スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほむら「みんなに取り憑かれた」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:19:10.85 ID:w/58aGtG0



まどか「キュゥべえ……願い事、決まったよ」

QB「やっと決心したんだね、まどか」

QB「さあ、言ってごらん。君の願いを」

まどか「私の願いは……」

パァァァァ
2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:19:44.03 ID:w/58aGtG0
カチン

<病室>

ほむら(また……まどかを救えなかった……)

ほむら(……でも、今度こそ……)

3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:24:57.47 ID:w/58aGtG0
ズドォォォン

ほむら「マミ!」

オクタ「……」

マミ「暁美……さん……もう……駄目かも……」

ほむら「諦めないで!そんな怪我、魔法で……」

マミ「ううん……見て」スッ

ほむら(マミのソウルジェムが……もう……)

マミ「ソウルジェムに穢れを溜め込むと魔女を生むんでしょ……?」

ほむら「……」

マミ「あなたは……それを知ってて……なのに、私達は……」

ほむら「もう喋らないで……魔法が使えないなら私が……」

マミ「ううん、いいの……私はもう……その事実を知って生きていく自身がないの」

ほむら「巴マミ……」

7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:31:18.56 ID:w/58aGtG0
マミ「あなたは生きて……鹿目さんを……魔法少女にしないであげて……」

ほむら「ええ……言われなくてもそのつもりよ」

マミ「行って……美樹さんは……私が……」

ほむら「……ええ」

タッタッタ

マミ「……」

マミ(こんなことになるなら……暁美さんともっと仲良くしておけばよかったな……)

マミ(私に出来ることは……これくらいしかないけど……暁美さんの役に……立てたかな)

マミ(もっと……助けてあげたかったな……)

ドゴォォォン

9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:35:03.95 ID:w/58aGtG0
マミ「……」ムクリ

マミ「……」キョロキョロ

マミ「……え?」

マミ(私……死んだはずよね……もしかして……あの世?)

マミ(でも、どこかの部屋みたいだけど……)

「Zzz……」

マミ(え……暁美……さん?)

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:37:21.61 ID:w/58aGtG0
ほむら「Zzz……」

マミ(暁美さんがいるってことは……暁美さんの家?)

マミ(とりあえず、ちょっと動いて……あれ?)ピタッ

マミ(進めない……どうして?)

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:43:14.87 ID:w/58aGtG0
マミ(ある程度の場所までしか動けない……暁美さんを中心に……)

マミ(物にも触れないし……やっぱり私……死んだのよね……)

マミ(暁美さんに……取り憑いたってことなのかしら……)

マミ(何でこんな……暁美さんと仲良くしたかった、って思ったから?)

マミ(でも、話したりは出来ても……暁美さんと触れあったりは……)サワ

マミ(……あれ?今触れた?)

サワサワ

マミ(やっぱり触れる……)

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:48:12.39 ID:w/58aGtG0
ほむら「Zzz…………ん……」

マミ(あ……暁美さんを起こさないようにしないと……)

ほむら「Zzz……」

マミ「……」

マミ(可愛い寝顔……見てて飽きないわね……)

マミ(とりあえず……神様に感謝するべきかしら……)

ほむら「Zzz……」

マミ(暁美さんの気持ち良さそうな寝顔見てたら……私も……)

マミ「Zzz……」

17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:53:29.84 ID:w/58aGtG0
「きゃあああああああ!!!!!」

マミ「な、何!?」ガバッ

ほむら「……」ガタガタブルブル

マミ「あ、暁美さん……」

ほむら「な、何なの……!?な、なんであなたがここにいるの……!?」ガタガタブルブル

マミ「あ、暁美さん、落ち着いて……」

ほむら「こ、来ないでぇぇぇぇぇ!!!」ガタガタブルブル

マミ「……」

マミ「……ふふ」

ほむら「な、何!?」ガタガタブルブル

19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:58:31.63 ID:w/58aGtG0
マミ「あははははは!!!」

ほむら「な、なんで笑うのよ!?」ガタガタブルブル

マミ「だって、おかしいじゃない!いつもクールな暁美さんが……ふふ」

ほむら「し、死んだはずの人間が隣で寝ていれば、誰だって怖がるわよ!」ガタガタブルブル

マミ「そうね……ごめんなさい、笑っちゃって……ふふ」

ほむら「……」

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:59:27.58 ID:w/58aGtG0
マミ「……というわけで、いつの間にか寝ちゃってたの」

ほむら「そう……でも、まだ信じられないわ……こんな……」

マミ「私だって信じられないわよ。神様に感謝すべきかしら?」

ほむら「……そんなものがいるか信じ難いけど」

マミ「私のことは話したわ。……あなたも話してちょうだい」

マミ「ソウルジェムの秘密を知ってた理由……をね」

ほむら「……そうね。今のあなたになら話しても問題ないわね」

ほむら「私は……」

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 21:05:48.35 ID:w/58aGtG0
マミ「そうだったの……辛かったでしょうね……」

ほむら「……」

マミ「私に何か出来ることはないかしら?」

ほむら「私にしか触れないのに何が出来るの」

マミ「そうだけど……」

ほむら「あなたが傍にいるだけで充分よ。何もしなくていいわ」

マミ「でも……迷惑じゃない?ずっと離れられないんだし」

ほむら「そんなことないわよ」

マミ「なら……いいけど……」

22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 21:13:15.75 ID:w/58aGtG0
カチン

<病室>

ほむら「……」

マミ「どうしたの?」

ほむら「……まさかここまで着いてくるとは思わなかったわ」

マミ「その……ごめんなさい」

ほむら「別に責めてるわけじゃないわ」

ほむら「とにかく、今度こそ……」

24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 21:20:19.05 ID:w/58aGtG0
マミ「もう二週間以上一緒にいるのだからそろそろ本当の暁美さんを知りたいわ」

ほむら「これが本当の私よ」

マミ「嘘。……こんな時くらい本当の自分を出したって……」

ほむら「明日は早いからもう寝ましょう。おやすみなさい、巴マミ」

マミ「……おやすみなさい、暁美さん」

26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 21:26:06.14 ID:w/58aGtG0
<数日後>

ほむら「やっと見つけたわ……美樹さやか」

さやか「……ごめんね、転校生」

ほむら「……?」

さやか「あんたは知ってたんだよね……魔法少女がどういうものか」

さやか「なのに、あたしは……」

マミ「美樹さん……」

さやか「初めはあんたとも仲良くしてたのに、魔法少女の事知ってからは……」

さやか「なんでこんな事になっちゃったんだろうね……」

さやか「あたしって、ほんとバカ」

ほむら「美樹さやか……!」

パリン


29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 21:31:59.40 ID:w/58aGtG0
オクタ「……」

ほむら「美樹さやか……ごめんなさい……」

マミ「暁美さん……」

ヒュッ

ドゴォォン

ほむら「くっ……!」

マミ「……」

31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 21:37:21.23 ID:w/58aGtG0
<ほむらの家>

ほむら「……」

マミ「……辛い?」

ほむら「……私はまどかだけを救えればそれでいい」

ほむら「だけど、やっぱり……」

ギュゥ

ほむら「え……?」

マミ「誰だって辛い時はあるわ……そんな時くらい誰かに甘えたっていいじゃない」

マミ「ずっと気を張ってたら、体が保たないわよ」

ほむら「マミ……ありがとう……」ギュゥ

ほむら「今日は……このままでいさせて……」

マミ「ええ、いいわよ」

35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 21:42:12.43 ID:w/58aGtG0
さやか「……」ムクリ

さやか「……」キョロキョロ

さやか「……」

さやか(あたし……どうなったんだっけ……)

さやか(ほむらと話してて……)

さやか(それよりここは……ええ!?)

ほむマミ「Zzz……」

さやか(転校生とマミさんが抱き合って寝てる……!?)

さやか(マミさんは死んだはずだよね……どうしてここに?)

さやか(ていうか、二人ってそういう関係!?)

さやか(と、とりあえずどうしよ……)

37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 21:47:23.67 ID:w/58aGtG0
さやか(なんかある程度の場所までしか行けないし)

さやか(物には触れないし……どうしよう……)

さやか(二人を起こそうにも……)

ほむマミ「Zzz……」

さやか(すっごく気持ち良さそうだし……)

さやか(起きるの待つか……)

さやか(……)

さやか(……なんでこんなところに居るんだろ)

さやか(あれだけ転校生に迷惑かけて……幽霊になって取り憑いて……)

さやか(……)

40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 21:52:09.63 ID:w/58aGtG0
「きゃあああああああ!!!」

ほむら「な、何!?」ガバッ

マミ「み、み、み、み、み……」ガタガタブルブル

ほむら「み?」チラッ

さやか「……お、おはよう、転校生」

ほむら「」

バタッ

41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 21:57:25.05 ID:w/58aGtG0
マミ「あ、暁美さん!?」ユサユサ

ほむら「」

さやか「あ……あの、マミさん?」

マミ「暁美さんを怨まないであげて!怨むなら私を怨みなさい!」

さやか「いやいや……怨んでませんから」

マミ「……本当に?」

さやか「あたし、そんなにマミさんに信用なかったんですか……」

マミ「あ、ごめんなさい!そういうつもりで言ったんじゃないの!」

さやか「……それより、転校生を……」

マミ「そ、そうね!」

44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 22:02:20.97 ID:w/58aGtG0
ほむら「う、う~ん……」

マミ「暁美さん、大丈夫?」

ほむら「え、ええ……なんとか……」

さやか「……て、転校生?」

ほむら「え……きゃあああああ!!!」

さやか「あー……えーと……」

ほむら「ま、まさか、私を怨んで……」ガタガタブルブル

マミ「安心して、そんな事ないから」

ほむら「ほ、本当……?」ガタガタブルブル

マミ「ええ。だから、落ち着いて?」

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 22:08:10.22 ID:w/58aGtG0
さやか「……転校生の話もびっくりだけど、マミさんが幽霊ってのも……」

さやか「ていうかマミさん、だったら驚かないでくださいよ」

マミ「だって……ねぇ?」

ほむら「この時間軸の巴マミが死んだとき」

ほむら「その巴マミにも取り憑かれるかと思ったけど」

マミ「取り憑かれなかったから私のような事は起きないと思ったのよ」

ほむら「前の時間軸で一緒に死んだあなたにも取り憑かれなかったからね」

さやか「……あたし、そんなに転校生に迷惑かけてたんだ……ごめん」

さやか「しかも、こんな風に取り憑いて……」

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 22:13:06.28 ID:w/58aGtG0
ほむら「別に迷惑じゃないわよ。どちらかというと、巴マミのほうが迷惑」

マミ「え、私!?」

ほむら「戦ってる最中に応援してきたり」

ほむら「美樹さやかを気絶させようとしたら邪魔したり……」

マミ「だから、今は反省してるじゃない……」

ほむら「そうだったわね、ごめんなさい」

さやか「……やっぱり迷惑だよ、あたし」

ほむら「そんなこと無いって言ってるじゃ……」

さやか「だって、転校生とマミさんは愛し合ってるのに……」

さやか「そこにあたしが居たら……」

ほむマミ「……え?」

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 22:18:15.87 ID:w/58aGtG0
ほむら「美樹さやか……勘違いしないでほしいのだけど……」

マミ「別にそういう関係じゃないわよ?」

さやか「え……だって、抱き合って寝てたじゃん」

ほむら「それは……」

マミ「誰にだって甘えたい時があるじゃない?」

マミ「暁美さんだってそういう時があるのよ」

さやか「う~ん、なんかよくわかんないけど、そういう事にしときます」

53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 22:24:07.20 ID:w/58aGtG0
ほむら「とにかく、迷惑じゃないからいても問題ないわよ」

さやか「本当……?」

ほむら「ええ」

さやか「ありがとう、転校……え、えっと……」

ほむら「ほむらでいいわ」

さやか「じゃあ、あたしのこともさやかって呼んで……ほむら」

ほむら「わかったわ、さやか」

56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 22:29:23.91 ID:w/58aGtG0
さやか「そういや、ここにいるマミさんは」

さやか「あたしの知ってるマミさんとは違うんですよね」

マミ「そうなるわね」

ほむら「けど、中身は結局同じなんだから問題ないわよ」

さやか「じゃあ、あれやってくださいよ、あれ!」

マミ「あれ……ってなあに?」

さやか「あれって言ったらあれですよ!」

マミ(あれ……?まさか、この時間軸の私は何か変な事を……)

ほむら「さやか、からかうのはやめなさい」

さやか「あ、バレた?」

マミ「もう!美樹さんったら!」

ほむら(一瞬、信じかけたわ……)

