スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女賢者「か、風が強すぎて……きゃあっ!」

3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 02:23:45.83 ID:io/njRvzO
戦士「自分でバギ唱えて何やってんだよ」

女賢者「す、すみません!でもコントロールが…」

戦士「お前なんで賢者になんかなれたんだろな?」

女賢者「うぇえ…」

4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 02:41:36.12 ID:io/njRvzO
戦士「ほら、薬草。使え」

女賢者「ありがとうございます…でも私ホイミ使えますし、いざという時のために…」

戦士「お前の呪文じゃ何が起こるかわからん。街まで距離もあるし、確実に回復しとけ」

女賢者「…はい」

戦士「ここからだと街道は…あっちか」

女賢者「あのぅ…」

戦士「なんだ?」

女賢者「これって苦いですか?私、苦いのは苦手で…」

戦士「そいつは患部に塗って使うんだが…」

6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 02:54:22.91 ID:io/njRvzO
戦士「お前は賢者のくせに薬草の使い方もしらんのか?子供だって知ってる知識だぞ?」

女賢者「すみません…屋敷の外に出るのはこれが初めてで…」

戦士「なんでそんな箱入り娘が旅なんか思い付いたのか…」

女賢者「け、見識を広げるには本から得られる知識だけではなく、経験も必要だと前から思っててその…」

戦士「お前さんの場合、まずは一般常識から学ぶべきじゃないのかね…」

女賢者「はい…」

戦士「…まぁ、いまさら言っても始まらないか。とりあえず街まで急ぐぞ」

女賢者「は、はい」

12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 03:01:28.58 ID:io/njRvzO
街 酒場

戦士「親父、ビール二つ」

親父「あいよー」

女賢者「あ…」

戦士「何をオドオドしてんだ?言いたいことがあるならはっきり言えよ」

女賢者「…ひ、昼間はごめんなさい。ろくに呪文も使えずに足を引っ張ってしまって…」

親父「はい、ビール二つな」

戦士「お、来た来た…」

女賢者「あの…」

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 03:16:06.66 ID:io/njRvzO
戦士「ぷはぁ!あー、やっぱうめぇな!歩き回った後の酒はよ!」

女賢者「………」

戦士「んー?…ああ、昼間のことなら気にすんな」

女賢者「え?」

戦士「お前との旅…というか遠出なんてどうせ小遣い稼ぎみたいなもんだからな」

女賢者「でも…」

戦士「お前が冒険慣れしてないのは一目見てわかったよ。ただ呪文が使えると多少便利なんで誘ったんだが…」

女賢者「…すみません」

戦士「だから気にすんなって。この辺りの敵なんか雑魚ばっかりだしな。素人の一人や二人いたってなんの問題もない」

16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 03:25:36.79 ID:io/njRvzO
戦士「正直、一人でその辺歩き回って魔物狩るのもいい加減飽きてきたとこでな…ま、ちょうど良い話し相手だったよ」

女賢者「そ、そうですか?」

戦士「まぁ自滅しかけたのは予想外だったがなぁ…」グビッ

女賢者「ぅ…」

戦士「親父ー、ビール追加な」

親父「あいよー」

女賢者「あの…戦士さんて強そうですけど、どのくらいのレベルなんですか?」

戦士「ん?レベルか…多分30くらいだな」

女賢者「さ、30!?」

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 03:33:53.65 ID:io/njRvzO
女賢者「そんなに強かったんですか!?戦士さんて!?」

戦士「大袈裟なヤツだな…レベルだけなら30ってことだ。装備は今だに鉄の剣と旅人の服だしな」

女賢者「なんで戦士さんみたいな人がこんな街にいるんですか?先に進めば装備だって…」

戦士「そりゃそうだが…」

親父「声がかからないのさ。なぁ、戦士さんよ?くくくっ…」

戦士「…どっから出てきやがった、クソ親父」

親父「ちょいと厨房からな。ほらよ、追加のビール」

戦士「…チッ」

19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 03:41:16.71 ID:io/njRvzO
戦士「あのクソ親父、ここぞとばかりにしゃしゃり出てきやがって…」グビッ

女賢者「あの、戦士さん?」

戦士「…なんだ?」

女賢者「なんで戦士さんに声がかからないんですか?」

戦士「………」

女賢者「そんなに強いなら絶対仲間にしたいって人が…」

戦士「はぁー…わかってねぇな、お前は」

女賢者「……?」

戦士「ここは始まりの街だ。自称勇者って奴らが酒場で仲間集って魔王退治とかいうのに出発してく、な」

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 03:55:04.60 ID:io/njRvzO
女賢者「それと戦士さんになんの問題が…?」

戦士「これから長い旅をするって仲間に俺みたいなむさ苦しいヤツを選ぶと思うか?」

女賢者「私はそんなこと関係ないと…」

戦士「レベルは高いが呪文は一切使えず、武器もろくなものを持ってなくてもか?」

女賢者「で、でも役割さえしっかり分担すれば…」

戦士「とにかくだ、人気がないんだよ。俺は」

女賢者「………」

戦士「…この話はこれでおしまいだ。酒がまずくなる」

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 04:06:09.08 ID:io/njRvzO
宿屋前

戦士「ふー…飲んだ飲んだ…」

女賢者「………」

戦士「…んじゃここでお別れだな」

女賢者「え?」

戦士「お前の見識とかのためにこれから毎日付き合ってやるほど俺も暇じゃない」

女賢者「………」

戦士「なに、そのうち仲間に誘われるだろ。…まぁまずは常識を学ばないと足を引っ張るだけだろうがな。…ま、頑張れよ」

女賢者「…ダ…です」

戦士「ああ?」

女賢者「ダーマ神殿です…ダーマ神殿に行きましょう!」

戦士「はあ?」

25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 04:16:13.67 ID:io/njRvzO
女賢者「ダーマ神殿で転職すれば戦士さんにも仲間ができます!」グッ

戦士「…馬鹿にしてんのか?おい」

女賢者「あ!ご、ごめんなさい…そ、そんなことは決して…」

戦士「はぁ…俺には必要ない。それじゃあな…」

女賢者「ま、まって下さい!」

戦士「なんだってんだよ…余計なお世話だって…」

女賢者「わ、私…呪文もまともに唱えられないし…常識もないし…」

戦士「…あん?」

女賢者「こんなんじゃ…戦士さんに見捨てられたらどうしたらいいか…うぅ…」

26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 04:31:14.71 ID:io/njRvzO
戦士「見捨てられるもなにも…一度しか俺とは冒険してないだろ?しかも日帰りで」

女賢者「そ、それは…そうなんですけど…」

戦士「不安な気持ちはわかる。初めて一緒に旅をした俺を頼りたいって気持ちもな」

女賢者「………」

戦士「だが、俺がそれに応える義務はない。酷なようだが、冒険者ならここからは自分で歩け」

女賢者「………」

戦士「…それじゃあな」

27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 04:41:52.37 ID:io/njRvzO
酒場

親父「なぁ、おい」

戦士「…俺は何も頼んじゃいないが?」

親父「また断ったのか?」

戦士「なんのことだ?」

親父「わざわざお膳立てしてやったのによ。もうそろそろお前も…」

戦士「…なんのことだかさっぱりわからんなぁ」

親父「ったく、いつまで…ん?」

女賢者『………』キョロキョロ…

親父「ふーむ」

戦士「どうした?」

親父「いや、別に…ごゆっくりどうぞ」

戦士「ああ?なんだよいきなり?気持ち悪い…」

53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 12:56:54.77 ID:io/njRvzO
城門

戦士「…はぁあぁぁ…」

女賢者「では行きましょう!ダーマ神殿を目指して!」テッテレー

戦士「まさかルイーダ経由で指名してくるとはな…変なところで賢しい。しかしあのババア、約束が違うだろが…」

女賢者「元気が無いようですが…体調でも悪いのですか?あ、ホイミ使いますか?」

戦士「…いらん。それよりコイツらは誰だ?」

盗賊「…へへへ」

女商人「………」

女賢者「あ、紹介が遅れました。ダーマ神殿に行くのに仲間を募集したら集まってくれた、心強い味方の皆さんです!」テッテレー!

戦士「味方の皆さんねぇ…」

55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 13:05:42.64 ID:io/njRvzO
女賢者「このメンバーでならダーマ神殿まできっと辿りつけますよ」

戦士「だと良いが…」

盗賊「へへ…ま、ひとつよろしく」

女商人「………」ペコッ

女賢者「よろしくお願いします」ペコッ

戦士「…誘われちまったら仕方ない。よろしく頼む」

女賢者「はい!では行きましょう!」

戦士「………」

盗賊「………」

女商人「………」

女賢者「………」

56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 13:15:02.23 ID:io/njRvzO
女賢者「…い、行きましょう?」

戦士「ああ?」

女賢者「あの…案内とか…その…」

戦士「…ダーマは北の大陸、東の川の上流にある。そんなことも知らずに…ちょっと待て」

女賢者「……?」

戦士「地図はあるんだろうな?」

女賢者「あ、ありますよ!ほら…」

貴重品【アリアハン名所巡りガイドマップ】

戦士「…ガイドマップってお前な…」

女賢者「え?ち、違うんですか?」

58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 13:21:54.24 ID:io/njRvzO
盗賊「まだ行かねぇんですかい?」

戦士「ちょっと待ってろ、地図がない。今から買いに行ってくる」タッ…

女賢者「すみません…」

盗賊「あ、良いっすよ。ま、気長に行きましょうや…へへへ」

女賢者「あ、ありがとうございます」

女商人「………」ガサガサ…

女賢者「女商人さんも…」

貴重品【世界地図】テッテレー

女賢者「あ!世界地図!持ってたんですか!?」

61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 13:34:41.49 ID:io/njRvzO
女商人「…旅の基本よ」

盗賊「にしてもだ、さすが商人は抜目ねぇ…あ、いや褒め言葉だぜ?へへへ…」

女商人「………」

盗賊「…まったく、暗い女だぜ。おい、なんとか言えよ」

女商人「………」

盗賊「…おい」

女賢者「あ…け、喧嘩はやめましょう?こ、これでとりあえず出発できますよね?戦士さん…戦士さん?」

女商人「…触らないで」

盗賊「俺の何が気に入らねぇってんだよ?ああ?お仲間同士よろしくしようやって言ってんだよ、こっちは!」

女賢者「あ、あのだから喧嘩は…うぅ…」

64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 13:44:47.40 ID:io/njRvzO
戦士「これは…?」

女商人「…ぅ…」

盗賊「女の癖に生意気だからだよ、馬鹿が!」ペッ

戦士「おい、大丈夫か?」

盗賊「あ、旦那お帰りですかい?」

女商人「…平気」

女賢者「と、止めようとしたんですけど…」

戦士「ほら薬草だ。使え」

女商人「………」

69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 14:10:31.91 ID:io/njRvzO
戦士「これはどういうつもりだ?」

盗賊「どうって…生意気なクソガキに冒険者としての流儀ってもんを教えてやってただけすよ、へへへ」

女商人「………」

戦士「流儀を教えられるほど熟練した冒険者には見えないがなぁ」

盗賊「だ、旦那だってコイツのせいで使いっぱしりにされただろ!?」

戦士「お前のせいで旅に出る前から薬草も消費したがな」

盗賊「そ、そりゃ…」

戦士「もう余計な面倒はかけさせるな。良いな?」

女賢者「あの…喧嘩は…」オロオロ…

71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 14:21:13.13 ID:io/njRvzO
戦士「まずはいざないの洞窟からロマリア地方に行くとしよう」

女賢者「は、はい」

女商人「………」

盗賊「……チッ」



街道

戦士「…お前、ルイーダを経由したのは俺だけか?」

女賢者「え?そうですけど…盗賊さんと知り合った時に戦士さんの話をしたら、ルイーダさんに頼めば良いって…」

戦士「やっぱりな…選考からあぶれた性格破綻者ばかり集めやがって」

77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 14:40:58.80 ID:io/njRvzO
女賢者「性格破綻者、ですか?」

戦士「そうだ。冒険者にも適性がある。それを見極めて紹介を斡旋するのがルイーダの仕事だ」

戦士「その審査を通れなかった場合…いわゆるモグリってヤツになる」

女賢者「…モグリ…」チラッ

女商人「………」

盗賊「ふぁあ…」

女賢者「モグリってなんですか?」

戦士「正規の…いや、正規もクソもない職業か…ともかくあいつらは人付合いがうまく出来ない人間、とでも思っとけ」

女賢者「わかりました…?」

80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 14:54:31.20 ID:io/njRvzO
戦士「なんとか日暮れまでには洞窟に辿り着けそうだな」

盗賊「一気に抜けるんですかい?」

戦士「いや、外で一泊野宿をしてからだ」

盗賊「なるほど、なるほど…」

女商人「………」

女賢者「はぁはぁ…み、皆さん…」

戦士「ん?」

女賢者「少し…休みませんか…」

戦士「あまり時間に余裕はないんだが…」

女商人「…置いて行きましょう。野宿の場所はここです。後からついて来れば…」

盗賊「ま、この辺りは強敵なんかでねぇしな…」

女賢者「そ、そんな…」

83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 15:08:57.69 ID:io/njRvzO
盗賊「あ、そうだ!こうしやしょう!俺が残るんで旦那とそのクソガキは先に行っててくだせぇ」

