スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恒一「なんだか最近モテる気がする」

1 書き溜めはしていない 2012/03/05(月) 01:03:50.34 ID:ktkT3cqV0
鳴「……ふーんそうなんだ」

恒一「うん。最初は視線を感じるくらいだったんだけどね」

榊原「居ないものにされなくなったら皆話しかけてきてね」

恒一「やっぱ都会にいたから気になるのかな?」

鳴「…さぁ?」

鳴「嬉しくないの?」

恒一「嬉しいに決まってるよ」
4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 01:10:48.36 ID:ktkT3cqV0
恒一「でも僕なんかより水野とか前島のほうがかっこいいのになんでかなーって」

鳴どうして好意を感じてるって思ったの??」

恒一「うーん スキンシップが激しかったりとか話の内容とかでかな?」

鳴「それは誰なの?」

恒一「うーんそうだなあ いっぱいいるんだけどなあ」

鳴「!?」ガタッ

5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 01:19:29.32 ID:ktkT3cqV0
※小椋 由美の場合

恒一「あっ教室に忘れ物したから先に帰ってて」

望月「わかった それじゃあバイバイ」

恒一「バイバイ」

――学校

恒一「あれ?」

恒一(あれは小椋さん…かな?僕の下駄箱にに何してるんだろ?)

恒一(話したことないから話しかけにくいなあ)

恒一「あ、あのー」

7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 01:25:28.96 ID:ktkT3cqV0
小椋「ひゃい!?」クルッ

小椋「」

恒一「うわっびっくりしたー」

小椋「び、ビックリしたのはこっちよ」

小椋(どどどどうしよう 榊原君に話しかけられちゃった)

恒一「小椋さんだよね どうしたのこんな時間に」

小椋「な、なんでもないわ!」

10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 01:27:59.82 ID:ktkT3cqV0
恒一「でもさっき僕の下駄箱に何か入れようと」

小椋「ほ、ほんとに何でもないの」サッ

恒一「そっか、そろそろ暗くなるし一緒に帰る?」

小椋「いいの!?」

恒一「え、いいけど」

小椋「じゃ、じゃあ一緒に帰りましょ!!」

恒一「わかった。僕先に忘れ物取ってくるからちょっとまっててね!」ダッ

小椋「わかったわ」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 01:32:16.28 ID:ktkT3cqV0
小椋(うわーどうしよう!!)

小椋(一緒に帰れるなんて//)

小椋(何話せばいいんだろう?ちゃんと話せるかなー)

小椋「好きな人とか…いるのかな…」

恒一「え?」

小椋「な!?なな何でもないわ早く帰りましょ!」

恒一「僕達話すの初めてだね」

小椋「そ、そうね」

18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 01:35:48.47 ID:ktkT3cqV0
恒一「僕てっきり小椋さんに嫌われてると思ったのにまさか一緒に帰るなんて」

小椋「嫌ってなんかないわ!!」

恒一「そっか。ありがと」ニコッ

小椋(…キュン)

恒一「……」

小椋「……」

小椋(何か話さないと…こんなチャンス滅多に無いわ)オロオロ

20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 01:39:27.12 ID:ktkT3cqV0
小椋「好きな人いる?」

小椋(間違えたああああああああああああ)

恒一「え?うーんどうなんだろ 最近まで居ないものにされてたからね」

小椋「そっか…」シュン

恒一「でもちょっと好きと言うか気になる人はいるよ」

小椋「だれ!?」

恒一「恥ずかしくてそれは言えないけどね」

小椋(誰だろう…やっぱり見崎さん…だよね)シュン


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 01:44:19.81 ID:ktkT3cqV0
恒一「そういう小椋さんは?」

小椋「…いる」

恒一「そうなんだ、誰なの?」

小椋「………最近転校してきた人」ボソ

恒一「それは…えっと…」

小椋「じゃ、じゃあね!私こっちだから!」

恒一「え!?ちょ…まっ」

恒一「行っちゃった」

恒一「さっきのはやっぱり…どういうことなのかな」

27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 01:52:36.46 ID:ktkT3cqV0
恒一「とまあ一人はこんな感じで」

鳴「……」

恒一「次は…」

鳴(榊原君の気になる人…誰なんだろう…)

30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 01:54:55.92 ID:ktkT3cqV0
※多々良 恵の場合

