あそこの三角のマークを見て投げると投げやすいんだよ」

\ピヨー/\ピヨー/  【pin】【mark】

春香「わ……またやっちゃった」

71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 03:39:09.84 ID:3iAarOos0
雪歩「いきなりダブルだなんて、春香ちゃんらしいね」

\ピヨー/ 【double】

雪歩「はぅっ!?」

真「雪歩、余計なこと言うから」

雪歩「うぅ、でも真ちゃん、何か喋ってないとだんまりになっちゃいそうで……」

真(ルール違反で負けたくはないんだね、雪歩)

春香「おほん。気を取り直して……」

千早「ええ。続けて、春香」

春香「それであの三角の中で、真ん中とその隣くらいを目掛けて投げるの。いっくよー、えい!」ゴロゴロ

74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 03:43:21.38 ID:3iAarOos0
どんがらがっしゃーん!

春香「やった!見て見て千早ちゃん、ストライクだよ!」

千早「ええ、凄いわ春香。でも……」

春香「へ?」

\ピヨー/ 【strike】

春香「あー!?うぅ、言わないように、ってさっき何回も言ってきたのに」

真「外さないなあ、春香は」

P「もうずっと鳴らすの構えてたからな、俺。春香なら絶対言ってくれるって」

春香「うぅ……恥ずかしいよお」

76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 03:47:01.02 ID:3iAarOos0
小鳥「あ、おめでとう!春香ちゃんが今日のストライク第一号ね?」

春香「そうですけど……何か素直に喜べないです」ガクリ

小鳥「喜んじゃっていいわよー。ストライクかスペアを出した人にも今日、賞品が用意してあるから」

春香「え、本当ですか小鳥さん?」

小鳥「もっちろん!ただその場合、賞品はくじ引きで決まることになってるの。プロデューサーさん、くじの箱持ってきてもらってもいいですか?」

P「はい、分かりました。 ほら春香、一枚引いてくれ」スッ

春香「なになに……? わっ、ジュース1本って書いてあります!」

\ピヨー/ 【juice】

P&小鳥「……っ」プルプル

春香「あー、こんなの卑怯ですよ!二人とも、笑わないでください! 」

84 りっちゃんとピヨちゃんはは審判で対象外なのです……説明不足ですまん 2012/03/20(火) 03:52:28.50 ID:3iAarOos0
真「これは春香が最下位で決まりかな?」クス

春香「真まで……うう」

P「それじゃあ、はい。飲み物置いておくぞ」

春香「はい、ありがとうございますPさん」

P「あ、そこは間違えないんだな」

春香「そんなにひょいひょい間違えたりしませんっ」ムスー

P「ははは、ごめんごめん」

85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 03:57:36.94 ID:3iAarOos0
~2レーン 伊織、やよい、亜美、真美~

伊織「いい、やよい? さっき春香も言ってたけど、あの三角の印をめがけて投げるのよ」

やよい「分かったよ、伊織ちゃん。えーい!」ゴロゴロ、カラーン!

やよい「わあ!3本も倒れたよ!」

亜美「おー、やよいっち、初めてなのにやるね→」

伊織「も、って。目標は10本よ、10本!」

やよい「うん、でも何だかとっても楽しいよ! 伊織ちゃん、教えてくれてありがとー!」

伊織「ま、まぁこの私が教えたんだからそれくらいは当たり前よ!」

87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 04:02:36.38 ID:3iAarOos0
亜美「お→お→いおりん、照れてますな→」ニヤニヤ

真美「基本ですな→」ニヤニヤ

伊織「う、うるさいわね! ボウリングなんてある程度誰が教えても同じ……あ」

\ピヨー/ 【bowling】

伊織「しまったあああああ!」

亜美真美(無言でガッツポーズ)

律子「伊織は平常心だと強そうだけど、慌てると駄目ねえ。あのメンタルは鍛え甲斐があるかしら」

真美「こんなときでも冷静な分析だね、りっちゃん……」

やよい「うっうー! みんな楽しそうでよかったですー!」

90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 04:08:14.82 ID:3iAarOos0
~3レーン 美希・響・貴音・あずさ~

響「しかしこのルー……じゃなかった、決まりだと、貴音は有利そうだな」

あずさ「そうねえ。貴音ちゃんは普段から、あまり外来語とかを使わないものね」

美希「ラーメンは中国語だしね。正直羨ましいの」

貴音「そうでしょうか? ……そうかもしれませんね」

響「そうだよ。自分なんかずっと、危なくって危なくって」

P「そういえばそうだなあ。そこは考えてなかったよ」ヒョイ

響「わっ、にぃに! いきなり出てきたらびっくりするぞ!」


91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 04:12:55.80 ID:3iAarOos0
美希「あ、ハニー!見に来てくれたの?」

\ピヨー/ 【honey】

P「いーや、ちょっかいをかけに来たんだ」ニヤリ

美希「あー! 駄目なの!見てくれるのは嬉しいけど来ちゃだめなのー!」

響「逆に美希にとってはすごく不利そうだね……」

あずさ「あらあら。もう身に染みついちゃってるのかしらね」

貴音「習慣となった行いはすぐには正せぬもの。美希には、まこと辛い戦いとなりましょう」

P「ま、頑張れよ美希」ヒラヒラ

美希「ハニーの馬鹿ー!!」

\ピヨー/ 【honey】

93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 04:16:57.50 ID:3iAarOos0
~2フレーム目~