女商人「…乞食にクソガキ呼ばわりされる筋合いはないわ」

盗賊「なんだと!?てめぇ…朝のでまだ懲りてねぇのか?」

女商人「………」

女賢者「あ…け、喧嘩は…」

戦士「おい、やめろ。…慣れないメンツで緊張もしてるだろう。少し休憩しよう」

盗賊「はいはい、わかりましたよ…」

女商人「………」

86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 15:26:54.51 ID:io/njRvzO
女賢者「ごめんなさい…私、体力無くて…」

戦士「本の虫ならそんなもんだろう。それに…」

女商人「戦士さん、ちょっと良いですか?」

戦士「ん?なんだ?」

女商人「…戦士さんはどうしてこんな人達と旅をしようと思ったんですか?」

戦士「それにはお前も入るのか?」

女商人「………」

戦士「まぁ何かの縁だろ。そんなに気を張るな」

女商人「…納得できません…」

戦士「すべてに納得して行動してるヤツなんていないよ。みんなどこかで折り合いをつけてるもんだ」

女商人「………」

90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 15:40:21.89 ID:io/njRvzO
女賢者「女商人さん、大丈夫でしょうか…」

戦士「…お前は他人を心配する前に自分のことを心配しろ。主に常識と体力面のな」

女賢者「は、はい…」

盗賊『そろそろ行きませんかね?』

戦士「そうだな…これ以上、時間を潰す余裕はない。…行けるか?」

女賢者「は、はい!」

94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 16:02:28.66 ID:io/njRvzO
戦士「この辺りで良いだろう。まぁ概ね予定通りだな」

女賢者「…野宿…ですか」

盗賊「あんた野宿したことないのか?」

女賢者「は、はい…外に出たこともあまりなくて…」

女商人「…それでよくダーマまで行く気になったわね」

女賢者「それはその…」チラッ

戦士「誰かさんの手助けという建前を利用して見識を広げるために…だったか?」

女賢者「そ、そんなこと…!」

戦士「んん?」

女賢者「…言い方が陰険ですぅ…」

97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 16:08:22.62 ID:io/njRvzO
パチパチ…

女商人「…すー…」

戦士「………」

女賢者「…もう…歩けませ…ぐー…」

戦士「…のんきなヤツだな。これからが本番だってのに…」

盗賊「旦那」

戦士「ん?」

盗賊「番代わりますよ。へへへ…」

戦士「もうそんな時間か…じゃあよろしく頼む」ゴソ…

盗賊「任してくださいよ、へへっ…」




103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 16:18:36.72 ID:io/njRvzO
盗賊「………」ゴソゴソ…

女商人「…スー…」

女賢者「…スライムが…スライムがぁ…」

戦士「………」

盗賊「へへへ…やっぱりな。育ちが良いヤツは良い装備持ってるぜ」ゴソゴソ…

【てんしのローブ】 を手に入れた!
【まほうのほうい】 を手に入れた!

盗賊「いくら賢者だからって、レベル一桁が装備できる代物じゃねってんだよ」ゴソ…

【ぬいぐるみ】 を手に入れた!

盗賊「こいつは…いらねぇな」ゴソゴソ…

105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 16:29:32.80 ID:io/njRvzO
盗賊「どっこいしょ!っと…」

盗賊「まったく甘いよなぁ…大事なものは懐に抱いて寝るのが鉄則だぜ、お嬢ちゃん?」

女賢者「…うぅ…ぬるぬるします…ぅ…」

盗賊「しっかし、今日一日我慢してクソガキ共に付き合った甲斐があったってもんだぜ。くくく…」

盗賊「ま、てめぇらの人の見る目の無さを恨むんだな。…あばよ」

戦士「………」




106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 16:40:22.17 ID:io/njRvzO
チチチ…

女商人「…起きて、起きて」

女賢者「んう…女商人さん?どうしたんですか?」

女商人「…盗賊が消えたわ。貴女の荷物と一緒にね」

女賢者「……?どういうことですか?」

戦士「盗まれたってことだ」

女賢者「え…?」

戦士「文字通り盗っ人だったってことだな…まったくとんでもないのを引き入れてきたもんだな、お前」

女賢者「えぇぇええ!?」

113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 17:23:53.07 ID:io/njRvzO
女賢者「ど、どどどうしましょう!?あれは私の今の全財産なんですよ!?」

女商人「…不注意な貴女が悪いんでしょ?」

女賢者「だ、だって仲間だったのに…」

女商人「…仲間だからといってすべてを信用しようなんて甘すぎるわ。ましてつい先日まで顔も知らないような人物をね」

女賢者「…ぅ…でも…」

戦士「…もういい。いまさら責めたって仕方がないだろ?」

女商人「………」

戦士「ま、今のところは苦い経験のひとつ、と思うしかないだろう」

女賢者「そんな…」

123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 18:14:29.95 ID:io/njRvzO
女賢者「はぁ…」

女商人「…もう諦めなさい。何度も言うけど自業自得なのよ?」

女賢者「わかってます…わかってますけど…」

戦士「よし、と。じゃあ行くか」

女商人「…ロマリアへですか?」

戦士「ああ」

女賢者「ま、まって下さい!…私、装備してる物以外手ぶらなんですけど…」

女商人「…薬草と毒消しも大半は盗賊が持ってましたし、少し不安ではありませんか?」

戦士「ん?あぁ、それは心配ない。何せ…」

女賢者「あ…」

124 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 18:20:15.87 ID:io/njRvzO
女賢者「頼りにしていただけるのは嬉しいんですけど…私、呪文をうまく使えるかちょっと不安です…」

戦士「…いや、残念だがお前の呪文を頼りにするんじゃない…」

女賢者「え?」

戦士「そこの岩の陰に盗賊が捨ててったアイテムがな、ほら」

【毒消し】 を手に入れた!
【毒消し】 を手に入れた!
【薬草】 を手に入れた!




女商人「…手持ちがいっぱいだったんですね」

女賢者「………」

127 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 18:31:10.85 ID:io/njRvzO
女賢者「………」

戦士「まぁ、荷物持ちも立派な仕事だ。気を落とすなよ」

女賢者「…体力持ちますでしょうか?」

戦士「そりゃ…頑張って持たせろとしか言いようがないが…」

女賢者「…はい、頑張ります…」

女商人「………」




132 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 18:46:05.72 ID:io/njRvzO
いざないの洞窟 入口

戦士「さて、どのあたりにいるかな…」

女賢者「誰か知り合いが住んでるんですか?」

戦士「さすがに魔物に知り合いはいないな。お前も知ってるヤツだよ」

女賢者「はあ?」

女商人「…盗賊でしょう。おそらく」

女賢者「!…盗賊さんが中にいるんですか!?」

女商人「…盗品を捌くには街にいかなければならないけど、アリアハンには…」

戦士「このキメラの翼でひとっ飛びできる。それを知ってる盗賊なら必然的にロマリア方面に行くしか選択肢はないはずだ」

女賢者「なるほど…」

139 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 19:30:00.30 ID:io/njRvzO
女賢者「…ということは追い付けば私のアイテムを返してもらえるかも知れない…ってことですよね!?」テッテレー!

女商人「…追い付ければ、ね。もうずいぶん時間が経ってるし、どうかしら?」

女賢者「あ!…い、急ぎましょう!戦士さん、ほら早く!」

戦士「お、おい待て!まだ松明が…」



いざないの洞窟

女賢者「…真っ暗で何も見えない…どっちに行けば良いんですか?」

戦士「だから松明を付けるまで待てって言ったんだ。ちょっと待ってろ…」

カチカチ…ボッ!

144 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 19:48:40.29 ID:io/njRvzO
戦士「この洞窟は毒を持った魔物もいる。迂闊に近づくなよ?」

女賢者「は、はい!」

女商人「…毒消しには限りがありますからね。誰かさんがキアリーを使えれば話は別ですが」

女賢者「い、一応覚えてはいるんですが…」

戦士「使えないんじゃなぁ…」

女賢者「…すみません…で、でも魔物の知識には自信があります!魔物がどんな攻撃をしてくるかとかそういう部分でならサポートできます!」

女商人「…ほんとかしらね?」

女賢者「…ぅ…」

146 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 19:59:41.66 ID:io/njRvzO
【バブルスライム】 が現れた!
【サソリ蜂A】 が現れた!
【サソリ蜂B】 が現れた!

戦士「いくぞ!」

女賢者「あ!え、えーと…確かバブルスライムは…」

戦士「バブルスライムは俺が引き受ける!毒持ちはコイツだけだ!」ダッ!

女商人「………」タタッ!

女賢者「ちょっ、ちょっと待っ…」オロオロ…

【戦士】 の攻撃! 【バブルスライム】を倒した!

戦士「サソリ蜂は仲間を呼ぶぞ!集中攻撃して数を減らせ!」

【女商人】の攻撃! 【サソリ蜂A】に…




150 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 20:11:06.91 ID:io/njRvzO
戦闘に勝利した! 戦士は28の経験を…

戦士「まぁこんなもんか…」

女賢者「はぁ…」

戦士「どうした?…お?レベルアップじゃないか?」

テレレッテッテー!

【女賢者】 はレベル8に上がった!

女賢者「…あ。ほんとですね」

HPが2増えた!MPが4増えた!かしこさが5上がった!

女商人「…かしこさ5アップ…?」

女賢者「な、なんですか?」

女商人「…ほんとに上がってるの?」

女賢者「上がってますよ!」

153 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 20:18:34.24 ID:io/njRvzO
女賢者「すみません…私、役立たずで…」

戦士「初めから上手く行くわけないだろ?努力を惜しまないことだ。そうすれば…」

女賢者「は、はい!頑張りま…」パァァ…

女商人「…レベル8はもう初心者ではないと思いますが」

戦士「おい、女商人…」

女賢者「…ぅ…」

戦士「はぁ…」

154 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 20:28:52.52 ID:io/njRvzO
戦士「………」

女賢者「何を見てるんですか?」

戦士「この壁…苔を何か布で拭き取ったような跡がある。まだ新しいな」

女商人「…盗賊でしょうか?」

戦士「かもな。こっちの道は行き止まりのはずなんだが…ちょっと探索してみるか」

女賢者「…この先に盗賊さんが…」



女商人「…何かうずくまっていますね」

戦士「そうだな」

女賢者「何かあったんでしょうか?」

戦士「毒…か怪我だろうな。まぁ調べればわかるだろ。盗賊かどうかとかもな」

157 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 20:37:50.66 ID:io/njRvzO
盗賊「…うっ…はぁ…はぁ…」

女商人「…ビンゴですね」

戦士「見たところ毒が回っているようだな。無茶して歩き回るからこういうことになるんだ。…おい、わかるか?おい?」ペシペシ…

女賢者「今、毒消しを…」

女商人「…助けなくて良いわ、こんな奴」

女賢者「え?でも…」

女商人「…この男は私を殴ったわ。貴女から装備品も盗んだ。そして逃げた先でこんなことになってるのよ?」

戦士「………」

161 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 20:51:12.49 ID:io/njRvzO
女商人「…そんな男を助ける価値なんてあるの?」

女賢者「そんなこと言ってる場合じゃ…!」

女商人「…どうせ助けても同じことを繰り返すわ。そうやって生きてきたクズだから」

女賢者「い、言い過ぎですよ!」

女商人「…虫ずが走るわ。こんな人間」

女賢者「…女商人さん…」

盗賊「…はぁ…はぁ…!」

戦士「…早いとこどうするか決めてもらえないか?じゃないと助けようとしても手遅れになる」

164 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 20:58:06.50 ID:io/njRvzO
女賢者「あ…た、助けます!良いですよね、女商人さん!?」

女商人「………」

女賢者「女商人さん…」

女商人「…忠告はしたからね」

女賢者「あ、ありがとうございます!」

戦士「よし、そうと決まればほら毒消しをくれ」

女賢者「は、はい!」

女商人「………」

167 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 21:12:23.26 ID:io/njRvzO
盗賊「………」

戦士「とりあえずはこれで大丈夫だろう。毒は抜けたし、二、三日安静にしていれば回復する」

女賢者「よかったぁ…」

女商人「…なんで助けたりしたのよ、こんな奴」

女賢者「それは…助けられるなら助けた方が良いと思って…」

女商人「………」

女賢者「…私だって盗賊さんに多少の恨みはあります。でもそれだけで盗賊さんの未来を奪うのは…」

女商人「………」

戦士「まぁ俺達の未来にも影が落ちることになるからな。…心情、実益とな」

女賢者「そうですよね!見捨てるのは寝覚めが悪いというか…実益?」

169 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 21:21:16.22 ID:io/njRvzO
アリアハン 詰め所

警備兵「協力感謝であります!」

戦士「じゃあ例のモノ、よろしく頼む」

警備兵「はっ!こちら報奨金になります!」

【戦士】 は2000Gを手に入れた!

戦士「こんなものか…。ま、新米から盗んでくような小物だし仕方ないか」チャリチャリ…

女賢者「…これが実益ですか…」

戦士「あぁ、女商人の言葉で気が付いたんだが…似たようなことを繰り返してるなら窃盗罪で指名手配されてるんじゃないかと思ってな」

女商人「………」

171 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 21:27:43.92 ID:io/njRvzO
戦士「盗まれた物も帰ってきたし、懐も暖まった。いろいろ面倒はあったが、十分に元は取れたと思わないか?」

女賢者「そうですか?この金額じゃ割に合わないと思いますけど…」

女商人「…慰謝料がまだですね」

戦士「ああ?」

女商人「…傷は残らないとは言え顔を殴られたんです。このくらいは戴かないと…」

戦士「お、おい…!」

【戦士】 は1500Gを奪われた!