多々良「おはよう榊原君」

恒一「おはよう多々良さん」

恒一「最近なんだか僕達もよく話すようになったね」

多々良「そうね 話したくても話せなかったからね」

恒一「話したいことあるの?」

多々良「ええ あるわ」

恒一「例えば?」

36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 02:00:16.80 ID:ktkT3cqV0
多々良「榊原君の事とか色々知りたい」

恒一「そうなんだ、聞きたいことがあるなら何でも聞いて」

恒一「答えられる範囲なら答えるよ」

多々良「好きな人いる?」

恒一「え?」(前にもこんな質問が…)

多々良「好きな人居たりする?」

恒一「…気になる?」

42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 02:05:33.98 ID:ktkT3cqV0
多々良「ええ、とても気になるわ」

恒一「どうして?」

多々良「そ、それはいいじゃない!教えて?」

恒一「恥ずかしいから教えられないよ」

多々良「私も教えるから」

恒一「好きな人いるんだ?

45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 02:14:48.04 ID:ktkT3cqV0
多々良「え、ええ」

恒一「じゃあ教えて?」

多々良「さ…さか…」

多々良「ごめ、ごめんなさい!やっぱ言えないわ!」ダッ

恒一「走ってどっか言っちゃった…」

恒一「うーん…今のももしかして…」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 02:24:19.99 ID:ktkT3cqV0
※綾野 彩の場合

綾野「やっほー」

恒一「あ、綾野さん?どうしたの?」

綾野「いやー見つけたから声かけただけだよ?」

恒一「そっか…どうして腕を絡めてくるの?」

綾野「特に意味はないよ。嫌だった?」

恒一「そんな事はないけど…恥ずかしいから」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 02:26:50.79 ID:ktkT3cqV0
綾野「顔真っ赤だよ」

恒一「綾野さんこんなキャラだっけ?」

綾野「これは恒一君の前だけ…」

恒一「えっ」

綾野「あっ言いそびれてたけどあの時助けてくれてありがとね!!」

恒一「行ってしまった」

恒一「これは一体…」


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 02:29:38.79 ID:ktkT3cqV0
榊原「こんな感じでね」

鳴「……」

榊原「どうしたの?」

鳴「なんでもない」

榊原「じゃあ続けるね」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 02:38:07.25 ID:ktkT3cqV0
※杉浦多佳子の場合

恒一「うわっと」ドン

杉浦「きゃっ」

恒一「ご、ごめん…前見てなくて…怪我してない?」スッ

杉浦「……」

恒一「……」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 02:48:26.10 ID:ktkT3cqV0
杉浦「…ありがとう、優しいのね」

恒一「いや僕が悪いからね」

杉浦「……」

恒一「杉浦さんて僕の事嫌い?」

杉浦「どうしてそう思うの?」

恒一「なんて言うかいつも僕の事睨んでない?」

恒一「だから嫌われてるのかなーって…」

59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 02:54:39.33 ID:ktkT3cqV0
杉浦「……睨んでなんかない」

恒一「そうなの!?あれは睨まれてたような…」

杉浦「…嫌いなんかじゃない」

恒一「そっか、よかった」

杉浦「どうして?」

恒一「もし僕の事嫌いだったらこの前の海つまんなかったんじゃないかなあって」




60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 02:59:01.92 ID:ktkT3cqV0
杉浦「楽しかったわよ それに嫌いだったら一緒に行かないじゃない」

恒一「ははは、それもそうだね」

杉浦「それに私は基本しかめっ面なのよ」

恒一「そうなんだ」

杉浦「気を悪くしたなら謝るわ」

恒一「い、いいよいいよ」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 03:08:41.39 ID:ktkT3cqV0
杉浦「一つ質問いい?」

榊原「えっ」

杉浦「榊原くんて気になる人いるんだって?」

榊原「ど、どうしてそれを?」

杉浦「由美から聞いた」

榊原「」

65 なんか恒一の名前が一致しないけど気にしないで 2012/03/05(月) 03:13:16.95 ID:ktkT3cqV0
杉浦「それで誰なの?」

恒一「言えないよ」

杉浦「そっか 私は榊原君気になるわよ?」

恒一「ええ!?」

杉浦「嘘よ、 うーそ。それじゃあね」

恒一「え!?待っt……」

恒一「これは一体全体…」

69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 03:16:26.77 ID:ktkT3cqV0
恒一「こんな感じでさ」

