スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほむら「まどかをくすぐり責めにしたい」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 11:18:58.00 ID:aFNE2Vd00
まどか「う……ん……」

ほむら「お目覚めのようね」

まどか「!? ……何でわたしはベッドに大の字に拘束されてるのかな?」

ほむら「あなたが眠っている間にわたしの家に運ばせてもらったわ」

まどか「そっか、ここほむらちゃんの家なんだ」

5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 11:25:28.51 ID:aFNE2Vd00
ほむら「……あまり動じないのね」

まどか「結局ほむらちゃんはわたしにあまりひどいことをしないって知ってるからね」

ほむら「ふふ……そんなことを言っていられるのも今のうちよ」

まどか「ほむらちゃん、わたしに馬乗りになって……怪しげな道具の一つも持たないで何が出来るの?」

ほむら「そうね。今回はそんなふうにちょっぴり生意気にされた方が私得ね」

6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 11:28:32.98 ID:aFNE2Vd00
まどか「へぇー。でもほむらちゃんが素手で出来る事なんて知れて……ティヒッ!?」

ほむら「……」ニヤニヤ

まどか「……」サー

ほむら「人差指で脇腹を突いただけでこのリアクション、期待できそうね」

まどか「あの、ほむらちゃん? ほむらちゃんはわたしにひどいことしないよね?」

ほむら「あら、もっと反抗的でもいいのよ」

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 11:31:29.40 ID:aFNE2Vd00
まどか「だってぇ……そ、そればかりは……」

ほむら「まずは脇腹に手を添えるだけ」スッ

まどか「!?」ビクッ

ほむら「どうしたの? まだ手を動かしてるわけじゃないわよ?」

まどか「く……くひひ……」

12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 11:35:15.40 ID:aFNE2Vd00
ほむら「じゃあちょっとずつ手を動かしていきましょうね」

まどか「や、やめティヒッほむらちゃんやめあはははははは!!」

ほむら「コチョコチョコチョコチョ」

まどか「いやっほ、ほむティヒッらちゃはははははは!!」

ほむら「脇腹を揉むたびに敏感に身をよじらせてくれて、こっちとしてもやりがいがあるわ」

まどか「やめへへあははっはははははは!!」

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 11:37:50.09 ID:aFNE2Vd00
10分後

まどか「ティヒッ……ティヒッ……はあ……はあ……」

ほむら「とりあえずここまでね」

まどか「もう……死ぬかと思ったよ……」

ほむら「じゃ、拘束を解いてあげましょうね」

まどか「ほむらちゃん、次やるならもうちょっとソフトなやつに……」

ほむら「あら? まだ終わりじゃないわよ?」

まどか「えっ!?」

17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 11:41:14.91 ID:aFNE2Vd00
ほむら「脇腹モミモミでひたすら大笑い……そんなプレイだけでわたしの欲求が満たされると思ったら大間違いよ」

まどか「そ、それじゃあまさか……ほむらちゃんが赤いローソク持ったりして……」ビクビク

ほむら「いいえ。今日のテーマはあくまでくすぐりよ」

まどか「やっ、やだよ! わたしは帰らせて……開かない!?」

ほむら「うちの鍵は内側からでも暗証番号を入れないと開かないの」

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 11:46:21.70 ID:aFNE2Vd00
まどか「だってくすぐりだけで……他にやることないような気がするんだけど」

ほむら「甘いわね」

まどか「?」

ほむら「くすぐりなら何でも大笑いするものだと思ったら間違いよ。笑い方の段階も
    かろうじて耐えている→少し笑い声が漏れる→大笑い とあって、それぞれ違った良さがあるの」

まどか「ほむらちゃんのフェチ嗜好を説明されても……」

ほむら「拘束のパターンも色々あって、今みたいな完全拘束だけじゃないの。というわけで……」

まどか「ひっ!」

ほむら「今日は出来る限り多くのパターンを試させてもらうわ」

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 11:51:26.65 ID:aFNE2Vd00
ほむら「まずは……コレよ!」

まどか「……平均台?」

ほむら「まどか、これを向こうまで渡れるかしら。ざっと10mはあるけど」

まどか「うん、これやたら長いよね。ほむらちゃんちの構造もどうなってるんだろ」

ほむら「渡ってみてちょうだい」

まどか「……よっと。渡れたよー」スタッ

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 11:55:02.47 ID:aFNE2Vd00
ほむら「じゃあこっちに戻ってきて」

