スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杏子「あー!ねこ来た!ねこー!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 21:25:21.32 ID:SgRaxdz30
ねこ「にゃーん」

杏子「にぼし食うかい?」すっ

ねこ「にゃーん」すたこら

杏子「あー…ねこ行っちゃう…ねこー…」
8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 21:28:47.33 ID:SgRaxdz30
「にゃーん」

杏子「あー!またねこ来た!ねこー!」くるっ

QB「にゃーん」

杏子「おまえかよッ!」ぺちんっ

QB「きゅぷッ!?」ふらっ

12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 21:34:38.31 ID:SgRaxdz30
杏子「なにが『にゃーん』だよ!騙しやがったなキュゥべえこのやろう!」

QB「騙してなんかいないよ。僕はねこの鳴き声を真似していただけさ。それよりも僕にはにぼしをくれないのかい?」

杏子「…食いたきゃ食えよ」すっ

QB「なんやかんやで優しいね。君は」もぐ

杏子「うるせー!」

14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 21:38:02.06 ID:SgRaxdz30
QB「それにしても…君にも意外と可愛い一面があるんだね」もぐもぐ

杏子「んあ?」

QB「……あー!ねこ来た!ねこー!」

杏子「!」ドキッ

QB「あー…ねこ行っちゃう…ねこー…」

杏子「…」プルプル

QB「あー!またねこ来た!ね…」

杏子「やめろォッ!」ぺちん

QB「きゅぷぷッ!?」ふらっ

15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 21:41:19.77 ID:SgRaxdz30
杏子「しゃべるなよ!?そのこと誰にもしゃべるなよ!?誰かにしゃべったら耳毛をモヤイ結びにするぞこのやろう!」

QB「やれやれ…わかったよ。さっきの杏子のことは誰にもしゃべらないよ」

杏子「絶対だぞ!絶対の絶対だぞ!」

QB「インキュベーターウソツカナイ」

杏子「…ふん…じゃああたしそろそろ行くから」すくっ

QB「どこに行くんだい?」

16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 21:46:06.00 ID:SgRaxdz30
杏子「山にカブトムシをつかまえに行くんだよ」

QB「へぇ、ちょっと興味があるな。僕も連れていってよ」

杏子「え?別にいいけど…」

QB「つかまえたカブトムシはやっぱり食べるのかい?」

杏子「食うわけねーだろ!」ぺちんっ

QB「きゅぷら!?」ふらっ

18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 21:52:17.38 ID:SgRaxdz30
―――
――

――見滝原郊外の山

とことこ

杏子「うーん…3時間も探しているのにカブトムシなかなかいないな」

QB「いないね」

杏子「なんでいないんだろ」

QB「よく考えればまだ春先だからカブトムシなんているわけないよね」

杏子「な、なんだってー!?どうしてそれをはやく言わないんだよー!」ガーン

QB「君はアホ可愛いね」

21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 22:00:32.38 ID:SgRaxdz30
杏子「はぁ…帰ろうぜキュゥべえ…」しゅん

QB「落ち込みすぎだよ」

杏子「あれ?ここどこ?どうやって下山すりゃいいんだ?」キョロキョロ

QB「わかんないよ。どうやら迷っちゃったようだね」

杏子「な、なんてこった…」ガーン

23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 22:07:24.95 ID:SgRaxdz30
「グルルル…」

杏子「ん?なんだ…?」くるっ

くま「グガァー!」

杏子「う、うわー!くま来た!くまー!」

QB「くまだね」

杏子「くそーッ!やってやるぜーッ!」ジャキンッ!

24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 22:12:19.93 ID:SgRaxdz30
QB「待ちな、杏子」すっ

杏子「えっ…キュゥべえ?」

QB「人類みな兄弟…ここは僕が平和的に話し合いで解決してみせよう」

杏子「おまえが言うと胡散臭いぞ!」

27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 22:18:12.97 ID:SgRaxdz30
くま「グルルル…!」

QB「やあ、くまくん。こんにちは。僕の名前はキュゥべえ。ねぇ、ちょっと僕と平和について語り合わないかい?」

くま「グガァァーッ!」ブンッ

グシャアッ!