P「さらっと見た感じだと、上手そうなのは春香と真と響って感じかな」

律子「そうですね。普段からときどきやっていそうなメンバーだからでしょうか。……あ」

小鳥「亜美ちゃんがストライクを出しましたね!」

亜美「へへ→ん!兄ちゃん、亜美の格好いいところ見てた→!?」

P「おお、すごいな亜美。はい、くじだ」

亜美「あんがと兄ちゃん……わ、これ!ほんとにもらっていいの!?」スッ

P「お、それ引いたのか、やるな亜美。持ってくるからちょっと待ってろ」

94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 04:21:53.32 ID:3iAarOos0
小鳥「わ、亜美ちゃん大当たりね~」

伊織「何よ亜美、あんた何が当たったの?」

亜美「いおりん?とってもいいものだYO!」

真美「けちけちせずに真美にも教えてYO~」

亜美「まあまあ、慌てないでもすぐに分かるよ→ん」

P「よ、っと……ほら亜美、持ってきたぞ」

春香「あ、あれってもしかして!?」


97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 04:25:49.89 ID:3iAarOos0
貴音「上に乗った色とりどりの果物……」

あずさ「あの黄金色の輝きは……」

真「発売開始50分で売り切れ、人気ランキ……1位の!」

伊織「ゴージャスセレブプリンじゃない!!」

\ピヨー/\ピヨー/\ピヨー/ 【gorgeous】【celebrity】【pudding】

伊織「ちょ、ちょっと待ちなさい!今のは無しよ!ノーカンよ、ノーカン!」

\ピヨー/\ピヨー/【no count】×2

伊織「いやああああああ!!!」

律子「伊織……美味しいわね」

小鳥(真ちゃんのはセーフにしておいてあげましょうか)

98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 04:31:18.34 ID:3iAarOos0
~3フレーム目~
あずさ「あらあら~? あれ、何かしら~?」

P「?」

真「わ、本格的だなぁ!」ワクワク

春香「見て見て雪歩、なんだろあれ?」

雪歩「ふぇ? わあ、何かいつもと違う!」

響「なあ、にぃに? 自分のところに、ピンクのピンが出てきたんだけど?」

\ピヨー/\ピヨー/ 【pink】【pin】

響「あー、またやってしまったぞ……」ガクリ

真(響も外さないなぁ)


101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 04:35:51.36 ID:3iAarOos0
美希「で、ハニー? あれは一体なんなの?」

\ピヨー/ 【honey】

美希「…………orz」

伊織「なんだか早くも最下位が絞られてきた気がするのは、私の気のせいかしら……」

P「というか、俺も知らされていないぞ? 何だろう、あれは」

小鳥「じゃあ私から説明するわね。簡単に言えば、あれはボーナスピンよ!」

貴音「あの桃色の標的……やはり通常のものとは異なるということですか?」

小鳥「そうよ。さっき春香ちゃんはストライクを出して賞品をもらっていたけど、あのピンクのピンは倒すだけで賞品がもらえるの」

律子「これもボウリングが苦手な人のための救済措置みたいなものね。頑張って倒してちょうだい」

102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 04:39:21.74 ID:3iAarOos0
伊織「というかあんなもの設置するなんて、どんだけ手間かかってるのよ……」

亜美「狭いところとはいえ、ワンフロア貸切だもんね→」

\ピヨー/ 【one floor】

亜美「うあうあ~!やっちゃったよ……」

響「よーし、じゃあ自分、頑張って倒すぞ!」ゴロゴロ、カラーン!

貴音「む……惜しい。一本残りましたね」

響「でもちゃんとピンクは倒せたぞ!」


103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 04:41:15.02 ID:3iAarOos0
\ピヨー/ 【pink】

響「……で、ピヨコ。これもくじ引きでいいの?」

あずさ「段々ベルにも動じなくなってきたわね~……あら」

\ピヨー/ 【bell】

あずさ「いけないいけない」

小鳥「ピンクの場合は違う箱から引いてもらうわ。プロデューサーさん?」

P「はいこれ、響」

響「ありがと、にぃに」ガサゴソ

響「えーっと……『プロデューサーに頭を撫でてもらう』ううううう!?」

一同「Σ!!?」ガタッ

\ピヨー/ 【producer】

105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 04:43:48.03 ID:3iAarOos0
小鳥「あらあら。じゃあプロデューサーさん、お願いしますね」

P「ちょ、ちょっと待ってください音無さん」

小鳥「あ、言い忘れてたわね。ピンクピンの方の箱には、ほとんどプロデューサーさんに関する賞品が入っています」

P「いやいや、これのどこが賞品なんですか!?むしろ罰ゲームなんじゃあ?」

\ピヨー/ 【game】

小鳥「あら? でも響ちゃんはそうは思ってないみたいですよ?」

響「…………は、早くしてほしいぞ、にぃに」プルプル

P「目をつぶってぷるぷるしてる……」

小鳥「それに、他のみんなも」

P「へ?」


164 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 13:15:44.74 ID:Q/QinlyI0
小鳥「あらあら。じゃあプロデューサーさん、お願いしますね」