59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 22:35:08.55 ID:w/58aGtG0
さやか「……やっぱりベッドで三人はキツくない?」

ほむら「明日は布団用意するから我慢しなさい」

マミ「でも、こういうのもいいわね」

マミ「暁美さん、昨日みたいに私に抱きついてもいいのよ?」

さやか「やっぱり二人って……」

ほむら「そんな関係じゃないって」

さやか「冗談だって」

ほむら「……もう」

マミ「暁美さんが抱きつかないなら、私が抱きつこうかしら」ギュゥ

さやか「あたしもほむらに抱きついちゃおっかな」ギュゥ

ほむら「なっ……や、やめてほしいのだけど……」

60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 22:39:12.00 ID:w/58aGtG0
さやか「だって、ほむら温かいし。ね、マミさん!」

マミ「ええ、美樹さんの言う通りよ」

ほむら「はぁ……もういいから寝るわよ」

さやか「ほむらったら照れちゃって!」

ほむら「うるさいわね、おやすみなさい」

さやか「おやすみ、ほむら、マミさん」

マミ「おやすみなさい、暁美さん、美樹さん」

64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 22:43:04.13 ID:w/58aGtG0
カチン

<病室>

マミ「また……駄目だったわね……」

ほむら「ええ……」

さやか「元気出して、ほむら」

さやか「今度はきっと大丈夫だよ」

ほむら「ええ……そのためにも頑張らないといけないわね」

67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 22:48:27.36 ID:w/58aGtG0
ヒュッ

ズドォォォン

杏子「どういうことだよ……あれがさやかって……」

ほむら「説明した通りよ」

杏子「……ちくしょう!」

さやか「杏子……」

杏子「……!」

ドカッ

ほむら「!……佐倉杏子、何を……」

パリン

ドサッ

ほむさや「杏子!?」

70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 22:52:58.14 ID:w/58aGtG0
マミ(生)「ソウルジェムが魔女を生むなら……みんな死ぬしかないじゃない!」

マミ「やめて!そんなことしないで!」

ほむら「……!」

バキュン

パリン

72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 22:58:12.17 ID:w/58aGtG0
マミ「ごめんなさい……私のせいで……」

さやか「マミさんのせいじゃないよ……あたしのせい」

ほむら「二人のせいじゃないわ、元気出して」

ほむら「二人がいれば、頑張れるから」

さやか「……ありがと、励ましてくれて」

マミ「そうね……私達がへこんでたら暁美さんもへこむわよね」

さやか「うん……明日からまた頑張ろ!」

ほむら「じゃあ、そろそろ寝ましょうか」

さやか「おやすみ、ほむら、マミさん」

マミ「おやすみなさい、暁美さん、美樹さん」

ほむら「ええ、おやすみ。マミ、さやか」

74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 23:03:11.76 ID:w/58aGtG0
「おい……起きろよ」ユサユサ

ほむら「ん……」

さやか「何……?」

マミ「まだ……朝じゃ……」

杏子「なぁ……これどういうことだよ?」

ほむさやマミ「……」

ほむさやマミ「おやすみなさい」

杏子「なんで寝るんだよ!?」

78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 23:08:47.40 ID:w/58aGtG0
杏子「普通、驚くもんじゃねぇのかよ!?」

ほむら「だって……」

マミ「ねぇ……」

さやか「うん……」

杏子「な、なんだよ……」

ほむさやマミ「意外性がない」

杏子「知らねーよ!どういう事か説明しろよ!」

ほむさやマミ(眠いのに……)

81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 23:12:47.42 ID:w/58aGtG0
杏子「じゃあ、あたしも取り憑いたって事か」

ほむら「そうなるわね。というわけでおやすみ」

さやマミ「おやすみなさい」

杏子「だから、寝るなって!」

ほむさやマミ「Zzz……」

杏子(早い……しょうがねぇ……あたしも寝るか)

84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 23:17:28.43 ID:w/58aGtG0
杏子「ん、じゃあ、ここにいるのはあたしの知ってるマミでもさやかでもないのか」

ほむら「まあ、結局は一緒だと思うけど」

杏子「ふぅん……」

さやか「ま、あんたがしてくれたことはほむらを通してみてたから」

さやか「ありがとね……杏子」

杏子「あ、ああ……///」

マミ「二人ともやっと仲良くなれたわね」

杏子「べ、別にそんなんじゃ……」

さやか「もう、杏子ったら照れちゃって!」

杏子「う、うるせー!」

杏子「……///」

86 スマン。30分くらい抜ける 2012/03/14(水) 23:24:04.32 ID:w/58aGtG0
さやか「そういえばさ」

ほむら「何?」

さやか「……もしかして、あたしって契約したら絶対魔女になってる?」

ほむら「なってるわね」

さやか「うっ……ごめん」

杏子「まあ、次契約しないようにすればいいだけだろ」

ほむら「もう次行くみたいに決めつけないでほしいのだけど……」

94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 23:47:50.84 ID:w/58aGtG0
カチン

<病室>

マミ「また駄目だったわね……」

さやか「杏子があんなこと言うから……」

杏子「なんだよ、あたしのせいかよ?」

ほむら「誰のせいでもないわよ」

ほむら「とにかく、今度こそ……」

97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 23:54:04.90 ID:w/58aGtG0
ほむら「はぁ……はぁ……」タッタッタ

ほむら「まどか……どこにいるの……まどか!」

さやか「全然見当たらないね……」

マミ「どこにいるのかしら……」

杏子「他に行きそうなところは無いのか?」

ほむら「ええ……思い当たる場所は……」

「鹿目まどかは死んだよ」

四人「……え?」

99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 23:59:15.88 ID:w/58aGtG0
ほむら「キュゥべえ……どういう意味よ」

QB「そのまんまの意味さ……信じられないならもう一度言ってあげるよ」

QB「鹿目まどかは死んだ……まだ信じられないかい?」

マミ「そんな……」

杏子「嘘だろ……」

ほむら「まさか……美樹さやかが……」

QB「ああ、さやかはグリーフシードを生んで死んだよ」

QB「そして、まどかは魔女に殺された」

ほむら「!」

さやか「また……あたしのせいで……」

QB「全く、まどかという貴重な資源を失って大損だ……」

カチン

109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 00:11:22.68 ID:QFST5oJl0
<ほむらの家>

ほむら「……まさか、まどかに取り憑かれるなんてね」

まどか「私もほむらちゃんやみんなが」

まどか「こんなことになってるなんてビックリだよ」

さやか「そりゃ、あたし達も最初はビックリしたけどね」

まどか「それに……ほむらちゃんが私のために頑張ってくれてたのも……」

ほむら「……知らないだろうけど……あなたとの約束だから」

ほむら「……まどか」

まどか「……私のためにずっとずっと頑張ってくれて……」

まどか「ありが……むぐっ!?」

ほむら「まだお礼を言うには早いわ、まどか」

ほむら「私はまだ……あなたを救えていない」

まどか「……ほむらちゃん」

ほむら「絶対に……諦めないから……!」

114 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 00:29:23.02 ID:QFST5oJl0
ほむら「それより、まどか……私に謝らせて……」

まどか「えっ!?どうして?」

ほむら「私はあなたを助けることが出来なかった……だから……」

まどか「ほむらちゃんは悪くないよ……」

まどか「ほむらちゃんが忠告してたのに関わった私が……」

さやか「そういうまどかこそ悪くないよ」

さやか「キュゥべえから聞いたよ……あたしが魔女になってまどかを……」

まどか「ううん、さやかちゃんは悪くないの、悪いのは私が……」

ほむら「いいえ、あなたを守れなかった私が……」



杏子「……そろそろ止めたほうがよくないか」

マミ「……そうね」

115 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 00:36:03.34 ID:QFST5oJl0
マミ「とにかく、鹿目さんを助けるために頑張りましょう!」

ほむら「当たり前じゃない」

さやか「もちろんですよ、マミさん!」

杏子「マミの言う通りだな」

まどか「みんな……ありがとう!」

まどか「私も……私自身を救うために頑張る!」

さやか「私達五人がいれば、絶対なんとかなるって!」

ほむら「ええ……!今度こそ……絶対に……!」

121 滅茶苦茶眠いから寝たらごめんね 2012/03/15(木) 00:43:19.21 ID:QFST5oJl0
まどか「可愛い黒猫!この子がどうしたの?」

ほむら「この猫……エイミーを助けないとまどか……」

ほむら「あなたが契約してしまうの」

まどか「えっ!?そうなの?」

杏子「まさか猫に願いを使っちまう奴がいるなんてな」

さやか「まどからしいっちゃ、まどからしいけどね」

マミ「でも、あまり褒められた行動ではないわね」

まどか「うぅ……」

ほむら「まどか……あなたは間違ってないわよ」

まどか「そう……かな?」

ほむら「ええ、そうよ」

123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 00:48:44.99 ID:QFST5oJl0
さやか「おっと、まどか、もしかしてほむらに惚れちゃったかな~?」

まどか「さ、さやかちゃん!?な、何言ってるの!?」

さやか「照れちゃって~大体、まどかは私の嫁になるんだから!」ダキツキッ

まどか「もう!さやかちゃんってば!」

ほむら「……ふふ」

マミ「何がおかしいの?」

ほむら「こんな風な日がまた来るなんて思わなかった」

ほむら「夢のようなものだけど……」

杏子「夢……か。確かにそうだな」

マミ「じゃあ、その夢を現実にしないとね?」

ほむら「ええ」

124 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 00:54:51.07 ID:QFST5oJl0
<数日後>

ほむら「暁美ほむらです、よろしくお願いします」

パチパチ

ほむら「……」ギロッ

まどか(生)「……!?」

さやか「相変わらずクールキャラだけど……」

杏子「これは……」

マミ「ただ、鹿目さんを怯えさせてるだけじゃないのかしら……」

まどか「そ、そんなことないですよ!」

まどか「き、きっと、ほむらちゃんには何か考えが……!」

ほむら(ごめんなさい……まどか……大した意味は無いわ……)

125 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 01:01:54.65 ID:QFST5oJl0
<休み時間>

さやか「……さっきのあれ……何?」

ほむら「忠告よ」

杏子「いや、絶対あれ理解されて無いぞ」

マミ「鹿目さん、どうだった?」

まどか「……私は分かるけど……」

まどか「この時間軸の私が分かるかどうか……」

さやか「下手すりゃ電波扱いされてるね」

ほむら「」

127 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 01:07:30.34 ID:QFST5oJl0
ほむら「鹿目まどか、そいつを渡しなさい」

ほむら「渡さないのなら……」

まどか(生)「……!」

ブシュゥゥゥ

ほむら「!?」

まどか(生)「さやかちゃん!?」

さやか(生)「まどか!こっち!」

まどか(生)「うん!」

さやか「こらー!あたしー!邪魔すんじゃないわよ!」

杏子「それ言っても意味ないだろ」

ほむら「とにかく、早く追わないと……!」

173 >>127の続き 2012/03/15(木) 09:29:51.48 ID:QFST5oJl0
<夜 ほむらの家>

五人「……」ズーン

さやか「一気にやりづらくなっちゃったね……」

マミ「挽回は……難しそうね」

まどか「ほむらちゃんと今のマミさんが仲良くしてくれれば……」

ほむら「でも、そのためにはまどかとさやかを魔法少女に」

ほむら「勧誘しないように説得しないと……」

杏子「……」

杏子(……よく考えたら、今のところあたし関係ないよな……)

174 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 09:35:11.06 ID:QFST5oJl0
さやか「こうやって、みんな一緒に寝るようになって」

さやか「一週間経つのかぁ……」

まどか「最初は慣れなかったけど、いつの間にか慣れちゃった」

マミ「生きてるうちにこんな風にしてみたかったわね」

杏子「この時間軸のあたし達に頑張ってもらうしかないな」

さやか「今のところ、杏子は関係ないけど」

杏子「うるせー!」

ほむら「もう、いいから寝るわよ」

175 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 09:40:12.06 ID:QFST5oJl0
<数日後 魔女の結界>

「おりゃあああああ!!!」

ほむら「痛い痛い!」ギュゥゥ

さやか「でも、引っ張らないとマミさんのリボンから抜け出せないよ」

マミ「でも、あんまり暴れると締め付けが酷くなるから慎重に……」

杏子「そんなこと言ってる場合じゃないだろ」

まどか「早くしないと今のマミさんが……」

さやか「よし、今度は四人でほむらの足を引っ張ろう!」

「せーの!」ガシッ

ほむら(今のマミよりも早く私が死ぬかもしれない……)

177 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 09:44:46.04 ID:QFST5oJl0
シャル「~♪」ガバァ