QB「」

杏子「キュゥべえーー!」

28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 22:23:56.01 ID:SgRaxdz30
しゅたっ

QB「やれやれ。気の短いくまくんだな」

杏子「あっ…復活した」

QB「彼が納得するまで僕はがんばるさ」ぴょんっ

くま「グルルル…!」

QB「ねぇ、くまくん?争いは何も生まない。君だってそう思うだろ?だから…」

くま「グガァァーッ!」ブンッ

グシャアッ!

QB「」

杏子「キュゥべえーー!」

29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 22:29:48.35 ID:SgRaxdz30
しゅたっ

QB「ぐぬぬ…!話を聞こうとすらしないとはこれ如何に…!」

杏子「あっ…また復活した」

QB「僕は負けない!」ぴょんっ

くま「グルルル…!」

QB「ねぇ、くまくん?君はなんでも暴力で解決するつもりかい?君はそんな生き方で満足なのかい?どうなんだい?」

くま「グガァァーッ!」ブンッ

QB「無駄ァッ!」ひょいっ

杏子「避けた!」

33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 22:42:08.44 ID:SgRaxdz30
QB「君がその気ならッ!僕も全力でいくぞッ!」ビュンッ

くま「!?」ビクッ

QB「きゅぷァッ!」ドゴォ

くま「…!?」がくんっ

杏子「あっ…耳毛で殴った」

34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 22:47:37.29 ID:SgRaxdz30
QB「くまくんッ!覚悟しろッ!」バッ

くま「!?」

QB「きゅぷきゅぷきゅぷきゅぷきゅぷきゅぷきゅぷきゅぷゥーーッ!!」ズドドドドドドドッ!

QB「きゅぷきゅぷきゅぷきゅぷきゅぷきゅぷきゅぷきゅぷゥーーッ!!」ズドドドドドドドッ!

QB「QPYYYYYYYYYYYY!!」ズドドドドドドドッ!

QB「きゅっぷいィーーーッ!!」ドカァッ!

ズドォォォンッ!

くま「」ばたっ

杏子「やっつけた…」

36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 22:52:44.59 ID:SgRaxdz30
くま「」ぴくぴく…

QB「はぁはぁ…」

杏子「おい。平和的に解決するんじゃなかったのか?おもいっきり暴力で解決してんじゃん」

QB「あれれー?そうだったっけー?僕そんなこと言ったっけー?」

杏子「しらばっくれるなよ…ていうかおまえ、感情ないとか言ってたけど本当はあるだろ」

QB「~♪」すー すー

杏子「無視すんな!あと口笛吹けてないぞ!」

41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 23:00:57.90 ID:SgRaxdz30
QB「ん…?あっ!杏子!あれを見るんだ!」びしっ

杏子「んあ?なんだよ…?」じっ


おまえら「…」ずーん…


杏子「あ、あれは…!いかにも陰鬱な顔をした男がロープを木にくくりつけてるぞ!こ、これはやばい空気がぷんぷんだぜ!」

QB「ぷんぷんだね」

43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 23:05:17.86 ID:SgRaxdz30
タッタッタッ

杏子「待ちな!」

おまえら「!」ビクッ

QB「死ぬつもりかい?」

おまえら「な、なんでこんなところに女の子が!?ていうかこの白い生き物はなんだ!?」おろおろ

杏子「あれ?こいつキュゥべえの姿見えてんの?」ひそひそ

QB「僕が姿を見せようと思った人間には僕の姿は見えるというご都合主義設定さ」ひそひそ

45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 23:11:47.78 ID:SgRaxdz30
杏子「あんた!死ぬなんてバカな真似はやめときなよ!家族が悲しむぜ?」