P「ちょ、ちょっと待ってください音無さん」

小鳥「あ、言い忘れてたわね。ピンクピンの方の箱には、ほとんどプロデューサーさんに関する賞品が入っています」

P「いやいや、これのどこが賞品なんですか!?むしろ罰ゲームなんじゃあ?」

\ピヨー/ 【game】

小鳥「あら? でも響ちゃんはそうは思ってないみたいですよ?」

響「…………は、早くしてほしいぞ、にぃに」プルプル

P「目をつぶってぷるぷるしてる……」

小鳥「それに、他のみんなも」

P「へ?」


165 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 13:19:13.83 ID:Q/QinlyI0
貴音「…………」キュッキュッ

千早「……ねえ春香、狙いたいものの正面にある印を目掛けて投げる方がいいのかしら?」

春香「そうだね、それで腕をまっすぐ振れば、そのまままっすぐ向かっていくはずだよ」

雪歩「手首がぶらつかないようにすると、いい感じかも」

真「端っこを狙いたいときだけは、他のを巻き込みながら斜めに投げたほうがいいかな」

千早「……そう。ありがとう春香、真、萩原さん」

伊織「目標を中央に入れてまっすぐ……目標を中央に入れてまっすぐ……」ブウブツ

P「な、なんだこのやる気……まるでライブの直前みたいだ」ナデナデ

\ピヨー/ 【live】

響「ん……にぃに、くすぐったいぞ……」

小鳥(響ちゃんかわいい。……アリだわ)

律子「なんだか混沌としてきたわね……」

170 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 13:24:38.08 ID:Q/QinlyI0
P(律子の言うとおり、そこからのボウリングは混沌を極めた。
……というか、ピンクの方のくじ引き箱に、ろくな紙が入っていなかったのだ)


貴音「桃色、倒しました。くじを引かせていただきますね」ガサゴソ

P「あ、ああ。引いてくれ。もうさすがにあんな紙は入ってないだろうしな」

貴音「これは……『あなた様が頬ずりをしてくれる』?」

P「は、はぁ!? 何考えてるんですか、音無さん?」

小鳥「…………」ジーッ

P「いいからやってください、って目をしてる……。貴音、いいのかこんなので?」

貴音「あなた様が嫌だというなら無理は申しませんが……規則は規則ですから、できれば達成したいかと」

P「ぐ……じゃあ、少しだけな。いくぞ」フニ

貴音「ああ……あなた様の体温は、こんなにも温かいのですね」ムニムニ

P「お、思ったより乗り気なんだな、貴音……」ススス

172 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 13:28:22.89 ID:Q/QinlyI0
貴音「あなた様とこれほどお近づきになれることは、なかなかありませんから、ね……」スス、フニフニ

P(後ずさっても着いて来るっ……!?)

貴音「あなた様、何故後退されるのですか」フニ

P「いや、だってそりゃあ」ズリズリ

貴音「これは『あなた様が頬ずりをしてくれる』という褒美なのですから、あなた様からしていただかねば意味がありません」フニフニフニ

P(貴音に押し倒されるような格好になってるしっ……)

貴音「あなた様。もうしばし、堪能させてください」フニフニフニフニ

P「(た、貴音の頬、柔らかい……)も、もういいだろ貴音、ほら!」バッ

貴音「あん……あなた様は、いけずです」


178 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 13:32:29.11 ID:Q/QinlyI0

真美「んっふっふ~、3番手は真美だね!えぃっ!」ガサゴソ、バッ

真美「何々ー、え、に、『兄ちゃんにほっぺちゅー』……///」カァ

P「音無さん!これもう、完全に罰ゲームの域ですよね!?」

\ピヨー/ 【game】

小鳥「……」チョイチョイ

P「え、真美を指差して何を……?」

真美「えっとね、その……兄ちゃんが嫌じゃないなら、真美は別に……」

P「意外と乗り気でいらっしゃる!?」

183 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 13:37:46.88 ID:Q/QinlyI0
真美「だってほら、真美だってゲーノージンだし?き、規則は守らなきゃ駄目っしょ→?」

P「い、いやいや。真美はまだ子どもだから。こういうのは無茶ぶりっていって、別に守らなくてもいいんだぞ?」

真美「真美は子どもじゃないよ!もう立派な大人だし!」

P「あ、いや悪かった。だけどこういうのは嫌々やるもんじゃなくってだな」

真美「真美は嫌じゃないって言ってるっしょ→!?いいから兄ちゃん、そこに直れ→!」チュッ

P「ちょ、ちょっと待て真美!お前これ撮影っ!?」

真美「もんど→むよ→!」チュッ

P「うわ、本当にやったよ。音無さん、何考えてるんですか……?」

小鳥「」チョキチョキ

P「カットすりゃいいってもんじゃないような気が……」

\ピヨー/ 【cut】

真美「兄ちゃん、真美、い、一生忘れないかんね!///」


186 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 13:42:20.97 ID:Q/QinlyI0

