スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まどか「さやかちゃんの体が幼女になっちゃった…」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 23:51:38.24 ID:hwHLtPjS0

 マミホーム
まどか「皆魔女を倒しに出てっちゃったけど…そろそろ帰ってくる頃かなあ…」
ガチャ

まどか「!」

まどか「み、皆!大丈夫だった?ってあれ?…さやかちゃんが居ない…?」

杏子「あ、ああ。いや、さやかが…」

まどか「さやかちゃん!?さやかちゃんがどうかしたの!?」

杏子「それが…」

まどか「も…もしかし…て…魔女の戦いで…そんな…」ポロ…

ほむら「いえ違うわ。美樹さやかは無事よ」

まどか「え?じゃあさやかちゃんは何処?」

ほむら「心配しなくてもここに居るわ」

ヒョコ…

幼さやか「ま…まどっ…かあ…」ヒックヒック

まどか「」
2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 23:53:48.57 ID:hwHLtPjS0

まどか「さやか…ちゃん…?なんでそんな小っちゃくなってるの?」

幼さやか「それはっ…ねっ…うく…」ヒックヒック

マミ「ああ…大丈夫よ。私が話すわ」

マミ「美樹さんはさっきの魔女の戦いの途中、魔女を攻撃を食らってしまったの…」

マミ「そうしたらよく分からないのだけれど、この通りの姿になってしまっていて…」

ほむら「美樹さやかを庇いながらの戦闘は危険だから撤退してきたのよ」

杏子「ったく油断しやがって…」

幼さやか「…っご…!ごめんなっ、さあい…」ヒックヒック

マミ「そんな責めないの!かわいそうでしょ!こんな小さい子に!」



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 23:56:10.66 ID:hwHLtPjS0

まどか「このさやかちゃん…中身まで昔のさやかちゃんに戻っちゃったの?」

ほむら「いえ。どうやら記憶はそのままよ。ただ混乱で小児相当のメンタルに戻っているみたい。そのうちに落ち着くでしょう」

まどか「へえ…だから杏子ちゃんにも言い返したりしなかったんだ…」

幼さやか「……っうく…」

マミ「あら、泣き止んだ?」

幼さやか「はい…まどか…アタシ、やってしまったよははは…」

まどか「さやかちゃん…でも死んだわけじゃなくてよかったよ…」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/29(日) 23:59:38.75 ID:hwHLtPjS0

QB「その通り。死んでないのなら多分あの魔女を倒せば元の姿に戻るよ」

まどか「QB!本当?」

QB「ああ本当さ。あの魔女は小児性愛が性質の魔女だったようだね」

杏子「小児性愛?」

QB「つまり第二次性徴期前の子供に興奮するということさ」

杏子「うへえ…理解できねえな…」

マミ「というより…魔女は皆元魔法少女じゃないの…同性愛者で小児性愛者ってどれだけの業を背負った人間なのよ…」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 00:03:10.31 ID:5mNCaJRj0

ほむら「とにかく、あの魔女を倒すまでは美樹さんはこのままで過ごすしかないわ」

幼さやか「そうだね…」

杏子「ところで…こいつは今大体何歳位なんだ?」

QB「正確なところは分からないけど…6、7才位かな」

杏子「はーん…小学校低学年かあ」

まどか「さやかちゃんすっごく可愛いよ!」

幼さやか「そう?まどぅかお姉ちゃんはさあかちゃんの魅力にメロメロかなあ?」フフフ

ほむら「軽口が叩けるのなら大丈夫ね。若干舌足らずなしゃべりだけど…」

QB「それもこの体に慣れれば大丈夫だろうね。そのうちしっかり喋れると思うよ」

杏子「とりあえず上がらせてもらうぞーはあー疲れた…」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 00:06:22.52 ID:5mNCaJRj0

ほむら「とにかく、あの魔女を倒すまでは美樹さんはこのままで過ごすしかないわ」

幼さやか「そうだね…」

杏子「ところで…こいつは今大体何歳位なんだ?」

QB「正確なところは分からないけど…6、7才位かな」

杏子「はーん…小学校低学年かあ」

まどか「さやかちゃんすっごく可愛いよ!」

幼さやか「そう?まどぅかお姉ちゃんはさあかちゃんの魅力にメロメロかなあ?」フフフ

ほむら「軽口が叩けるのなら大丈夫ね。若干舌足らずなしゃべりだけど…」

QB「それもこの体に慣れれば大丈夫だろうね。そのうちしっかり喋れると思うよ」

杏子「とりあえず上がらせてもらうぞーはあー疲れた…」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 00:06:53.75 ID:5mNCaJRj0

QB(…)

QB(皆に言っていないけれど…)

QB(美樹さやかは小児性愛が性質の魔女の攻撃で6、7才相当へ戻ってしまった…)

QB(もしかしたら、魔女の力で今の美樹さやかには接する者の小児性愛を誘発する力が宿っているのかもしれない…)

QB(…まあほぼ杞憂だと思うけど…)