まどさや(生)「……え?」

マミ(生)「……え?」

ガブッ

178 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 09:50:24.54 ID:QFST5oJl0
「ギリギリ間に合ったようね」

マミ(生)「え?」

ほむら「だから、言ったじゃない。あなた、一人では無理だと」

さやか(生)「なんであいつが……!?」

まどか(生)「ほむらちゃん……」

ほむら「ここからは私に任せなさい」ファサァ

マミ(生)「え、ええ……」

さやか「なんで、滅茶苦茶勝ち誇った顔してんの、こいつ」

杏子「あたしらがいなかったら、何ともならなかったのに」

まどか「まあまあ……二人とも」

179 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 09:54:50.73 ID:QFST5oJl0
さやか「今回は良かったんじゃない?」

マミ「これで二人とも契約しないかもしれないわね」

杏子「あとは、マミがどう動くかだな」

まどか「でも、この調子なら……」

ほむら「ええ……今度こそ」

182 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 10:01:00.14 ID:QFST5oJl0
<翌日>

ほむら「今のマミも協力してくれるみたいだし」

まどか「私もさやかちゃんももう契約しないみたいだし」

さやか「なんかすごい順調だね!」

マミ「ええ、この調子で頑張れば……!」

杏子「上手くいきそうだな」

184 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 10:07:24.69 ID:QFST5oJl0
<夜>

さやか「……って」

さやか(生)「よっ、遅かったね、転校生」

さやか「なんで契約してんだー!あたしー!」

杏子「自分に怒ってどうすんだよ」

まどか「そうだよ、さやかちゃん、落ち着いて!」

マミ「そうよ、美樹さん!なんで契約してしまったの!」

まどか「マミさんも!」

さやか「ああ、なんであたしこんなにバカなの!?」

ほむら(二人とも黙ってほしいのだけど……)

まどさや(生)「?」

185 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 10:12:22.37 ID:QFST5oJl0
ほむら「なんで急に騒ぐようになったの」

さやか「だって、今までになく順調だったから……」

マミ「美樹さんの言う通りね」

ほむら「……今回はマミと協力関係にあるから対立関係にはならないわよ」

さやか「なら、いいけど……」

杏子「ここであたしが来たら最悪だけどな」

まどか「大丈夫だよ、きっと」

186 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 10:18:46.03 ID:QFST5oJl0
さやか「あんたは言ったことを現実にする能力でもあんの!?」

杏子「うるせぇ!耳元で騒ぐな!」

マミ「でも……これは……」

まどか「うん……」

杏子(生)「あんたが噂のイレギュラーか、妙な技を使いやがる」

さやか(生)「邪魔しないで!これはあたしの戦いだ!」

ほむら「あなたでは佐倉杏子には勝てない、絶対に」

まどか「ほむらちゃん、『絶対に』なんて言うと……」

さやか(生)「何よ!あんたには関係ないでしょ!」

ほむら(しまった……)

188 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 10:23:08.33 ID:QFST5oJl0
マミ(生)「そう……そんなことが……」

ほむら「ええ。けど、佐倉杏子は私に任せて」

マミ(生)「大丈夫?」

ほむら「大丈夫よ。その代わり、美樹さやかを」

マミ(生)「ええ、わかったわ」

190 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 10:28:29.07 ID:QFST5oJl0
<ゲームセンター>

ほむら「魔法少女にはあなたみたいな子が相応しい」

ほむら「美樹さやかでは務まらない」

さやか「うっ……」グサッ

マミ「何度も魔女になった美樹さんには痛い一言ね」ボソ

杏子「おい、周りの音がうるさくて聞こえないから」

杏子「もうちょっと、大きな声で喋れよ」

マミ「でも、そしたら暁美さんに……」ボソ

杏子「だから、なんて言ってんだよ!」

マミ「……何度も魔女になった美樹さんには痛い一言ね!」

さやか「マミさん、そっちのほうが痛いです……」

マミ「あ……ごめんなさい!」

まどか「みんな、静かにしないと……」

ほむら(……そろそろ怒るべきかしら)

191 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 10:33:04.04 ID:QFST5oJl0
ほむら「……二週間後、この街にワルプルギスの夜が来る」

杏子(生)「……何故分かる」

ほむら「秘密。とにかく、そいつさえ倒せたら」

ほむら「私はこの街を出て行く」

まどさやマミ「え!?」

杏子「……」

193 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 10:38:58.07 ID:QFST5oJl0
<ほむらの家>

さやか「……本当にいいの?」

ほむら「ええ、まどかを救えれば私はそれだけでいい」

まどか「でも、今の私とほむらちゃんと離ればなれに……」

ほむら「構わないわ……まどかを救えればそれだけでいい」

マミ「暁美さん……」

杏子「いいんじゃねぇの?ほむらがそれでいいなら」

ほむら「……」

195 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 10:44:35.80 ID:QFST5oJl0
さやマミ杏「Zzz……」

まどか「ほむらちゃん……起きてる?」

ほむら「……ええ……何かしら?」

まどか「……ほむらちゃんが杏子ちゃんにあんな理由出したのって……」

まどか「私達がいるから?」

ほむら「……関係ないわ」

ほむら「あれくらいの事を言わないと、協力してくれないと思ったからよ」

まどか「……本当に?」

ほむら「本当よ」

ほむら「……いいえ、やっぱり嘘」

197 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 10:50:42.01 ID:QFST5oJl0
ほむら「まどか達と一緒にいるから、あんなことを言ってしまったのね、きっと……」

まどか「ほむらちゃん……」

ほむら「いつまで一緒にいるか……わからないのにね」

まどか「……ほむらちゃんは間違ってないと思う」

まどか「だけど、私は今の私達とも仲良くしてほしいの」

まどか「私達は死んだ時で時間が止まってる」

まどか「でも、今生きてる私達としか出来ない事もあると思うから……」

ほむら「……そうね、まどかの言う通りよ」

ほむら「わかったわ、出来るだけ杏子と交渉してみるわ」

まどか「ありがとう、ほむらちゃん」

ほむら「じゃあ、そろそろ寝ましょう」

まどか「うん、おやすみなさい、ほむらちゃん」

ほむら「おやすみ、まどか」

201 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 11:12:26.24 ID:QFST5oJl0
杏子(生)「うぜぇ奴にはうぜぇ仲間がいるもんだな」

ほむら「なら、あなたの仲間はどうなのかしら」

杏子(生)「ちっ……」

ほむら「話が違うわ。美樹さやかには手を出すなと言ったはずよ」

杏子(生)「あんたのやり方じゃ手ぬる過ぎんだよ」

杏子(生)「どの道向こうはやる気だぜ」

ほむら「なら、私が相手するわ。手出ししないで」

杏子(生)「はっ、じゃあこいつを食い終わるまで待ってやる」

ほむら「充分よ」

まどか「ほむらちゃん、何も戦わなくたって……」

さやか「まどか、時にはぶつかる必要もあるんだよ。だから……」

まどか「でも……」タッタッタ

まどか「こんなの絶対おかしい……よっ!?」ズコッ

さやか「まどか!?」

205 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 11:18:25.43 ID:QFST5oJl0
ドカッ

ほむら「え……?」ポロッ

コロコロ ポトッ

さやマミ杏「あ」

まどか「痛た……」

ほむら(しまった……ソウルジェムが……!)

バタッ

まどさや(生)「……?」

杏子(生)「おい……どうしたんだよ?」

208 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 11:24:18.69 ID:QFST5oJl0
<トラックの上>

まどさやマミ杏「……」

さやか「いや~あたし、ほむらに取り憑いてんのかと思ってたけど」

杏子「実際はほむらのソウルジェムに取り憑いてたんだな」

まどか「って、落ち着いてる場合じゃないよ!」

マミ「そうね……早く暁美さんのところへ行かないと!」

さやか「でも、ここから降りるの怖くないですか……」

マミ「そ、それでも頑張るしかないでしょう?」

212 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 11:29:58.61 ID:QFST5oJl0
さやか(生)「あたしはもう……人間じゃない……?」

杏子(生)「なんだよ、それ……!」

まどか(生)「じゃあ、ほむらちゃんは……」

QB「ソウルジェムが無い限り、生き返らない」

QB「そのソウルジェムの場所もどこかわからないし」

QB「一生このままだろうね」

マミ(生)「まさか暁美さんこのことを知ってて……」

ポトッ

まどさやマミ杏(生)「……え?」

まどさやマミ杏「はぁ……はぁ……」

213 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 11:35:52.50 ID:QFST5oJl0
<ほむらの家>

まどか「その……ごめんね、ほむらちゃん……」

ほむら「いいわよ、まどかは悪気があってやったわけじゃないのだから」

さやか「でも、これでまた面倒に……」

マミ「どんどん悪い方向に転がっていくわね……」

杏子「もう、起きちまったもんはしょうがないし」

杏子「これからどうするか、だろ?」

ほむら「ええ、杏子の言う通りね」

219 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 11:43:08.88 ID:QFST5oJl0
<数日後>

ほむら「ねえ、どうして。あなたを助けたいだけなの」

ほむら「どうして信じてくれないの」

さやか(生)「……信じてないわけじゃないよ」

ほむら「……え?」

さやか(生)「最初、会った頃のあんたは何もかも諦めた目をしてた」

さやか(生)「でも、今は……何かを頑張ろうとしてるみたい……」

さやか(生)「それにちょっと戸惑ってるだけ……」

ほむら「……そうね、少し前は諦めてたかもしれない」

ほむら「だけど、今は……」チラッ

まどさやマミ杏「?」

220 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 11:47:05.35 ID:QFST5oJl0
ほむら「だから、あなたも救いたいの」

さやか(生)「……」

さやか(生)「わかったよ……このグリーフシードは受け取っておく」

さやか(生)「だけど、協力すると決めたわけじゃないから」

ほむら「……」


223 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 11:51:36.34 ID:QFST5oJl0
マミ「一応、みんな生き残ってるけど……」

さやか「なんかいろいろと不安だね……」

ほむら「でも、やるしかないわ」

杏子「遂に明日か……」

まどか「ワルプルギスの夜……!」

224 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 11:57:06.09 ID:QFST5oJl0
まどか「ほむらちゃん……怖い?」

ほむら「……前は怖かった……けど、今は違う」

ほむら「マミもさやかも杏子も……まどかもいる」

ほむら「だから、怖くない」

まどか「……そっか!よかった!」

マミ「もう長い間一緒にいるのね……」

さやか「マミさんは4ヶ月、あたしは3ヶ月、杏子は2ヶ月で」

まどか「私は一ヶ月だけだね」

杏子「もっと前から一緒にいるような気がするけどな」

226 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 12:01:59.73 ID:QFST5oJl0
まどか「私達、いつまで一緒にいるんだろ?」

杏子「ほむらが死ぬまでだったりしてな」

さやか「そしたら、ほむらのプライベート丸わかりだね!」

ほむら「それはやめてほしいのだけど」

マミ「別にどんな趣味を持ってたって軽蔑したりしないわよ」

マミ「もう家族みたいなものなんだから」

ほむら「そういう意味で言ったんじゃないけど……」

228 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 12:11:35.67 ID:QFST5oJl0
まどか「家族か……ほむらちゃん、もっと近寄ってもいい?」

ほむら「え、ええ……」

マミ「じゃあ、暁美さん、私も」ギュゥ

ほむら「ちょ、ちょっと……」

さやか「じゃあ、あたしもー!」

ほむら「え、ええっ!?」

さやか「ほら、杏子も来なよ」

杏子「あたしはいいよ、別に……」

さやか「いいから、いいから!」グイッ

杏子「あっ、おい!?」

229 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 12:15:47.13 ID:QFST5oJl0
ほむら「……息苦しいのだけど」

まどか「ご、ごめんね、私が変な事言っちゃったから……」

ほむら「……いいわよ、別に」

マミ「だって、暁美さん、温かいんだもの」

さやか「あたし達はそういうのほむらを通じてじゃないと感じられないからさ」

ほむら「そうだったわね……」

杏子「こういうのも……悪くないな///」

マミ「ええ、毎日これでもいいわね」

ほむら「毎日はちょっと……」

ほむら「でも……悪くないわ」

231 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 12:19:53.93 ID:QFST5oJl0
まどか「ほむらちゃん、そろそろ寝ないと」

ほむら「そうね、体を休めておかないとね」

さやか「明日は大切な日だからね」

杏子「その通りだな」

マミ「じゃあ、みんな、おやすみなさい」

ほむら「ええ、おやすみ」

ほむら(今回はマミもさやかも杏子も生きてる……今度こそ!)