まどか「うん」

ほむら「START!」

まどか「!? 何、今の微妙にネイティブなスタートは」

ほむら「ゲーム開始よ。これからゲームを一つクリアするたび、まどかの帰宅時刻が早くなるわ」

まどか「……よくわかんないけどこれを渡れば早く帰れるんだね? いくよ!」

24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 12:00:11.43 ID:aFNE2Vd00
まどか「(さすがに帰宅時刻がかかってると言われるとちょっと緊張するけど……)」

まどか「(台の幅も広いし、よっぽどのことがない限り落ちないよね……大丈夫!)」

ほむら「順調ね。じゃあそろそろ……」パチン

まどか「!? 羽根の生えたよくわからない生き物が……まさか、使い魔!?」

ほむら「この日のために余ったグリーフシードから孵化した魔女を使って養殖したのよ」

まどか「魔法少女がそういうことするのよくないと思いますっ……ティヒッ!?」

26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 12:05:17.24 ID:aFNE2Vd00
ほむら「どうしたの? 早く進んだらどう?」

まどか「こ、この使い魔たち……ウェヒッわたしの身体のあちこちをつついて……ティヒヒッ」

ほむら「あらあら、急にバランスが崩れ出したわよ?」

まどか「こんな妨害があるなんて……てぃひひひっ! き、聞いてないよ」

ほむら「わたしはまどかが平均台を渡っている姿を見るだけで興奮するような変態ではないわ」

まどか「これも十分変態だよっ……んっ……」

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 12:10:38.08 ID:aFNE2Vd00
ほむら「そろそろ使い魔の数を増やしましょうか」パチン

まどか「!? こんなに一斉にっ……絶対無理だよ!」

使い魔「オーチロ♪ オーチロ♪」

使い魔「コチョコチョ♪ コチョコチョ♪」

まどか「あはははははは!! だ、ダメ! 落ちる! てぃひひひひひひ!!」

ほむら「まどか、両手をやじろべえのように広げるとバランスをとりやすいわよ」

まどか「そ、そっか……ってこれじゃ腋ガラ空きだよあははははは!!」

ほむら「(……でも渡ってしまえそうね。もうちょっと長くすればよかった)」

まどか「も、もう少し……くひっ……もう少し……やったぁ!!」

ほむら「(チッ)」

31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 12:15:06.64 ID:aFNE2Vd00
まどか「はぁ……はぁ……キツかったけど何とか渡りきったよ」

ほむら「今のが状況による拘束。物理的に身体の自由を奪われているわけではないけれど、外的ルールや周りの地形によって拘束を受ける……」

まどか「よく分かんないけどこれで帰してくれるんだよね」

ほむら「ふふ……」

まどか「?」

ほむら「確かにわたしは『帰宅時刻』を早めるといった……。しかしすぐに帰すとは言っていない。
    つまり最初に設定した『帰宅時刻』が十年後、二十年後でも可能……であろうということっ……!」

まどか「そ、そんなぁ!」

ほむら「しかしこれからのゲームに勝利し続けないと永遠に『帰宅時刻』は訪れないっ……!」

まどか「はぁ、分かったよ。どうせほむらちゃんの用意したメニュー全部消化したら帰してくれるんでしょ」

ほむら「(まあその通りなのだけど)」

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 12:20:18.99 ID:aFNE2Vd00
まどか「で、次は何かな?」

ほむら「これよ」

まどか「……雲梯(うんてい)だよね? 小学校の遊具とかであるやつ……」

ほむら「今からまどかにはこれを渡ってもらうわ」

まどか「もう展開が読めたよ……」

ほむら「さっきの平均台と趣向は似ているけど、『ぶら下がる』という要素は他じゃ置換できないと思うの」

まどか「いや、知らないけど」

34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 12:24:14.02 ID:aFNE2Vd00
ほむら「START!」

まどか「わたし、身体が小さいから雲梯は割と得意なんだよ」

ほむら「さて、そろそろ」パチン

まどか「は、早いよ! まだスタートしたばかりだよ?」

ほむら「マドカァー!」

まどか「ってほむらちゃん本人が来るの!?」

ほむら「まどかの脇腹ゲット!」ガシッ

まどか「あひっ」

39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 12:29:18.99 ID:aFNE2Vd00
ほむら「モミモミモミモミ」