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 00:10:10.81 ID:5mNCaJRj0

マミ「はーいご飯が出来たわー」

杏子「来たー!いっただきまーす!」

まどか「いただきまーす」

ほむら「いただきます」

幼さやか「いたらき…あれ?マミさん?アタシのご飯、やたら少ない気が…」

マミ「そりゃそうよ。いつもの量が食べられるわけないじゃない小学校低学年が」

幼さやか「うーん…なんか食べれそうな気がするけど…」

ほむら「無理よ。逆に詰め込みすぎて吐いたりしたら駄目だし…」

幼さやか「うーん…いたらきます…」

まどか「ふふ…さやかちゃん本当に可愛いなあ…」ウェヒヒ

ほむら「ええそうね…いつものきゃーきゃーとうるさい美樹さんよりよっぽどね」クス

幼さやか「なんらとー!」ウガー

杏子「ほらこぼすぞ!食べ物粗末にすんな!」


15 >>13やばい天使すぎる 2012/01/30(月) 00:13:15.85 ID:5mNCaJRj0

マミ「ふう…それにしても、あの魔女の結界を探して倒すまでの間、美樹さんはその姿、親には見せられないわね」

幼さやか「はい…」

杏子「まあお前ら今夏休みだろ?泊まりってことにしろよ」

幼さやか「あんたはここの居候だろうが!でもそうしたいなあ…マミさんいいですか?」

マミ「ふふ、もちろんよ」ニコ

幼さやか「よーし!メールで親に言っておこう!電話あと分かっちゃうだろうし」ポチポチ

まほマ杏(両手でケータイ持って一生懸命メール打ってる…か、可愛い…)プププ

幼さやか「な、なによー!」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 00:19:15.83 ID:5mNCaJRj0

まどか「ところで、せっかくなら私もマミさんちにお泊りしたいなあ…これも思い出になりそうだし…」

マミ「いいわよ。もう皆でお泊りってことにしちゃいましょう」

ほむら「まあ私は構わないわよ」

杏子「よーし!今日は皆で遅くまでゲームでもするか!?」

まどか「いいね!私のメタナイトに勝てるわけないけどね!」

杏子「ほざきな!アタシのガノンでぶっ飛ばしてやる!」

ほむら(こんなこと言っておきながら二人ともいつも私のフォックスの広く浅く戦法に敗れるのよね…)


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 00:26:09.92 ID:5mNCaJRj0

マミ「それならお風呂に皆入って頂戴。誰から入る?」

まどか「私は後でいいですよ。皆戦いで汗かいただろうし…」

杏子「じゃあ魔法少女組でじゃんけんだ!じゃんけん…って、さやかはどうする?」

幼さやか「大丈夫!ひといで入れる!」トン

杏子「そうか?」

マミ「大丈夫かしら…お風呂場で滑ったり浴槽で溺れたりしたら…」

幼さやか「大丈夫っていったらだいじょぶ!」

ほむら(性格がちょっと子供っぽくなってるような…)


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 00:28:36.27 ID:5mNCaJRj0

 「じゃーん!けーん!」

幼さやか「アタシが最初だー!」タタタ

杏子「なーんか心配だな…体の勝手が変わってるわけだし…」

まどか「うん…」




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 00:30:54.68 ID:5mNCaJRj0

風呂場
カチャ
幼さやか「いよーし!お風呂、お風呂♪」

幼さやか「おおー!シャワーヘッドの位置が高く見える!」

幼さやか「よいしょ…っとおゆ…この体あと動きが多くて大変だなー」

キュキュ…ジャバ!

幼さやか「ん…?あっち!あちち!!!」ツルッ

ドン!

幼さやか「すべった!いったい!そしてあつい!!」

幼さやか「だ、だれかー!たすけて!」ウワァァァァン!!


<ウワァァァァン!!
杏子「あーもーほら…さっそく泣き声が」

マミ「もう…やっぱり私が一緒に入ってくるわ…」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 00:33:12.10 ID:5mNCaJRj0

幼さやか「グス…ごめんなさい…」

マミ「もう…今の自分の体を自覚しなさいね?」

幼さやか「はい…」

マミ「ほら、体洗ってシャンプーしてあげる」ジャパ

幼さやか「おねがいします…」チャプ


マミ「それにしても綺麗な肌ねー…さすが小学生」コシコシ

幼さやか「えへへ…ありがたうございます…」

マミ「ほんとに…きれいな…」(あ…あれ?何故かしら…美樹さんの裸を見てたら…なんだか…)

幼さやか「ま…マミさん…?」

マミ(この…美樹さんの幼げでとぼけた表情…!すべすべしてぷにぷにの肌…!)ハァハァ

幼さやか「マミさん!」

マミ「ハッ…あ、ご、ごめんなさい…なんでもないのよ…」ハハ…

幼さやか「…?」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 00:35:30.91 ID:5mNCaJRj0

幼さやか「さっぱりー!」

まどか「あれ?さやかちゃん、そのパジャマは?」

幼さやか「昔のマミさんの服を貸してもらったの!」

マミ「はーやっぱりお風呂はいいわー。次の人ー…暁美さん!」

ほむら「ええ、入らせてもらうわ」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 00:37:13.75 ID:5mNCaJRj0

まどか「はーやっぱりお風呂はいいねー」

マミ「ふふ、鹿目さん、私と同じこと言ってる」

まどか「あれ?ほんとだ…」

ほむら「大体皆言うことって同じなのよね…」

杏子「よっしゃあ!ゲームだ!スマブラやんぞ!」

まどか「よーし!」

ほむら「ま、軽く遊んであげるわ」

まどか「そんなこと言って!よし、杏子ちゃん!今回は手を組もう!まずほむらちゃんを優先して攻撃!」

杏子「おう!コンビネーションだ!愛と勇気が勝つストーリーを見せてやろうぜ!」

ほむら「見える…見えるわ…二人の信頼関係が脆くも崩れる…そんなヴィジョンが…」

幼さやか「…」ウトウト


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 00:40:07.87 ID:5mNCaJRj0

マミ「あら?もしかして美樹さんもう眠い?」

杏子「はあ?まだ10時ちょい過ぎだぞ!」

幼さやか「だって…ちっちゃい頃は10時には寝てたもん…」ウトウト

マミ「そうね子供だもの…ここだと煩いだろうから私のベッド使っていいわよ」

幼さやか「あいがとうございます…」テトテト…


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 00:42:32.77 ID:5mNCaJRj0

杏子「てめー!ハンマーでアタシまで巻き込んでんじゃねーよ!」

まどか「杏子ちゃんこそ!さっきから攻撃当ててるのわざとでしょ!」

杏子「あー分かった!もうぶっ潰してやる!」

まどか「望むところだよ!」

ほむら「やっぱりね…」

マミ「暁美さん!ちょ、遠距離から銃で地味にダメージ与えてくるのやめてくれないかしら!?」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 00:46:43.63 ID:5mNCaJRj0