鳴「杉浦さんのは嘘、コレで決定ね、だからなかったことにしましょう」

恒一「そっか…そうだよなあ」

鳴(コレ以上ライバルは増やせない…)

恒一「それで他にもいるんだけどさ」

鳴「」


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 03:20:08.98 ID:ktkT3cqV0
※金木 杏子の場合

金木(どうしよう…消しゴム忘れた…)

金木(テスト中だし亜紀に借りるのはまずいし…)

恒一(どうしたんだろう金木さん)

恒一(あー消しゴム忘れちゃったのかな?)

恒一(よーし)ポイッ

金木「」ビクッ



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 03:25:03.67 ID:ktkT3cqV0
金木(あ…これは転校生が?)

金木(………)ケシケシ

金木(………)カキカキ

金木(………)ポイッ

恒一(ん?返って来た、ん、なんだこれ)




78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 03:31:52.95 ID:ktkT3cqV0
 『サンキューな 助かった』 ペラッ


恒一「ふむ」カキカキ

恒一「」ポイッ

金木(あ、また間違えた…)

金木「」ビクッ

金木(なんだ?また投げてきたぞ)

『返すのは終わってからでいいよ』





82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 03:35:41.86 ID:ktkT3cqV0
金木(…なんていい奴なんだ)ジーン

金木(あ、やば、もうすぐ終わる)

キーンコーンカーンコーン

金木「終わったー」

金木「あ、転校生!」

恒一「あ、金木さん大丈夫だった?」





83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 03:37:48.23 ID:ktkT3cqV0
金木「うん、ありがとうね」

恒一「そっか!よかったよ」

金木「う、うん///」

恒一「どうしたの?」

金木「へっ?いや、何でもないよ!」

金木(私には亜紀がいるのに…)



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 03:39:34.66 ID:ktkT3cqV0
恒一「とまあこんな感じで」

鳴「それは榊原君が原因だわ」

恒一「なんでさ」

鳴「いいわもう…金木さんがいるってことは他にもいるんでしょ?」

恒一「よくわかったね」


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 03:45:22.98 ID:ktkT3cqV0
※松井 亜紀の場合

松井「え?…好きな人ができた?」

金木「…うん」

松井「私でしょ?」

金木「亜紀も好き でも男の子好きになっちゃった」

松井「……誰?」




86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 03:47:53.15 ID:ktkT3cqV0
金木「転校生」

松井「…わかった」ダッ

金木「え?ちょっと亜紀?どこいくの?」

松井「杏子はここで待ってて」

金木「…わかった」



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 03:50:50.48 ID:ktkT3cqV0
松井「榊原君!」

恒一「うわっ松井さん?」

松井「少し二人で話をしたいから時間を頂戴」

恒一「わ、わかった」

松井「それで話っていうのはね…」

恒一「うん」



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 03:53:45.09 ID:ktkT3cqV0
松井「杏子のことなんだけど」

恒一「杏子と言うと…金木さん?」

松井「そう 杏子に何かした?」

恒一「へ?何かって?特に何もしてないけど…」

松井「そんなはずないもん!」

恒一「ええええ?」



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 03:58:40.05 ID:ktkT3cqV0
松井「だって…だってだって…うぅ…」ポロポロ

恒一「うわっ泣かないで松井さん」サッ

松井「ありがどう…」フキフキ

恒一「なんかよくわからないけど」

恒一「松井さんはやさしいんだね」

松井「ふぇ?」ポロポロ

92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 04:03:32.61 ID:ktkT3cqV0
恒一「だって金木さんの事で泣いてるんでしょ?」

恒一「何があったかわからないけど」

恒一「人の事で泣けるなんて優しくなきゃ無理だよ」

恒一「だから松井さんはやさしいね」ニコッ

松井「あっ…そっか…」ボソ

松井(杏子もこの優しさと笑顔に惚れたのかな ハンカチも差し出してくれた…)

松井(フフッ、あとで杏子に謝らきゃ)


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 04:07:32.42 ID:ktkT3cqV0
松井「榊原君…」