まどか「やめっあはははははは!! 力がはいらにゃははははは!!」

ほむら「ぶっちゃけ今回はクリア難易度相当高めよ。持久戦に持ち込まれたらまずまどかに勝ち目はないだろうし」

まどか「(そう。この場に留まっていたらジリ貧だよ……。勇気を出して進まないと!)」

ほむら「コチョコチョコチョコチョ」

まどか「くひひひっ……よしっ割と進め……ってほむらちゃん靴下脱がしてなにしてあははははは!」

ほむら「ちなみにわたしが脱がした靴下は左足だけよ。素足と靴下は別物だから」

まどか「誰に言ってあははははははははははは!!」

40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 12:32:52.35 ID:aFNE2Vd00
ほむら「(もう少し楽しみたいところだけど……万が一またクリアされても困るし……そろそろ終わらせましょうか)」

まどか「な、なんだかんだでもう半分まで来たもんねっ!」

ほむら「……」スッ

まどか「あれ、ほむらちゃん何で手を離したの? もしかしてサービス?」

ほむら「フーッ(首の後ろに息を吹きかける)」

まどか「ひゃあんっ!?」

ほむら「コチョコチョコチョコチョ」

まどか「あはははははははははははは!? あっ手が!」ツルッ

ドサッ

42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 12:37:04.73 ID:aFNE2Vd00
ほむら「ふふ……落ちてしまったわね」

まどか「ふええ……」

ほむら「これでさっきのはチャラになるとして……次よ」

まどか「一体いくつあるの? わたしが言うのも何だけどこれ以上のバリエーションってもうないんじゃないかな?」

ほむら「そんなに浅いフェチじゃないの……まどか、少しくすぐらせてもらっていいかしら」

まどか「え、今更何? ……いいけど」

ほむら「コチョコチョコチョコチョ」

まどか「(!? こ、これは……)」

44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 12:40:09.41 ID:aFNE2Vd00
まどか「ふふ……ふふふ……」

ほむら「……」

まどか「ほむらちゃんッ!! これはくすぐられての『笑い』じゃあないッ!!!
    精神的余裕からくる『笑い』だァーッ!!! どうやら今までの『ゲーム』によって耐性がついたようだぜェーッ!!!」

ほむら「あら、そう。コチョコチョコチョコチョ」

まどか「効かないよ! やっぱり慣れってあるんだね!」

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 12:46:35.95 ID:aFNE2Vd00
ほむら「と、まあまどかがレベルアップしたところで……コレよ」

まどか「……? 何もないよ?」

ほむら「今回は道具はなし。まどか、ベッドに腰掛けてもらえる?」

まどか「はーい」

ほむら「遊戯王で声を出してはいけないジェットコースターという話があったけど」

まどか「そうなんだ」

ほむら「今回は王道かつシンプル。まどかは5分間声を出さなければ勝ちよ」

まどか「う……」

48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 12:50:20.89 ID:aFNE2Vd00
まどか「(5分かぁ……長いな……)」

まどか「(でもさっきくすぐられたときは平気だったし……)」

まどか「(うん、いける! ここは多少強気に出て優位に立とう)」

まどか「な、なぁーんだ。そんなのでいいんだ。今回は随分楽だね」

ほむら「そうかしら」

まどか「それにくすぐるのもほむらちゃんひとりでしょ? 正直笑う気がしないよ」

ほむら「それは楽しみね」

49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 12:57:06.01 ID:aFNE2Vd00
ほむら「じゃあタイマーをセットして……START!」

まどか「……」

ほむら「コーチョコチョコチョコチョ」

まどか「……ほむらちゃん、空中をくすぐってもわたしは笑わないよ?」

ほむら「……そう。弱い人はフリだけでも嫌だって言うけどね……コチョコチョコチョ」

まどか「……」

ほむら「ノーリアクションっ!?」

まどか「あーあ、5分って長いなー。退屈すぎてね!」

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 13:02:13.11 ID:aFNE2Vd00
ほむら「……そういえばまどか、自分で自分をくすぐっても平気な理由を知っているかしら」