杏子「ふああ…もう寝るか…」

ほむら「そうね…」

まどか「そうだね…あ、さやかちゃんの寝顔見てみよーよ」

杏子「お、いいなーアイツのアホ面拝んでやる」シシシ

まどか「ウェヒヒ。さあ行ってみよー♪」


まどか「さーやーかーちゃん♪(小声)」

杏子「えー、今ー、さやかさんのー、寝室へきております(小声)」

まどか「あはは、杏子ちゃんそれ寝起きドッキリ?似てる似てる!」ウェヒヒ

ほむら「テンション高いわね…」

マミ「寝るとなったら急にテンション上がってしまうタイプなのね…多分」

幼さやか「…」スヤスヤ…


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 00:49:02.95 ID:5mNCaJRj0

まどか「どれどれー…か、可愛いよおー!これ!天使の寝顔だよ!」

杏子「どれ…へーコイツにもこんな時があったのか」

ほむら「子供の寝顔はどれも可愛いものね」

マミ「ええ…」

幼さやか「スー…スー…」

ま杏ほマ「……」

幼さやか「スー…スー…」

ま杏ほマ「………」ムラッ

ま杏ほマ「~~~!!!」ブンブンブン

ま杏ほマ(い、今何を考えてた!私!!)


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 00:55:45.41 ID:5mNCaJRj0

杏子「はあ…もう…さっさと寝ちまおう…」

ほむら「そうね…」

まどか「あれ?寝るとこどうしようか?」

マミ「布団を引っ張り出して皆雑魚寝ね。ベッドは美樹さんが使ってるし…」

杏子「アタシが使う布団は決まってるからな」

まどか「でもさあ…これ…あと一人分くらいのスペース軽くあるよね…」

杏ほマ「!!!」

まどか「私…が使っていいかなあ~?ベッドじゃないと寝つきが格段に落ちるんだ~私」

マミ「何を言っているの?ここは私の家なのだから私が使って当然でしょ?」

杏子「おいおい、今日一番戦闘で活躍したのはアタシだぜ?」

ほむら「あなた達は時間停止の間の私の苦労を見てないでしょう?私がベッドを使うわ」

杏子「…じゃんけんだ」

まほマ「…望むところ」

 「じゃーん、けーん…」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 00:58:45.23 ID:5mNCaJRj0

まどか「ウェヒヒ。私が勝っちゃいました~失礼しまーす…」

幼さやか「スー…スー…」

まどか「ああ…さやかちゃん可愛いなあ…見てるだけ癒される…」

幼さやか「ムニャムニャ…」

まどか「……」ス…

まどか「今日はぬいぐるみの代わりに…さやかちゃんだ…」ギュ

幼さやか「むー…」

まどか「ふふ…声まで可愛い…」

まどか「…」

まどか「………」

まどか「ちょっと位…大丈夫…だよね…!」スル…メクリメクリ


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 01:03:42.19 ID:5mNCaJRj0

まどか「ここ…これが…さやかちゃんの肌…すごい…絹みたいにすべすべ…」

まどか「ああ…全身撫で回しちゃおう…」ス…ス…

まどか「ウェヒヒ…将来あんな成長しちゃう胸も…この段階だとこんなちっちゃいんだね…」

幼さやか「ん~…」

まどか「!」ビク

幼さやか「んぅ…」スヤスヤ…

まどか「ホッ…」

まどか「首も綺麗…舐めちゃいたい…」

まどか「…」

まどか「……大丈夫でしょ…何もファーストキスを奪うわけじゃないんだし…」チロ…

まどか「ん…ん…」チロチロ

まどか「ああ…可愛い…可愛い…さやかちゃん…さやかちゃん…!」ペロペロ


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 01:07:43.20 ID:5mNCaJRj0

幼さやか「ん、ん~…?」

まどか「!」ビク

幼さやか「ま、まろか…?え…?な、なに…してるの…?」

まどか「こ、これは…そ、その…」アセアセ

まどか「!ふ…服!さやかちゃんったら寝返りで服が乱れてたから、私が直してあげてたの!」

幼さやか「そ…そうなの…?」

まどか「う、うん!そうだよ?」アセアセ

幼さやか「え…なんか…首のあたり…なんか濡れてるんだけど…」

まどか「そ…それ…汗でしょ!汗!他のとこは服に吸われたんだよ!」(く…苦しいかな…?)

幼さやか「…そうなんだ…」

まどか「そうだよ!」(いよし!頭が完全に起きてないから上手く考えることが出来てない!)

まどか「ほら直してあげるから、寝て!寝て!朝はまだだよ!」

幼さやか「?うん…ありがとう…」

まどか「ホー…」

まどか(危険だ…ていうかなにやってんの私…私ももう寝てしまおう…)


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 01:09:32.31 ID:5mNCaJRj0

 朝
幼さやか「…」

幼さやか「…む…」パチ

幼さやか「ふああ…朝か…起きよ…」

まどか「…」スヤスヤ…

幼さやか(ははは。まどかはまだ爆睡中か)

幼さやか「よっ…と…」(結構段差がキツイなあ…)トン

幼さやか「顔洗おーと…っ」テトテト… 「…てアレ?ほむら?早いね?」

ほむら「なるべくリズムは崩したくないの」ジャバジャバ

幼さやか「えらいなーアタシなんか寝たいあけ寝るからなー」アハハ…

ほむら「…」(昨日のアレはなんだったのかしら…美樹さやかの寝顔を見てたら…なんだか…)

幼さやか「?どうかした?」

ほむら「なんでもないわ。はい濡れタオル」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 01:12:18.70 ID:5mNCaJRj0

幼さやか「おーありがとー」ニコー

ほむら「…!」クラッ

ほむら(だ、駄目よ!暁美ほむら!あなたはまどか一筋のはずでしょう!?)