恒一「何?」

松井「ハンカチありがと いきなり泣いたりしてごめんなさい」

恒一「ううん、可愛かったからいいよ」

松井「///」

松井「杏子の事は私達で何とかするわ」

恒一「そっか。何かあったら僕に言ってね。少しは役に立つと思うよ?」

松井「ふふそれは無理よ?それじゃあね」




95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 04:08:35.49 ID:ktkT3cqV0
恒一「こんな感じかな」

鳴「うん、次どうぞ」

恒一「え、うんわかった」



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 04:27:43.05 ID:ktkT3cqV0
※柿沼 小百合の場合

――美術室

恒一「へー柿沼さん絵上手だね」

柿沼「へ?あの、その…」

柿沼「…ありがとうございます」

恒一「うんうん、よく書いたりするの?」

柿沼「漫画を少し…」


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 04:31:42.18 ID:ktkT3cqV0
恒一「へーすごい!今度見せてよ」

柿沼「そ、それは無理です…」

恒一「ダメ?」

柿沼「…はい」

恒一「こんなに上手いのに?」

柿沼「……はい」

恒一「そっか、それは残念だな」

102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 04:33:52.97 ID:ktkT3cqV0
恒一「でもほんと上手いね」

柿沼「あっあの…!」

恒一「ん?どうしたの?」

柿沼「そんなに褒めないで下さい」

柿沼「は、恥ずかしいです…」






103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 04:37:35.93 ID:ktkT3cqV0
恒一「はははごめんごめん」

柿沼「いえ…その嬉しかったですから」

恒一「柿沼さんて目悪いの?」

柿沼「へ?そ、そうですね。悪いです」

恒一「そっか 眼鏡外した柿沼さんが少し見てみたくて」

柿沼「どどどどうしてですか!?」



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 04:50:16.43 ID:ktkT3cqV0
恒一「こうなんて言うかな」

恒一「普段眼鏡掛けてる人の掛けてない顔って見たくなったりするんだよね」

柿沼「へえ、そういうもんなんです?」

恒一「そういうもんなんです」

柿沼「でも…恥ずかしいですよ…」



106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 04:53:50.35 ID:ktkT3cqV0
恒一「まあ無理にとは言わないけど…」

柿沼「…無理です」

恒一「コンタクトとかにはしないの?」

柿沼「…少し怖くて」

恒一「あーわかる気がする。でも外したの見たかったなー」

恒一「きっとそっちも似合うと思うんだよね」

柿沼「そ、そうでしょうか…」

108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 04:57:27.39 ID:ktkT3cqV0
恒一「うんうん」

恒一「今の柿沼さんもかわいいけどね」

恒一「眼鏡外してついでに髪もほどいても可愛いと思うんだ」

柿沼「///」プシュー

恒一「柿沼さん?大丈夫?」

柿沼「は、はひぃ」


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 05:00:43.98 ID:ktkT3cqV0
恒一「こんなだったかな」

恒一「次の日に柿沼さんコンタクトにして髪ほどいてたよ」

鳴「はぁ…」

鳴「やっぱり榊原君がわるいわ」

鳴「ねえもしかしてクラスの女子全員?」


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 05:03:06.94 ID:ktkT3cqV0
恒一「違うよ」

恒一「クラスの女子と望月だよ」

鳴「……え?」

恒一「クラスの女子と望月だよ」

鳴「もういいわ」

恒一「皆言うつもりだったけど省こうか?」



114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 05:31:33.44 ID:ktkT3cqV0
鳴「どっちでもいい」

恒一「そっか、じゃあ後は適当に何人かやるね」

鳴「…うん」



115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 05:35:45.59 ID:ktkT3cqV0
※佐藤 悠の場合

恒一「ねえ佐藤さん」

佐藤「なに榊原君」

恒一「佐藤さんって授業中よくこっち見てるみたいだけど何か僕に用とかあったりするの?」

佐藤「え?え?どうして私が榊原見てるって思うの?」

恒一「勅使河原に聞いた」


119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 05:42:21.98 ID:ktkT3cqV0
江藤(何よあいつ…喋る機会を与えてくれるなんて割りと良い奴じゃない)

江藤「き、気のせいじゃないかなあ」

恒一「そうなの?」

江藤「ええきっと勅使河原君の気のせいよ」

恒一「でもガン見してるって言ってたよ?」



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 05:44:37.72 ID:ktkT3cqV0
江藤「え、きっと気のせいじゃないかなあ?」