美希「やっとミキの番なの! ハニー、早く早く!」

\ピヨー/ 【honey】

P「はいはい。そろそろまともなの出てくれよ?」スッ

美希「とりゃー、なの!えっと、『イケイケファンシーゼリー』3日分……?」

\ピヨー/ \ピヨー/ 【fancy】【jelly】

美希「え? え?え?どゆこと?」

P「お、やったな美希!それ大当たりだぞ!」


187 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 13:45:42.34 ID:Q/QinlyI0
美希「な、何でなの!他の人と違うの!ミキだけ不公平なのー!!」ジタバタ

P「美希は優しいなあ。他の人と分けて食べてもいいからな?」

美希「違うのー!そういうことじゃないのー!ハニーの馬鹿あー!」

\ピヨー/ 【honey】

律子「何であれで分からないんですかね、あの人は」

真(岡○さん枠、ちゃんとあるんだ……)




191 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 13:51:00.02 ID:Q/QinlyI0

伊織「『アンタとハグ』、ねえ……」

P「いや、だから伊織。嫌ならやめてもいいんだぞ?」

伊織「うるっさいわね!真美でさえちゃんとやったのに、この伊織ちゃんが投げ出せるわけないでしょ!?」

P「あ、ごめん伊織、その前に」

\ピヨー/ 【hug】

伊織「あっ……もう! ほらアンタ、いいから早く済ませるわよ!」

P「はいはい。じゃあ、ほら」バッ

伊織「っ……」ギュウ

P(こうして見ると伊織もまだまだちっこいなぁ)

伊織(い、意外とあったかいのね……お兄様みたい)

193 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 13:54:30.01 ID:Q/QinlyI0
P「ほら、もういいだろ? お疲れさん、伊織」バッ

きゅっ

P「え?」

伊織「も、もうちょっと」

P「え?でも、もう無理しなくていいんだぞ?」

伊織「う、うるさいうるさい! このスーパーアイドル伊織ちゃんがもうちょっとって言ってるんだから、断るなんてありえないでしょ!?」

\ピヨー/\ピヨー/ 【super】【idol】

伊織「あああああ!もう、むかつくわね!アンタもこっちに集中しなさいよ!」

小鳥(ベタねぇ。勿論アリだけど)


195 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 13:56:11.75 ID:Q/QinlyI0
>>193はミス、こっちで

P「ほら、もういいだろ? お疲れさん、伊織」バッ

きゅっ

P「え?」

伊織「も、もうちょっと」

P「え?でも、もう無理しなくていいんだぞ?」

伊織「う、うるさいうるさい! このスーパーアイドル伊織ちゃんがもうちょっとって言ってるんだから、断るなんてありえないでしょ!?」

\ピヨー/\ピヨー/ 【super】【idol】

伊織「あああああ!もう、むかつくわね!アンタもベル押すのじゃなくてこっちに集中しなさいよ!」

\ピヨー/ 【bell】

小鳥(ベタねぇ。勿論アリだけど)


197 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:01:40.51 ID:Q/QinlyI0


千早「ひ、『ひざだっこ』……ですか?」

P「ほんと、これのどこが賞品なんだか……千早はこんなの苦手だろうに」

千早「いえ。提示された以上はしっかりとこなしたいと思います」

P「そうか? 千早は偉いな。じゃあ、おいで」スッ

千早「は、はい。失礼します……」ポスリ

P「……」

千早「……」

P「……」

千早「……」

P「……」

千早「……」

200 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:05:24.37 ID:Q/QinlyI0
P「……よし、そろそろ終わろうか」

千早「え? 終わりですか?」

P「もう充分だろ。終わっても文句は言われないと思うぞ?」

千早「あ、いえそうではなく……あの、足が痺れてしまったので、もう少しこのままでもいいですか?」

P「ああ、そういうことか。じゃあ直るまでじっとしておいた方がいいかもな」

千早「はい……」

P「……」

千早「……」

P「……」

千早「……♪」キュッ


204 >>200 直る→治る 2012/03/20(火) 14:08:02.20 ID:Q/QinlyI0

亜美「『兄ちゃんがほっぺちゅー』!」

P「は!?それさっきやっただろ?」

亜美「ちっちっ。甘いね兄ちゃん。さっき真美がやったのは、兄ちゃん『に』。今亜美が引いたのは、兄ちゃん『が』なのさ!」

P「ナ、ナンダッテー……な、何だって!?」

亜美「とゆ→わけで!ほらほら兄ちゃん、かも→ん!」

\ピヨー/ 【come on】

P「この絵面、大丈夫なんだろうな……音無さん、ちゃんとカットしておいてくださいよ?」

小鳥「」グッ

\ピヨー/ 【cut】

P「うわあ、めちゃくちゃいい笑顔だ……」


208 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:12:03.11 ID:Q/QinlyI0
亜美「兄ちゃん早く→!亜美、待ちくたびれちゃうYO→!」