幼さやか フキフキ… 「…ふうう!すっきりーはいタオル返すー」ニッコー

ほむら「…!!」グアーン!

ほむら「…」ヒュオン!…スポッ

幼さやか「あれ?ほむら?な、なんでそのタオル盾の中にしまって…?」

ほむら「いえ。これは実は私が家から持ってきたものだから」

幼さやか「いやでもアタシら戦いの後直でここ来たじゃん…」

ほむら「じゃあ元々盾に仕舞ってたのよ」

幼さやか「じゃあって言ったあろ今!」

ほむら「もう細かいことはいいじゃない…ほら…お着替えさせてあげるから…」

幼さやか「い、いいよ!普通の小学生ももう一人で着替えるよ!」

ほむら「いいから」

幼さやか「いいからって…」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 01:14:08.13 ID:5mNCaJRj0

ほむら「お姉さんに甘えなさいほら!」ガバッ

幼さやか「いやあ!何すんだよ!」

ほむら「だ…か…らっ…!着替えさせてあげるって…言ってる…のっ…!」グイグイ

幼さやか「目が!目が怖いよほむら!」

ヌガシッ!!

幼さやか「うわあ!!」

ほむら(ふ…ふふ…これが…さやかタソの…肌…)ハァハァ


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 01:16:54.49 ID:5mNCaJRj0

幼さやか「ちょ、ちょっと!着替えさせるんなら早くしてよ!何ジーっと見てんの!」

ほむら「いいじゃない…別に…子供の…ましてや同性の裸よ…?」ハァハァ

幼さやか「だって目え怖いし!なんか鼻息荒いし!」

ほむら「大丈夫、大丈夫…さあ、下も脱がなきゃ…フヒヒ…」ハァハァ(さやかタソさやかタソさやかタソ)

幼さやか「もうやだー!ゆるしてー!」ウワアア!

マミ「ちょっと暁美さん!?何してるの?」

幼さやか「ま、マミさん!」テトテト…

ほむら「チッ…」ギリッ

幼さやか「こ、コイツが、コイツが…アタシに変なことしようと…」グスグス

マミ「ほんとなの!?暁美さん!?」

ほむら「いいえ。それは誤解よ。私はたださやかタ…美樹さんの着替えを手伝ってただけ…」ファサァ


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 01:19:36.07 ID:5mNCaJRj0

幼さやか「う、嘘!だっ、て…明らか、にぃ、目線とか鼻息とか…おかしかった、もんん…」グスグス

ほむら「く…これ以上は水掛け論にしかならないわ。私は先にリビングにいかせてもらうわよ」スタスタ

マミ「あ、こら…行ってしまった…」

幼さやか「…」グスグス

マミ「はい、泣き止んで?早く着替えましょう?」

幼さやか「はい…」


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 01:22:01.61 ID:5mNCaJRj0

リビング
まどか「ふああ…おはよう…」

杏子「…っす…」

マミ「あら二人とも起きたわね。朝ご飯にしましょう」


ほむら「美樹さん、さっきはごめんなさい。ちょっと力加減を誤ってあなたに有らぬ誤解を与えてしまったわ…」カチャカチャ

幼さやか(う、嘘つけ…)モグモグ

まどか「いやーそれにしてもまだ眠いなー…」

杏子「昨日遅くまで起きてたからなー」

マミ「でも人の家に泊まりだとなぜか早く起きちゃうのよね」

まどか「そうそう!ありがちですよねそれ!」

幼さやか「…」モクモクモクモク

まどか(…黙って食べてるさやかちゃんも可愛いなあ…そうだ!)