234 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 12:27:35.26 ID:QFST5oJl0
ほむら(とは言ったものの……)

マミ(生)「美樹さん、あまり突っ込んでは駄目よ!」

さやか(生)「この……!」バッ

杏子(生)「おい、さやか!マミの言う通りだ!」

さやか(生)「うるさい!あたしに構うな!」

杏子(生)「あと、マミ!邪魔だからうろちょろすんな!」

マミ(生)「邪魔になってるのはあなたよ、佐倉さん!」

ほむら「……(チームワーク最悪……)」

ほむら「……!三人とも危ない!」

さやマミ杏(生)「え?」

ズドォォォン

236 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 12:34:35.94 ID:QFST5oJl0
ほむら「さやか!マミ!杏子!」

さやマミ杏(生)「」

まどか「ソウルジェムは無事みたいだね……よかった……」

さやか「でも、このままじゃ……」

マミ「でも、起きたとしてもまた対立したら……」

杏子「なんでこんなことに……」

ほむら(何か策を考えないと……)

ほむら(このまま一人で戦っても勝機はない……)

ほむら(けれど、三人を起こしても……)

240 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 12:42:46.83 ID:QFST5oJl0
さやか「そもそもなんでケンカすんのよ!」

マミ「……佐倉さんのせいじゃないかしら」

杏子「はぁ!?なんであたしなんだよ!」

マミ「どう考えたって佐倉さんが今の私の攻撃の邪魔になってるわ」

杏子「いや、マミ、お前だろ!」

杏子「昔はもっと上手くやってたのに……」

杏子「栄養全部脳じゃなくて別のところに行ったんじゃねーの?」

マミ「なっ……それどういう意味よ!」

さやか「二人ともケンカしないでよ!悪いのはあたしなんだから!」

杏子「いや、さやかは悪くねぇ!」

マミ「責任は私にあるとでも言いたいの!?」

まどか「ちょっとみんな、落ち着いて……」

ほむら「……」


244 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 12:48:24.26 ID:QFST5oJl0
マミ「大体、佐倉さんがこっちに来たのが悪いんじゃない!」

杏子「なんでそうなんだよ!今の話に関係ないだろ!」

マミ「佐倉さんがこの街に来なければ順調だったのに……」

杏子「あたしだけのせいかよ!」

さやか「だから、二人ともあたしが悪いんだって!」

マミ「いいえ、佐倉さんが来なかったら今の美樹さんも」

マミ「もっと元気だったはずよ!」

杏子「何の根拠があってそんなこと言えんだよ!」

まどか「だから、みんな落ち着いて……」

ほむら「うるさぁぁぁぁぁい!!!!!」

一同「!?」ビクゥ

248 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 12:53:48.78 ID:QFST5oJl0
ほむら「こっちはどうやってワルプルギスを倒そうか必死なのに……」

ほむら「なんでケンカすんのよ!するならこれが終わってからにしなさいよ!」

ほむら「私に言わせれば、あなた達全員のせいよ!」

さやマミ杏「す、すいません……」

まどか「ほ、ほむらちゃんも落ち着いて……」

ほむら「ああ、もう全然考えがまとまらないわよ!」

さやマミ杏「本当に……」

「「「すいません」」」

まどほむさやマミ杏「……え?」チラッ

253 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 13:00:27.56 ID:QFST5oJl0
さやマミ杏(生)「……」ドゲザァ

ほむら「え……ど、どうしたの……?」

さやか(生)「どうしたの……って、今言ってたじゃん」

マミ(生)「私達のせいで暁美さんに迷惑かけて……」

杏子(生)「ケンカなんかしてる場合じゃねーのに……」

ほむら「いや、それは……」

さやか(生)「何でもいいから指示して」

マミ(生)「暁美さんの言う通りにするから」

杏子(生)「あいつを倒すためにもな……」

ほむら「……」

まどほむさやマミ杏(……何この状況)

257 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 13:05:35.87 ID:QFST5oJl0
ほむら「……じゃあ、さやかは左から、杏子は右、マミは後ろ」

ほむら「私は正面から行くわ」

さやか(生)「うん!任せて」

杏子(生)「絶対倒してやる!」

マミ(生)「さあ、行きましょう!」

261 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 13:09:38.58 ID:QFST5oJl0
ズドォォォン

ほむら「やった……の?」

まどか「そうだよ、やったんだよ、ほむらちゃん!」

ほむら「やった……まどか、私倒せたよ……!」

まどか「うん、ありがとう、ほむらちゃん!」

さやか「やったじゃん!ほむら!」

マミ「これでやっと進めるわね……」

杏子「今のあたし達も無事だし……最高だな」

さやか「じゃあ、ほむらの勝利を祝して胴上げでもしよっか!」

マミ「いいわね!」

杏子「しょうがねぇな」

まどか「うん、やろうやろう!」

ほむら「えっ、あっ、ちょっと!」

266 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 13:14:22.76 ID:QFST5oJl0
まどか(生)「みんな、大丈夫!?」

さやか(生)「うん、大丈夫だけど……転校生が何処に居るのか……」

マミ(生)「生きてるはずだけど……」

杏子(生)「ん……あれは……」

ほむら「ちょ、ちょっと、本当にやめて!怖いから!」ピョーン ピョーン

さやマミ杏(生)「」

さやマミ杏(生)(見なかった事にしよう……)

272 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 13:20:28.81 ID:QFST5oJl0
<ほむらの家>

ほむら「ある意味あなた達のおかげかしら……」

さやか「いや、ほむらの邪魔になってただけだし……」

マミ「そうよ、偶然よ」

杏子「ただ、ケンカしてただけだしな……」

ほむら「それでも、私一人だったらこうはならなかった……」

ほむら「ありがとう」

さやか「別に礼なんて……」

杏子「そうだよ、いちいち気にすんなよ」

マミ「昨日も言ったでしょ、もう家族みたいなものなんだから」

ほむら「……ええ!」

まどか「……」シュン

273 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 13:25:44.77 ID:QFST5oJl0
ほむら「……どうしたの、まどか?」

まどか「私……ほむらちゃんの役に立てなかったなから……」

ほむら「いいわよ、まどか。まどかは私の傍にいるだけで充分なの」

ほむら「あなたがいるからここまで来れたの……」

まどか「ほむらちゃん……ありがとう!」ダキツキッ

ほむら「ま、まどか!?」

さやか「お、ラブラブですなぁ~」

マミ「じゃあ、今日も昨日みたいに寝ましょうか!」

杏子「ま、まあ、好きにすればいいんじゃねーの?」

ほむら「ちょっと!勝手に決めないでよ!」

ほむら「……もう///」

286 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 13:51:59.68 ID:QFST5oJl0
ほむら(それからも私達はそれまでのように過ごしていた)

ほむら(今の杏子は、特に私に出て行くような事も言わず見滝原に住み着いた)

ほむら(さやかは上条恭介と付き合えなくなって落ち込んでいるけれど)

ほむら(それでも一時期に比べたら、元気になっている)

ほむら(マミも順調)

ほむら(まどかも契約していない)

ほむら(こんな幸せが……ずっと続くと思ってた……)

291 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 13:57:25.46 ID:QFST5oJl0
<数ヶ月後>

まどか「今日は嵐が強いね……」

さやか「……なんか前にもこんなのなかったっけ……」

ほむら「……!」

マミ「でも、確実に倒したはずよ……」

杏子「ああ、この目で……」

ほむら「いいえ、これは……」

「ワルプルギスの夜」

294 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 14:01:56.30 ID:QFST5oJl0
まどほむさやマミ杏「キュゥべえ……」

QB「それ以外の何者でもないよ」

ほむら「まさか……」

QB「ああ、使い魔を一匹取り逃していたようだね」

QB「それが成長したんだ」

ほむら「でも、どうしてまたここに……」

QB「君のせいさ、暁美ほむら」

ほむら「……私のせい?」

296 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 14:08:54.43 ID:QFST5oJl0
QB「君は鹿目まどかを救う事に執着し、まどかに因果の糸が収束したように」

QB「ワルプルギスの夜にも同じ事が起こったようだ」

QB「君がまどかを救えるかにはワルプルギスの夜も関係しているからね」

ほむら「!」

QB「力自体に変化はなかったようだけど」

QB「出現場所は固定されてしまったようだね」

QB「この街はワルプルギスの夜に取り憑かれたんだよ」

QB「君のせいでね」

ほむら「そんな……!」

QB「君にはもう戦う力は残ってないんだろう?」

QB「なら、まどかが契約するしか倒す方法は無い」

ほむら「……させない……そんなことは!」

297 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 14:16:01.19 ID:QFST5oJl0
まどか「ほむらちゃん……」

ほむら「大丈夫、まどか。心配しないで」

ほむら「何度でも……あなたを救ってみせる」

マミ「でも、魔法を使えないのに……」

ほむら「少しくらいなら使えるからサポートくらいなら出来るわよ」

さやか「とにかく……信じるしかないよね……」

杏子「ああ、やるしかないな……」

ほむら「……」

300 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 14:22:17.31 ID:QFST5oJl0
ズドォォォォン

パリン

ほむら「そんな……!」

さやマミ杏(生)「」

マミ「これじゃあ……」

さやか「もう……」

杏子「あいつを倒す方法なんて……」

ほむら「どうして……どうして……こんな!」

まどか「……」

まどか「……!ほむらちゃん!危ない!」

ほむら「……え?」

ズドォォォォン

302 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 14:27:19.27 ID:QFST5oJl0
ほむら「」

まどか「ほむらちゃん!?」

マミ「大丈夫、気絶してるみたい」

さやか「よかった……でも、どうすれば……」

杏子「……おい、あれ……」

まどさやマミ「あれは……」

まどか「……私?」

304 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 14:33:58.10 ID:QFST5oJl0
まどか(生)「ほむらちゃん!みんな!」

まどか(生)「どうして……」

QB「まどか、この状況を救えるのは君だけだ」

まどか(生)「わかったよ、キュゥべえ……私……」

杏子「おい、あいつ契約する気だぞ!」

マミ「そんな……どうすれば……!」

さやか「早く止めないと!」

まどか「ねぇ、ほむらちゃん!起きて!」ユサユサ

ほむら「」

まどか「早くしないと私が契約しちゃうよ!」ユサユサ

まどか「ねぇ、ほむらちゃん!」ユサユサ

ヒュッ

まどか「え?」

306 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 14:39:36.97 ID:QFST5oJl0
ほむら「う、う~ん……」

マミ「目が覚めたのね!暁美さん」

さやか「よかった!大丈夫?」

ほむら「え、ええ……それよりここは……宇宙?」

杏子「それは……えっと……」

QB「君は本当にイレギュラーな存在だね、暁美ほむら」

ほむら「……?」

QB「時間遡行者であり、幾つもの魂に取り憑かれ」

ほむら「!?(マミ達が見えている……?)」

QB「そして、二度も契約するなんてね」

ほむら「……えっ?」

さやマミ杏「……」

QB「説明してあげるよ、何があったか」

308 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 14:44:45.51 ID:QFST5oJl0
~~~~~

さやか「ま、まどかがほむらに吸い込まれた!?」

マミ「鹿目さん!?暁美さん!?」

杏子「おい、大丈夫か!?」

「う、う~ん……」ムクリ

さやか「大丈夫!?ほむら!?」

「……あれ、ほむらちゃんは?」

さやマミ杏「え」

「あれ、私こんなに髪長かったっけ……」

杏子「もしかして……」

マミ「鹿目さん……?」

ほむ(まど)「え?」

310 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 14:54:25.30 ID:QFST5oJl0
ほむ(まど)「ええ~!私がほむらちゃんになってる!?」

さやか「ほむらが気絶したから憑依出来たのかな……?」

ほむ(まど)「そ、そうなのかな……?」

杏子「って、驚いてる場合じゃねーぞ!」

マミ「そうね!早く今の鹿目さんを止めないと!」

ほむ(まど)「そうだった!急がないと!」タッタッタ

314 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 15:00:46.67 ID:QFST5oJl0
まどか(生)「私の願いは……」

ほむ(まど)「待って、私!」タッタッタ

まどか(生)「ほむらちゃん!……私って?」

ほむ(まど)「あ、え、えっと……」オロオロ

さやか「まどか!ほむらは下の名前で呼んでるよ!」

ほむ(まど)「(そ、そうだった!)え、えと……まどかちゃん!」

まどか(生)「まどか……ちゃん?」

杏子「何言ってんだよ!」

マミ「呼び捨てよ!鹿目さん!」

ほむ(まど)(ああ、もうわけわかんないよ~!)

QB「!?……これは……」

まどか(生)「どうしたの、キュゥべえ?」

317 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 15:06:33.70 ID:QFST5oJl0
QB「……暁美ほむら、どういうことだい?」

さやマミ杏ほむ(まど)「……え?」

QB「君は既に契約しているのにもう一度契約出来る……」

さやマミ杏ほむ(まど)「ええっ!?」

QB「それもまどかには少し劣るけど、充分すぎる素質を持ってる」

QB「どんな願いも叶える事だって出来るよ」

さやか「まどか……どうすんの?」

ほむ(まど)「……」

319 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 15:10:49.33 ID:QFST5oJl0
ほむ(まど)「キュゥべえ……契約するよ」

マミ「鹿目さん……」

QB「……暁美ほむら、君のもう一つの魂を差し出してまで」

QB「叶えたい願いは何だい?」

杏子「……」ゴクリ

ほむ(まど)「……」スゥー

ほむ(まど)「……」ハァー

ほむ(まど)「……全ての魔女を生まれる前に消し去りたい!」

一同「!?」