P「はいはい……」スッ

亜美「」クルッ

P「うお、危ない!いきなり正面向くなよ亜美!」

亜美「ちぇ、失敗→。兄ちゃんをびっくりさせようと思ったのになあ」

P「もう充分びっくりしたよ……大体お前たち、こんなことして嫌じゃないのか?」

亜美「うあうあ~!ひどいよ兄ちゃん、嫌になるわけないじゃん!亜美たちみ~んな、兄ちゃんのこと大好きなんだからね!」

P「う……こいつめ、恥ずかしいことを!」

チュ

P「ほら、さっさと次行って来い!」

亜美「んっふっふ~、ありがと兄ちゃん!あとね、亜美ね→」タタッ

P「な、何だ?」

亜美「い、一生忘れないかんね!」ボソッ



211 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:15:20.71 ID:Q/QinlyI0

あずさ「『好きな言葉を言ってもらえる』ですか……」

P「好きな言葉、ですか……でも俺、モノマネとかそんなに得意じゃないですよ?」

あずさ「はい~、あ、決まりました~」

P「お、早いですね。なんて言えばいいんです?」

あずさ「『あずさ、あなたは俺の運命の人だ』」

P「……へ?」

あずさ「女性だったら一度は言われてみたいセリフなんですよ~」

P「あ、ああ……そういうことですか。でも俺に演技力とかは期待しないでくださいね?」

214 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:19:04.73 ID:Q/QinlyI0
あずさ「はい~、そのままのあなたでいいんです」

P「(あなたって呼ばれるのに慣れない……)あずささん、あなたは俺の、運命の人です。……めちゃくちゃ恥ずかしいですね、これ」

あずさ「う~ん、せっかくだから呼び捨てにしてほしいですね~。はいあなた、もう一回!」

P「ええ!?……あずさ、あなたは俺の運命の人です」

あずさ「『俺にはあなたしか、考えられない』」

P「え?」


216 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:23:43.48 ID:Q/QinlyI0
あずさ「続けて、ください?」

P「お、俺にはあなたしか、考えられない」

あずさ「『ずっと一緒にいたい』」

P「ずっと一緒にいたい」

あずさ「『あずささん、俺と結婚してください』」

P「『あずささん、俺と』……って、1つって約束でしょう!どこまで言わせるつもりなんですか!」

あずさ「あら~、あなたったら、いじわるですね♪」



218 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:26:41.58 ID:Q/QinlyI0

美希「に、二回目なの……」

P「おお、さすが美希。今のところみんな外れしか引いてないから狙い目だぞ?」スッ

美希「えい!」チラ

美希「…………」ガクリ

P「どれどれ……? おお、やるじゃないか美希、本日2個目にして最後のゴージャ……じゃなくて、人気のお菓子だ!」

美希「ミキはときどき、自分の運命を呪いたくなるの……」

P「運が良すぎて困るってか? 少しは俺にも分けてほしいよ」

美希「分けられるもんなら分けてあげたいの!」

真(さすが岡○さん枠……というかこれ、小鳥さんが何か細工してるんじゃあ?)



221 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:29:43.06 ID:Q/QinlyI0

雪歩「ぷ、ぷぷぷぷ『プロデューサーと、ポッキーゲーム』……?」

\ピヨー/\ピヨー/ 【producer】【game】

雪歩「は、はぅぅ……」

小鳥(商標名はセーフにしておこうかしらね)

P「雪歩? 流石に男が苦手なお前に、これは無茶だ。やめといた方がいいって」

雪歩「で、でもでも……Pさんのおかげで私、少しはマシになったんです……ここでPさんからも逃げたら私、ダメダメな私のままですから……」

P「雪歩……」

雪歩「お願いします、少しだけ頑張らせてください!」ペコリ

225 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:32:10.23 ID:Q/QinlyI0
P「……分かったよ、雪歩。でも無茶は絶対だめだからな。お前の頑張りを、俺はよく知ってるから」

雪歩「は、はい!分かりましたぁ!……じゃあ、Pさん、行きます」パク

P「お、おう……(ち、近い……)」パク

雪歩「」サク、サク、サク…

P(少しずつだけど雪歩、頑張ってる……)

雪歩「」サク、サク

P(でももう、顔も真っ赤だし目も潤んでる……そろそろ止めるべきか)

P「ゆk」

雪歩「」フルフル


230 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:37:44.87 ID:Q/QinlyI0
P(ま、まだ頑張るのか雪歩……本当に、強くなったなあ)

雪歩「」サク、サクサク…

P(って、でもこのまま行くとッ……)ポキン

雪歩「あ……」

P「(俺が動いたから、折れちゃったか)雪歩。よく頑張ったよ」

雪歩「も、もう少しだったのに……」

P「いやいや、今のは俺のせいだから。雪歩は気にする必要ないぞ?」

雪歩「うう、Pさぁん……」

小鳥(惜しかったわね、雪歩ちゃん)



