スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケン「ガイル……いったい誰を待っているんだ?」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 21:32:31.99 ID:XHk/OJPs0
公園──

ケン「ガイル、なんでこんなところでしゃがんでるんだ?」

ガイル「人を……待っている」

ケン「そうか……」

ケン「じゃあ、またな。義姉さんにもよろしく」

ガイル「ああ……」
4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 21:37:06.10 ID:XHk/OJPs0
翌日──

ケン「まだいたのか!?」

ガイル「ああ……」

ケン「家族が心配してるんじゃないか!?」

ガイル「家族にはしばらく帰れない、と伝えてある……」

ケン「軍は?」

ガイル「休暇を取ってある……」

ケン「そうか……」

ケン「じゃあ、またな」

ガイル「ああ……」

5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 21:40:34.75 ID:XHk/OJPs0
一週間後──

ケン「まだやってたのか!?」

ガイル「ああ……」

ケン「ずいぶん頬がこけてるが、ちゃんと食べてるのか?」

ガイル「いや……なにも食べてない」

ケン「ちょっと待ってろ、なんか買ってきてやる」

ガイル「すまん……」

9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 21:45:03.14 ID:XHk/OJPs0
ケン「買ってきたぞ」

ガイル「ありがとう……」

ケン「ちょっと入手に苦労したけど、案外売ってるもんだな」

ケン「たくさん買ってきたぜ」

ケン「ほら、納豆だ」

ガイル「!?」

ガイル「逆だ……」

ケン「え?」

ガイル「俺は納豆が大嫌いなんだ……」

ケン「わ、悪い! 勘違いしてた!」

ケン「ほ、ほら、ハンカチ。これで涙を拭いてくれ」

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 21:48:23.78 ID:XHk/OJPs0
ガイル「拭いてくれ……」

ケン「え?」

ガイル「この体勢を崩したくない。拭いてくれ……」

ケン「ったく、しょうがねえなぁ……」フキフキ

ガイル「ありがとう……」

ケン「じゃあ、パンとコーヒーでも買ってくるぜ」

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 21:51:59.80 ID:XHk/OJPs0
ケン「買ってきたぜ」

ケン「ここに置いとくから、食べてくれよ」

ガイル「食べさせてくれ……」

ケン「は?」

ガイル「この体勢を崩したくない。食べさせてくれ……」

ケン「おいおい、いい加減にしろよ」

ケン「お前は大事な友であり義兄だけど、そこまでしてやるつもりはないぜ」

ケン「病気や怪我じゃないんだから、メシくらい自分で食べろよ」

16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 21:55:54.06 ID:XHk/OJPs0
ガイル「頼む……」

ケン「おい、そんな真剣な眼差しで見つめないでくれよ」

ガイル「頼む……」

ケン「だ、だから自分で──」

ガイル「頼む……」

ケン「いや、でもさ……」

ガイル「頼む……」

ケン「分かった、分かったよ!」

19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 21:59:08.46 ID:XHk/OJPs0
ケン「ほら、口を開けてくれ」

ガイル「あーん」

ケン「パンを入れるぞ」

ガイル「一口サイズにちぎってから入れてくれ」

ケン「わ、分かった。ほら」

ガイル「モグモグ」

ケン「どうだ?」

ガイル「美味い……!」

ケン「なにも泣くことはないだろ!」

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 22:03:38.44 ID:XHk/OJPs0
ケン「次はコーヒーだな」

ケン「少しずつ入れるから、むせないように飲んでくれよ」

ガイル「熱い」

ケン「え?」

ガイル「熱いから、フーフーしてくれ」

ケン「しょうがねえなぁ……フーフー」

ケン「ほら、飲みな」

ガイル「美味い……!」

ケン「だから泣くなって! ハンカチで拭かなきゃいけなくなるだろーが!」

24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 22:07:39.92 ID:XHk/OJPs0
ケン「ったくもう……」フキフキ

ガイル「すまないな」

ケン「さっきから、周囲の視線がすごい気になるぜ。クスクス笑われてるし」

ガイル「気にするな」

ケン「いや、気にするよ。これでも俺、けっこう有名人なんだぜ?」

ガイル「だが、俺たちは──」

ガイル「ストリートファイターだ」

ガイル「今までも散々人前で飛んだり跳ねたりしてきただろう」

ケン(た、たしかに……!)