まどか「さやかちゃん!あーん!」

幼さやか「へ?」


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 01:23:53.53 ID:5mNCaJRj0

まどか「ほら、食べさせてあげる!口開けて!」

幼さやか「い、いやいいよ…」

ほむら「待ってまどか。私があーんさせるわ。私こういうの得意なの」

まどか「駄目!私がやるの!はいあーん!」

幼さやか「う、うん。まあいいけど…あー…」

ほむら「!駄目よ。オッチョコチョイのまどかだとそのままスプーンで美樹さんの喉を貫く可能性があるわ」ガシッ

まどか「いやいや貫かないよ!どれだけの勢いであーんさせてるのそれ!」

マミ「じゃあ私があーんさせるわ。はいあーん…」

まどか「あ、マミさんズルイ!私がやるんですって!」

マミ「この料理は私が作ったの。だから私が優先されるべきよ」キリッ

まどか「わけが分からないよ!」

幼さやか「もうなんなの…」


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 01:27:24.06 ID:5mNCaJRj0

ギャーギャー
杏子「…ほら。さやか。あーん」

幼さやか「え?」

杏子「だから、あーん」

幼さやか「あ、うん。あーん…」パクッ

杏子「…うまいか?」ニッ

幼さやか「う、うん///うまい!」

まほマ「ちょ、ちょっと!?何抜け駆けしてるの!?」


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 01:30:08.83 ID:5mNCaJRj0

「ごちそうさまでしたー」

マミ「はーいお粗末さまー」

まどか「さて今日は何しようか?」

幼さやか「あ、アタシゲーセンいきたい!ゲーセン!」

杏子「いいな!…ってお前それじゃいけねーじゃん」

幼さやか「あ…そっか。もし知り合いに見られたらめんどくさそうだね…」ショボン

まどか「そっかあ…じゃあまた皆でここで過ごそうか」

幼さやか「ごめんね…アタシがこんな姿になったばっかりに…」

まどか「そんなに気にしないでさやかちゃん」ニコ

杏子「…いいよ。アタシがコイツのお守りしてやるから皆遊んでこい」

幼さやか「え?アンタいいの?こういうのアンタが一番楽しみにしてるのに」

杏子「いいよ。一緒にいてやるよ。ひとりぼっちは寂しいもんな」

杏子(つーかこんなちっちゃくて可愛くなったさやかと二人きりになれるチャンスを逃すわけねーだろ!)


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 01:34:08.53 ID:5mNCaJRj0

まどか「じゃあいってきまーす!」

杏子「はいよー。ほむらとマミは夜あの魔女と戦うんだからあんま体力使うんじゃねーぞー」

バタン

杏子「さーて行ったか…ま…することもねーし、ごろごろすっかなあ…」

幼さやか「えー何言ってんのさ!遊ぼーよ!アタシだけ昨日ゲームしてないんだよ!」

杏子「う?うーん…そうか…でも二人でスマブラかあ…」

幼さやか「いいじゃん!やろーよー」

杏子「あー分かった分かった。やってやるよ」(や、やっぱかわいいな///)

幼さやか「よっしゃ!」


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 01:35:57.40 ID:5mNCaJRj0

幼さやか「…つまんなーい!」コテ

杏子「だから言っただろーが。こういうのは皆でやるからいいんだよ」

幼さやか「ブー…ていうかアタシの手今ちっちゃいからコントローラーが上手く使えないんだよー」

杏子(必死で手え動かしてたな・・・やべ思い出したら笑えて来た・・・)プププ

幼さやか「何笑ってんだよ!おりゃー!」コチョガシ!

杏子「あ、あははは!す、すまん!悪かっ、うひひひひ!!」ゴロゴロ

幼さやか「この体だと小回りが利くんだよー!」コチョコチョー!

杏子「か、勘弁!勘弁!ひゃひゃひゃひゃひゃ!」


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 01:38:35.94 ID:5mNCaJRj0

杏子「はー笑いすぎて喉渇いた…」

幼さやか「アタシもー冷蔵庫開けていい?」テトテトテト…

杏子「おーう。アクエリあるから」

幼さやか「あいよー…て…こんな高いのか…冷蔵庫の扉」バカッ

杏子「ひゃはははは!冷蔵庫開けるにも大変だな!」

幼さやか「うるさい!笑うな!」


杏子「ップァ!…あーうまい!」

幼さやか「おっさん臭いなーもう…」ゴクゴク

杏子「いやーそれにしてもさっきのこちょがし、ちっちゃくてもさやかはさやかだな!」

幼さやか「ふふん!小学校のころは昼休みはサッカーしたり、いじめっ子ぶっ飛ばしたりで女子にモテモテのイケメン小学生だったんですからねっ」キリッ

杏子(そんなだからコイツあの坊やに意識されないでフられたんじゃないのか…)


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 01:41:10.05 ID:5mNCaJRj0

 昼下がり
杏子「あー暇だな…」

幼さやか「うん…」ウトウト

杏子「あれ?もしかして眠いのか?」

幼さやか「うん…この体だとなんか眠くなる…」ウトウト

杏子「じゃあほらソファで昼寝しとけ」

幼さやか「…杏子、あんた寝かしつけてよ」

杏子「は、ハァ!?何言ってんだお前!?」

幼さやか「…いいから」

杏子「し、しょうがねえな」

幼さやか「えへへ///」


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 01:43:04.05 ID:5mNCaJRj0

杏子「ほら、ここに寝ろ」ポンポン

幼さやか「うん!」ボスッ

杏子「はーいいい子いい子」サスサス

幼さやか「なんか気持ちが篭ってない!」

杏子「何だようるせえなあ…いい子~いい子~」サスサス

幼さやか「ふふふ///」

杏子(なんか妙に甘えてくるな…あ、そういやほむらが混乱で子供メンタルに帰ってるとか言ってたっけ…そのせいか…)


幼さやか「…」スピー

杏子「あっさり寝ちまったな…」

杏子(…やっぱ寝顔可愛いなコイツ…)

杏子(……)ムラ

杏子(今コイツに何かしても大丈夫か…?)

杏子(どうせコイツ多少のことで起きなさそうだしな…)


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 01:45:51.78 ID:5mNCaJRj0

杏子(…)

杏子(いや…やめとこう)

杏子(そんなことするのも気分よくねーしな)

杏子(さやかも寝てる間にそんなことされたって知ったらアタシを嫌うだろうし)

杏子(こんなちっちゃい子供相手に変なこと考えて…どうしちまったんだアタシ)

杏子(そういうことすんならお互い了承の上で…って何考えてんだよ!)

杏子(まー確かにコイツのことは好きだけど…って違う違う!!)