232 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:41:57.32 ID:Q/QinlyI0

真「『Pさんにお姫様抱っこしてもらえる』です……///」

P「また真におあつらえ向きなのがきたもんだなぁ。それじゃ、早速いくか?」

真「ちょっと待ってくださいPさん!心の準備がまだで……」

P「そんなもん要らないだろ。ほら行くぞ!」スッ

真「ちょ、ちょっと待っ……ひゃぁぁああ!?」

P「おー、やっぱり女の子だけあって軽いなぁ」

真(ち、近いし高いし触られてるし近いし高いしプロデューサーの匂いするし……うわあああああ)プシュー

P「どうだ真、気分の方は?」

真「ぜんぜん分かりません……」


234 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:46:30.01 ID:Q/QinlyI0
P「というかその体勢じゃ辛いだろ。真、俺の首に手回せって」

真「ひぇ?え?えええ?」

P「いいから早く。落ちそうで怖いんだよ」

真「ええと、じゃあ失礼して……」グッ

真(近い近い近い近いいい匂い)

P「よーし、そろそろ降ろすぞー」

真「」ポーッ

P「おい真、聞こえてるか?降ろすぞ?」

真「あ、は、はい、いつでもどうぞ!」

236 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:50:31.89 ID:Q/QinlyI0
P「ほい、っと……」

真「」ポーッ

P「あのー、真姫?」

真「ひ、姫だなんて……。どうしたんですか、Pさん?」

P「そろそろ首に回した手は外していただけないでしょうか? これじゃあまるで……」

真「え? あ、ああああぁぁぁ」カァァ

真(し、しなだれかかってるみたいになっちゃった……///)

小鳥(真ちゃんもベタね……まあ、アリなんだけど)



238 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:54:51.33 ID:Q/QinlyI0

春香「『Pさんとお菓子を食べさせあう』、です!」

P「ここにきてまたベタなのがきたもんだな……」

春香「というわけでPさん、はい、あーん」

P「あのな、春香。散々いろんなことをやっといて今更言うのも何なんだが……」

春香「? どうしたんですか、Pさん?」

P「みんなの視線が気になってしょうがないんだ……」

一同(じとー)

春香「あはは、しょうがないですね。もうみんな向こうは終わっちゃったみたいですし」

P「あと美希が順番待ってるけどな」

美希「早く! 春香、早くするの!」


243 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:59:49.61 ID:Q/QinlyI0
春香「ほら、美希も待ってるし早く終わりましょう。はい、ゼリーです。あーん♪」

\ピヨー/ 【jelly】

春香「あ、またやっちゃった」コツン

P「お前は最後までいつも通りだなぁ」

春香「えへへ、ごめんなさい。……あの、食べてくれないんですか?」

P「いや……さっきまでのはまだ、みんなが向こうに集中してたからよかったんだけど。やっぱり注目されてると恥ずかしいよ」

春香「え? でもさっきまでも、みんなちゃんと注目してましたよ?」

P「……は?」

春香「ねえ、みんな?」

一同(こくこく)

P「う、嘘だろ……?」

春香「本当ですよ。私もちゃあんと、全部見てました!」

P「ま、まじかよ……うわあ、恥ずかしすぎるぞ、俺」

244 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 15:02:57.32 ID:Q/QinlyI0
春香「だからほら、諦めてください。はい、あーん♪」

P「なんか理屈がおかしい気もするが……仕方ないか」パク

春香「ふふ、美味しいですか?」

P「ああ、美味しいよ」

春香「じゃあ私も食べたいです」

P「? 食べりゃいいじゃないか」

春香「もう! Pさんは何を聞いてたんですか?『食べさせあう』でしょう?」

P「ああ、そういえばそうだったな。それじゃあもう一個取ってくれ」

249 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 15:08:56.04 ID:Q/QinlyI0
P「いや、それじゃなくて。もう一個取ってくれって」

春香「この味が食べたいんです」

P「お前それ、俺の食べかけだぞ……?それでいいのか?」

春香「はい、これじゃなきゃだめなんですっ」

P「春香はお菓子にはこだわるんだなぁ。はいよ、あーん」

春香「あーん」

ヒョイ

P「」パク

春香「え?あれ?」

P「はは、引っかかったな」

252 >>247保存した 2012/03/20(火) 15:13:44.68 ID:Q/QinlyI0
春香「もー、意地悪しないでください!」

P「ははは、ごめんごめん。ほれ」スッ

春香「むー……あーん」

ヒョイ

P「」パク

春香「あれ?もう!プロデューサーさん!」

\ピヨー/ 【producer】

一同(なんでこんなの見せられてるんだろう……)

美希「もー!ハニー、早くするのー!」

\ピヨー/ 【honey】

小鳥(春香ちゃん……さすが王道ね)




257 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 15:19:39.76 ID:Q/QinlyI0

美希「やっと、やっとミキの番なの!」

P「待たせたな、美希。そしておめでとう」

美希「おめでとう?何で?」

P「実はこの箱、あと一枚しか紙が残ってないんだ。そして俺が知ってて出てない賞品が一つある」

美希「と、いうことは……」

P「そうだな、当然それがお前の景品になる。それも……じゃじゃん!美希の大好きなイチゴババロアだ!」バッ

\ピヨー/ 【Bavarian】


259 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 15:21:12.01 ID:Q/QinlyI0
美希「そんなのってないの……」ヘナヘナ