まどか「そういえばそうだよね。どうしてなんだろ?」

ほむら「自分の場合だと刺激を予測できるから、らしいわ。逆に刺激が予測できないとくすぐったく感じるらしいの」

まどか「へえー。だから慣れたわたしはくすぐったくないんだね」

ほむら「と、言う訳で……」

まどか「それは……アイマスク?」

53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 13:06:15.65 ID:aFNE2Vd00
ほむら「視覚的に刺激を予測できないことによってまどかの『慣れ』も解消できるはず……」

まどか「(うう……そうなの? 何かそう言われると不安に……)」

ほむら「よし、これでまどかはわたしの手の動きを見る事はできない」

まどか「こ、こんな小細工……」

ほむら「じゃあまず首筋から……(耳元で)コチョコチョ……」

まどか「はひっ!?」

ほむら「あら? 今……」

まどか「わ、笑ってないよ?」

ほむら「……気のせいね」

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 13:08:35.23 ID:aFNE2Vd00
ほむら「次に肩……サワサワ」

まどか「ん……ふっ……」

ほむら「あら? まどか」

まどか「ええ? くすぐったくないよ? ぜーんぜんくすぐったくないって」

ほむら「そう。腋の下……コチョコチョコチョ」

まどか「ウェヒッ」

ほむら「(ふふふ……)」

55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 13:11:39.24 ID:aFNE2Vd00
ほむら「(まどか、視界が遮られるとくすぐったさが増すというのは本当よ。でもあなたが感じている変化の原因はそれだけじゃない)」

ほむら「(もともと、あなたは慣れてなどいないの)」

ほむら「(さっきくすぐった時から魔法を使ってあなたのくすぐり耐性を上げていた)」

ほむら「(あなたにアイマスクをかぶせた時から、その耐性を少しずつ下げているの)」

ほむら「(くすぐりなど効かないと豪語していたまどかが次第に余裕を失っていく……)」

ほむら「(たまらん)」

57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 13:15:13.78 ID:aFNE2Vd00
ほむら「次、足の裏ね」

まどか「ティヒヒッ……わ、笑ってないったら」

ほむら「(ふふ……こんなところでやめにするわけないじゃない。5分ギリギリまで楽しませてもらうわよ)」

まどか「ん……んふふっ……」

ほむら「太もも」

まどか「~~~~~~!!」バタバタ

ほむら「どうしたの? 手足をバタバタさせて」

まどか「何でも……ひっ……ないよ……」

ほむら「(笑い声交じりの返答、最高ね)」

58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 13:19:45.42 ID:aFNE2Vd00
まどか「ん~~~~~!!!」ジタバタ

ほむら「(残り時間、40秒……そろそろスパートをかけましょう)」

ほむら「(ここでまどかのくすぐり耐性を完全に元に戻す!)」

ほむら「まどか、ちょっとお腹のところ捲くらせてもらうわよ」

まどか「ほむらちゃっ……ひっ!!」

ほむら「コチョコチョコチョコチョ」

まどか「ん……ふっ……くくくくひひひひひ……」

ほむら「コチョコチョコチョコチョ」

まどか「ひひあーははっははははははははははは!!」バタバタ

ほむら「……4分50秒……残念でした」

まどか「ほむらちゃやめへへへへあはははっはははは!!」

60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 13:29:57.01 ID:aFNE2Vd00
まどか「うう……効かなくなったと思ってたの、勘違いだったのかなぁ……」

ほむら「さて、次で最後よ」

まどか「まあゲームに勝とうが負けようがそうなるんだよね」

ほむら「本当はまだ色々あるのよ? 例えばまどかにウェイトレスの恰好でお皿をいっぱい運んでもらってそれを邪魔するとか。
    魔法でまどかのくすぐり耐性をMAXにして、長時間かけてそれを開発していくとか。
    まどかに巴マミと電話してもらって、その間わたしがまどかをくすぐり続けるとか」

まどか「う……」ゴクリ

ほむら「ただあまりダラダラやるのはマンネリ化に繋がるわ。だから今日は次で最後」

まどか「ほっ」

ほむら「最後は本当に王道中の王道。名付けて『ふぅ~じこちゃ~んゲーム』よ!」

まどか「ま……まさか……」

62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 13:33:27.54 ID:aFNE2Vd00
ほむら「そこの寝台に寝てちょうだい」