~~~~~

321 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 15:15:39.08 ID:QFST5oJl0
<現在>

ほむら「じゃあ、まどかは……」

QB「契約し、魔法少女となった」

QB「だが、同時にこの宇宙の一員ではなくなった」

ほむら「どういう……事?」

さやマミ杏「……」

QB「鹿目まどかという存在は、一つ上の領域にシフトして」

QB「ただの概念に成り果ててしまった」

QB「この世界に生きた証も、その記憶も、もう何処にも残されていない」

QB「もう誰もまどかを認識出来ないし、まどかも誰にも干渉出来ない」

ほむら「何よそれ……それじゃ死ぬよりも酷いじゃない……!」ポタポタ

「そんなことないよ」

さやマミ杏「その声は……」

ほむら「まどか……?」

323 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 15:19:18.49 ID:QFST5oJl0
まどか「今の私にはね、過去と未来の全てが見えるの」

まどか「杏子ちゃんもマミさんもさやかちゃんも」

まどか「ほむらちゃんも……私もね」

まどか「そのおかげでわかったの」

ほむさやマミ杏「?」

まどか「どうして、私達がほむらちゃんに取り憑いたのか」

ほむさやマミ杏「え……?」

327 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 15:25:12.10 ID:QFST5oJl0
まどか「私ね、マミさんがほむらちゃんに取り憑く前の時間軸で」

まどか「ほむらちゃんが何者か、教えてくれたの覚えてる?」

ほむら「……ええ」

ほむら「だけど、ソウルジェムが魔女を生む事を教えなかったから」

ほむら「あなたは契約してしまった……」

まどか「うん。その時の願い、何か知ってる?」

ほむら「……いいえ」

まどか「私ね、キュゥべえにこう願ったの」

まどか「ほむらちゃんが寂しくないように」

まどか「ほむらちゃんの事を思ってくれる……」

まどか「そんな人……人達がずっとほむらちゃんの傍にいてくれますように」

まどか「……そう、願ったの」

ほむら「まどか……」

330 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 15:31:44.60 ID:QFST5oJl0
さやか「だから、私達が取り憑いたのか……」

杏子「確かに……ほむらの事考えて死んだな……」

まどか「まさか、幽霊になって傍にいるとは思わなかったけどね」

まどか「多分、それがほむらちゃんにとって一番だったのかな?」

まどか「それに私自身も取り憑くなんてね」

マミ「でも、そのおかげで今、一緒にいられるのね」

ほむら「だけど……それでも……」

ほむら「結局、私は……あなたを救えなかった……!」

まどか「泣かないで、ほむらちゃん」

まどか「ほむらちゃんは私を救ってくれたよ」

ほむら「え……?」

332 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 15:36:16.45 ID:QFST5oJl0
まどか「あ……そろそろお別れだね」

ほむら「待って、まどか!嫌よ!まだ別れたくない!」

ほむら「あなたはこんなところで一人で……」

さやか「そうだよ、まどか!せめて、あたしだけでも!」

まどか「ううん、それは無理なの、さやかちゃん」

まどか「私じゃないと駄目なの」

まどか「それに一人じゃないよ」

ほむさやマミ杏「え?」

まどか「みんないつまでも一緒だよ」

ほむら「それはどういう……」

まどか「そうだ、ほむらちゃんにお礼のプレゼント!」スッ

ほむら「まどかのリボン……」

334 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 15:41:07.13 ID:QFST5oJl0
まどか「私の事を助けてくれてありがとう!」

ほむら「待って、まどか!私はあなたの事を助けてなんか……」

まどか「それじゃあみんな、ちょっとの間お別れだね」

まどか「杏子ちゃん、さやかちゃん、マミさん」

まどか「ほむらちゃん、ばいばい!」

杏子「おい、何言ってんだよ!」

さやか「そうだよ、まどか!」

マミ「これでお別れだなんて……!」

ほむら「嫌……嫌よ……行かないで……」

ほむら「まどかぁぁぁ!!!」

……

339 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 15:45:13.06 ID:QFST5oJl0
<病室>

ほむら「ここは……」

マミ「あの日に……戻ったようね」

杏子「でも、あいつが……」

さやか「ほむら……大丈夫?」

ほむら「ええ……」

ほむら「まどか……」

ギュッ

342 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 15:50:49.08 ID:QFST5oJl0
<数日後 ほむらの家>

さやか「ええ~本当にそれにするの?」

ほむら「何よ、問題あるかしら」

マミ「私はいいと思うけれど……佐倉さんはどう思う?」

杏子「あたしに振るなよ……」

ほむら「もう……いいじゃないこれで」

ほむら「……行くわよ」

マミ「ええ」

さやか「うん」

杏子「ああ」

343 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 15:55:38.03 ID:QFST5oJl0
ほむら「暁美ほむらです、よろしくお願いします」ペコリ

パチパチ

ほむら「……」

ほむら(……まどかはいないわね……)

ほむら(私は……やっぱりまどかを……)

ガラッ

「すいませ~ん!遅刻しました!」

マミ「……え?」

さやか「嘘……」

杏子「マジかよ……」

ほむら「……まどか?」

まどか「へっ?」

345 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 15:59:43.69 ID:QFST5oJl0
ほむら「まどかぁ!」ダキツキッ

まどか「ええっ!?だ、誰!?」

ほむら「あっ、えっと、私は……」

さやか(生)「おおっ、いきなりまどかに目を付けるなんて」

さやか(生)「転校生もお目が高いね!」

ほむら「えっ、あっ、いや、これは……その……」

和子「鹿目さん、暁美さん、すぐに席に着きなさい!」

まどほむ「は、はい!」

346 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 16:04:10.74 ID:QFST5oJl0
<放課後>

まどか「朝は驚いちゃったよ~」

ほむら「ごめんなさい……私の友達にそっくりだから……」

まどか「不思議だね、その子と顔も似てて名前も一緒だなんて」

ほむら「ええ、世の中は不思議でいっぱいよ」

まどか「あの……暁美さん……」

まどか「暁美さんの事……ほむらちゃん、って呼んでいい?」

ほむら「ええ、いいわよ……じゃあ……」

まどか「うん、まどか、って呼んでいいよ!」

ほむら「……ええ、まどか///」

351 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 16:09:20.00 ID:QFST5oJl0
<ほむらの家>

さやか「よかったね、ほむら!」

ほむら「ええ……でも、なんでまどかがいたのかしら……」

杏子「細かい事はいいんじゃねーの?」

マミ「そうね、きっとそのうちわかるわよ!」

さやか「じゃあ、まどかがいた事を祝して乾杯でもしよっか!」

353 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 16:12:26.21 ID:QFST5oJl0
杏子「あたしらコップ持てないだろうが」

マミ「細かい事は気にしないんでしょ?」

さやか「そうそう、持ってるフリすればいいの!」

さやか「ほむらだけ持って!」

ほむら「他人から見たら寂しい人ね……」

さやか「とにかく、やるよっ!」

まどほむさやマミ杏「かんぱーい!」










ほむさやマミ杏「……ん?」

359 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 16:17:45.11 ID:QFST5oJl0
まど神「みんな、どうしたの?」

ほむさやマミ杏「えええええええ!!!???」

まど神「みんな、どうしたの?」

ほむら「な、なんで、まどかがここに……?」

まど神「だって、ほむらちゃんに取り憑いてるんだから当然でしょ?」

さやか「だ、だって、今までいなかったじゃん!?」

まど神「それは魔法少女達を円環の理に導くのに、一週間かかっちゃったから……」

まど神「まあ、これからもたまに魔法少女を導きに行くけど」

まど神「基本的にはみんなと一緒だよ!」

マミ「そ、そう……」

杏子「ま、まあ、よかったんじゃねーの?」

361 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 16:22:38.79 ID:QFST5oJl0
ほむら「そういえば……宇宙の一員とか言ってたのは結局何だったの?」

まど神「あの願いは本来あの時間軸にいないはずの私が願った事だから」

まど神「だから、この時間軸では普通に鹿目まどかという存在があるの」

まど神「私も少し驚いたけどね」

ほむら「そう……よかった……」

まど神「でも、これはほむらちゃんのおかげだよ」

ほむら「え?」

まど神「ほむらちゃんがワルプルギスの夜を倒してくれたから」

まど神「だから、こんな奇跡が起きたの」

ほむら「でも、あれは私一人じゃ……」

まど神「でも、ほむらちゃんは諦めずにずっと頑張ってくれたよ」

ほむら「まどか……」

まど神「ありがとう、ほむらちゃん!」

ほむら「ええ……」ニコッ


362 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 16:26:53.55 ID:QFST5oJl0
マミ「じゃあ、気を取り直して」

さやか「もっかい乾杯しよっか!」

杏子「またやんのかよ」

まど神「さっきはみんなを驚かせちゃったからね」

ほむら「本当、心臓が止まるかと思ったわ」

さやか「じゃ、もう一度……」

「かんぱーい!」





QB「というわけでここからはしばらく番外編だよ」

ほむら「何がというわけなの」

367 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 16:32:22.81 ID:QFST5oJl0
番外編1 もしも……マミが取り憑いたら


まどか「……」ガタガタブルブル

ほむら「ま、まどか、落ち着いて……」

さやか「いや、簡単には落ち着けないでしょ……」

さやか「あたしも最初ビビったもん……」

マミ「みんな、そんなこと言うなんて酷いわ……」

杏子「泣いてるふりなんてやめろよ、マミ」

杏子「頭ないのにさ」

マミ「私にとってはあるの!」

368 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 16:35:13.08 ID:QFST5oJl0
ほむら(事の始まりは……)

~~~~~

ほむら(巴マミが死んでまどかも美樹さやかも契約しないでしょう……)

ほむら(けど、かなりのショックを与えてしまったようね……)

ほむら(仕方ない……とりあえず、寝ましょう……)

ボウッ

375 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 16:40:27.67 ID:QFST5oJl0
<翌朝>

「きゃあああああああああ!!!」

マミ「な、何!?」

ほむら「……」ガタガタブルブル

マミ「あ、暁美さん、落ち着いて……」

ほむら「こ、来ないで、化物ぉぉぉ!!!」ガタガタブルブル

マミ「ばっ、化物って何よ!いくら幽霊だからって……!」

ほむら「幽霊は幽霊でも首無しなんてもっと怖いじゃない!」ガタガタブルブル

マミ「く、首無し?」

ほむら「……気付いてないの?」

マミ「そ、そういえば、頭が軽いような……」スカッ

マミ「あれっ!?頭がない!?どうして!?」スカッ スカッ

ほむら(気付いてなかったのね……)

378 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 16:44:15.30 ID:QFST5oJl0
ほむら「な、なんで首無しなのかしら……」

マミ「魔女にぱっくり頭から食べられたからかしら……」

ほむら「……迷惑な話ね」

マミ「そ、それより、暁美さんの話聞いたら」

マミ「黙ってられないわ!私も協力するわ!」

ほむら「そんなことしなくていいから、私の視界に入らないで……」

マミ「……」シュン

380 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 16:47:15.05 ID:QFST5oJl0
ほむら「……」

マミ「暁美さん……美樹さんを殺して辛いでしょう……だから……」

ほむら「一緒に寝なくていいからいつも通り1mは離れて寝てちょうだい」

マミ「……はい」シュン

~~~~~

382 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 16:50:16.08 ID:QFST5oJl0
ほむら(それからは……)

~~~~~

さやか「ぎゃあああああ!!!」ガタガタブルブル

マミ「きゃあああああ!!!」ガタガタブルブル