杏子(…はーなんか頭ン中がこんがらがってきた…)

杏子「…」

杏子「…」スピー


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 01:47:51.55 ID:5mNCaJRj0

杏子「…ん」パチ

幼さやか「お、起きたなー寝ぼすけ!」

まどか「あんまり寝てないからねー今日」

杏子「ああお帰り…今…何時?」ムクッ

ほむら「夕方よ。昨日の魔女を片付けに行くわよ」(さやかタソを抱いて寝るなんてうらやましいことしやがって…)ギリッ

マミ「アタシと暁美さんは準備できてるわ。佐倉さんも準備して」

杏子「ああ…」


杏子「んじゃあ、いってくらあ」

まどか「いってらっしゃい。気をつけてね…危なかったらすぐ逃げてね!」

幼さやか「アタシの仇を取ってくれー」
バタン


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 01:49:51.33 ID:5mNCaJRj0

 とある路地
ほむら「ここね…例の魔女」

杏子「うし!…結構強い奴だったし、気合入れていくぞ!」

マミ「ええ!」


 魔女結界内(魔女名:オマエラ)

魔女「フヒヒヒwwwwフォカヌポォwww」ズババババ

杏子「くっ…」

マミ「大丈夫!?佐倉さん!?」

杏子「ああ…当たってはねえよ」

ほむら「やはり強いわ…これがロリコンパワーなの…?」


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 01:53:09.81 ID:5mNCaJRj0

 後半戦
魔女「フォカ…ヌ…」

杏子「うし…弱ってきたな…後は殆ど止めだ…」

ほむら「ええ…いい連携だったわ」

マミ「そうね。段々私たちの息も合ってきたわ」

杏子「よっしゃ!アタシがぶっ潰してやる!」


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 01:56:15.99 ID:5mNCaJRj0

杏子「…いや待て」

ほマ「…?」

杏子「アイツを倒しちまうと…さやかの奴…元に戻るのか…」

ほマ「あ…」

 「…………」

ほむら「ぐ、ぐわあああああ!さっき受けた打撃が今になって効いてきたああ…!ボディブローのようにい…!もう逃げる体力位しかないわ…!」

杏子「あ、アタシも実は接近戦で体力消費して止め刺す程の力があああ…!」

マミ「あ、アタシも…アタシも…えーと、ひ、膝に水がああ!」

 「…………」

杏子「今日のところは引くか…昨日も引いたけど…」

ほむら「そうね…これだけ弱っているなら暫く体力回復しか出来ないでしょう…」

マミ「じゃあ暁美さん時間停止頼むわ…」


QB「…わけがわからないよ」


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 02:00:08.59 ID:5mNCaJRj0

 マミホーム
ガチャ
まどか「帰ってきたね!」

幼さやか「え…?でもアタシの姿このままだよ?」

杏子「いやーすまん。予想外に強くて今日も引いてきた…」

幼さやか「ええ~?」

マミ「明日こそはぬからないわ。まあご飯にしましょう…」


107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 02:01:34.99 ID:5mNCaJRj0

 「ご馳走様でした!」

マミ「はーいお粗末さまー」

マミ「で、お風呂だけれど…」

杏ほま「!!!」

ほむら「アタシがさやかタ美樹さんをお風呂に入れるわ!!」ガタッ!

幼さやか「ひいいっ!?いいよ!昨日のでもう慣れたから一人で入れる!」ブルブル

ほむら「いえ!危ないわ!誰かがそばに居ないと!!」ガシッ ハァハァ

まどか「やめてよほむらちゃん!さやかちゃん怖がってるじゃん!アタシが入れる!」バン!

ほむら「駄目よ。オッチョコチョイのまどかだとシャワーヘッドで美樹さんの喉を貫く可能性があるわ」

まどか「さすがにわけわかんないよ!むしろどうやるのそれ!」


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 02:04:55.30 ID:5mNCaJRj0

マミ「…じゃあ恒例のじゃんけんね!」

杏子「…ぜってえ勝つ!」

幼さやか(なんか皆が必死で怖い…一人で自分家のお風呂にゆっくり入りたい…)



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 02:06:33.50 ID:5mNCaJRj0

まどか「よーし…絶対勝つよー…さやかちゃん待ってて!」

幼さやか「あ…うん…」(まどかだったら安心かな…昔は割と一緒に入ってたわけだし…)

幼さやか(杏子もマミさんもまだいい…問題なのは…)

ほむら「勝つ…勝つ…勝つ…さやかタソ…」ブツブツ…

幼さやか(コイツだ…コイツだけは…)

マミ「よし!いくわよー!」

「じゃーん!けーん!」

「…」


ほむら「私ね…」ニタァ…

幼さやか「いやああああああああ!!」


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 02:08:44.10 ID:5mNCaJRj0

ほむら「さあ…行きましょう…?」ヒタ…ヒタ…

幼さやか「い、いやああ…来ないでええ…」ブルブル

杏子「ま、まてほむら!二回勝った奴だ!二回勝った奴!!」

まどか「そうだよ!一回でなんて決められないよ!!」

マミ「そうよ!最初から皆そのつもりだったわ!!」

ほむら「そんなこと最初に言ってないでしょ?」

マミ「家主の命令よ!」

ほむら「…しょうがないわね…」ギリッ

幼さやか「ホッ…」

「じゃーん!けーん!」

「…」


ほむら「やはり私ね」ニッタァ…

幼さやか「どちくしょおおおおおおおおおお!!!」


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 02:10:48.14 ID:5mNCaJRj0

ほむら「さあ今度こそよ…行きましょう…?怖がることはないわ…」

幼さやか「ああ…いやあ…ああ…」ズルズル

まどか「それにしてもさやかちゃん、もはや魔女化しような勢いで絶望の表情してますけど、何でほむらちゃんをあんなに避けるんですか?」

マミ「ああ…朝ね…かくかくしかじかだったの…本当かどうかは分かんないけど…」

まどか「ええ!?勘違いじゃないですか!?」(私も昨日の夜あんなことしちゃったけど…ほむらちゃんはさやかちゃんに対してはクールだし…)

杏子「おい!つーか止めなくていいのかよ!?マジであぶねーかもしれねーぞ!」

マミ「分かっているでしょ佐倉さん…じゃんけんで決まったことは覆すことは…絶対に不可能なのよ…!」

杏子「くっ…!」


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 02:14:36.35 ID:5mNCaJRj0

先ほどのじゃんけん…実は暁美ほむらは勝負に勝つため…ある策を練っていた…!
それは禁断…まさにこのじゃんけんという…神聖で対等であるはずの勝負を汚す…禁断の行為…!
では…ご覧頂こう…!暁美ほむらの…勝負に勝つための…その…策…!(声:古谷徹)

「じゃーん!けー

ほむら「時間停止」ピタッ

ほむら「ふふふ…間抜けね皆…これから出す手が丸見えよ…」

そう…そうなのだ…!この時…暁美ほむらは時間停止を行い…!
見ていた…!皆の出す手…その全てを…!