戦士「ちゃっかりしてんのなぁ…」

女商人「…これでも商人ですからね。ふふ…」

177 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 21:55:13.87 ID:io/njRvzO
戦士「まぁアレだ…」

女商人「……?」

戦士「自分に正直なのは良いことだが、たまには周りに合わせてみたらどうだ?」

女商人「………」

戦士「人の波を掻き分けながら前に進むのは辛いだろ?」

女商人「…どう言う意味ですか?」

戦士「さぁな。ま、川は多少淀んでる場所の方が魚が集まるってことだな」

女商人「…よくわかりませんね」

戦士「そうか?」

女商人「…えぇ、とても解りづらいです」

180 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 22:03:25.59 ID:io/njRvzO
アリアハン 城門前

女賢者「で、どうするんですか?」

戦士「何がだ?」

女賢者「ロマリアですよ。またいざないの洞窟行くんですかぁ…?」

戦士「あぁ。その必要はない」

女賢者「…え?でも…」

戦士「実は…俺は以前、ロマリアに行ったことがあるのだよ。つまり…」

女賢者「つまり…?」

戦士「キメラの翼でひとっ飛び」

女賢者「………」

戦士「片道25G。快適な空の旅を約束するぞ?」

女賢者「なら初めからそうしてくださいよぉぉ!!」

184 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 22:21:43.72 ID:io/njRvzO
ロマリア 城門前

戦士「…で?」

女賢者「はい?」

格闘技「シッ!シッ!…コォオ…!」

戦士「こいつは誰だ?」

女賢者「さぁ?知りませんが…?」

戦士「お前が連れてきたんじゃないのか?」

女賢者「はい」

戦士「まさか…」

女商人「…知りませんが?」

戦士「………」

格闘技「あちゅあぁぁ!!」バババ!

186 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 22:32:18.31 ID:io/njRvzO
戦士「つまり、初めからここにいたってことか…あの親父は」

女賢者「アリアハンで確認しなかったんですか?」

戦士「キメラの翼は城門前で使ったからな…人が多くてお前ら以外は確認してない」

女商人「………」

戦士「まぁ、初めからいたならいたで良いんだが…」

格闘家「アイグー…アパカッ!」シュバ!

戦士「何故こうも俺達に近い場所であんなことしてるんだ?」

女賢者「さぁ…?」

女商人「さぁ…?」

190 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 22:41:03.62 ID:io/njRvzO
格闘家「フゥゥ…」

戦士「とりあえず武器、防具店にでも行ってみるか。アリアハンより良い装備もあるだろうしな」

女賢者「じゃあ私は薬草とか…」

女商人「…それは私が行くわ」

女賢者「あ、そうですか?ありがとうございます。…でもそうしたら私は何をすれば…」

戦士「呪文の練習でもしたらどうだ?そろそろホイミくらいは使えるようになって欲しいんだが…」

女商人「…道具代も馬鹿にならないのよ?」

女賢者「は、はい…」

戦士「そうだな…じゃ一時後にここで…」

格闘家「待たれよ、旅の方」ガシッ!

戦士「………」

193 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 22:51:01.40 ID:io/njRvzO
格闘家「なかなか良い身体をしておりますな」モミモミ…

戦士「…悪いが格闘技にも兄貴にも興味はない。離せ」

女賢者「…兄貴?」

女商人「…筋肉質な男性で…」

戦士「おい、やめろ!解説するな!」

格闘家「これは失礼をば。…実は貴殿らを見込んでお頼みしたいことが…」

戦士「断る。…いくぞ?」

女賢者「は、はい…」

格闘家「お待ちを!お待ち…ぬぅ?」

女商人「…頼みをきけばおいくらほど貰えますでしょうか?」

戦士「……おい」

194 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 23:03:40.58 ID:io/njRvzO
ロマリア 酒場

戦士「…なんでこんなことに…」

女商人「…それで頼みとは?」

格闘家「うむ。実は…」



女賢者「え?王冠が盗まれたんですか?」

戦士「また盗まれたのか…どれだけ手薄な警備なんだよ、この国は…」

女商人「…また、とは以前にも同じことがあったのですか?」

戦士「…あぁ。勇者一行が盗賊の首領、確かカンダタだったか…を倒して解決したはずだ」

格闘家「うむ。よくご存知で。さすがワシが見込んだお方」

戦士「お世辞は良い。しかしなんであんたみたいな格闘家がその探索任務についてるんだ?」

197 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 23:14:54.18 ID:io/njRvzO
格闘家「ワシは地下カジノで闘士をしておりましてな」

女賢者「この国、カジノがあるんですね!行ってみた…」

女商人「ダメよ。お金は汗水流して手に入れるものなの。カジノなんて邪道よ」

女賢者「ちょっと覗いてみたいだけですよ…」

女商人「…なら良いけど」

格闘家「カジノに来た折りには是非ワシに賭けて下され、わっはっは!」

戦士「良いから話を続けろよ…」

格闘家「あ、これは申し訳ない。で、ですな。この国の王というのが…」




198 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 23:26:53.19 ID:io/njRvzO
戦士「なるほど。勇者が王になったことをきっかけに、王冠をかぶって王様ごっこするのが名物になったと?」

戦士「今回はそれをそのまま街の外まで持ってかれて盗難され、その責任をあんたがとる嵌めになったと?」

格闘家「うむ。完結に言えばそういうことですな…」

戦士「…はぁあぁぁ…」

格闘家「しかしひどいとは思いませんか?カジノの外に出るのを黙って見送るとは何事か、と無理矢理責任をとらされ…ワシは…ワシは…!」

女賢者「この国…大丈夫なんでしょうか?」

女商人「…それだけ平和ってことなんでしょ」

201 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 23:38:27.78 ID:io/njRvzO
格闘家「では参りましょうぞ!」

戦士「どこに?…俺は引き受けるとは一言も言ってないんだが…」

女賢者「良いじゃないですか。これも見識を広げるための寄り道です」

戦士「…お前、何持ってるんだ?」

女賢者「え?い、いや別に何も…」

チャリンチャリン…

戦士「カジノのメダル、な。…なるほど買収済みというわけか」

女賢者「………」

女商人「…まったく情けない。そんなもので釣られるなんて」

戦士「ならお前は何で釣られたんだ?」

女商人「…もちろん現金です」

戦士「…ああ、そうかい…」

204 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 23:46:27.54 ID:io/njRvzO
戦士「…それで?探索の宛てはあるのか?」

格闘家「うむ。王冠を奪われてからワシも黙ってスカウトしていたわけではない」

女賢者「あ。あれスカウトだったんですか」

女商人「…私は新手のナンパかと」

戦士「………」

格闘家「この人相書きを配布してな。いろいろと調べておったのだ」

貴重品【盗賊の人相書き】

戦士「ほぅ。良く描けてるが…」

格闘家「だろう?ワシ自ら筆を取ったまさに力作よ!」

戦士「被りモノしてるぞ?それこそカンダタみたいなな。これで手掛かりなんか得られるのか?」

209 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 00:03:07.65 ID:io/njRvzO
格闘家「得られたのだから問題無い」

戦士「………」

格闘家「どうやらカザーブの村周辺で怪しい連中がうろうろしているようなのだ」

戦士「カザーブねぇ…シャンパーニの塔辺りか?」

格闘家「おお!そんなことまでご存知とはさすがワシが見込んだお方!」

戦士「それはもういい…」

女賢者「シャンパンの塔…なんだか素敵な名前の塔ですね?」

戦士「…シャンパーニな。カンダタが根城にしてたような所だから、間違ってもお前の思うような塔じゃないぞ?」

女賢者「あ…シャンパーニでしたか…シャンパーニ、シャンパーニ…」

212 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 00:15:50.62 ID:qd2cQObcO
戦士「有力な情報があるのはわかった。とは言えすぐに塔に向かうのは早急過ぎるか…」

女商人「…ではとりあえずカザーブの村へ行けばよろしいのではないでしょうか?」

戦士「まぁ、どの道休息と補給はしないといけないからな。そうしよう。出発はそうだな…明日の朝、場所は城門前だ」

格闘家「承知致した!」

戦士「…あんたも来るのかよ…」

213 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 00:18:03.91 ID:qd2cQObcO
格闘家「無論!王冠を強奪した不届き者に正義の鉄槌を降さねば…うんぬんかんぬん」

女賢者「明日まで時間あるんですよね?じゃあ私早速カジノに…」

女商人「…呪文の練習は?」

女賢者「…はい…」

戦士「帰ってきたらロマリアには二、三日留まる。カジノはその時にでも行けば良いだろ?」

女賢者「あ、ありがとうございますぅ!」

214 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 00:26:29.04 ID:qd2cQObcO
ロマリア 城門前

格闘家「シッ!シッ!」シュババ!

戦士「…おっさん、ずいぶん早いな」

格闘家「うむ…ワシの格闘家としての血が騒いな…フン!」ボッ!

女賢者「じゃあ行きましょうか」

戦士「そうだな。女商人の方も問題ないな?二日は野宿する予定だが…」

女商人「…大丈夫です。食料の方も三日分は用意しましたので」

戦士「よし、それじゃ行…」

格闘家「待たれよ!」

戦士「…なんだ?いまさら忘れ物とか言わないだろうな?」

格闘家「まだ型の〆が終わっておらぬ。フォォ…!」

戦士「…〆でもなんでも勝手にやってくれ…先行ってるぞ?」

格闘家「アイグー…アパカッ!」ババッ!

217 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 00:36:01.23 ID:qd2cQObcO
パチパチ…

格闘家「はぁ…はぁ…旅がこれほど辛いものだったとは…」

戦士「ご苦労さん。四人分の食料を三日分背負って行軍してたらそうなるのも無理はないさ」

女商人「…今がチャンスよ、ほら」ボソボソ

女賢者「は、はい…!」

格闘家「うぅむ、しかし参った…体力には自信があったのだが…」

女賢者「あ、あの…」

格闘家「うむ?」

女賢者「よろしければ…ホイミなどいかがでしょうか?」

格闘家「おぉ!かたじけない!是非ともお願い致す!」

戦士「…お前の方がよほど賢いな。体よく実験台を手に入れるとは…」

女商人「…なんのことでしょうか?」

222 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 00:54:28.54 ID:qd2cQObcO
戦士「ッハア!!」

【戦士】 の攻撃!【軍隊ガニD】を倒した!

軍隊ガニC「…ギチィ…」ワサワサ…

軍隊ガニB「ギチチッ…」ワサワサ…

女商人「…キリがないですね」

格闘家「うぬぅ…!」

戦士「さすがに仲間を呼ばれると、物理一辺倒は辛いな…」

格闘家「ワシに一撃で倒せる攻撃力があれば撃破が追い付くというのに!すまぬ!すまぬぅ!」

女商人「…そりゃ素手じゃどう考えても無理よ」

格闘家「格闘家たるもの、肉体これすなわち最終兵器!…無手は譲れぬ…」

女商人「…使えない…」

226 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 01:06:47.26 ID:qd2cQObcO
戦士「これは退却も視野に入れるべきか…」

女賢者「あ、あの…!」

戦士「なんだ?呪文職の攻撃なんかあって無いようなものだ。大人しく見を守るを選択し…」

女賢者「私が…呪文を…使います…!」キッ!

戦士「………」

女商人「………」

格闘家「おお!賢者どの!やはり背に腹は代えられませぬ…MP節約のためと今まで隠しておられたその爪をいざ!あのにっくきカニ共へ突き立て下されぇい!」

戦士「やめとけやめとけ…とばっちり喰らったら俺はともかくお前らは死ぬかもしれないぞ?」

女商人「…それほどひどいのですか?」

戦士「いやまぁ…多分攻撃呪文がこちらに飛んで来るくらいだろうが…」

女商人「…それはひどいですね。…悪いことは言わないからやめなさい」

女賢者「…ぅ…」

格闘家「いざー!いざぁ!ははは!カニ共め!いますぐ賢者様が貴様らをボイルしてくれるわー!」

229 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 01:14:44.04 ID:qd2cQObcO
女賢者「ホイミは出来るようになったのに…」ポゥ

格闘家「…うー…死闘であった…」

戦士「会心の一撃3連発とはやるじゃないか、おっさん。無手へのこだわりは伊達じゃないな」

女商人「…すみません…薬草取って貰えますか…?」

戦士「ん?ああ…大丈夫か?」

女商人「…いえ、大赤字です」

戦士「………」

女商人「…何か言ってください…」

戦士「…いや、どう反応しろってんだよ」

234 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 01:30:56.27 ID:qd2cQObcO
パチパチ…

戦士「地図だとここはこの辺りか…明日の昼には着けそうだ」

女商人「…着いたらすぐにお風呂に入りたいです…」

女賢者「…私もです。あ。あと呪文の練習もしなくちゃ…はぁ…」

格闘家「ワシは爪を買おうと思う…」

女商人「…無手のこだわりとやらはどこへ?」

格闘家「いやその…お守り代わりに、と思ってな。うむ」

女商人「…安いこだわりね」ゴソゴソ…

格闘家「ぐぅ…うむむむ…!」

戦士「本番はカザーブに着いて、盗賊の本拠地を特定してからなんだがな…」

236 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 01:38:15.81 ID:qd2cQObcO
パチパチ…