~~~~~

杏子「さやか!こいつから離れろ!」

マミ「人を化物みたいに言わないで!」

~~~~~

386 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 16:54:28.96 ID:QFST5oJl0
<現在>

まどか「その……ごめんなさい、マミさん……」

マミ「いや、いいのよ……もう慣れたから……」

さやか「あたし達もいつも怖がってすいません……」

マミ「い、いいのよ、別に!気にしてないから!」

杏子「絶対気にしてるだろ……」

387 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 16:59:48.34 ID:QFST5oJl0
マミ「でも、結局こうなるのよね……」

さやか「マミさんのことは好きだけど……」

ほむら「一緒に寝るのは……ちょっと……」

杏子「き、気にすんなよ、な!」

まどか「マミさん、ごめんなさい!」

マミ「い、いいのよ、別に!」

マミ(……みんなだけ固まって寝て羨ましいな……)

389 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 17:05:17.08 ID:QFST5oJl0
まどほむさや杏「Zzz……」

マミ「……」

マミ(やっぱり寂しいな……)

マミ(……少しだけなら)

ギュゥ

マミ(温かい……いつもこんな風に出来たら……)

ほむら「……ん……」

マミ「あ」

ほむら「」

393 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 17:10:11.85 ID:QFST5oJl0
マミ「ごめんなさい……」

ほむら「もういきなりはやめてほしいわ……」

まどか「ほむらちゃん……あまりマミさんを責めないであげて……」

さやか「ほむらの気持ちもわかるけどね……」

マミ「みんな、酷いわ……」

杏子「だから、泣いてるふりなんてやめろよ、頭ないんだから」

マミ「私にとっては頭はあるの!」



もしも首無しマミが取り憑いたら

396 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 17:14:55.92 ID:QFST5oJl0
番外編2 もしも……なさやかが取り憑いたら

ピチピチ

ほむマミ「……」

ピチピチ

さやか「そんな困った顔しないでよ……」

ピチピチ

さやか「あたしが一番困ってんだから……」

ピチピチ

ほむマミ「だって……まさか、人魚の姿で取り憑くとは……」

さやか「……」ピチピチ

401 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 17:19:06.84 ID:QFST5oJl0
マミ「なんでこうなったのかしら……」

ほむら「……魔女になったさやかを倒したからかしら……」

さやか「うぅ……これじゃ歩けないよ……」ピチピチ

ほむら「……しょうがないわね、マミ、おんぶしてあげて」

マミ「ええ」ヒョイ

さやか「すいません、マミさん……重くないですか?」ピチピチ

マミ「……重くないわよ、大丈夫!」

マミ(本当は少し辛いけど……)

マミ(今の美樹さんにそんな事言ったら、余計悲しむわね……)

403 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 17:23:54.94 ID:QFST5oJl0
さやか「うぅ……」ピチピチ

マミ「どうしたの、美樹さん?」

さやか「人に見えないってわかってても」ピチピチ

さやか「この格好は恥ずかしいなって……」ピチピチ

ほむマミ「確かに……」

さやか「私もマミさんみたいに普通に取り憑きたかったな……」ピチピチ

ほむら(取り憑く事はいいのね……)

405 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 17:30:10.06 ID:QFST5oJl0
杏子「……」

さやか「そ、そんな見つめないでよ……///」ピチピチ

杏子「あ……いや、悪い……」

ほむら「まあ、見つめたくもなるでしょ……」

マミ「珍しいからね……」

マミ「じゃあ、これからは佐倉さんにおんぶしてもらいましょうか!」

杏子「あ、あたしが!?」

さやか「よ、よろしくね」ピチピチ

杏子「お、おう……」

杏子「///」

408 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 17:34:25.75 ID:QFST5oJl0
杏子「じゃあ、行くぞ」ヒョイ

さやか「大丈夫、杏子?」

杏子「うっ……」

さやか「もしかして……重い?」ピチピチ

杏子「……かなり」

ボカッ

410 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 17:40:47.34 ID:QFST5oJl0
杏子「痛ってえ~……何すんだよ!」

さやか「あんた、デリカシー欠けてんじゃないの!?」ピチピチ

さやか「マミさんだって言わなかったよ!」ピチピチ

マミ(あ、バレてた……)

ほむら「しょうがないじゃない、さやかと杏子、体格近いんだから」

さやか「いや、それでも……」ピチピチ

ほむら「いいから行くわよ」

さや杏「……ふんっ!」

413 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 17:45:27.01 ID:QFST5oJl0
ほむマミ「Zzz……」

杏子「なぁ、さやか……」

さやか「何……?」ピチピチ

杏子「その……昼間は悪かった……」

さやか「ううん……あたしこそ叩いてごめん……」ピチピチ

さやか「おんぶしてもらってるのに……」ピチピチ

杏子「別にいいよ……好きでやってるだけだし……」

さやか「ねぇ……聞いていい?」ピチピチ

杏子「……何だよ?」

416 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 17:50:46.67 ID:QFST5oJl0
さやか「どうしてそんなにあたしに構うの?」ピチピチ

杏子「……ほっとけないんだよ……なんか……あたしに似てて……」

さやか「そっか……」ピチピチ

さやか「……今のあんたに言っても意味ないかもしれないけど……」ピチピチ

さやか「……ありがとう」ピチピチ

杏子「あ、ああ……///」

杏子「……もうちょっとそっち行っていいか?」

さやか「でも、あたしとくっついたって温かくないよ?」ピチピチ

杏子「さやかじゃないと意味ないんだよ」

さやか「じゃ、じゃあ……いいよ」ピチピチ

418 >>417 当たり前だろ! 2012/03/15(木) 17:56:01.34 ID:QFST5oJl0
さやか「そんなにくっついて大丈夫?魚の部分とか気持ち悪くない?」ピチピチ

杏子「別に。いちいち気にすんなよ」

さやか「……ありがとう、杏子」ピチピチ

杏子「い、いいよ、別に……そろそろ寝るぞ!」

さやか「うん、そうだね。おやすみ、杏子」ピチピチ

杏子「あ、ああ。おやすみ、さやか」

杏子「///」



杏子(普段気にしなかったけど……よく嗅いだら魚臭い……)



もしも……なさやかが取り憑いたら(と言う名のただのさや杏)

420 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 18:00:15.07 ID:QFST5oJl0
もしも杏子がいっぱい取り憑いてたら

杏子s「ロッソ・ファンタズマ!」

杏子A「……って、何やらせるんだよ、マミ」

マミ「だって、これ思い出しちゃって」

さやか「それはともかくいっぱい増えたね……杏子」

まどか「どれが何週目の杏子ちゃんかわからないよ……」

マミ「私も……これは……」

杏子B「さ、さやかはわかるよな?」

さやか「いや、無理」

杏子s「即答かよ!なんでだよ!」

さやか「だったら、髪型変えるとか区別しやすくしろー!」

ほむら「私はわかるわよ」

421 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 18:04:26.03 ID:QFST5oJl0
杏子A「……じゃあ、言ってみろよ……」

ほむら「杏子Aを基準とするなら、杏子Bは髪の毛が0.3mm短く、杏子Cは0.1mm背が高く」

ほむら「杏子Dは胸が……」

杏子A「もういいよ!なんで区別出来てんだよ!?」

ほむら「統計よ」

杏子s「何のだよ……」

423 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 18:09:12.61 ID:QFST5oJl0
さやか「そこの杏子ーちょっと邪魔」

杏子s「そこのって誰の事だよ」

さやか「いちいち全員で反応すんな!」

杏子A「しょうがないだろ!だったら、何週目~とか付けろよ!」

さやか「いちいち面倒くさいのよ!ていうかどの杏子が何週目かなんてわからないわよ!なんでこんなに増えたのよ!」

杏子B「知らねーよ!」

マミ「でも、確かに識別しやすくしたいわね……」

ほむら「いい考えがあるわ」

まどか「何?ほむらちゃん?」

424 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 18:14:16.70 ID:QFST5oJl0
ほむら「じゃんけんでペアを作ればいいのよ」

一同「ペア?」

ほむら「例えば、私と杏子Aがペア、まどかと杏子Bがペア」

ほむら「といった感じにペアを組んで、私が杏子を呼べば杏子Aが反応する」

ほむら「まどかが杏子を呼べば、杏子Bが反応する」

さやか「あ~それだったらわかりやすいね」

マミ「じゃあ、早速やりましょうか」

「じゃ~んけ~ん……ぽん!」

425 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 18:19:09.17 ID:QFST5oJl0
杏子C「よろしくな、さやか(よっしゃあ!さやかとだ!)///」

さやか「うん、よろしく」

杏子B「なんだ、マミとか……」

マミ「あら、嫌なの?」

杏子B「別に……」

まどか「よろしくね!」

杏子E「おう」

ほむら「特に問題はないわね」

杏子D「ああ」

ほむら「じゃあ、これで決定で」

「ちょっと待て」

426 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 18:24:10.88 ID:QFST5oJl0
杏子AF「なんであたしが自分と組まなきゃいけないんだよ!」

ほむら「ペアは出来てるじゃない、何も問題はないでしょう?」

杏子AF「問題しかねーよ!」

ほむら「じゃあ、これで決定ね」

「はーい」

杏子AF「はいじゃねえ!」

杏子AF(待てよ……別にペア組んだからってその相手とだけ接しろってことじゃねぇ)

杏子AF(だったら、別に……)

427 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 18:29:47.38 ID:QFST5oJl0
さやか「でさー杏子ー」

杏子C「何だよ」

マミ「そういえば、あんなこともあったわよね」

杏子B「そ、その話はいいだろ!」

まどか「へぇー!杏子ちゃん、あれ好きなんだ!」

杏子E「まどかもか!」

ほむら「槍の良さがわからないのだけど」

杏子D「だから、あれは……」

杏子AF(こいつら自分のペアとしか話してねぇ!)ガーン

431 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 18:34:20.74 ID:QFST5oJl0
杏子A「……さやかの思い出話でもするか……?」

杏子F「いや、あたし、さやか興味ないし……」

杏子A「……そうか」

杏子F「ああ……」

杏子AF「……」



もしも杏子がいっぱい取り憑いてたら

438 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 18:38:49.83 ID:QFST5oJl0
もしもキュゥべえに取り憑かれてたら

QB「全く僕も幽霊になるなんてわけが……きゅべっ!」

ほむら「喋らないでくれる?耳障りだから」グリグリ

まど神「ほむらちゃん!足で踏んだりしたら駄目だよ!」

QB「ま、まどかぁ……」

まど神「ほむらちゃんの足が汚れちゃうから、私の弓貸してあげるね!」

ほむら「ありがとう、まどか」

QB「まどかぁぁぁぁぁ!!!!!」

441 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 18:43:57.48 ID:QFST5oJl0
さやか「そもそもなんでキュゥべえが取り憑いたの?」

まど神「多分、あの空間にもキュゥべえがいたからかな?」

まど神「ごめんね、ほむらちゃん……」

ほむら「いいえ、まどか。いいストレス解消をありがとう」シュッ

QB「や、やめ……きゅべっ!」

ほむら「当たっても死なないし、いいわねこれ」

QB「マミ!助けてよ!」

マミ「……」

QB「杏子!」

杏子「なぁ、ほむら。次あたしに貸してくれ」

さやか「あ、じゃあ、あたしも!」

QB「みんな、助けてくれよ!」



もしもキュゥべえに取り憑かれてたら

444 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 18:53:15.39 ID:QFST5oJl0
ほむら(別にあんなことやこんなことはしなくてもいいから……)

ほむら(まどかとキスがしたい……)

ほむら(こんなこと言ったらまどか引くかしら……)

ほむら(でもなぁ……)

ほむら(寝てる隙にキスするのは嫌だし……)

ほむら(こうなったら……)

446 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:00:31.84 ID:QFST5oJl0
ほむら「まどかとあんなことやこんなことしたい」

マミさや杏「……は?」

ほむら「だから、今まどかが円環の理に言ってる間に相談したいの」

マミさや杏「……」

ほむら「」

さやか「ていうか、ほむらってそういう趣味だったんだ……」

ほむら「何よ、私がどんな趣味持ってても気にしない、って言ってたのは嘘だったの?」

マミ「いや、別に気にしないけど……」

杏子「突然過ぎて……」

ほむら「とにかく、まどかに聞いてほしい事があるの」

ほむら「女同士であんなことしたりこんなことしたりするのはどう思うか」

ほむら「それと、過去が覗けるなら私達のプライベートを見てないか」

ほむら「その二つを聞いてほしいの」

447 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:05:31.78 ID:QFST5oJl0