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 02:16:50.09 ID:5mNCaJRj0

 脱衣所
ほむら「さあ…脱いで…?」ハァハァ

幼さやか「う…うう…」ヌギヌギ

ほむら「~~!!…ふふ…さ、さあ入りましょう、お風呂…」(まだ我慢よ楽しみはお風呂に入ってから…)


 風呂場
チャポン

幼さやか「あ、あの…」

ほむら「ん?…どうしたの?さやかタソ?」ハァハァハァハァ

幼さやか「ち、近いっていうか…密着しすぎでは…?それに…手が…変なところに…」

ほむら「溺れたら大変じゃない…私がガッチリ…支えてあげてるのよ…」ハァハァハァハァ

幼さやか(に、逃げたい…)ブルブル

ほむら「さあ…体を洗わなきゃね…」ザバ…

幼さやか(うわああああきたああああ!!)ガクガク


118 すまん軽く寝てた 2012/01/30(月) 02:24:16.84 ID:5mNCaJRj0

ほむら「肌に傷がついたら大変ね…私が直接手で洗ってあげるわ…ボディーソープを手にとって…」ピュッ

幼さやか(相変わらず後ろから羽交い絞めの状態…)ガクガク

ほむら「ふふ…さあ…いくわよ…」ヌル…

幼さやか「ひゃあ…」(さっそく変なところ…!)

ほむら「はあ…はあ…」ヌル・・・ヌル・・・

幼さやか(う、うう…いやだあ…やっぱり触り方変だし…ほむらの熱い息が首にかかる…)

ほむら「ふふ…さやかタソ…その怯えた表情も可愛いわ…ふふふ…」ヌルヌル…

幼さやか(もう…駄目だ…決まりだ…私はこの女に…無理矢理の形で初めてを奪われる…)

幼さやか(ここまで追い詰められて分かった…やっぱり私は杏子のこと…好きだったんだ…)

幼さやか(アタシって…ホント馬鹿…自分の気持ちにも気付けないなんて…)ポロ…

幼さやか(多分…アイツは…初めてが無理矢理なんてことを知っても見捨てるなんてことはしないだろうけど・・・絶対に距離はとる…)

幼さやか(そんなことをしてるうちに…アイツは別の人と恋をして…そして…またアタシは…)ポロポロ…

ほむら「さあ…ちゃんと綺麗にしなきゃねえ…?股も…」ニヤア

幼さやか「!」ビク

幼さやか(や、やっぱり…嫌だ!諦めたくない!こんな形でなんて…絶対に嫌!)キッ


119 すまん軽く寝てた 2012/01/30(月) 02:26:23.61 ID:5mNCaJRj0

幼さやか「うわあああ!!」ツルッ

ほむら「!?な、なんで!?私はしっかり掴んでいて…今の力では絶対…?」ハッ

ほむら「そ、そうか!ボディーソープ!ボディーソープで体がヌメって…」

幼さやか「うおおお!もうちょっとで…届く!呼び出しボタンんんんん!!」

ほむら「させるかあああああ!!」

ピッ

ピーピーピー ピーピーピー

幼さやか「や、やった!やった!」

ほむら「く、くそ!馬鹿な!」


120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 02:28:08.02 ID:5mNCaJRj0

幼さやか「あとは…この洗面器に溜まったお湯で…」ザバァ

まどか「どうしたの?」ガチャ

幼さやか「ま、まどか!アタシだけ先に仕上がったから上がろうと思って…誰かの助けがないと体拭くタオルが取れないし…」

まどか「ああそうなの?いいよーほむらちゃんはまだ入ってるんだね?」

ほむら「……ええ」ギリッ
まどか「じゃごゆっくりーでも後が居るからなるべく早くねー」ガチャ
幼さやか「…ホッ」


122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 02:29:38.21 ID:5mNCaJRj0

 ベッド
幼さやか「なんでだ…?皆(特にほむら)の様子が明らかにおかしい…」

幼さやか「そりゃアタシもちっちゃい子好きだけど…ほむらとか明らかに処女狙ってきてたし…」

QB「やはりね…」ヒョコ

幼さやか「QB!」

QB「僕の考えてた通りだ…君には小児性愛を誘発する力が宿っているね」

幼さやか「え、ええ?どういうこと?」

QB「言ったとおりさ。事実全員が君に対して性的興奮を覚えて、一部(ほむら)は我を忘れてしまっているようだ」

幼さやか「そ、そんな…嫌だ!あんな変態(ほむら)!いや、杏子なら…まあ…」ゴニョゴニョ…

幼さやか「でもあの魔女を倒せば元に戻るんでしょ?明日こそ倒せるよね!?」

QB「それが…今日の彼女らはわざと止めを刺さなかった…君に元の姿に戻って欲しくないんだろう」

幼さやか「な、なにそれ!ふざけないでよ!困るよそれ!」

QB「僕にはどうしようもないけど…君が頼めばいいんじゃないか?今のその魅力を利用するなりしてさ」

幼さやか「そう…か…そうすればいいのか…」


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 02:31:22.07 ID:5mNCaJRj0

 翌日 夕方
杏子「そろそろ行く時間かね…」(どうするか…やっぱり今のさやかは可愛いけど…いい加減さやかが可哀想か…)