戦士「………」

女商人「…300Gなり…500Gなり…」パチ…パチパチ

女賢者「…何してるんですか?」

女商人「…報酬の再計算。これでは割に合わないもの」パチパチ…パチ

女賢者「へー…」

格闘家「そんな!?もうワシには一銭も…!」

女商人「…後払いの金まで含めて私達に掲示した額はすべてロマリアからの援助金でしょ?」

格闘家「うっ…!な、何故それを…」

女商人「…一介の闘士が払うには高すぎるもの。まだ個人の資産が残ってるはずよ…」パチン…パチン…

格闘家「…お、お手柔らかに…お願い致す…」

239 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 01:51:26.48 ID:qd2cQObcO
カザーブの村

戦士「ようやく着いたな」

女商人「………」

女賢者「………」

格闘家「………」

戦士「…情報収集は後にしてとりあえず宿屋で休もうか。お前らずいぶんひどい顔してるぞ?」

女商人「…ありがとうございます…」

女賢者「…もうヘトヘトで…」

格闘家「かたじけない…さすがはワシが見込んだ…」

戦士「…おっさんは俺と一緒に情報収集しようか?」

格闘家「め、滅相もない…!」

241 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 01:56:51.12 ID:qd2cQObcO
『はー…生き返りますー…』

『…そうね』

『あ、お背中お流ししましょうか?』

『…貴女、流される側だったんでしょう?出来るの?』

『さ、さすがにそれくらいは出来ますよ…』

カポーン…

戦士「………」

格闘家「…戦士どの」

戦士「なんだ?」

格闘家「この宿…壁が少々薄くありませぬか?」ドキドキ…

戦士「かもな。部屋が風呂場の隣ってのもあるが…ベッド、カビたりしてないだろうな?」

245 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 02:05:56.61 ID:qd2cQObcO
格闘家「…はぁ…はぁ…」

戦士「おっさん…何やってんだ?」

格闘家「う、うむ。ガールズトークとやらがどんなものか興味があってな…いや、純粋に知識欲から来る興味であって決していかがわしいものでは…」

『…戦士さん?聞こえますか?』

格闘家「ッ…!?」ガバッ

戦士「知識欲な……ああ、なんだ?」

『…すみません、お先に入らせていただいて…』

『壁越しで話通じるんですか?』チャプン…

戦士「気にするな。…おい、おっさん」

格闘家「シッ!…今が良いとこなのだ、今がっ!」

247 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 02:17:53.36 ID:qd2cQObcO
宿屋前

戦士「それじゃ今日は聞き込みだが…小さい村だからすぐ終わるだろう。…おっさん」

格闘家「うむ。昨晩、夜なべして作った魂の一枚だ。心して使ってくだされ」

女賢者「わぁ…こっちは色付きなんですね!」

女商人「…無駄に凝ってるわね」

格闘家「無論!なんとしてでも盗賊の本拠地に関する情報を手に入れ、我が正義の…」

戦士「広場から左は俺とおっさん、右は女賢者と女商人だ。昼に一度ここに戻って情報交換をすることにしよう」

女商人「…わかりました。…行くわよ?」

女賢者「はい!」

格闘家「…しかるに我が祖国、ロマリアに安寧の日々を…」

戦士「おっさん、行くぞ?」

格闘家「…そして!必ずや世界に平和を…」

戦士「おっさん!」

253 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 02:36:59.14 ID:qd2cQObcO
宿屋 昼

戦士「首尾はどうだ?」

女商人「…この人相書きと似たような男が、シャンパーニの塔あたりで頻繁に見かけられるのは確かなようですね」

女賢者「あのカンダタがまた悪さしに帰ってきた、ってみんな噂してましたよ」

戦士「こちらも同じような話を聞いたよ。…どうやらほぼ間違いないようだな」

女商人「…ところで、あの筋肉ダルマが見当たりませんが…?」

戦士「筋肉ダル…?ああ、おっさんか。おっさんなら墓参りだ」

女商人「…知り合いでも埋まってるんですか?」

戦士「いや、ここには偉大な格闘家の墓…らしいものがあってな。それにあやかって決戦に備えるんだそうだ」

女賢者「気合い入ってますね…」

女商人「…空回りしなきゃ良いけど」

255 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 02:52:32.19 ID:qd2cQObcO
カザーブの村 入口

戦士「ここからシャンパーニの塔までは半日ほどだが…念のため一日分くらい食料は持って行った方が良いな」

女商人「…わかりました。用意します。…ほら、ついて来なさい。荷物持ち」

格闘家「ワシのことか?」

女商人「…他に誰がいるの?」

格闘家「…やはりここはワシしかおるまいな…!」キリッ

女商人「…何を勘違いしてるんだか…」

戦士「しっかりやれよ、おっさん」

『うーむー!!』

戦士「…大丈夫、か?」

257 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 02:57:28.97 ID:qd2cQObcO
戦士「…さて、と」ペラッ

女賢者「………」

戦士「もし、野営することになるならこのあたりか…」カリ…

女賢者「………」ソワソワ…

戦士「いや、どの道頂上にまで登るなら帰りは…」カリカリ…

女賢者「…あ、あのー…」

戦士「ん?なんだ?」

女賢者「私は何をすれば良いでしょうか?」

戦士「…何と言われても…特にないな」

女賢者「え」

戦士「女商人達が帰ってきたらすぐに出る。それまで待機」

女賢者「はい…」

328 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 13:47:48.07 ID:qd2cQObcO
シャンパーニの塔 入口

格闘家「ついに着きましたな、決戦の地へ!」

女商人「…ここが盗賊の根城?宝はあるかしら?」

戦士「王冠以外の奪った宝ってことか?…それはないだろうな。聞き込みでも目撃情報しかなかったし、まだ本格的に活動はしてないようだ」

女商人「…では報酬を上積みしていただかないと」パチ…パチパチ…

格闘家「いやもうほんとこれ以上は勘弁してくだされ!ワシにも生活が…!」

女商人「…独身男の生活費などたかがしれてるわ」パチン…パチン…

【女商人】 の いてつく視線!【格闘家】 は絶望した!

格闘家「………」

女賢者「チャンス…ですね!敵の態勢が整う前に叩く…これぞ兵法の極意です!」テッテレー!

戦士「間違っちゃいないが…お前が言うと不安だ…」

女賢者「な、なんでですか!?」

戦士「印象的な意味だ。気にするな。さて、行こう」

女賢者「私…そんなに信用ありませんか…はぁ…」

332 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 13:57:42.53 ID:qd2cQObcO
勇者「シャンパーニの塔は6階建ての塔だ。おそらくカンダタは最上階にいるだろう」

女商人「…馬鹿と煙りは高い所を好む、ですね」

勇者「まぁ、そんな所だな。それとこの塔は外壁がない部分があってな。そこから落ちると…」

格闘家「ほぉ、ほぉ…」

勇者「下の階からやり直しになる。消耗品、MPとも限りがあるんだから、みんなドジはするなよ?」

女賢者「………」

女商人「…貴女のことよ?」

女賢者「え?は、はい…!」

勇者「じゃ、登るか…ん?」

341 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 14:07:43.99 ID:qd2cQObcO
女商人「…どうかしましたか?」

戦士「ずいぶん荒れているな。人が頻繁に出入りしてるとは思えないが…」

女賢者「ハズレなんでしょうか?」

戦士「…ふむ」

女商人「…くたびれ儲けならさらに…」パチ…パチン

格闘家「あわ…あわわわわ…!」

戦士「ここまで来たんだ、一応は最上階まで探索して行こう。それでダメなら次だ」

女商人「…わかりました」

戦士「…ちょっと思う所もあるしな」

342 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 14:19:03.97 ID:qd2cQObcO
格闘家「アイグー!アイグー!」ボボッ!

【格闘家】 の攻撃!会心の一撃!【ギズモ】を倒した! 戦闘に勝利し…

格闘家「わーはっは!見たか!ワシ究極奥義、二段突きをッ!!」

戦士「左右のコンビネーションは基本だろ、おっさん。にしてもギズモか…呪文を使われるとやはり被害が増えるな。大丈夫か?」

女商人「…髪が焦げてしまいました…」

戦士「メラ連発だからなぁ」

女賢者「あれ?何か落ちてますよ?」

【スタミナの種】 を手に入れた!

345 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 14:33:26.47 ID:qd2cQObcO
戦士「スタミナの種か…ツイてたな。コイツを食えば体力を上げられるぞ?」

女賢者「へぇ…」

女商人「…体力の無い女賢者にはぴったりね」

女賢者「そうですね!あ、でもこれ拾い食いじゃないですか?私はちょっと…」

戦士「お前、そういうこと…この種を求めて幾人の冒険者が旅を続けているか…」

女賢者「そ、そうなんですか…」

戦士「リスク無しで基礎力を上げられる魔法の食い物だからな。市場に出回ることもないし、貴重な種だ」

女賢者「じゃ、じゃあ…」

戦士「ただし、食うと腹を壊す」

女賢者「やっぱり拾い食いなんじゃないですかぁぁ!!」

350 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 14:41:27.89 ID:qd2cQObcO
戦士「確かこの先を左に…」

女商人「…はっ!」

戦士「どうした?」

女商人「…宝箱です。開けませんか?」

戦士「宝箱…?いや、あの宝箱も…」

女商人「開けたいのです」

戦士「まぁ、別に開けるのは構わないが…」

宝箱は からっぽだった…

女商人「………」

戦士「前にここを制圧した勇者一行がねこそぎ漁ってったからな。…残念だったな」

女商人「…もう3個目ですよ?…ひとつくらい残して置いてくれても良いんじゃないでしょうか…」

戦士「俺にそんなこと言われてもなぁ…」

356 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 14:59:17.02 ID:qd2cQObcO
格闘家「うぬぅ…」

戦士「どうした、おっさん?」

格闘家「捜索とは案外地味なのだな、と思ってな」

女商人「…鼠を狩るのに物音立てる猫はいないでしょ?頭まで筋肉なの?」

格闘家「しかしなぁ…伝え聞く勇者様の王冠奪還の活躍の様はこうババッー!っと行ってダァーッ!っとまさに獅子奮迅といった内容でだな…」

戦士「…脚色されてるんだろ。地味に情報集めてコツコツと探索を進め、やっとこさ退治しました、じゃ華がない」

格闘家「うむぅ…」

戦士「…案外、勇者なんて頼りない者なのかもしれないぜ?」

女賢者「そうですね…私も賢者なんて名乗ってますが、戦士さんや皆さんの方がよっぽど頼りになります!」

女商人「………」

戦士「…そう思うなら攻撃呪文のひとつも早く使えるようになれよ…」

女賢者「…はい、すみません…」

362 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 15:23:49.83 ID:qd2cQObcO
戦士「よし、この階段の先が最上階だ」

女商人「…結局、この塔が使われてるような様子はありませんでしたね」ツツー

女賢者「この塔ではなく、周辺に潜伏場所があるんでしょうか?」

女商人「…ほら、ここにこんなに埃が溜まっているわよ?」

女賢者「あ、本当ですねぇ」

女商人「………」

女賢者「どうかしましたか?」

女商人「…なんでもないわ」

格闘家「…これは一からやり直しですかなぁ…もうワシには探索費用を捻出する余裕は…」

365 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 15:29:12.28 ID:qd2cQObcO
勇者「まぁ最上階まで行けば見晴らしも良いだろう。何も得るものは無くても達成感だけは持って帰ろうじゃないか」

女賢者「そうですね。食料も持ってきましたし、景色を見ながらご飯でも食べて帰りましょうか」

女商人「…貴女はのんきで良いわね。この探索への出費も馬鹿にならないのに」

格闘家「ワシから散々金を絞り取っておいて何をいまさら…」

女商人「………」パチン…パチン…

格闘家「あ!い、いや…」

【女商人】 から冷たい風か吹く!【格闘家】 は懐が寒くなった…

格闘家「…後で領収書くだされ…」

女商人「…もちろんよ」

376 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 15:39:38.60 ID:qd2cQObcO
女賢者「うーん…みんなで座るにはちょっと狭いですね」

女商人「…3人くらいならなんとかなるでしょ」

格闘家「戦士どの、残念でしたな。わーはっは!」

戦士「…おっさん、本気で言ってるのか?」

格闘家「うむ?」

女賢者「じゃあさっそく用意しましょう!」

女商人「…ここじゃお湯が沸かせないのが残念ね」

女賢者「そうで…お湯?あ!そうです!」テッテレー!

戦士「おい…お前何を…」

女賢者「今こそ日頃の練習の成果を見せる時!…メラ!」

テテュ-ン!

384 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 16:00:46.15 ID:qd2cQObcO
ヒューン!

女賢者「あ、あれ?」

戦士「メラは本来、対象に火球をぶつける呪文だ。やかんの下に常駐させるなんてよほど呪文に…」

『………』スッ

女商人「…おや?」

『よくここまで登って来たな!だがここがぶぁ!?』ボッ!

戦士「ああ?」

『ちょっ…お前、いきなりメラとかもう…!』ジタバタ

格闘家「い、いかん!」バッ!