まどか「え、これってアレだよね? なんとかマシーンってやつだよね?」

ほむら「そういえば今まで全部着衣プレイだったわね。最後くらい衣装を変えようかしら」

まどか「ひぇっ!? は、裸とかはやだよ?」

ほむら「安心しなさい。そんな安直なことをこのわたしがするわけないじゃない」

まどか「(納得してしまうあたりわたしも毒されてるんだろうなぁ……)」

ほむら「そうね……裸ワイシャツとかどうかしら?」

まどか「……変態」

65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 13:37:53.24 ID:aFNE2Vd00
ほむら「さて、ただくすぐるんじゃ面白くないから、シチュを考えましょう」

まどか「……」

ほむら「よし、今回は拷問という形をとりましょう」

まどか「拷問? 怖いよ……」

ほむら「というわけで、まどかが好きな人を言うまでくすぐりSTART!」

まどか「す、好きな人って……あははははは!!!」

66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 13:40:13.41 ID:aFNE2Vd00
ほむら「マシーンの外見は峰不●子のアレと同じと考えてもらって構わないわ」

ほむら「無数の小さなマジックハンドがまどかの身体の上を踊る! ワイシャツの隙間から服の中に侵入するマジックハンドも……」

まどか「誰に言ってるのあはははははははは!!」

ほむら「さて、言ってもらいましょう。まどかの好きな人!」

まどか「いやだよ恥ずかしいよあはははははははは!!」

67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 13:43:38.42 ID:aFNE2Vd00
10分経過

ほむら「そろそろ話す気になったかしら?」

まどか「わ、分かりまひひひひひ!」

ほむら「じゃあ話してもらいましょう」

まどか「その前にあははははマシンを止めてくれないとしゃべれへへへへへへ!!」

ほむら「それもそうね。マシンを止めて、この際だから拘束も解きましょう」ウィーン

まどか「あはっ……あはっ……」

ほむら「これで喋れるかしら? まどかの好きな人は?」

まどか「……」

ほむら「……」

まどか「……もう、そこまで言わせる気……?///」

ほむら「」グハッ

まどか「……ほむらちゃん鼻血出して倒れちゃった……」

69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 13:47:44.53 ID:aFNE2Vd00
ほむら「う……ん……」

まどか「お目覚めかな、ほむらちゃん?」

ほむら「まど……か……? わたし、気を失って……。こ、これは……!?
    わたしがベッドの上に大の字に拘束されて……」

まどか「ちょっとほむらちゃんの部屋漁らせてもらったけど、こんなもの見つけちゃった」

ほむら「そ、それはわたしの考えたくすぐりメニューのリスト……」

まどか「ふーん、百八通りもあるなんて奥が深いんだねー。一つ一つ試してもいいかな?」

ほむら「ひっ、まどか……やめっ……」

まどか「ほーむらちゃん♪」ワキワキ



おしまい
関連記事

Comment


(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

DVD

絶対美少女48人!厳選素人4時間 GLAM PLUM BEST [DVD]

好きで好きで、すきで HD [Blu-ray][アダルト]

つぼみのパイパン極小モザイク [DVD][アダルト]

秘蔵ロリパイパン200分 [DVD][アダルト]

ある日突然モテ男に変身!?オッパイだらけの夢のハーレム性活 さとう遥希 つぼみ 愛原さえ 北川瞳 [DVD][アダルト]

中出し痴漢バス女子校生 つぼみ [DVD][アダルト]

牧瀬みさ 初中出し天国 [DVD][アダルト]

SOFT ON DEMAND 男性ユーザー100万人が選んだ!確実にヌケるガチンコ素人お嬢さん2010年間BEST.20 [DVD][アダルト]

ギリグラ!! 秘宝館 北川りな [DVD]

ギリグラ!!秘宝館 相澤久美 [DVD][アダルト]

センチュリオン 青山佑香 [DVD][アダルト]

初裸 virgin nude カレン [DVD][アダルト]

ハックツ美少女 Revolution 桃川奈々 [DVD][アダルト]

モォ~娘 クリアホール 大容量ローション120ml付き

うぶばーじん

ペペローシヨン 360ml[アダルト]
Copyright © えすえす・SS管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。