恒一「そっか…気のせいならしょうがないね」

恒一「じゃあ何もないってことかな?それじゃあね」

江藤「ちょちょちょっと待って!!」

江藤「少しは見てたかも?」

121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 05:45:12.71 ID:ktkT3cqV0
恒一「見てたの?」

江藤「見てたのかもしれない?」

恒一「どうして見てたの」

122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 05:48:26.57 ID:ktkT3cqV0
江藤「……」

恒一「どうしてかな?何かついてた?」

江藤「エリが裏返ってたからかなあ?」

恒一「え?ええええ?」ササッ

恒一「裏返ってないよ?」

江藤「フフフ、気のせいだったわ」

123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 05:52:56.31 ID:ktkT3cqV0
江藤(ああ楽しい…榊原君と話すのがすごく楽しい)

江藤「私が見てたのね?」

恒一「うん見てたのは?」

江藤「その…榊原君のうなじ…きれいなんだよね」ボソボソ

恒一「へ?うなじ?」

江藤「うん///」


125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 05:59:23.56 ID:ktkT3cqV0
恒一「うーん自分のうなじは見れないからわからないなあ」

江藤「そうね、すごく綺麗なの」

恒一「なんだか歯がゆいね」

恒一「うなじフェチなの?」

江藤「そういうわけじゃないよ」

江藤「気になる人のうなじがたまたまきれいってだけ…で…」

江藤「あっ…あぅ///」



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 06:01:15.57 ID:ktkT3cqV0
恒一「気持ちはうれしいy」

江藤「いやあああああ何も云わないでええええ」ダッ

恒一「ああ行っちゃったよ」

恒一「なんというかもうねすごいね僕」

128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 06:06:29.77 ID:ktkT3cqV0
恒一「ふぅ…江藤さんはこんなだった」

鳴「…ふーん」

恒一「省くけど有田さんが中々強烈だったよ」

恒一「なんでもリコーダーとか水着盗ったりしてたみたい」

恒一「びっくりだよね」

鳴「…そうね」



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 06:11:44.93 ID:ktkT3cqV0
恒一「じゃああと二人だけにするね」

鳴「もう何人でもいいわ」






131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 06:14:52.74 ID:ktkT3cqV0
※佐藤 和江の場合

佐藤「…榊原君」

恒一「ん?佐藤さん?どうしたの?」

佐藤「これ…おとしもの」

恒一「あ!わざわざありがとう!」

佐藤「どういたしまして」



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 06:17:40.67 ID:ktkT3cqV0
恒一「僕達も話すの初めてかな?」

佐藤「う、うん…」

恒一「まあ仕方ないことだよね」

佐藤「そうだね…でも羨ましかった」

恒一「ん?何が?」

佐藤「見崎さん」

恒一「見崎が?どうして」

134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 06:21:14.14 ID:ktkT3cqV0
佐藤「二人が居ないものにされてた時にね」

佐藤「榊原君授業中よく見崎さんの隣に来てたでしょ?」

恒一「ああ、そんな事もあったかな?」

佐藤「二人で楽しそうに話してるのがすごく羨ましかった」

恒一「…そっか」

佐藤「すごくすごく羨ましくて悔しかった」


135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 06:22:58.15 ID:ktkT3cqV0
恒一「悔しい?」

佐藤「話したくても話せないのがね」

恒一「そうだよね」

恒一「でも今はもう話せるんだよ?」

恒一「だからもっと話そうよ!」

佐藤「いいの?」

恒一「話すくらいなんともないよ!!」

136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 06:25:25.25 ID:ktkT3cqV0
佐藤「…ありがとう」グスッ

恒一「な、泣かないで?」

佐藤「うん、ごめんね」

恒一「まだ話す?」

佐藤「ううん、今日はもう満足したよ」

恒一「そっか!じゃあまた明日話そうね」

佐藤「うん!」

137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 06:26:47.06 ID:ktkT3cqV0
※赤沢 泉美の場合

赤沢「恒一君、こっちよ」

恒一「どうしたの?急に呼び出して」

赤沢「すこし買い物に付き合って欲しいのよ」

恒一「なんで僕なの?」

赤沢「貴方じゃなきゃ意味ないもの」



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 06:41:07.64 ID:ktkT3cqV0
恒一「ああ男手が欲しかったってこと?」