さやか「最初のはわかるけど、後のは何?」

ほむら「もし、過去の私のプライベートな部分見てたら嫌じゃない」

ほむら「まどかをおかずにいろいろしたのに……」

マミさや杏「……」

ほむら「……やっぱり引いてるでしょ」

杏子「いや、そんなことねーよ?」

さやか「うんうん」

マミ「そうね、何とも思ってないわ」

ほむら「……」

449 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:10:11.93 ID:QFST5oJl0
<夜>

ほむら「Zzz……」

さやか「そういえばさ、まどか、女同士で……」

まど神「うん……うん……ええっ!?///」

マミ「やっぱり、駄目よね……」

まど神「駄目と言うかなんと言うか……///」

杏子(ああ、これは駄目だな……)

ほむら「Zzz……」

450 ちょっと飯食ってきます 2012/03/15(木) 19:12:48.24 ID:QFST5oJl0
マミ「そういえば、鹿目さんは過去も見えるのよね?もしかして、私達のプライベートな部分も……」

まど神「確かに見えますけどそういう部分は見てません」

まど神「私も知られたくないようなこといっぱいあるから……///」

さやか「おお、神がいる……」

杏子(これでほむらも救われたか……)

ほむら「Zzz……」

461 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:43:46.79 ID:QFST5oJl0
<同時刻 まどかの家>

まどか「うっ……い、嫌……」

「……」

まどか「お願いだから……ねぇ……」

「……」

まどか「やめてよ……!」

「……」

465 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:49:38.75 ID:QFST5oJl0
<翌日>

ほむら「そう……やっぱりまどかは……」

さやか「うん……」

杏子「でも、プライベートは覗かれてないみたいだし、安心しろよ」

ほむら「そう、それはよかったわ」

マミ「暁美さん……意外と落ち込んでないわね」

ほむら「そうかしら。いい夢を見たからかしらね」

マミ「どんな夢なの?」

ほむら「秘密よ……ふふ」

マミさや杏「……(ああ、そういう……)」

466 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:55:12.23 ID:QFST5oJl0
<数日後>

まど神「ほむらちゃん、最近機嫌いいね!何かあったの?」

ほむら「さぁ?いい夢を見てるからかしら?」

まど神「へぇ!どんな夢?」

ほむら「それは秘密よ……ふふ」

まど神「ええー知りたいなぁー」

ほむら「秘密だから駄目よ」

ほむら「……あ……おはよう、まどか」

まどか「ひっ!」ビクゥ

ほむら「え?」

468 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:59:53.02 ID:QFST5oJl0
ほむら「まどか……私、何か悪い事したかしら……」

まどか「あ、ううん!ごめん、ちょっと驚いちゃっただけなの、ごめんね……」

ほむら「なら、いいのだけど……」

まどか「あ、わ、私先いくね!」タッタッタ

ほむら「え、ええ……」




ほむら(それから、まどかは私を避けるようになった……)

474 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:04:59.30 ID:QFST5oJl0
ほむら「どうして、今のまどかは私を避けるのかしら……」

さやか「ほむらが知らないうちに変な事したんじゃないの?」

マミ「暁美さんならあり得るわね」

ほむら「してないわよ!……多分」

杏子「自信ないのかよ……」

さやか「困ったときのまど神様も今は忙しい、って言うし……」

ほむら「こうなれば……」

480 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:10:13.97 ID:QFST5oJl0
さやか(生)「最近、まどかがほむらを避けてる?」

さやか(生)「確かに……最近、二人一緒にいるの見ないね……」

ほむら「何か聞いてないかしら?」

さやか(生)「う~ん……あたしは聞いてないなぁ……」

さやか(生)「そうだ!今度の休み、まどかの家行く用事あるから一緒に来る?」

さやか(生)「もちろん、まどかには内緒で!」

ほむら「でも……まどかに悪くないかしら?」

さやか(生)「時には突っ込む必要もあるよ、ほむら!」

ほむら「あなたは突っ込みすぎよ、主に戦いで」

さやか(生)「痛いとこは突かないでよ……」

483 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:16:01.52 ID:QFST5oJl0
<休みの日>

ピンポーン

ほむら「……」ドキドキ

さやか(生)「そんな緊張しなくても……」

ほむら「まどかに余計嫌われたりしないかしら……」

さやか(生)「あたしが来る途中に見かけたから誘った、ってことにすれば大丈夫だよ!」

ほむら「なら、いいけど……」

マミ「これで鹿目さんが避けてる理由がわかるのかしら……」

さやか「さぁ……」

杏子「どうせ、ほむらのせいだろ」

ほむら(うるさいわね……)

484 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:18:48.91 ID:QFST5oJl0
ガチャ

さやか(生)「お、来た来た」

杏子(生)「よっ、さやか……なんでほむらも?」

ほむさや「え」

マミさや杏「え」

486 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:23:34.33 ID:QFST5oJl0
杏子(生)「おい、ほむらもいるぞー」

まどか「えっ、ほ、ほむらちゃんも!?」

さやか(生)「来る途中で会ったから誘ったの」

ほむら「お邪魔かしら……」

まどか「う、ううん!そ、そんな事ないよ!」

さやか(生)「確かに様子変だね……」ボソ

ほむら「そうでしょ……」ボソ

さやか(生)「ところでなんで杏子が……」

マミ(生)「二人ともどうし……あら、暁美さんも来たの?」

ほむら(なんでこう邪魔者が二人も……)

489 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:29:29.06 ID:QFST5oJl0
マミ(生)「私と佐倉さんでケーキ作ったのだけど、食べきれない量作っちゃったからお裾分けに来たの」

マミ(生)「美樹さんも暁美さんも食べるでしょ?」

さやか(生)「は、はい……(マミさん、杏子……タイミング悪いよ……)」

まどか「……」

ほむら(まどか……)

さやか「この世界でのマミさんと杏子って滅茶苦茶仲いいですよね」

杏子「そんなことないだろ」

マミ「あら、仲良くないとでも言うの?」

ほむら(……まどかいないだけでこんなにうるさいとは……)

491 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:34:22.57 ID:QFST5oJl0
さやか(生)「あー美味しかった!」

マミ(生)「そう言ってもらえると嬉しいわ。暁美さん、どうだった?」

ほむら「……美味しかったわ」

マミ(生)「そう、よかった」

まどか「……」

ほむら「……」

さやか(生)(しょうがない……こうなったら……)

さやか(生)『マミさん!杏子!魔女の反応が!』

マミ(生)『え……?そんな反応ないけど……』

杏子(生)『さやか、お前何言って……』

さやか(生)「あ、まどか!マミさんと杏子と私で用事思い出したからちょっと出てくるね!」グイッ

杏子(生)「おい、さやか!」

マミ(生)「な、何なの!?」

さやか(生)「いいから、いいから!」

ほむら『さやか……ありがとう……!』

492 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:39:30.32 ID:QFST5oJl0
まどか「……」

ほむら「……」

ほむら「……ねぇ、まどか」

まどか「な、何かな!?」

ほむら「最近……私を避けてないかしら……?」

まどか「そ、そんなことないよ!」

ほむら「……ねえ、まどか、嘘はつかないで……本当の事を教えてほしいの……」

ほむら「もし、私があなたを傷つけるような事をしてるなら正直に言って……」

まどか「違うの……ほむらちゃんは全然悪くないの……そんな事あるはずないのに……」

ほむら「どういう……事?」

マミさや杏「……」ゴクリ

495 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:44:00.85 ID:QFST5oJl0
まどか「……最近、夜中にほむらちゃんが……私のところに出てくるの……」

ほむら「え……?」

まどか「そ、それで……ほ、ほむらちゃんが……私に……Hなことしてくるの……」

マミ「暁美さん……」

さやか「さすがにないわ……」

杏子「やっぱりこいつだったか……」

ほむら「わ、私じゃないわよ!」

まどか「わかってる……ほむらちゃんはそんなことしないもんね……」

ほむら「え……ええ、もちろん!」

まどか「そのほむらちゃんは……やめて、って言ってもそのほむらちゃんは無言で続けるの……」

ほむら「酷いわね……許せないわ……」

501 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:49:19.47 ID:QFST5oJl0
まどか「ごめんね……ほむらちゃんじゃないってわかってても……ほむらちゃんが怖くなっちゃって……」

ほむら「いいえ、まどか。あなたは悪くないわ……悪いのは私に化けたその何者かよ!」

ほむら「絶対に正体を暴いてみせるわ!」

ほむら(私だって夢でしか出来ないのに!)

まどか「で、でも……どうやって……?」

ほむら「私に任せて、まどか」

502 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:53:35.86 ID:QFST5oJl0
マミ(生)「そう……だから……」

杏子(生)「悪い事したな……」

さやか(生)「だから、まどかとほむらの話が終わるまでは……」

ほむら『さやか、マミ、杏子!聞こえるかしら?』

さやか(生)『あ、話終わった?』

ほむら『今日、まどかの家に泊まってくれない?』

さやマミ杏(生)『え?』

503 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:59:15.98 ID:QFST5oJl0
さやか(生)「あたしの親友になんてことを……許せない!」

マミ(生)「ええ、絶対捕まえましょう!」

杏子(生)「でも、そいつを捕まえるためなら、ほむらはいないほうがいいんじゃねーの?」

ほむら「私が犯人じゃないか、見張る意味でも誰かと一緒の方がいいのよ」

ほむら「もし私が犯人じゃない場合、人手が多くなるしね」

さやか(生)「でも正直に言うと、ほむらが犯人でも違和感ないなぁ……」

ほむら「何でよ!」

さやか(生)「だって、転校初日にいきなりまどかに抱きついたし」

マミ杏(生)「うわぁ……」

ほむら「だから、私じゃないわよ!」

マミ「24時間一緒にいなくてもこんなこと言われてしまう暁美さんって……」

506 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:04:04.12 ID:QFST5oJl0
杏子「……本当にほむらじゃないのか?」

ほむら「私じゃないわよ!どうやって、あなた達に気付かれないでまどかの家に行くのよ!」

さやか「いや、時間停止が使えてた位だから、他にもすごい魔法が……」

ほむら「ないわよ、そんなもの」

マミ「でも、暁美さんじゃないとすると……魔女?」

杏子「どんな魔女だよ……」

さやか「あ~こんなときにまど神様がいればわかるかもしれないのに……」

ほむら「しょうがないわよ、忙しいのなら」

ほむら「とにかく……絶対に暴いてみせる!」

509 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:08:50.92 ID:QFST5oJl0
<まどかの家>

さやか(生)「じゃあ、あたし、杏子、マミさんの順で三時間おきに交代ね」

マミ(生)「ええ」

杏子(生)「ああ」

さやか(生)「まどかとほむらは普通に寝てていいからね」

まどか「うん」

ほむら「もしも、まどかに何かあって、私が犯人じゃなかったら……」

さやか(生)「うん、すぐにでも起こして手伝ってもらうから」

マミ(生)「じゃあ、そろそろ寝ましょうか」

杏子(生)「そうだな」

さやか「なんかこのあたし、すっごく頼りにならない!?ねぇ、ねぇ!?」

杏子「ああ、そうだな……」

ほむら(静かにしてくれないかしら……寝れないのだけど……)

511 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:12:56.66 ID:QFST5oJl0
ほむら「Zzz……」

まどか「Zzz……」

マミ杏(生)「Zzz……」

さやか(生)「Zzz……」

杏子「誰が頼りになるって?」

さやか「……ごめん」

マミ「しょうがない、私達で見張るしかないわね」

515 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:18:11.98 ID:QFST5oJl0
さやか「何も起きないなぁ……」

マミ「本当に起きるのかしら……」

杏子「こいつは普通に寝てるし……」

ほむら「Zzz……」

さやか「本当に何か起こるのかなぁ……?」

マミ「もしかしたら、鹿目さんの夢だったり……あら?」

ボウッ

519 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:22:51.98 ID:QFST5oJl0
杏子「おい、出たぞ!」

さやか「ねぇ、ほむら!出たよ!」ユサユサ

ほむら「Zzz……」

さやか「駄目!起きない!」

マミ「今の私達も起きないし……」

杏子「やれるかわかんねぇけど……あたしらでやるしかなさそうだな……」

520 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:27:44.29 ID:QFST5oJl0
???「……」バッ

さやか「させないよ!」グイッ

???「……」ドサッ

さやか「あれ!?触れる!」

???「……」

杏子「……こいつ、本当にほむらに似てるな」