P「お、へたりこむほど嬉しいのか? 美希に当たってくれたらなあ、と思って選んだ甲斐があったよ」

美希「すっごく嬉しいけど、今は全然嬉しくないの!!」スタスタ

P「へ?おーい美希、なんでそんなに怒ってるんだー?」

真(さすが岡○さん枠。一切の容赦がないや)



262 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 15:23:13.32 ID:Q/QinlyI0
~ゲーム終了~

律子「これでゲーム終了よ!それじゃあ、取り急ぎ結果発表に移るわね。もう、時間押しまくりなんだから」

響「自分、もう神経使いすぎて疲れたぞ……」

やよい「うう~、結局ピンクのピン倒せなかったー……」

伊織「ああもう、そんなことで落ち込まないの!今度一緒に練習に行くわよ!」

美希(きっと春香が最下位だから、罰ゲームは無いの)

春香(きっと美希が最下位だから、罰ゲームは大丈夫だよね?)

律子「まずは、3位から10位を発表するわ!横の数字が、英語を言ってしまった回数ね」

265 >>264 wiki見たら英語にもなってるっぽいので入れました 2012/03/20(火) 15:25:39.11 ID:Q/QinlyI0
3位:あずさ 7回

4位:真 10回

5位:千早 13回

6位:響 15回

7位:亜美 16回

8位:真美 17回

8位:雪歩 17回

10位:伊織 21回

亜美「やった→!亜美の勝っち→!」

真美「うあうあ~!1回差とか超惜っし→!」

伊織「あ、あっぶない……ぎりぎりじゃない」


273 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 15:29:39.21 ID:Q/QinlyI0


千早「この感じだと、1位2位が高槻さんと四条さんのどちらかで」

真「最下位が春香か美希、だね」

響「正直、だいたい予想はついてたけどな……」

雪歩「確かにそうかも……」

小鳥「ちなみにプロデューサーさんは、26回だったわ」

真「あはは、プロデューサー、意外と引っかかってたんですね!」

亜美「あれ→?それって兄ちゃんが最下位もあるんじゃないの→?」

真美「もしかすると兄ちゃん、明日から掃除屋さんに転職ですかな→?」

P「いや、俺が言うのもなんだけど……それはないだろ」

あずさ「あの二人、すごい勢いだったものね~」

律子「それじゃあまずは最下位を発表しようかしら?11位と12位は……この二人よ!」

春香(どきどき)

美希(どきどき)

280 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 15:33:59.37 ID:Q/QinlyI0
11位:春香 42回

12位:美希 51回

春香「やったあ!プロデューサーさん、セーフですよ、セーフ!」

美希「そんなあ……掃除なんてめんどくさいの……」

響「しかし二人ともすごい回数だぞ……」

やよい「美希さんなんて、5100円です。いったい何日分の食費なんだろう……」

千早「高槻さん……あなたはそんなこと気にしなくていいのよ」

貴音「やはり染み付いた習慣は容易くは拭い去れなきもの。きっとその差が勝敗を分けたのでしょう」

小鳥「貴音ちゃんの言うとおりね。美希ちゃんのアウトのうち30回くらいは【honey】だったから」

真「というか、途中から開き直ってたもんね」

雪歩「あれだけ呼んでたら、しょうがないと思いますぅ」

律子「はいはい。それじゃあ注目の、1位2位を発表するわね。ちなみに1位2位はものすごい接戦だったわ」

282 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 15:37:51.01 ID:Q/QinlyI0
小鳥「『プロデューサーに一日何でも言うことを聞いてもらえる券』が授与されるのは、果たしてどちらなのか!?注目よ!」

ダララララララララララ

春香「わ、どこからともなくドラムロールが」

伊織「こんな細かいとこまで、どんだけ手間かけてんのよこの企画に……」

亜美「亜美はお姫ちんの勝ちだと思うな!」

真美「いやいや→、やよいっちもなかなかやりますぞ?」

貴音(どきどき)

やよい(どきどき)

律子「栄えある一位は……この人よ!」

297 >>292 それもありだったかな…… 2012/03/20(火) 15:47:55.03 ID:Q/QinlyI0
小鳥「というわけで優勝は、やよいちゃんよ!」

美希「ぜ、ぜろ……」ヨロリラ

春香「あはは、これは最初から勝ち目なかったね……」

雪歩「ハイレベルすぎるよぉ……」

やよい「うっうー!勝っちゃいましたあ!」

亜美真美「おめでと→やよいっち!」パチパチ

貴音「やよい、敵ながら天晴れな戦い振りでした」

やよい「貴音さんも凄いですー。私、とっても楽しかったなー!って思います」

律子「貴音は、ほんとに最初の一回だけだったわね。あとは完璧だったわ」

貴音「そうですか。わたくしもまだまだ未熟、ということですね。おめでとう、やよい」

一同「おめでとう!」パチパチパチ

やよい「うわぁ……ありがとうございますー!」ガルーン

299 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 15:52:55.03 ID:Q/QinlyI0
小鳥「はい、やよいちゃん。賞品のチケットよ」