おまえら「い、いいんだ俺なんて…もうこんな世の中嫌なんだ…!俺みたいなやつはさっさと死んだほうがいいんだァーーーーッ!」

杏子「そんなこと言うなって…えっと…」おろおろ

おまえら「ははは…心配してくれてありがとよお嬢さん…でも俺、逝くよ…さよなら…」ぐいっ

杏子「ちょ、ちょっと待てよ!おい!」

QB「きゅぷァッ!」ドゴォ

おまえら「ぬごぉッ!?」ずしゃぁぁ

杏子「いきなり殴った…」

47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 23:16:19.85 ID:SgRaxdz30
QB「やれやれ…君は実にバカだなぁ。生きていれば無限の可能性が君を待っているんだよ?」

おまえら「はは…無限の可能性か…今さらそんなもん信じる年齢でもないんだよ…だからもうほっといてくれ…俺はもう死ぬよ…」

QB「君はもしこの場で女の子の脱ぎたてパンティーがもらえるとしても死ぬのをやめないのかい?」

おまえら「え?」ピクッ

杏子「は?」

51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 23:21:33.92 ID:SgRaxdz30
おまえら「脱ぎたてパンティーだって…?」

QB「一生懸命生きるって約束するなら君にプレゼントしてあげよう」

おまえら「生きます」キッパリ

杏子「え?」

QB「決まりだね…杏子」じろっ

杏子「えっ……えっ?」おろおろ

53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 23:25:35.32 ID:SgRaxdz30
QB「君のパンティーが1人の尊い命を救うんだッ!」がしっ

杏子「!」

QB「えいっ!えいっ!」ぐいぐい

杏子「ちょ、ちょっと!ホットパンツを下ろそうとすんな!や、やめろ!」ぐにぐに

QB「えいっ!えいっ!」ぐいぐい

杏子「やめろっ!お、おいっ!」ぐにぐに

QB「えいっ!えいっ!」ぐいぐい

杏子「やめろって言ってるだろ!このやろぉーーーッ!」ばしっ

QB「きゅっぷぅッ!?」がくんっ

55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 23:30:26.49 ID:SgRaxdz30
杏子「はぁはぁ…!キュゥべえのアホ!変態!くたばれくそやろう!」

QB「まったく…こんなに嫌がるなんてわけがわからないよ」

杏子「嫌に決まってんだろ!」

おまえら「あの…パンティーは…?」

QB「しかたない…君にはこれをあげよう」すっ

おまえら「こ、これは…!?」

QB「こっそり拝借してきた洗濯前のマミのタイツさ。脱ぎたてじゃないけど我慢してね」

杏子「おい」

57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 23:36:18.34 ID:SgRaxdz30
おまえら「ありがてえ!ありがてえ!」ぽろぽろ

QB「これを励みに強く生きるんだよ」

おまえら「はい!がんばります!ありがとう君たち!さよなら!」くるっ

タッタッタッ…

QB「いいことするって気持ちがいいね。杏子」

杏子「こいつ…」

62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 23:42:19.08 ID:SgRaxdz30
QB「ん…?はっ!?あれを見るんだ杏子!」びしっ

杏子「今度はなんだよ…」じっ


「…」のそのそ


杏子「あ、あれは…!ワカメみたいなモノが二足歩行していやがる…!新手のクリーチャーか!?」

QB「クリーチャーかな」

63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 23:48:54.40 ID:SgRaxdz30
仁美「あら?」

杏子「え…?あんたは…えっと…さやかとまどかの友達の…仁美だっけ?」

仁美「はい!あなたは…杏子さんですよね!えっと…そっちの白い方は…?」

QB「僕はキュゥべえ。よろしく」

仁美「こちらこそ!よろしくお願いしますわキュゥべえさん」にこっ

QB「…ワカメのクリーチャーじゃなかったね」ひそひそ

杏子「…ああ」ひそひそ

仁美「?」

67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/05(月) 23:56:44.28 ID:SgRaxdz30
杏子「で、仁美はこんな山奥でなにしてんの?」

仁美「カブトムシをつかまえに来たのです!しかし、3時間以上歩いているのにまったく見つかりませんの…」

杏子「あっ…あたしと一緒だ」

QB「仁美、まだカブトムシがいる季節じゃないよ」

仁美「な、なんですってー!?」ガーン

QB「君もアホ可愛いね」

70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/06(火) 00:02:50.21 ID:/R0dF/TK0
仁美「うぅ…ショックですわ…帰ります…」しゅん