386 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 16:09:09.07 ID:qd2cQObcO
格闘家「とりあえず助け申したが…おぬし、この人相書きにそっくりだな。おぬしがカンダタか?」

マスクマン「………」

戦士「ふむ…」

女賢者「す、すみません。まさか私達以外にこんな所に来る人がいるなんて思わなくて…」

女商人「…私達なら巻き込んでもよかったと?」

女賢者「そ、そんなことは…決して…そのぅ…」

戦士「…仮に巻き込んでも許してもらえるだろうってとこか」

女賢者「う…」

戦士「まぁそれは良いとして、コイツだ」

マスクマン「………」

390 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 16:26:50.94 ID:qd2cQObcO
女商人「…カンダタではないんですか?」

戦士「カンダタは見上げるような大男だ。こんなに小さくはない」

女賢者「私と同じくらいの背丈しかありませんし…確かに盗賊の親分って貫禄はないですね」

マスクマン「う、うるせぇ!」

格闘家「だが、そのマスクをしてここに来たからには、カンダタと何か関わりがあるに違いあるまい!どうだ!図星であろう!」

マスクマン「…その通りだ…」

戦士「ほう?」

マスクマン「俺は確かにカンダタ親分じゃない…俺は…!」

女商人「…馬鹿なの?変態なの?」

マスクマン「違うわ!話に割り込むなよ!?空気読んで『………』とかにしてろよ!?」

407 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 18:11:34.45 ID:qd2cQObcO
マスクマン「ごほんっ!あー…静聴に、静聴に…」

女商人「………」

マスクマン「俺は…カンダタ親分の志を継いだ男だぁ!!」

女賢者「………」

マスクマン「…カンダタ親分は厳しくも優しい親分だった。それを貴様勇者一行は…!」

戦士「いや、俺は…」

マスクマン「黙れ!一度ならず二度、三度とアジトに乗り込んできやがって…!おかげで親分はすっかり落ち込んでしまって…」

マスクマン「このマスクを置いて蒸発…悪のカリスマを失った盗賊団は瓦解し、シャンパーニの塔このザマだ…」

410 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 18:25:54.89 ID:qd2cQObcO
格闘家「悪の栄えた試しなし!当然のことだ!」

戦士「…おい、おっさん」

マスクマン「だが俺は諦めない!必ずカンダタ親分を呼び戻して見せる!」

格闘家「なにっ!?カンダタを!?」

マスクマン「…そうだ!悪は滅びぬ!何度でも蘇る!それが人間の業だからだ!」

格闘家「そんなことはさせんぞ!このワシが貴様の野望を打ち砕いてくれるわ!」

マスクマン「ふん、わかっているさ…貴様ら勇者一行がいる限り、俺の願いが叶わないことくらいな…」

格闘家「ならば大人しく…」

マスクマン「だからこそ俺は貴様らを倒し、ここでその憂いを絶つ!」

格闘家「出来るものならやって見るが良いわ!」

412 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 18:37:18.84 ID:qd2cQObcO
マスクマン『馬鹿め!なんの用意も無しに貴様らをおびき寄せたとでも思っているのか!?』

格闘家『おびき寄せ…まさか!?』

マスクマン『そうだ!王冠を盗んだのも、一目につく格好でこの辺りをうろついていたのも俺の策略だぁ!』

格闘家『うぬぅ…!』

マスクマン『滑稽だったぞ?貴様らが俺の手の平で踊る様はなぁ…?』

格闘家『おのれぇい!なんと卑劣な…!』

女商人「…長い」

女賢者「二人とも芝居掛かってますね…」

戦士「こういう場面が好きなんだろ。…ああ、そうだ。そこのところに落とし穴があるから戦闘始まったら気をつけろよ?」

女商人「…わかりました。しかしいつまで続くんでしょうか?」

格闘家『なにぃ!?』

マスクマン『クハハハハー!!』

戦士「さぁな…」

422 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 19:26:19.61 ID:qd2cQObcO
マスクマン「おしゃべりはもうお終いだ!行くぞぉ!」

格闘家「ワシの命に賭けて貴様は倒すぅ!皆の者、突撃だぁ!」ダッ

女商人「…一緒にしてほしくないのだけれどね」タッ

戦士「確かにな…」タッ

女賢者「あ、始まりました?じゃあ…」

【女賢者】 は身を守っている!

格闘家「ホォオオ…あっちゅあぁぁ!!」

【格闘家】 はいきり立って突撃した!

マスクマン「…掛かった!」キュピィィン

マスクマン「ぽちっとな」

ガコッ!

格闘家「おあ!?」

424 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 19:35:01.57 ID:qd2cQObcO
『ああぁぁぁ…』

マスクマン「ハハハ!馬鹿め!下には俺がくちぶえでおびき寄せた魔物がうじゃうじゃいるぞ!?ハハハ!苦しんで死ねぇ!」

戦士「あーあ…おっさん、話聞かないからなぁ」

女賢者「これどの階まで落ちるんですかね?」

マスクマン「………」

戦士「確かすぐ下の階だったはずだ。まぁ、死にはしないだろう」

女商人「…ほんと、馬鹿ねぇ…どっちも」

マスクマン「な、なにぃ!?」

426 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 19:46:56.52 ID:qd2cQObcO
マスクマン「何故お前らがここに!?」

戦士「落とし穴に落ちなかったからだろ?さて、王冠を返してもらおうか」

マスクマン「う、ぐぐ…」

女商人「…それと有り金も全部置いていきなさい」

女賢者「そ、それはちょっとひどいんじゃ…」

マスクマン「おのれ…!この俺の策を打ち破るとは……は!」

戦士「打ち破るも何も…」

マスクマン「お、俺を相手にしてて良いのか!?下ではさっきの男が魔物に襲われているんだぞ!?」

431 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 20:05:45.45 ID:qd2cQObcO
女商人「…あんな男どうなろうと別に構わな…あっ」

女賢者「どうしたんですか?」

女商人「…まだ前金しか報酬が…どうしましょう?」

戦士「ん?そうだなぁ…とりあえずおっさんはほっとけば良いんじゃないか?」

女賢者「え!?ほっとくんですか!?」

マスクマン「お、お前…なんて鬼畜な…!盗賊だって仲間がピンチなら助けに行くぞ!?」

戦士「くちぶえで呼んだ魔物が、さっきの話の間中、下で待ってるとは思えないしな…そんなに危険はないと思うんだが…」

女賢者「あ、なるほど…」

マスクマン「…そ、そんなことないよ?き、きっと周りを囲まれてピンチだよ?」

女商人「…囲まれてるのは貴方じゃないかしら?さっさと出すもの出しなさい」

435 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 20:14:56.66 ID:qd2cQObcO
マスクマン「…うっ…ううっ…!」

女商人「…他には?」

マスクマン「あ、ありません!本当です!もうほんと見逃して下さいぃ!」

女商人「…ジャンプしなさい」

マスクマン「ええっ!?」

女商人「…ほら、早く」

マスクマン「は、はい…」

チャリン…チャリン…

女商人「…まだあるじゃないの。出しなさい」

マスクマン「ううっ…」

戦士「よく見とけ。あれがカツアゲってヤツだ」

女賢者「か、カツアゲですか…」

マスクマン「…と、盗賊だってここまでは…」

女商人「…他には?」

マスクマン「も、もう許して…」

440 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 20:23:29.42 ID:qd2cQObcO
パチパチ…

格闘家「…はあぁあ…」

戦士「何をしょぼくれてんだよ、おっさん?王冠は取り戻せただろ?」

格闘家「うむ…しかし、ワシ自身がその場にいられなかったことが悔しくて悔しくて…」

戦士「…いない方がよかったと思うがな」

マスクマン「…もう…何も…ほんとに…もう…何も…出てきませんから…許して…」ブツブツ…

女賢者「取り立てられる側ですもんね…おじさん…」

格闘家「うむ?」

女商人「…150Gなり…300Gなり…」パチパチ…パチ…

442 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 20:37:51.94 ID:qd2cQObcO
カザーブの村 村長宅

戦士「それじゃ、ロマリアから護送隊が来るまでよろしく頼む」

村長「あんだってぇ?」

戦士「ロマリア!から!護送隊!が!来る!まで!よろしく!頼む!」

村長「おぉ…!まかせんしゃい!」

戦士「大丈夫なんだろうな…」



宿屋前

女賢者「あ、帰ってきた!…どうでしたか?」

戦士「とりあえずあの男は村長に引き渡しておいた。後はロマリアの警備隊に回収を頼むだけだな」

女商人「…すぐに出発ですか?」

戦士「いや、今日はゆっくり休んで明日、ロマリアへ向かおう」

女商人「…わかりました」

445 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 20:54:48.11 ID:qd2cQObcO
カザーブの村 教会墓地 夜

格闘家「偉大なる武闘家様…ワシは…ワシは…」

『格闘家…格闘家よ…』

格闘家「は!わ、ワシを呼ぶのは誰だ!…もののけの類いならばこの鉄拳をもって…」

偉大なる武闘家『私だ』ボゥ…

格闘家「なんだ、お前は!?」

偉大な武闘家『私は素手で熊を倒したとされる偉大な武闘家』

格闘家「ま、まさか…!?へへー!」

偉大な武闘家『格闘家よ。武器を装備することを恥じることはない。なぜなら…』

格闘家「なぜなら…?」

偉大な武闘家『私も鉄のつめを使って熊を倒したからだよ。わっはっは』

格闘家「なんと…で、では無手にこだわる必要は…」

偉大な武闘家『ない。あるとすれば、力を持て余した武闘家達の…」

格闘家「おぉぉ…!」

偉大な武闘家『遊び』キリッ

449 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 21:10:00.21 ID:qd2cQObcO
カザーブの村 入口

戦士「よし、行くか」

女賢者「また二日間歩き通しですかぁ…はぁ…」

女商人「…キメラの翼があるでしょ?」

女賢者「あ!?」

女商人「…馬鹿なの?」

女賢者「うっ…!」

『おおーい!』

450 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 21:18:20.97 ID:qd2cQObcO
格闘家「ワシを置いて行くとはどういうことか!もはやマブダチと言っても過言ではありませぬかー!」

戦士「朝起きたらおっさん、もういなかっただろ」

格闘家「すまん、すまん…ちょっと買物にな」

女商人「…買物?そんな余裕あるの?」

格闘家「へそくりで買ったのだ!…まったく二言目には金、金、金、金…がめついにもほどがあるぞ?」

女商人「…お金は裏切らないわ。それと…ロマリアに着いたら覚悟しなさい」

格闘家「うぐぐ…」

女賢者「何買ったんですか?」

格闘家「う?うむ、これだ!」

【鉄のつめ】

454 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 21:29:26.79 ID:qd2cQObcO
戦士「武器か。おっさん、素手はやめるのか?」

格闘家「うむ。ワシは今回の旅を通して自分の限界と自らを縛ることの無意味さを知った…」

女賢者「それでそのつめを?」

格闘家「強敵相手に全力を出さぬことほど愚かなことはないからな」

戦士「そりゃ確かにそうだな」

格闘家「無論、自らを律することは大事だが、それで負けてしまっては意味がない。それに気づけたのだ」

女商人「…いまさら遅いでしょ」

格闘家「そんなことはない。人生とはこれすなわち修業。これからワシはガンガン行こうぜ!ですぞ!わーはっ…」

女商人「…後はロマリアに帰るだけなのに」

格闘家「はっ!?」

456 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 21:42:05.61 ID:qd2cQObcO
ロマリア 城門前

格闘家「それではワシは王冠を届けに王宮へいかねばならんのでひとまずここで。まことお世話になり申した」

女商人「…逃げても利子が増えるだけよ?」

格闘家「人聞きの悪い…そんなことはせんわ。では後でカジノで会いましょうぞ!さらばー!」

女賢者「カジノ、カジノ、カジノ、カジノ!」

戦士「ああ、カジノには先に行っててくれ。俺は宿屋で部屋とってから行く」

女商人「…わかりました。…負けたら承知しないわよ?」

女賢者「え?」

女商人「…それじゃ、行きましょう」

女賢者「ま、待ってください!貰ったコインで遊ぶだけなんですから、そんな怖い目しないで下さいよぉ…!」

462 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 22:06:43.05 ID:qd2cQObcO
ロマリア カジノ(闘技場)

ワァー!ワァアー!

女賢者「そこ!そこですよ!」

女商人「…倍率は確か4倍だから勝てば…」パチパチ…

戦士「お、やってるな」

女賢者「あ、戦士さん」

戦士「まさか最前列にいるとはな…ずいぶん探したぞ。それで調子はどうだ?」

女賢者「あ…その…ぼ、ぼちぼちですね」

女商人「…3000Gの赤字だけど?どう責任をとるの?」

女賢者「そ、それは…あ!でもきっとこの勝負は…」

【スライム】 の攻撃!会心の一撃!【おおがらす】 を倒した!