やよい「ちけっと……あ、プロデューサーにお願いできるチケットですかー?」

小鳥「ええそうよ、『プロデューサーに一日何でも言うことを聞いてもらえる券』。やよいちゃんの好きなときに使ってね。……で、いいですよね?プロデューサーさん」

P「まあ、一度決めたことだしな……やよいの好きなように使ってくれ」

やよい「うーん……じゃあ、はい、プロデューサー」スッ

真「え?もう使っちゃうの、やよい?」

春香「ももももも、勿体無いよ?一日なんだから、もっと朝早くとかに使ったほうが」

美希「そうだよ!それにもっと考えてから使うべきだって、ミキ思うな!」


305 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 15:56:01.16 ID:Q/QinlyI0
伊織「この二人、息ぴったりね……ずっと使い方考えてたのかしら」

真「成績は下からの二人なのにね」

貴音「亜美、真美、よいですか? あれを『獲らぬ狸の皮算用』というのです」

亜美「とら→?」

真美「たぬき→?」

P「俺が言うのもなんだが、やよい、本当にいいのか?」

やよい「いいんですよー?私、お願いすることは最初から、決まってましたからー!」

P「そうか……で、俺はどうすればいいんだ?」

やよい「えっとですねー」

一同(ごくり)

311 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 16:02:02.85 ID:Q/QinlyI0
やよい「また私たちを、ボウリングに連れてきてくださいー!今日はとーっても楽しかったです、本当にありがとうございましたあ!」

一同「あ……」

律子「やよい……」

小鳥「ふふ。やよいちゃんらしいわね」

春香「うん……。うん、そうだね!プロデューサーさん、券はないですけど、私からもお願いします!」

千早「私も……。今日は楽しかったです、プロデューサー」

雪歩「とっても恥ずかしかったですけど……。またやりたいです!お願いしますぅ」

美希「ミキ、なんか自分のことばかり考えてて恥ずかしいの……。もちろん次来るときも、ミキは一緒だよね?」

あずさ「ほんとう、やよいちゃんにはかなわないわ~」

貴音「これがやよいの、魅力というものなのでしょう」

324 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 16:07:58.74 ID:Q/QinlyI0
真「じゃあじゃあ、今度はスコアでも勝負しましょうよ!しょ、う、ぶ!」

響「あ、それ賛成だぞ!自分、ボウリングも完璧なんだからなー!」

伊織「それじゃあ、次はやよいもちゃんと練習してこないとね!この伊織ちゃんが練習に付き合ってあげるわよ。にひひっ♪」

亜美「今度はりっちゃんもピヨちゃんも一緒にだね!」

律子「え、私も? ……そうねえ、たまにはいいかもね」

小鳥「筋肉痛が心配だわ……ふふふ♪」

真美「もちろん、兄ちゃんも忘れてないYO!」

やよい「みんな……」

327 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 16:12:31.34 ID:Q/QinlyI0
P「お前ら……。そう、だな。また絶対一緒に来よう。今度は俺の奢りだ!」

やよい「本当ですか、プロデューサー?」ワクワク

亜美「やっぱり兄ちゃんは太っ腹ですな→!」

真美「兄ちゃんの腹はもう、お相撲さんレベルですな→」

春香「絶対、ですよ?プロデューサーさん!」

美希「約束破ったらミキ、怒っちゃうからね!」

P「勿論だ。じゃあ春香、最後はいつものあれで締めようか。これが指きりの代わりだ」

春香「あ、いいですねそれ!」

P「それじゃあ春香、頼むぞ」

331 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 16:15:04.43 ID:Q/QinlyI0
春香「はい!それじゃあみんな、準備はいい? 765プロー、ファイトっ!!」

一同「おーーーー!!!!!」



おわり

関連記事

Comment


(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

DVD

絶対美少女48人!厳選素人4時間 GLAM PLUM BEST [DVD]

好きで好きで、すきで HD [Blu-ray][アダルト]

つぼみのパイパン極小モザイク [DVD][アダルト]

秘蔵ロリパイパン200分 [DVD][アダルト]

ある日突然モテ男に変身!?オッパイだらけの夢のハーレム性活 さとう遥希 つぼみ 愛原さえ 北川瞳 [DVD][アダルト]

中出し痴漢バス女子校生 つぼみ [DVD][アダルト]

牧瀬みさ 初中出し天国 [DVD][アダルト]

SOFT ON DEMAND 男性ユーザー100万人が選んだ!確実にヌケるガチンコ素人お嬢さん2010年間BEST.20 [DVD][アダルト]

ギリグラ!! 秘宝館 北川りな [DVD]

ギリグラ!!秘宝館 相澤久美 [DVD][アダルト]

センチュリオン 青山佑香 [DVD][アダルト]

初裸 virgin nude カレン [DVD][アダルト]

ハックツ美少女 Revolution 桃川奈々 [DVD][アダルト]

モォ~娘 クリアホール 大容量ローション120ml付き

うぶばーじん

ペペローシヨン 360ml[アダルト]
Copyright © えすえす・SS管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。