杏子「あ!帰り道わかるの?あたしたち迷っちゃってさ…」

仁美「ええ、大丈夫ですわ。わたくしにおまかせください!」

杏子「やった!ありがとな仁美!にぼし食うかい?」すっ

仁美「いただきますわ!あっ、わたくしも非常食におしゃぶり昆布と茎わかめを持ってきたのですが…あなたたちも食べますか?」すっ

杏子「いただきます!」もぐ

QB「きゅっぷい」もぐ

73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/06(火) 00:07:28.03 ID:/R0dF/TK0
―――
――

とことこ…

杏子「無事に下山できたな!」

QB「よかったよかった」

仁美「はい!カブトムシは手に入りませんでしたが代わりに…」

ドッサリ!

杏子「タラの芽にコシアブラ…山菜が大量に採れたな!」

仁美「下山途中にあんなに見つかるとは思いませんでしたわ」

QB「道の駅で買い取ってもらおうよ」

75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/06(火) 00:12:59.15 ID:/R0dF/TK0
―――
――

――道の駅

杏子「ろ…ろろろろろろ、6000円で売れたぞ…おい…」ふるふる

QB「売れたね」

仁美「売れましたわね」

杏子「そ、それじゃあ3人で山分けしようぜ…ひ、1人2000円だな…」ふるふる

QB「僕はいいよ。お金なんて持っていても使う機会がないからね」

仁美「わたくしも…おこづかいを十分もらっていますし…それに一番張り切って山菜を採っていたのは杏子さんですわ。だからそのお金は杏子さんがもらってください!」

杏子「キュゥべえ…!仁美…!あ、ありがとう…!」ほろり

仁美「うふふふふ!」

QB「きゅぷぷぷぷ!」

79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/06(火) 00:17:39.18 ID:/R0dF/TK0
杏子「で、でもやっぱり悪いよ…あたし1人で全部もらうなんて……あっ!そうだ!このお金で3人でなんか食いに行こうぜ!おなか空いてるだろ?」

仁美「たしかに…」ぐぅ

QB「おなか空いたね」ぐぅ

杏子「よっしゃ!決まりだ!鮎の塩焼きとか食べに行こうぜ!」

仁美「美味しそうですわ!」

QB「食べたい!」

杏子「おーし!出発だー!」

仁美&QB「おー!」

わいわい! きゃっきゃ! うふふふふ…! きゅぷぷぷぷ…!

82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/06(火) 00:19:30.31 ID:/R0dF/TK0
――そのころ

マミ「あれぇ…おかしいなぁ…」がさごそ

マミ「私のタイツ…1つ足りないわ…どこにいったのかしら…」がさごそ

おわり
関連記事

Comment


(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

DVD

絶対美少女48人!厳選素人4時間 GLAM PLUM BEST [DVD]

好きで好きで、すきで HD [Blu-ray][アダルト]

つぼみのパイパン極小モザイク [DVD][アダルト]

秘蔵ロリパイパン200分 [DVD][アダルト]

ある日突然モテ男に変身!?オッパイだらけの夢のハーレム性活 さとう遥希 つぼみ 愛原さえ 北川瞳 [DVD][アダルト]

中出し痴漢バス女子校生 つぼみ [DVD][アダルト]

牧瀬みさ 初中出し天国 [DVD][アダルト]

SOFT ON DEMAND 男性ユーザー100万人が選んだ!確実にヌケるガチンコ素人お嬢さん2010年間BEST.20 [DVD][アダルト]

ギリグラ!! 秘宝館 北川りな [DVD]

ギリグラ!!秘宝館 相澤久美 [DVD][アダルト]

センチュリオン 青山佑香 [DVD][アダルト]

初裸 virgin nude カレン [DVD][アダルト]

ハックツ美少女 Revolution 桃川奈々 [DVD][アダルト]

モォ~娘 クリアホール 大容量ローション120ml付き

うぶばーじん

ペペローシヨン 360ml[アダルト]
Copyright © えすえす・SS管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。