女賢者「ああぁ!?」

女商人「…3120Gの赤字に訂正ね」

戦士「残念ながらツキに見放されてるらしいな…」

女賢者「会心の一撃とか…なんでこんな時に出すんですかぁ…!」

464 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 22:19:39.80 ID:qd2cQObcO
ロマリア 城門前

女賢者「次こそは…必ず…!」

女商人「…結局、滞在中のカジノ収支は-4500G。王冠探索の儲けはほとんどパーね」

女賢者「うっ!…二日目は3000Gくらい勝ったのに…」

女商人「…当てたのはほとんど戦士さんだけれど?」

女賢者「は、はい…」

戦士「まぁ、ギャンブルは時の運と諦め…」

女商人「嫌です。諦め切れません」

戦士「そ、そうは言ってもな…」

女賢者「…あの時ばくだんいわに賭けていれば…いえ、それよりもあそこでホイミスライムが勝つわけがないのに…」ブツブツ…

471 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 22:42:40.79 ID:qd2cQObcO
女商人「…負け分はこれからの儲けから取り立てるから覚悟しなさい」

女賢者「えぇ!?そんな…」

戦士「…そこまでしなくても良いんじゃないか?使ったのはパーティーの金だし…」

女商人「…戦士さんからもです。私の取り分になるはずだった1500G分はきっちり頂きます」

戦士「…勝てば官軍、負ければ借金取りか…ギャンブルは怖いな」

女賢者「…怖いのは女商人さんですよ…」

女商人「…なにか?」

女賢者「な、なんでもないです…」

475 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 22:57:35.49 ID:qd2cQObcO
女商人「…次はどこへ行くのですか?」

戦士「この辺りだと東のアッサラーム、西のほこらを通ってポルトガ、カザーブ北のノアニールってとこだな」

女賢者「へぇー…」

戦士「ダーマへはポルトガ経由でバハタラだな。そこまで行けばもう着いたも同然だ」

女商人「…ではポルトガですね」

戦士「ま、そうなるな。お前ら今から出れるか?」

女賢者「大丈夫です!」

女商人「…買い出しさえすめば」

戦士「なら出発は午後だ。1時にここで会おう」

480 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 23:12:04.73 ID:qd2cQObcO
道具屋

女商人「…毒消しとまんげつそう、それと干し肉を3袋」

店主「ありがとうございますー」

女商人「…と、おまけ」

店主「悪いなぁ…おまけってのはうちの品揃えの中には…」

女商人「…なら値引きはあるかしら?それがあるなら薬草も少し頂くのだけれど…」

店主「まいったね、こりゃ…わかった、少し勉強するよ」

女商人「…ありがとう」

店主「もう少しにこやかにしてくれるとうれしいんだがねぇ」

女商人「…にこやか?そうね…では50Gではどうかしら?」

店主「…まったく、敵わねぇなぁ」

482 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 23:17:40.89 ID:qd2cQObcO
カジノ(闘技場)前

女賢者「………」

ワァー!ワァー!

女賢者「やっぱり…まずいですよね…」

女賢者「でも少しだけ…!」

女賢者「いや、でもっ…!」

チャリ…

女賢者「手持ちは500G…」

女賢者「………」ゴクリ…



2時間後

女賢者「うぇぇ…!」

487 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 23:31:48.62 ID:qd2cQObcO
ロマリア 城門前

女商人「…で、また負けたの?」

女賢者「はい…」

女商人「…少しは学習しなさい」

女賢者「はい…」

戦士「そろそろ出たいんだが…」

女商人「…そうですね。歩きながらにしましょうか」

女賢者「え!?………はい」

戦士「はぁ…話すのは構わないが、魔物に不意を突かれないようにな?」

女商人「…心得ております」

女賢者「はい…」

496 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 00:12:31.14 ID:bc+323+gO
ロマリア北西のほこら

警備兵「待て、お前達。この先に何か用か?」

戦士「ああ、ちょっとポルトガまで行きたいんだが…」

警備兵「ポルトガか…身分証は?」

戦士「冒険者がそんなもん持ってるわけないだろ?」

警備兵「そうか…ならルイーダの紹介状で良い」

戦士「ルイーダの?ちょっと待っててくれ…」ガサガサ…

戦士「しかし、こんな所に詰め所があるって話は聞いたことがないが…?」

警備兵「うむ。しばらく前に、勇者がこのほこらを開けたらしいのだが…」

戦士「へぇ…」

警備兵「そのまま開けっぱなしにして行きおった。放置しておくわけにもいかんのでこうして我々が管理しているのだ」

戦士「なるほど。…ほら紹介状だ」

警備兵「うむ」

499 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 00:27:34.61 ID:bc+323+gO
警備兵「…お前が主導者なのか?」

女賢者「一応、パーティーを募ったのは私ですけど…」

警備兵「そうは見えんがなぁ…」

女賢者「…そうですよね…どうせ私なんて…」トボトボ…

警備兵「では次」

女商人「………」

警備兵「どうした?紹介状を出せ」

戦士「あ」

女商人「…私はもって無いわ」

警備兵「なぁぁにぃぃ?」

女賢者「え?なんでですか?」

戦士「お前が個人で連れてきたからだろ?…まさかこんな所でそれがひっかかるとは思わなかったが…」

502 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 00:35:48.31 ID:bc+323+gO
警備兵「それでは通せんな」

女賢者「こ、困りますよ!大切な仲間なんです!なんとかなりませんか!?」

警備兵「そう言われてもな…これはポルトガとロマリア、双方の治安維持のためだ。おいそれと通すわけには…」

戦士「一般人として通行するのは無理なのか?」

警備兵「ポルトガかロマリアで身分証を発行してもらえば可能だ」

戦士「それって発行にどのくらいかかるんだ?」

警備兵「二週間ほどだな」

女賢者「長すぎますよ!そんなにロマリアにいたらお金が無くなってしまいます!」

戦士「………」

505 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 00:44:04.15 ID:bc+323+gO
女商人「…どうやら私はここまでみたいね」

女賢者「そ、そんなこと…」

女商人「…さすがに二週間は待てないでしょ?ここから先は二人だけで行って」

女賢者「…負け分は必ず徴収するって言ったじゃないですか…」

女商人「…それは貴女達が帰ってきたら頂くわ。それまでは貸しにしといてあげる。…低利子でね」

女賢者「お、女商人さん……無利子じゃないんですか…」

女商人「…私にも日々の生活があるのよ」

警備兵「おぉ、何と言う美しい友情…!しかしそれでも通すわけにはいかんのだ…すまん…すまん…!」

戦士「…ちょっと良いか?」

警備兵「ん?」

508 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 00:51:56.90 ID:bc+323+gO
戦士『………』ボソボソ…

警備兵『………』ボソボソ…

女賢者「戦士さん、何してるんでしょうね?」

女商人「…わからないわ。でも何か考えがあるんでしょう」

戦士『で……だ』

貴重品【怪しげなアイテム】

警備兵『こ、これ…!?…まさ…!』

戦士『……じゃない。…が……んだ。これ…ゃ……いか?』

警備兵『…わか…した。……ましょう』

女賢者「なんだか様子が…」

女商人「…そうね。何か見せたようだけれど…」

513 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 00:55:31.84 ID:bc+323+gO
戦士「どうやら通行出来るらしい。よかったな?」

女賢者「本当ですか!?よかったぁ…」

女商人「…何をしたんですか?」

戦士「ん?まぁ…賄賂みたいなもんだ。それじゃ通してもらうぞ?」

警備兵「はっ!お気を付けて…!」

女賢者「は、はあ…?」

女商人「………」

518 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 01:14:57.59 ID:bc+323+gO
ポルトガ 城門前

女賢者「つ、着きましたね…」

女商人「…一人抜けると戦闘が…辛いわね…」

戦士「それで無事に着けたんだから確実に成長はしてるってことだろ?」

女賢者「…まだホイミとメラしか使えなくてもですか…?」

戦士「それは……あれだ、使えないよりはマシになって来てるって…」

女商人「…いいえ。使えない、です。敵も強くなってきてますし、相応の呪文を使ってもらわないと困ります」

戦士「…まさに正論だな…フォローのしようもない」

女賢者「ぅ…頑張りますので見捨てないで下さいぃ…!」

女商人「…ちょっと、抱き着かないで…」

521 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 01:40:41.56 ID:bc+323+gO
戦士「とりあえず今日は宿屋でゆっくり休め。俺はちょっと遅れるから…女商人、宿の手配を頼む」

女商人「…はい。どこか行かれるのですか?」

戦士「ちょっと船着き場までな」

女賢者「船でバハラタまで行くんですか?」

戦士「いや、船でなら直接ダーマまで行ける」

女賢者「そうなんですか!?」

戦士「自由に動かせる船があれば、の話だが…」

女商人「…その交渉ですか?」

戦士「そんなとこだ。…っと、早いとこ用事を済まさないと夕飯に間に合わなくなる」

女賢者「あ、そうですね」

戦士「それじゃあな」

523 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 01:54:02.24 ID:bc+323+gO
船着き場

ザァ…ザァア…

戦士「やはり無い、か…」

戦士「…一体…何処へ行っちまったんだ…」



宿屋

女商人「…ふー。良いお湯だったわ」

女賢者「遅いですね、戦士さん…」

女商人「…そうね。もう外は暗いけれど…」

530 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 02:13:16.91 ID:bc+323+gO
女賢者「でもほんと物知りですよね。街の場所とかさっきの船のこととか…」

女商人「…前に世界を旅したことがあるがあるんでしょう」

女賢者「なるほど…あ!でもそれならキメラの翼を使えばもっと簡単に…」

女商人「…それじゃ私達のレベルがついていかないでしょ?貴女なんか特にろくな呪文も使えないお荷物なのに」

女賢者「…そ、そうですね…すみません…」

女商人「…戦士さんは私達に合わせてくれてるのよ。アリアハンからずっとね」

女賢者「………」

女商人「…いつまでも甘えていないで、もう少ししっかりしなさい。呪文もそうだけれど、考え方とかもね」

女賢者「…はい」

595 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 12:30:53.57 ID:bc+323+gO
宿屋

戦士「…というわけで、ダーマはおろか、バハラタへの船も今は無いそうだ」

女商人「…船を借りることは出来ないのですか?」

戦士「無理だな。世界の反対側まで船をチャーターする交渉をするくらいなら買った方が早い。…が、そんな金はないだろ?」

女賢者「ではどうするんですか?」

女商人「…他の街への船はあるんじゃないかしら?…そこから回り道ですか?」

戦士「いや、抜け道を使う。アッサラームの東のな」

女商人「…そんなものが…?」

女賢者「アッサラーム…ってことはまたロマリアへ逆戻り…で、ですよね?」

戦士「ああ、そうなるな。まぁその前にちょっと必要なものがあるが…」

597 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 12:35:13.20 ID:bc+323+gO
ポルトガ王宮前

女商人「………」

女賢者「お、王宮じゃないですか、ここ…」

戦士「ああ。抜け道にはちょっと偏屈なホビットがいてな…よほど仲良くないと通しちゃくれないんだ」

女賢者「それと王宮になんの関係があるんですか?」

戦士「…ここの王様がそのホビットの親友なんだよ。にわかには信じられんだろうが…」

女商人「…どういった経緯でしりあったのでしょうか…」

戦士「さぁな…ともかく、王様から紹介状を貰えばバハタラへの道が開けるってことだ。…ちょっと待っててくれ」

女賢者「あ、あのっ…!」

601 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 12:44:50.52 ID:bc+323+gO
戦士「なんだ?お前もついて来るのか?」

女賢者「い、いやその…」

女商人「………」

女賢者「…いつもすみません、いろいろと世話焼いていただいて…」

戦士「ああ?…急にどうした?熱でもあるのか?」

女賢者「そ、そんなことはないですよ!ただいつも戦士さんに頼りきりだから…」

戦士「………」

女賢者「私、もうレベルもけっこう上がってきてるのに…いつまでも役立たずで…」

603 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 12:46:41.14 ID:bc+323+gO
戦士「…レベルと知識は別だろ?俺には過去の経験がある。それを利用してるだけだ」

女賢者「でも…」

戦士「…まぁ転職したら助けてもらうさ」

女賢者「あ!は、はい!それはもう!」

戦士「…踏ん切りが付けばだがな…」

女賢者「…え?」

戦士「なんでもない。それじゃちょっと行ってくる」

女賢者「は、はい…」

604 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 12:50:11.66 ID:bc+323+gO
女商人「…いきなり不自然じゃない?」

女賢者「そ、そうですか?でも言葉に偽りはありませんよ?」

女商人「…そうじゃなくて…」

女賢者「戦士さんには感謝してますし…あ、もちろん女商人さんにもですよ!あと私自身の力不足も…」

女商人「…はぁ…まぁ、良いわ。それにしても…」

女賢者「…はい?」

女商人「…戦士さんの言う踏ん切りって一体なんなのかしらね…」

女賢者「………」

605 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 12:53:05.55 ID:bc+323+gO
ロマリア 城門前

戦士「さてと、じゃあ行くか」

女賢者「はい!」

女商人「…今回はカジノへは行かなかったのね?」

女賢者「い、行くわけないじゃないですか!」

女商人「…まぁ、どうせ手持ちがなかっただけでしょうけど」

女賢者「し、失礼な…これでも少しは学習してるんです!」

女商人「…へぇ…本当かしら?」

女賢者「…な、なんですか、その疑いの眼差しは…」

戦士「おい、その辺にしとけ。アッサラームへの道は長いんだ。早いとこ出発しよう」

614 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 13:20:38.13 ID:bc+323+gO
街道

戦士「であぁあ!」ダッ

【戦士】 の攻撃!【あばれザルA】 を倒した!

戦士「よし、次…」

女賢者「い、イオ!」テテュ-ン!

ババババッ!

女商人「ちょっ!?…きゃあ!?」

女賢者「あっ!?」

【あばれザルB】 に18のダメージ!
【あばれざるC】 に21のダメージ!
【女商人】 は巻き添えを食って転倒した!