マミ「そうね……なんでこんなにも……」

さやか「そんなの、こいつ倒せばきっとわかりますよ!」

523 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:33:14.04 ID:QFST5oJl0
<数十分経過>

マミさや杏「はぁ……はぁ……」

???「……」

さやか「そろそろ倒されてくれないかな……こいつ……」

杏子「はっ……さやか……もうばてたのかよ……」

マミ「そういう佐倉さんこそ……」

さやか「でも……そろそろ限界かも……」

???「……」スゥゥゥゥ

マミさや杏「!?」

???「……」スゥゥゥゥ……

マミさや杏「き、消えた……」

527 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:39:10.81 ID:QFST5oJl0
さやか(生)「ごめん、まどか!途中で寝ちゃってた!」

まどか「もう、さやかちゃんったら……でも、みんながいてくれたからか今日は出なかったよ!」

マミ(生)「私達がいたから、暁美さんも手出し出来なかったのかもね?」

ほむら「だから、私じゃないわよ!」

杏子(生)「でも、あたし達がいたことが理由だと毎日一緒に寝なきゃいけないな」

まどか「そうだね……どうしよう……」

さやか「ほむら、ほむら!」

ほむら「何よ」ボソ

マミ「私達、犯人見たの!」

ほむら「本当に?」ボソ

杏子「ああ」

530 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:44:23.95 ID:QFST5oJl0
ほむら「私に似た何か?」

マミ「ええ、そっくりだったわ」

さやか「うん……何もかも」

杏子「あれは私達と同じ霊かなにかだな」

ほむら「れ、霊?」ガタガタブルブル

さやか「まだ、苦手だったの……?」

ほむら「あ、あなた達とは普通に接する事が出来るけど……他のは……」ガタガタブルブル

杏子「大体、なんで起きないんだよ。何度も起こそうとしたのに」

ほむら「知らないわよ!なんか変な夢見て……早く目覚めたかったくらいよ!」

マミ「珍しく違う夢を見たのね……」

ほむら「ええ……何故かあなた達と戦う夢を……」

ガシッ

ほむら「え?」

さやか「犯人確保!」

ほむら「え?え?」

535 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:49:10.70 ID:QFST5oJl0
杏子「やっぱりお前だったのか……」

マミ「暁美さん……なんでそんなことを……」

ほむら「なんで夢の内容が一致したくらいで私が犯人なのよ!?」

さやか「いや、もうほむら以外にいないでしょ」

ほむら「なんでよ!せめて証拠を……」

杏子「じゃあ、まどかが夢を見始めた日とほむらが夢を見始めた日が一致すれば確実だな」

「そんなことしなくても、もうわかってるよ」

ほむマミさや杏「え……?」

537 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:53:20.70 ID:QFST5oJl0
まど神「ごめんね、ほむらちゃん!最近会えなくて!」

ほむら「まどか……!」

さやか「もうわかってる、って誰が犯人なの!?」

まど神「ほむらちゃんだよ」

ほむら「ええっ!?」

杏子「やっぱりお前じゃねーか」

マミ「でも、鹿目さん、なんで知ってるの?」

まど神「私は、過去だけじゃなく、未来も見る事が出来るんです」

まど神「だから、ずっと前からこうなることはわかってたの」

さやか「じゃあ、なんで言ってくれなかったの?」

まど神「それを説明する前に今の私にHなことしたほむらちゃんが何者か教えてあげるね」

ほむマミさや杏「う、うん……」

539 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:58:52.37 ID:QFST5oJl0
まど神「あれは生霊だよ」

ほむマミさや杏「生霊?」

まど神「うん。ほむらちゃんが私にHなことしたい、っていう気持ちが生霊となったの」

まど神「それが今の私のところに現れたの」

マミさや杏「……」ジーッ

ほむら「わ、私はまどかとそんなことしたいなんて、お、思ってないわよ!」

まど神「ほむらちゃん、嘘つかなくてもいいんだよ」

まど神「ほむらちゃんが私をおかずにしてたのはバレバレだから」

ほむら「」

さやか「ああ、まど神様はお見通しや……」

545 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:02:40.35 ID:QFST5oJl0
さやか「……って、まさか、まどか……私達のも……」

まど神「ううん、ほむらちゃんのだけだよ」

ほむら「な、なんで私のだけ……」ウルウル

まど神「だって、ほむらちゃんが大好きだから……///」

ほむら「えっ?」

マミさや杏「えっ」

550 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:08:10.90 ID:QFST5oJl0
まど神「ほむらちゃんと一緒にいて……ほむらちゃんの全てを見られる存在になって……」

まど神「ほむらちゃんが私の事をすごく思ってくれてたのを知ったら……///」

ほむら「まどか……まどかぁー!」ダキツキッ

まど神「ありがとう、ほむらちゃん」ナデナデ

さやか「何これ」

マミ「さぁ……」

杏子「ほむらは無駄に悩んでたって事か……」

558 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:13:21.68 ID:QFST5oJl0
ほむら「でも、だったらどうして教えてくれなかったの?」

まど神「ほむらちゃんは私に恋しちゃ駄目なんだよ」

ほむら「え?どういう意味?」

まど神「私に抱きついて何か感じる?……温もりや鼓動とか……」

ほむら「それは……」

まど神「ほむらちゃんが私の事が好きなのは嬉しいよ……でも、私とじゃ駄目なの」

杏子「それで嘘ついたりしたのか……」

ほむら「まどか……」

マミ「それで……それが今回の事件と何の関係が……」

まど神「だって、恋は障害があるほうが燃え上がるじゃないですか!」

ほむマミさや杏「……はい?」

562 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:16:43.71 ID:QFST5oJl0
まど神「まあ、それは冗談でほむらちゃんの愛が恐怖で凍りついた今の私をの心を溶かせるかな、と思って!」

ほむマミさや杏「……」

まど神「どうやって、今の私とほむらちゃんをくっつけるか考えてたけど」

まど神「ちょっと未来を見たらこんな出来事が会ったからね、ちょうどよかったよ!」

ほむマミさや杏「……」

まど神「これが真相だよ……ほむらちゃん、あとは何をすべきかわかってるよね?」

ほむら「え?」

まど神「今の私に告白だよ!」

ほむマミさや杏「ええ~~~!!!???」

565 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:19:52.24 ID:QFST5oJl0
ほむら「な、なんでそんな……」

まど神「だって、ほむらちゃんの生霊はほむらちゃんが私とHなことしたい、って気持ちから生まれたんだから」

まど神「今の私に頼んでさせてもらわないと!」

さやか「でも……今のまどかじゃなくても……」

まど神「さやかちゃん、さっき言ったでしょ?私じゃ駄目なの」

マミ「だから、今まで黙ってたのね……」

まど神「ほむらちゃんが告白しなければ、私はもうほむらちゃんのところに来ないし」

まど神「ほむらちゃんの生霊は出続けて、もっと今の私に嫌われるよ」

まど神「どうする?」

ほむら「わ、わかったわ……」

566 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:22:35.94 ID:QFST5oJl0
ほむら「まどか……話しがあるの……」

まどか「何?ほむらちゃん」

まどさやマミ杏「……」

ほむら「あなたを襲ってた何かの正体が……わかったの……」

まどか「な、何だったの?」

ほむら「……私よ」

まどか「え、ええ!?」

ほむら「正確に言えば、私の生霊よ」

まどか「い、生霊!?」

ほむら「まどか……しばらく、私の話を聞いてほしいの……」

まどか「う、うん……」

567 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:24:01.04 ID:QFST5oJl0
まどか「ほむらちゃんが魔法少女って事は知ってたけど……そんな、魔女とか時間を遡ったなんて……」

まどか「それに……今、私やさやかちゃん達に取り憑かれてるって……」

ほむら「ええ、わかってる……でも、信じてほしいの……」

ほむら「とにかく、私はあなたを救おうとしてるうちに……あなたのことが好きになってしまったの……///」

まどか「えっ……ええ!?///」

杏子「やっぱり、こうなるよな……」

568 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:24:50.45 ID:QFST5oJl0
まどか「……ほむらちゃんが私の事が大好きで……それで私を……」

マミ「本当はHなことよね」

杏子「こいつ、ごまかしやがった」

さやか「変なところで照れんじゃないわよ」

まど神「もうほむらちゃんったら~」

ほむら(まどか以外うるさいなぁ……)

ほむら「し、信じてもらえないわよね?」

まどか「……ううん、信じるよ」

マミさや杏「お!」

まど神「うんうん!」

ほむら「ほ、本当……?」

570 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:25:37.20 ID:QFST5oJl0
まどか「うん、ほむらちゃんは優しくて私に嘘ついたりしないもんね!」

ほむら「で、でも……生霊とはいえ、あなたを傷つけて……」

まどか「でも、ほむらちゃんの本当の気持ちは違うんでしょ?」

ほむら「え、ええ……あなたを傷つけたくない……ただ、あなたを愛したいだけなの……」

まどか「ほむらちゃんがそのつもりなら……ほむらちゃん、目つむって?」

ほむら「え、ええ……」


チュ


ほむら(その日からまどかの生霊は出なくなった)

571 >>570 訂正 2012/03/15(木) 22:26:02.51 ID:QFST5oJl0
まどか「うん、ほむらちゃんは優しくて私に嘘ついたりしないもんね!」

ほむら「で、でも……生霊とはいえ、あなたを傷つけて……」

まどか「でも、ほむらちゃんの本当の気持ちは違うんでしょ?」

ほむら「え、ええ……あなたを傷つけたくない……ただ、あなたを愛したいだけなの……」

まどか「ほむらちゃんがそのつもりなら……ほむらちゃん、目つむって?」

ほむら「え、ええ……」


チュ


ほむら(その日から私の生霊は出なくなった)

572 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:26:39.45 ID:QFST5oJl0
<数日後>

ほむら「~♪」

さやか「すっごく機嫌いいね、ほむら」

ほむら「ええ、まどかとデートだから……///」

マミ「先週まで夢で楽しんでた人とは思えないわね……」

ほむら「そ、その話はいいでしょ!」

杏子「ま、終わった事だしな」

さやか「じゃあ、ほむらのデートを存分に楽しませてもらうとしますか!」

まど神「さやかちゃん、邪魔しちゃ駄目だよ」

さやか「まどか!?……いつの間に」

573 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:27:13.83 ID:QFST5oJl0
ほむら「まどかも来るの?」

まど神「うん、だって、今の私とほむらちゃんの初デートだからね!」

まど神「みんな静かにしないと、射抜くからね?」

マミさや杏「は、はい……」

ほむら「いいわよ、少しくらいなら」ニコッ

杏子「滅茶苦茶上機嫌だな……」

585 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:49:37.89 ID:QFST5oJl0
マミ「それにしても、鹿目さんもよくあんなことをするわよね……」

まど神「だって、こうなるってわかってましたから!」

杏子「違う未来になる可能性とかあったのか?」

まど神「う~ん……50%くらい?」

さやか「五分五分かよ!」

ほむら「ちなみに失敗してたら……?」

まど神「う~ん、その時はその時かな?」

ほむマミさや杏「……」

587 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:52:32.84 ID:QFST5oJl0
さやか「そういやほむら、本当にあたし達一緒でいいの?」

まど神「そうだよ、円環の理にも連れて行く事も出来るよ」

ほむら「みんな一緒だからこんな夢のようなことが起こったの」

ほむら「離れたくても離さないわよ!」

マミ「ふふ……じゃあ、一生ついて行くわよ!」

杏子「ああ、そうだな!」

さやか「となると、あたしは愛人?……なんてね!」

まど神「じゃあ、ほむらちゃん……行こっ!」

ほむら「ええ!」


関連記事

Comment


(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

DVD

絶対美少女48人!厳選素人4時間 GLAM PLUM BEST [DVD]

好きで好きで、すきで HD [Blu-ray][アダルト]

つぼみのパイパン極小モザイク [DVD][アダルト]

秘蔵ロリパイパン200分 [DVD][アダルト]

ある日突然モテ男に変身!?オッパイだらけの夢のハーレム性活 さとう遥希 つぼみ 愛原さえ 北川瞳 [DVD][アダルト]

中出し痴漢バス女子校生 つぼみ [DVD][アダルト]

牧瀬みさ 初中出し天国 [DVD][アダルト]

SOFT ON DEMAND 男性ユーザー100万人が選んだ!確実にヌケるガチンコ素人お嬢さん2010年間BEST.20 [DVD][アダルト]

ギリグラ!! 秘宝館 北川りな [DVD]

ギリグラ!!秘宝館 相澤久美 [DVD][アダルト]

センチュリオン 青山佑香 [DVD][アダルト]

初裸 virgin nude カレン [DVD][アダルト]

ハックツ美少女 Revolution 桃川奈々 [DVD][アダルト]

モォ~娘 クリアホール 大容量ローション120ml付き

うぶばーじん

ペペローシヨン 360ml[アダルト]
Copyright © えすえす・SS管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。