恒一「それなら勅使河原でとか中尾でよかったんじゃ?」

赤沢「あんなのと一緒に歩きたくないわ」

恒一「そこまで言わなくても…」

赤沢「そういうことだからまずは服を買いに行くわよ!」

恒一「ええ!?まだコーヒー飲み終わってないよ!」



140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 06:45:12.02 ID:ktkT3cqV0
赤沢「ねえねえこの服どっちがいい?」

恒一「うーんどっちも似合いそうだけどこっちの白いワンピースかな」

赤沢「じゃあこっち買ってくるからちょっと待っててね」テクテク

恒一「わかった」

恒一「ふぅ…これじゃまるでデートじゃないか」

赤沢「おまたせ」






141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 06:48:18.19 ID:ktkT3cqV0
恒一「それ僕が持とうか?」

赤沢「あら優しいのね」

恒一「その為に呼んだんでしょ?」

赤沢「……わからない?」

恒一「何が?」

赤沢「何でもないわ!……そうだ!次はあそこに行きましょう」

144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 06:54:28.73 ID:ktkT3cqV0
恒一「ここは!?」

赤沢「ランジェリーショップだけど?」

恒一「……入り口で待ってるね」

赤沢「ダメよ!恒一君も入るの!」

恒一「ぼ、僕には無理だよー」

赤沢「ほら早くしなさい」

恒一「引っ張らないでー」

146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 06:59:33.87 ID:ktkT3cqV0
ヒソヒソ  ヒソヒソ

恒一「居心地が悪い…」

赤沢「周りの目は気にしない!」

恒一「そんな事言われても…」

赤沢「それよりこれどっちがいいと思う?」

恒一「どどどとらでもいいんじゃないんですか?」

赤沢「そんな事言わないで、どっち?」







147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 07:04:58.69 ID:ktkT3cqV0
恒一「……どっちでも似合うと思うよ」

赤沢「適当に言ってるんじゃないわよね?」

赤沢「ほら、私が着てるのを想像してみて?」

恒一(ピンクのひらひらが付いてる方と黒くて今にも透けてしまいそうな方)

恒一(…………………………)

赤沢「好みはどっちだった?」

恒一「うわああああああああああ」



148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 07:09:09.88 ID:ktkT3cqV0
赤沢「悪ふざけが過ぎたようね」

赤沢「ピンクの方買ってくるわね また待っててちょうだいね」テクテク

恒一「ふぅ…心臓に悪い…」

恒一「って一人でここにいたらまずいでしょ!?」

恒一「赤沢さん!早く!早く!」

恒一「…もうダメだ 店を出よう」



150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 07:17:02.18 ID:ktkT3cqV0
赤沢「あら待っててって言ったのに、少し探しちゃたわ」

恒一「ごめん…あそこに取り残されるのは無理だよ」

赤沢「それもそうね」

恒一「それも持つよ」

赤沢「……ありがとう」

赤沢「お腹空いたわね」

赤沢「ファミレスにでも入りましょうか」

152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 07:25:55.73 ID:ktkT3cqV0
恒一「ふぅ…お腹いっぱいだ」

赤沢「そうね」

恒一「もう暗くなったけどどうする?」

赤沢「少し散歩しましょ」

恒一「わかった」

154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 07:30:00.50 ID:ktkT3cqV0
赤沢「ねえ恒一君?」

恒一「ん?」

赤沢「今日は付き合ってくれてありがとね」

恒一「僕も楽しかったよ」

赤沢「…ありがと」

赤沢「それと聞きたいことがひとつ有るんだけどいい?」

155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 07:46:30.44 ID:ktkT3cqV0
恒一「なに?」

赤沢「……恒一くんは…見崎さんが好きだよね?」

恒一「………」

赤沢「そっか…そうだよね…」

赤沢「いつも一緒に居たものね…」

赤沢「…あのね恒一君…私恒一が好きだった」

赤沢「ううん今も好き…今日で諦めようと思ったけど…」

157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 07:51:08.80 ID:ktkT3cqV0
赤沢「返事聞かせて?」