戦士「お、おい!大丈夫か!?」


616 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 13:30:07.56 ID:bc+323+gO
女賢者「ごめんなさい…本当に…ごめんなさい…」

戦士「お前な、前衛が接近戦仕掛けてる時に全体魔法をぶっ放す奴があるか!?」

女賢者「…ご、ごめんなさい…」

戦士「爆風だけだったから転倒で済んだが…直撃してたら大事だぞ?」

女賢者「………」

戦士「呪文を使いこなそうとするやる気は認めるが、お前にはまだ…」

女商人「…戦士さん、そのくらいで…」

戦士「…女商人?しかしな…これは…」

女賢者「………」

622 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 13:47:11.24 ID:bc+323+gO
女商人「………」

女賢者「…怒って…ますよね?」

女商人「…そうね。呪文で魔物ごと吹っ飛ばされかけたんだもの。頭に来てるわ」

女賢者「す、すみません!わ、私そんなつもりじゃ…!」

女商人「…でも頭ごなしに怒鳴るつもりはないわ」

女賢者「……?」

女商人「…協力しようとしたんでしょ?非力な私じゃ魔物を一撃で倒せないものね」

女賢者「…は、はい…でも結局、邪魔しちゃって…」

女商人「はぁ…貴女には思慮深さと落ち着きが少し足りないのよ」

女賢者「…はい…」

女商人「…呪文はちゃんと魔物に対して唱えられたんだからもう少しよ」

女賢者「え…?」

625 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 14:05:48.24 ID:bc+323+gO
女賢者「あの…?」

女商人「…ポルトガで発破をかけて焦らせたのは私だものね。だから今回のことは大目にみてあげるわ」

女賢者「お、女商人さん…」

女商人「…でも次は無いわよ?」

女賢者「は、はい!次はきっと…!」

女商人「…ああ、それと…」

女賢者「……?」

女商人「…破けた服の修理代は100Gでいいわ」

630 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 14:27:19.48 ID:bc+323+gO
女賢者「修理…代?」

女商人「…実害については話は別。ほら、早く出しなさい」

女賢者「は、はい!…あ、でもその…今ちょっと手持ちが…」

女商人「…なら後で利子付きで寄越しなさい」

女賢者「…正規利率でお願いします」



『馬鹿野郎!だから前に出るなってんだろうが!』

『しかしな、俺は戦士だぞ?前に出なくてどうする?…お前がもう少しタイミングを遅らせるべきだろうが』

『いいや、お前がもたもたしてっからだ!敵は待っちゃくれねぇ!俺の呪文の詠唱が聞こえたらさっさと…』

『やめて下さいよ、喧嘩は…』

『はいはい、治療の邪魔ですよぉ~。ホイミ、ホイミ、ホイミ~』

『…ホイミ連呼しないでベホイミ使えよ。MPがもったいないだろ?』

『…あ、なるほど~』



戦士「………」

633 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 14:38:10.26 ID:bc+323+gO
戦士「………」

女商人「…戦士さん?」

戦士「…ん?もういいのか?」

女商人「…はい。私から言いたいことはすべて話しました」

戦士「そうか…」

女賢者「本当に申し訳ありませんでした…」

戦士「…いや。俺も少し熱くなり過ぎた…。終わったことを責めるより、次にどう活かすかを考えるべきだったな…すまん」

女賢者「い、いえ…あれは全部私が…」

戦士「…まぁ確かにタイミングは少し早かったがな。ミスを素直に認められる分だけ上出来だ」

女賢者「…次はあんなことにならないように気をつけます…」

戦士「そうしてくれ。…さて、日暮れまでそう時間もない。野営の準備でもしよう」

637 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 14:57:26.39 ID:bc+323+gO
アッサラーム 入口

ワイワイ…ワイワイ…

女商人「…これがアッサラーム…」

戦士「独特の雰囲気と活気があるだろ?旅の商人が多く集まるが…ぼったくりも多い。買物をするなら…」

女商人『…金のネックレスが16000G?貴方、私をナメてるの?』

露天商『お、おお…お客さん、とても買物上手…』

女商人『…そう?ならこれくらいまで…』パチパチ…パチン…

露天商『えぇ!?お客さん、いくらなんでも…!』

戦士「…どうやらなんの心配もなかったようだな」

女賢者「…暑い…み、水を…」フラフラ…

戦士「ああ、水飲み場はこっちだ。…もう少し頑張れ、だらし無いぞ?」

女賢者「…そ、そう言われても…日差しが…」

667 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 18:03:16.78 ID:bc+323+gO
宿屋

女商人「………」チャラ…

女賢者「どうしたんですか、それ?」

女商人「…昼間、露天商から買い叩いて手に入れたんだけど…男物だったの」

女賢者「へぇ…露天商さんもかわいそうに…」

女商人「…吹っかけて来たのは向こうよ。それに…」

女賢者「はい?」

女商人「一応、仕入れ値よりは120Gくらい高く買ってあげた…はずよ」

女賢者「…ほとんど儲けなんかないじゃないですか…」

女商人「…でもどうしようかしら…」

女賢者「男物なら戦士さんは装備出来るんじゃないでしょうか…?」

女商人「………」チャラ…

670 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 18:10:04.91 ID:bc+323+gO
戦士「え?俺に?」

女商人「…値切り合戦の末、手に入れたのですが、私は装備出来ませんので…」

戦士「ああ、あの時のか…しかし珍しいな。女商人が無駄な買物するなんて…」

女商人「…少しムキになってしまいました。なんとしてでもあのぼったくり商人の泣き顔が見たくて…」

戦士「そ、そうか…。しかし俺はもうほしふるうでわを装備してるしな。いまさらきんのネックレスは…」

女商人「…950Gではどうでしょうか?」

戦士「…なに?」

女商人「…不満でしょうか?では900Gでいかがでしょう?…日頃、お世話になっております、戦士さんといえど、さすがにこれ以上は…」

戦士「ちょっと待て。…売り付けるつもりなのか?」

女商人「…無駄な買物にはしたくないのです。…でも本当に良心的な価格ですよ?」

戦士「………」

674 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 18:17:30.55 ID:bc+323+gO
戦士「………」

女賢者「どこか行くんですか?」

戦士「ああ、ちょっと酒場に飲みにな」

女賢者「酒場…」

戦士「この暑さだ。冷えたビールがさぞうまいだろうと思ってな。…それじゃ後は…」

女賢者「あ、なるほど!良いですね!私もついてって良いですか!?」

戦士「お前も?…いや、この街の酒場は…何と言うか…その、だな…」

女賢者「ビール、ビール、ビール!」イソイソ…

戦士「…まぁ良いか。ただのショーだしな」

686 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 18:30:27.11 ID:bc+323+gO
酒場前

ワイワイ…ワイワイ…

女賢者「ずいぶん盛況してますね…」

戦士「昼のアッサラームが商人の街だとするなら、夜のアッサラームは酒場の街だ。これを目当てにこの街にくる客もいるくらいにな」

女賢者「へぇ…あ、それなら女商人さんも誘えばよかったですね?さっき帰ってきた時、元気がありませんでしたし…」

戦士「…アレ買わなかったからなぁ…」ボソッ…

女賢者「え?」

戦士「いや、なんでもない。…それと入る前にひとつ言っておく」

女賢者「…はい?」

戦士「中で行われてるのはショーだ。それ以外のなにものでもないが…」

女賢者「………」

戦士「…お前には少し刺激的過ぎるかもしれない」

女賢者「はあ?…よくわかりませんが、とにかくすごいってことですか?」

戦士「まぁ、そんなところだ。たぶん」


692 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 18:59:57.51 ID:bc+323+gO
ドン!ドコドン!ドコドコドコ…

女賢者「………………」

親父「ヒュー!いいぜ、踊り子ちゃあん!!」

老人「ちょっとだけ…ちょっとだけで良いんじゃあ!冥土の土産にそのかわいいお尻を触らしてくれぇ!」

戦士「ビールを二つ頼む」

女賢者「…なっ…」

若い男「ババア!俺だ!結婚してくれ!」

ババアと呼ばれた踊り子『誰がババアよ!誰が!』

ヒゲの親父「も、もう少し…もう少しで…!」グググ…

女賢者「なんなんですかこれはぁぁ!?」

ズンチャ!ズンチャ!ズンチャ…

696 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:13:45.15 ID:bc+323+gO
ズンチャ!ズンチャ!ズンチャ…

ハゲた親父『うるせぇぞ、バカヤロー!』

女賢者「あ…す、すみませ…」

親父『あんだとコラ!こちとら金払ってんだよ!何を楽しもうが勝手だろうが!あぁん!?』

女賢者「………」

ハゲた親父『いやらしい目で踊りをみるなって言ってん…』

ターラリラー!

ハゲた親父『はっ!?』

親父『はっ!?』

司会『えー、続きましてアッサラームが誇る……』

親父ズ『待ってましたぁ!』

ウヒョー!

700 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:20:27.65 ID:bc+323+gO
ドン!ドコドン!ドコドコドコ…

戦士「ふー…うまい」グビ…

女賢者「せ、せせせ戦士さん!?なんなんですか、ここは!?」

戦士「酒場だ。ショー付きのな。言っただろ?刺激的だって」

女賢者「こ、こんなハレンチなものとは聞いてませんよ!?」

老人「お嬢さんや、ハレンチとはずいぶんな言いようじゃのぅ」

女賢者「貴方は…誰ですか?今ちょっと取り込み中なので…」

老人「そんなことではせくしーぎゃるにはなれませんぞ?」

女賢者「そんなものなりたくありませんよ!」

705 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:35:12.22 ID:bc+323+gO
アッサラーム 入口

女商人「………」

女賢者「………」

戦士「…お前ら、そんなにショックだったのか?」

女商人「…私のお金が…お願いします、900Gで良いんです…」

戦士「………」

女賢者「…あのかっこよくて頼りになる戦士さんがむっつりスケベだったなんてショックですぅ…」

戦士「人聞きの悪いことを言うな。あれはショーであって、いかがわしいものじゃない」

女賢者「…でもあの酒場のスターとか言う人からキスされてましたけど?」

戦士「あ、あれは…何と言うか…」

女賢者「…むっつりじゃないですか…」

戦士「…そう思いたいならそう思え。俺はもう知らん」

707 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:47:42.78 ID:bc+323+gO
ノルドの洞窟 入口

戦士「ここだ。この奥がバハラタへの抜け道へ通じている」

女商人「…お宝はありますでしょうか?」

戦士「残念だがないだろうな。…もういい加減諦めろ」

女商人「嫌です。なんとかして損失分を…」

女賢者「…失ったものは返って来ないんですよ、女商人さん…」

戦士「しつこいな、まったく…ん?」

『不本意ですぞ!不本意ですぞ!』ザッザッ…

戦士「ああ?」

僧侶「ホビットめぇ!聞く耳ももたんとは…うむむ…む?」

711 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 20:01:29.39 ID:bc+323+gO
女賢者「あのー…あなたは誰ですか?」

僧侶「あわ!?わ、私は旅のそ、そそう…い、いや、僧侶」ワタワタ…

戦士「僧侶?僧侶がなんでこんな所にいるんだ?」

僧侶「貴方達は冒険者の方々ですね?話をする前に少しお祈りをさせて下さい…」

女商人「…そんなものいらないから、さっさと話しをしてくれないかしら?」

僧侶「ああわ!?あ、貴女の胸に希望あ、あれ。あ、アーメン…」ワタワタ…

女商人「…それ、どういう意味?」

僧侶「い、いいや…と、特に深いい意味はは…」オドオド…

戦士「…一体、なんなんだ?コイツ…」

716 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 20:18:43.61 ID:bc+323+gO
女賢者「先程から様子が変ですが…大丈夫ですか?」

僧侶「えひゃ!?え、えぇと…お、オッケー☆…み、みたいな?」

女商人「…頭は平気じゃなさそうね。かわいそうだけど」

僧侶「あ!?あばばば…」ワタワタ…

戦士「本当に大丈夫か?予備のキメラの翼をやるからひとまずどこかの街に帰還したらどうだ?」

僧侶「そ、それには及びません。大丈夫です…」

戦士「にしてはすごい取り乱し様だったが…」

僧侶「実は私、あまり女性の方に慣れておりませんで声などかけられようものなら…」

女商人「…どうなってしまうのかしら?」スッ…

僧侶「ばえっ!?わ、わわわ私にち、ひひかれるなぁあ!?」ババッ!

女商人「…誰が貴方なんかに」

僧侶「うぼあわわわ!?」

戦士「…おい、女商人…」

女賢者「これは…ずいぶんとひどいですね…」

727 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 20:34:57.81 ID:bc+323+gO
戦士「お前さんもノルドの抜け道を通りに来たのか」

僧侶「はい。ダーマへ行くために旅をしてきたのですが…」

女賢者「え?ダーもが?」

女商人「…ダメよ。ほら…」

僧侶「南無三ッ!エィアア!!」ゴッ!ゴッ!

戦士「お、おいやめろ!頭から血が出てるそ!?」

女賢者「………」

僧侶「だ、大丈夫です。ホイミ使えますから…」ポゥ…

戦士「…そういう問題じゃないだろ」

735 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 20:44:57.62 ID:bc+323+gO
戦士『なるほど、一人旅か…そりゃ厳しいな』

僧侶『はい。聖水をありったけもって、他経路からダーマへ向かおうというのは無謀と知りまして…』

戦士『アッサラームの抜け道に目を付けたのか…』

僧侶『えぇ…しかし…』

女賢者「暇ですね…」

女商人「…そうね」チャラ…チャラ…

女賢者「……?」

女商人「…なによ?」

女賢者「ああー!!」テッテレー!