マミ「行きましょう!」(もう少しぐらいあの美樹さんを見ていたいけど…しょうがないかしら)

ほむら「さて…今日こそ倒すわよ…」(今日もとりあえず先延ばしにしといて、今日こそお風呂でさやかタソを…)

幼さやか「み、皆!」


124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 02:34:10.90 ID:5mNCaJRj0

杏子「?どうしたさやか?」

幼さやか「あの…絶対倒してきてね…!」

杏子「なんだ…当たり前じゃねーかそんなの!」(やっぱり今日でこのさやかともお別れにしとくか)

マミ「ええ。任せて」(魔女をいつまでもほっとくことも危険だし、ここらが潮時かしら)

ほむら「当然よ」(ボディーソープでも滑らないような抱き方にしないとね)

幼さやか「…もし!倒せたら!」


125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 02:35:59.73 ID:5mNCaJRj0

ほむら「?」

幼さやか「そんな強くてアタシを助けてくれた王子様のことは…す、好きになっちゃうかもなー!」

ほむら「なん…だと…」

幼さやか「だから頑張ってねーなーんて!」チラッ

ほむら(グハッ!…ダル目のTシャツから見えてるわ!…こ、これはどう考えても誘ってるとしか思えない!)

幼さやか(…よし)グッ

まどか「あっはっはーさやかちゃんったらもー…じゃあ皆くれぐれも気をつけてね!」

杏子「ああ、そうだな安全だいいt ほむら『いよっしゃああ!!一瞬でぶっ飛ばしてくるわ!!!』ダダダ

杏子「おーいおいどうしたアイツ…やっぱ今のさやかに盲目になっちまってるな…第一アレ倒したら元のさやかに戻るんだから意味ねえじゃねーか…」

マミ「むしろあの魔女を倒せば多分暁美さんも元に戻るだろうし、やはり倒さなきゃいけないわね」

杏子「ま、じゃあいっちょやってくるか…なんかアイツ一人で片付きそうな勢いだけど…」


127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 02:39:57.43 ID:5mNCaJRj0

 魔女結界内

 ほむら「時間停止!うおおおおお!」ポイポイポイポイ!!
 ほむら「時間停止!とりゃああああ!!」ドカ!ズガ!
 ほむら「時間てーし!!せりゃああああ!!!」ズドドドドド!!


杏子「すげえな…本当に一人で殆どやっちまってるよ…つーか目が…」

マミ「ほぼ理性が働いてないわ…」

ほむら「止めの一撃いいいいい!!!」カチャ!ドゴ!!
オオオオン!!ズガアアアアン!!!

杏子「おお!すげえ!やった!」

マミ「私達ついてきた意味なかったわね…」


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 02:42:53.12 ID:5mNCaJRj0

幼さやか「ん?アレ?なんか体がムズムズ…」ムクムク

幼さやか「おおおおおおお!?」ムクムク!

まどか「さ、さやかちゃん!?」

シュイーーーン!!!

まどか「う…光った…?」

さやか「……ん」

さやか「あ…や、やった!戻った!ってわあ!す、すっぽんぽん!」

まどか「ふ、服が破れちゃった!い、今持ってくるから!」


こうして…この奇妙な一件に幕が降ろされた…
やはり魔女を倒したことにより…暁美ほむらも正気に戻る…そして…後に美樹さやかに対し謝罪した…
美樹さやかもまた…魔女のせいだ…ということで…この一件は水に流す…ということにしたようだ…(声:古谷徹)


132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/30(月) 02:43:46.57 ID:5mNCaJRj0

まどか「今日からさやかちゃんも魔女との戦いに復帰したけど…大丈夫かなあ…」

ガチャ

まどか「!皆大丈夫だった!?」

杏子「いや、さやかが…」

まどか「さやかちゃんがどうかしたの!?やっぱり久々の魔女との戦いでついていけなかったの!?」

ほむら「ええ…そして魔女の攻撃を喰らい…その結果…」

ヒョコ

さやか「うう…まどか…」フリフリ

杏子「ケモミミと尻尾が生えちまった…」

まどか「」


終わり

関連記事

Comment


(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

DVD

絶対美少女48人!厳選素人4時間 GLAM PLUM BEST [DVD]

好きで好きで、すきで HD [Blu-ray][アダルト]

つぼみのパイパン極小モザイク [DVD][アダルト]

秘蔵ロリパイパン200分 [DVD][アダルト]

ある日突然モテ男に変身!?オッパイだらけの夢のハーレム性活 さとう遥希 つぼみ 愛原さえ 北川瞳 [DVD][アダルト]

中出し痴漢バス女子校生 つぼみ [DVD][アダルト]

牧瀬みさ 初中出し天国 [DVD][アダルト]

SOFT ON DEMAND 男性ユーザー100万人が選んだ!確実にヌケるガチンコ素人お嬢さん2010年間BEST.20 [DVD][アダルト]

ギリグラ!! 秘宝館 北川りな [DVD]

ギリグラ!!秘宝館 相澤久美 [DVD][アダルト]

センチュリオン 青山佑香 [DVD][アダルト]

初裸 virgin nude カレン [DVD][アダルト]

ハックツ美少女 Revolution 桃川奈々 [DVD][アダルト]

モォ~娘 クリアホール 大容量ローション120ml付き

うぶばーじん

ペペローシヨン 360ml[アダルト]
Copyright © えすえす・SS管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。