恒一「気持ちはすごく嬉しいよ赤沢さん」

恒一「でも僕は見崎が好きだ」

赤沢「うん…うん…コレで諦めが付くかな?ありがと」

恒一「………」

赤沢「じゃあここでバイバイ」

赤沢「明日からも今まで通り接してね?」

恒一「うん……わかった……それじゃあね」スタスタ

159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 07:53:43.16 ID:ktkT3cqV0
赤沢「……グスッ」

赤沢「バカだな私…ヒック…」

赤沢「うぅ…グスッ」

赤沢「…黒い下着まで買っちゃって……」



161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 07:58:13.48 ID:ktkT3cqV0
恒一(………)

鳴「榊原君?」

鳴「赤沢さんの告白はどう返事したの?」

恒一「それは今から教えるよ」ガタッスタスタ

鳴「どうしたの?立ち上がって、自習だけど授業中だよ?」

恒一「皆ー少し僕の話聞いてくれる?」




164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 08:01:31.37 ID:ktkT3cqV0
勅使河原「サカキーどうした?」

恒一「うん、ちょっとね」

恒一「今から話すことを聞いて欲しい 特に…女子」

恒一「僕は今から君たちを悲しませることになるかもしれない…」

恒一「それでも聞いて欲しい」

赤沢「……」

165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 08:03:22.82 ID:ktkT3cqV0
恒一「僕に好意を持ってくれた人ありがとう」

恒一「すごく嬉しい」

恒一「…自惚れかもしれないけどね」

恒一「でも僕には好きな人がいる」

女子「……」グスッ

168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 08:06:21.58 ID:ktkT3cqV0
恒一「僕は…」

恒一「僕は見崎鳴が大好きだ」

鳴「!?」

恒一「見崎を見た時からずっと気になっていた」

恒一「だから見崎、僕と付き合ってくれないか?」



鳴「…はい」ニコ

                         おーわり

174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 08:13:13.45 ID:ktkT3cqV0
じゃあ

後日談


勅使河原「いやーサカキも男だな!」

恒一「ははは…」

あのあとは女子と望月は泣きじゃくり途中から来た先生には怒られた

―――数日後

恒一「鳴、一緒に弁当食べよう」

鳴「うん…屋上で食べる?」

恒一「そうだね」



175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 08:15:59.28 ID:ktkT3cqV0
鳴「今日は頑張って作ってみたの」

恒一「おお!美味しそうだ」

鳴「…あ、あーん///」

恒一「あーん」モグモグ

恒一「すごく美味しいよ!」

鳴「よかった///」








176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 08:19:16.86 ID:ktkT3cqV0
恒一「ほら、鳴もあーん」

鳴「あっあーん///」

恒一「おいしい?」

鳴「うん///」

恒一「鳴、大好きだよ」

鳴「ん゛!?ゴホッ」

178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 08:21:49.96 ID:ktkT3cqV0
恒一「ああごめん!ほら飲み物飲み物」

鳴「ありがとう」ゴクゴク

鳴「私も恒一くんが大好き」

恒一「僕もだよ」チュ

鳴「んっ…」

初めてのキスはレモンティーの味がした

                     おわり
関連記事

Comment


(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

DVD

絶対美少女48人!厳選素人4時間 GLAM PLUM BEST [DVD]

好きで好きで、すきで HD [Blu-ray][アダルト]

つぼみのパイパン極小モザイク [DVD][アダルト]

秘蔵ロリパイパン200分 [DVD][アダルト]

ある日突然モテ男に変身!?オッパイだらけの夢のハーレム性活 さとう遥希 つぼみ 愛原さえ 北川瞳 [DVD][アダルト]

中出し痴漢バス女子校生 つぼみ [DVD][アダルト]

牧瀬みさ 初中出し天国 [DVD][アダルト]

SOFT ON DEMAND 男性ユーザー100万人が選んだ!確実にヌケるガチンコ素人お嬢さん2010年間BEST.20 [DVD][アダルト]

ギリグラ!! 秘宝館 北川りな [DVD]

ギリグラ!!秘宝館 相澤久美 [DVD][アダルト]

センチュリオン 青山佑香 [DVD][アダルト]

初裸 virgin nude カレン [DVD][アダルト]

ハックツ美少女 Revolution 桃川奈々 [DVD][アダルト]

モォ~娘 クリアホール 大容量ローション120ml付き

うぶばーじん

ペペローシヨン 360ml[アダルト]
Copyright © えすえす・SS管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。