739 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 20:50:31.67 ID:bc+323+gO
僧侶「ひぃぃいいああぁぁ!?…な、南無三ッ!キェエエ!!」ゴッゴッゴ…

戦士「…女賢者…お前…」

女賢者「ご、ごめんなさい…で、でも良いこと思い付いたんです!」

女商人「…却下」

女賢者「え!?ちょっ、ちょっと、少しは聞いてくれても…」

女商人「…どうせ、ろくなことじゃないでしょ?」

女賢者「ううっ…!」

戦士「はぁ…とりあえず話してみろ」

女賢者「は、はい!」

僧侶「うあああー!!」ゴッゴッゴ…

741 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 20:58:16.36 ID:bc+323+gO
女商人「…きんのネックレス?これ?」チャラ…

女賢者「はい。家の図書館で読んだことがあるのですが、装飾品は精神に影響を与えるものが多いそうです」

女商人「…家に図書館…」

戦士「それは知っているが…女商人のネックレスで性格を変えようってのか?」

女賢者「そうです!…そのきんのネックレスの性格補正は…『むっつりスケベ』!これなら女性苦手と打ち消しあって私達も平気になるはずです!」グッ!

戦士「………」

女商人「………」

女賢者「…え?だ、ダメですか?」

753 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 21:07:20.71 ID:bc+323+gO
戦士「…いや、悪くない…悪くないな」

女商人「…そうですね。思ったよりまともです」

女賢者「なんだろう…ちょっと認められた気がするのにあまり嬉しくない…」

戦士「やってみる価値はありそうだ。おーい!」

女商人「………」

女賢者「な、なんですか?その目は?」

女商人「…ちょっと貴女のこと見直したわ」

女賢者「え?…お、女商人さん…ぅ…」

女商人「…ずっとお友達でいましょうね?」

女賢者「え…は、はあ?」

女商人「…そのうちお家に招待してくれると嬉しいんだけど…」

女賢者「…良いですけど?どうかしたんですか?」

女商人「…別に…なんでもないわよ?」

女賢者「……?」

780 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 21:46:58.95 ID:bc+323+gO
僧侶「…これで良いんですか?」

戦士「そのはずだが…ちょっと試してみるか。女賢者、頼む」

女賢者「は、はい…えーと…」

僧侶「うっ…」タジ…

女賢者「あ、大丈夫ですか?」

僧侶「な、なんともない…なんともないぞ!」

女商人「………」

女賢者「やりましたね!成功です!」

僧侶「ありがとう…本当にありがとうございます!」チラッ

783 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 21:50:21.16 ID:bc+323+gO
女商人「…どこにお礼してるのかしらね?これじゃただのスケベじゃない」

戦士「まぁ、男なんてそんなもんだろ。案外この男も元々…」

女商人「…ああ、そういえば戦士さんもむっつりスケベという話ですものね」

戦士「…まだ言われ続けるのか…それ」

僧侶「こ、こんどは話すだけじゃなく…て、手とかに触れても平気かどうか…」ハァハァ…

女賢者「え?…い、いやですよ…」

僧侶「しかし、もし歩いているときに手が触れてしまった時にあの症状が出てしまうと…」ハァハァ

女賢者「い、いや!ちょっと…きゃあ!?」

792 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 22:00:07.39 ID:bc+323+gO
僧侶「本当に…ハァハァ…すみませんでした…ハァハァ…」

女商人「…これからはスケベと変態の境を見誤らないようにすることね」ピシッ!

僧侶「はうっ…!」

女賢者「女商人さん、ありがとうございます…!私、ほんとに怖くて…!」

女商人「…良いのよ。友達じゃない」

女賢者「女商人さんん…」ヒシッ!

戦士「おい、いつまでも遊んでないで行くぞ?」

僧侶「あ、しかしこの先にはノルドという意地の悪いホビットがいまして…」

女商人「…黙りなさい」ピシッ!

僧侶「はうっ!…ぅありがとうございます!」

808 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 22:10:08.00 ID:bc+323+gO
僧侶「え!?貴方は通り抜ける方法をご存知なのですか!?

戦士「ああ、たぶんな」

僧侶「…なんという奇跡!地獄に女神とはまさにこのこと!よろしければ…」

女商人「…却下」

女賢者「却下です」

僧侶「そ、そこをなんとか…」

女商人「…却下」

女賢者「絶対ダメです!」

818 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 22:19:34.69 ID:bc+323+gO
僧侶「うむむ…」

女商人「…でも」

女賢者「でも…?あ!まさか…!」

僧侶「ああっ…!やはり女神様はそこに…」

女商人「…有り金絶対くれるなら考えても良いわ」

僧侶「…え?」

女賢者「…やっぱり…。女商人さん、お金よりも清い体の方が大事ですよぉ…」

女商人「…大丈夫よ。躾はちゃんとするもの」

女賢者「無理無理無理無理です!…男は獣って本で読みました!野生の獣は人に躾られても本能を忘れたりはしないんですよ!?」

戦士「…どうでもいいから先進ませてくれ…頼む…」

830 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 22:29:24.59 ID:bc+323+gO
ノルドの洞窟

女賢者「この洞窟は壁に松明がたくさんあって探索しやすいですね」

戦士「奥にホビットが住んでるからな。そいつが照らしてるんだろう」

女賢者「ノルドさんでしたよね?私、ホビットって初めて会うんですが…」

僧侶「なぁに。ただの小さいおっさんですよ」

女賢者「………」

僧侶「ん?」

女賢者「…絶対にこれ以上近寄らないで下さいね?」

僧侶「わかっておりますとも。うたぐり深いお嬢さんですねぇ…」

女賢者「なら…良いんですが」

女商人「…あれですか?」

戦士「ん?ああ、そうだな」

847 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 22:39:27.51 ID:bc+323+gO
ノルド「なんじゃ?また来たのかね?いくらこようとむだむだ…さっ、出て行きなされ」

戦士「ちょっと待ってくれないか?ノルド」

ノルド「ん?…あんたはたしか…」

戦士「悪いがもう一度頼む。ポルトガ王の紹介状も用意してきた」

ノルド「ふむ…」

女賢者「ちっちゃい!ちっちゃいですよ!?本で見た通りです!うわぁ…!」

女商人「…機嫌悪くされたらどうするの?通してもらえるまでは黙ってなさい」

女賢者「は、はい…」

ノルド「全部聞こえておるがね」

女賢者「え、えーとこれは…」

ノルド「…まぁいい。ポルトガの王様の頼みでもあるし…知らぬ人でもない。さ、ついて来なされ」

女賢者「あ…ありがとうございます!」

856 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 22:44:16.24 ID:bc+323+gO
戦士「………」

ノルド「…前にここに来た時とはずいぶん顔ぶれが違うのだね?」

戦士「まぁ…いろいろあってな。しかし良く覚えていてくれたな」

ノルド「この洞窟に来る人間は数知れずだが、通って行く人間は稀だからね」

戦士「俺以外に…」

ノルド「うん?」

戦士「俺以外にここを通ったヤツはいたかい?」

ノルド「…いや、ここを二度通るのはだんなが初めてだね」

戦士「そうか…」

870 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 22:50:39.57 ID:bc+323+gO
ノルドの抜け道 バハラタ方面

ノルド「気をつけなされよ」

戦士「ああ、ありがとう」

女賢者「ありがとうございました」

女商人「…バハラタで補給をしてからすぐにダーマへ?」

女賢者「女商人さん、お礼くらい言いましょうよ…」

女商人「…ありがとう。これで良い?…それでダーマへはだいたいどのくらい…」

女賢者「…女商人さん…」

戦士「すまないな。あくの強いメンツで」

ノルド「前もそうだったね。楽しそうで良いじゃないか」

戦士「………」

僧侶「わ、私も話の仲間に入れてください!」

女商人「…却下」

886 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 22:58:51.12 ID:bc+323+gO
バハラタ

戦士「準備は良いか?とりあえずの目的地までもう一息だ、最後まで気を抜くなよ?」

僧侶「はい!」

女商人「…貴方はいらないんだけど」

女賢者「バハラタからダーマまでなら一人でも行けるんじゃないでしょうか?」

僧侶「いや…ここまで来たならあと少しくらい…」

女商人「…あと少しだから切り捨てるのよ。ここからならなんとか頑張れるでしょ?」

僧侶「………」

女賢者「短い間でしたがお世話になりました」ペコリ

女商人『…それを言うならお世話しました、でしょ?』

女賢者『あ、そうですね…』

僧侶「………」

893 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:02:42.87 ID:bc+323+gO
ダーマ

女賢者「着きましたね…」

女商人「…なんでこんな所に立てたのかしら?」

女賢者「確かに交通の便がすごく悪いですよねぇ…」

戦士「………」

女賢者「…戦士さん?」

戦士「そうか、着いたんだな…ここに…」

女商人「………」

戦士「旅ももう終わりだな…」

908 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:08:27.92 ID:bc+323+gO
戦士「そうだ…お前らは結局、何に転職するつもりなんだ?今まで聞いてなかったな」

女賢者「え…?私は…その、ここに来るのが目的だったので…」

女商人「…考えてなかったの?貴女らしいといえばそうだけど…無意味ね」

戦士「………」

女賢者「うっ…そ、そういう女商人さんはどうなんですか?」

女商人「…私?私は…」

女賢者「………」

女商人「…やっぱりやめるわ」

女賢者「え…?」

930 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:19:08.61 ID:bc+323+gO
女商人「…私はお金が欲しくて冒険者になったの」

女賢者「えぇ…わかります、すごく…」

女商人「…でも私こんなだから、旅商人としてはうまくやっていけなくてね。だからダーマを目指したのよ」

女賢者「………」

女商人「…だけど旅をしてくうちに少し自信がついたの。旅を始めた時からそんなに変わったとは自分でも思わないんだけど…不思議ね」

戦士「………」

女商人「…だから私は転職しないわ。…せっかく揃えた装備を新調するのももったいないしね」

女賢者「…それが一番の理由なんじゃ…」

女商人「…かもしれないわね、ふふ…」

939 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:23:13.70 ID:bc+323+gO
女賢者「あ…戦士さんはどうするんですか?」

戦士「俺か?俺は…」

女商人「………」

戦士「…転職しようと思う。初めはそんな気なかったんだがなぁ…」

女商人「…仲間を探していたんですか?」

女賢者「…仲間?私達じゃなくて?」

戦士「いや、正確には待っていた、だな。俺は先に進めなかった。他の連中と違ってな…」

952 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:30:45.90 ID:bc+323+gO
女商人「…どうしてバラバラになってしまったんですか?」

戦士「…いつかカンダタもどきを捕まえたことがあっただろ?あれと同じだ。リーダーがいなくなって瓦解した…脆いもんさ」

女賢者「………」

戦士「残された者達はアリアハンに集まり、リーダーの帰還を待った。だが…リーダーは帰っては来なかった」

女商人「………」

戦士「他の二人はしばらくして他の道を歩き出したが、俺だけは諦めが悪くてな…こいつに連れ出されるまでずっと…」

女賢者「…戦士さん…」

965 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:43:17.43 ID:bc+323+gO
戦士「ありがとな…」

女賢者「…え?えぇ?」

戦士「女商人も…」

女商人「………」

戦士「いろいろ面倒かけさせられたが、おかげで踏ん切りがついた…」

戦士「お前らの旅に付き合ったことは俺の新しい一歩だったんだと気がついたんだよ。…情けない、引っ張っているつもりが引っ張られてたんだからな…」

女賢者「そんなこと…戦士さんがいなかったら私達…」

戦士「まぁ、戦闘やら探索やらはなぁ。気持ちのことだ、気持ちの」

女商人「………」

戦士「だから転職する。新しい一歩を今度は自分の足で踏み出すためにな…」

971 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:50:14.53 ID:bc+323+gO
神官『次の方ー、次の方ないかー』

戦士「あいたみたいだな。…じゃあ行ってくる」

女商人「…転職したらレベル1からやり直しです。悔いのないよう…」

戦士「…そうだったっけなぁ…それさえなきゃ…」

女賢者「ま、まだ決まってないならゆっくり決めても…」

戦士「ん?ああ、もうなりたい職業は決まってるんだ。心配ない。それより…」

女賢者「はい?」

戦士「レベル1になっちまったらよろしく頼む」

戦士「また…アリアハンからな…」

終わり
関連記事

Comment


(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

DVD

絶対美少女48人!厳選素人4時間 GLAM PLUM BEST [DVD]

好きで好きで、すきで HD [Blu-ray][アダルト]

つぼみのパイパン極小モザイク [DVD][アダルト]

秘蔵ロリパイパン200分 [DVD][アダルト]

ある日突然モテ男に変身!?オッパイだらけの夢のハーレム性活 さとう遥希 つぼみ 愛原さえ 北川瞳 [DVD][アダルト]

中出し痴漢バス女子校生 つぼみ [DVD][アダルト]

牧瀬みさ 初中出し天国 [DVD][アダルト]

SOFT ON DEMAND 男性ユーザー100万人が選んだ!確実にヌケるガチンコ素人お嬢さん2010年間BEST.20 [DVD][アダルト]

ギリグラ!! 秘宝館 北川りな [DVD]

ギリグラ!!秘宝館 相澤久美 [DVD][アダルト]

センチュリオン 青山佑香 [DVD][アダルト]

初裸 virgin nude カレン [DVD][アダルト]

ハックツ美少女 Revolution 桃川奈々 [DVD][アダルト]

モォ~娘 クリアホール 大容量ローション120ml付き

うぶばーじん

ペペローシヨン 360ml[アダルト]
Copyright © えすえす・SS管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。