26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 22:10:47.53 ID:XHk/OJPs0
ケン「お前、待ち人が来るまでずっと体勢変えちゃダメなんだろ?」

ガイル「そうだ」

ケン「俺も毎日来てやりたいけど、これでも忙しくてなぁ……」

ケン「そうだ。義姉さんたちを呼んでやろうか?」

ガイル「ダメだ!」

ケン「な、なんでだよ」

ガイル「家族に“メシを食べさせて”なんて情けないこと頼めるか!」

ケン(もう十分情けないと思うけどな……)

ケン「分かった。家族に知らせるのはやめとこう」

ケン「だが、お前に餓死されても困るからな。応援を呼んでくるよ」

29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 22:14:53.35 ID:XHk/OJPs0
次の日──

リュウ「ガイル!?」

ガイル「リュウ、か……」

リュウ「ケンにいわれて半信半疑で来たんだが……ホントだったのか」

ガイル「ああ……人を待っている」

リュウ「そうか……」

リュウ「とりあえず、メシ食うか?」

ガイル「すまん」

リュウ「納豆だ」ネバー

ガイル「いらん!」

31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 22:16:51.95 ID:XHk/OJPs0
リュウ「じゃあ俺が食べる!」モグモグ

ガイル「………」

リュウ「ごちそうさま!」

ガイル「………」

リュウ「そろそろ帰るよ。また試合しよう」スタスタ

ガイル「ああ……」

ガイル(腹減った……)

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 22:21:38.42 ID:XHk/OJPs0
次の日──

ダルシム「ナマステ」

ガイル「ダルシム、か……」

ダルシム「しゃがんだまま動かないと聞いたが、ついに悟りを開いたのか?」

ガイル「いや……人を待っているだけだ」

ダルシム「そうか……」

ダルシム「ナンとカレーを持ってきた」

ガイル「すまん……」

42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 22:24:53.72 ID:XHk/OJPs0
ダルシム「では、ナンとカレーをヨガテレポートさせて直接お前の胃の中に送り込むぞ」

ガイル「えっ」

ダルシム「ヨガッ!」

ガイル「おうっ!?」

ダルシム「ヨガッ!」

ガイル「ぐおっ!?」

ダルシム「ヨ──」

ガイル「やめろっ! すごく胃に悪い……気がする」

ダルシム「ヨガの究極奥義、思い知ったか!」

ガイル「国に帰ってくれ……。お前には家族がいただろう」

43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 22:29:35.23 ID:XHk/OJPs0
次の日──

ブランカ「ウオッ! ウオッ!」

ガイル「ブランカ、か……」

ブランカ「ジャングルからクイモノ、いっぱいもってきた!」

ガイル「ありがとう……」

ブランカ「デンキでテレビもみられるぞ!」バリバリ

ガイル「それはいい」

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 22:31:39.55 ID:XHk/OJPs0
ガイル「なにを持ってきたんだ?」

ブランカ「トラのニクだ」ドサッ

ガイル「えっ、生……?」

ブランカ「虎さえ俺の前では猫になる。さしずめお前はネズミといったところか!」

ガイル「ミッ○ーマウス?」

ブランカ「そのナマエ、キケン! ミッ○ーの前では俺さえ猫になる」

ガイル「そうか……すまなかった」

ブランカ「じゃあ、ジャングルかえる! またな!」

ガイル「ついでに虎の死骸も持って帰ってくれ。動物愛護団体とかがうるさいんでな」

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 22:37:07.16 ID:XHk/OJPs0
次の日──

春麗「ガイル……!?」

ガイル「春麗、か……」

春麗「ケンにいわれて来たのだけど、まさか本当にしゃがんでるとはね」

ガイル「ちょっと人を待っていてな……」

春麗「まぁいいけど……とにかく食事を取りたいのよね?」

ガイル「ああ、すまんが、食べさせてくれ……」

53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 22:41:26.04 ID:XHk/OJPs0
春麗「はい、あーんして」

ガイル「あーん」

春麗「中華料理が口に合うかしら」

ガイル「美味い……(久々にまともな食事ができた……)」

春麗「ちょっと泣かないでよ!」

ガイル「すまん……」

春麗「なんか色々大変だったみたいね……」

ガイル「まぁな」

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 22:44:20.41 ID:XHk/OJPs0
次の日──

本田「久しぶりでごわす!」

ガイル「エドモンド・本田、か……」

本田「ちゃんこを食わせてやるでごわす!」

ガイル「すまん……」

本田「どうじゃい!?」

ガイル「美味い……(よかった、正直一番不安だったが、マトモだった)」モグモグ

本田「ガッハッハッハッ!」

56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 22:48:23.46 ID:XHk/OJPs0
本田「お互い満腹になったところで、そろそろ日本に帰るかのう!」

ガイル「すまんな、わざわざアメリカまで来てもらって」

本田「なに、困った時はお互い様じゃい!」ドスドス

ガイル「おい、空港はあっちだぞ?」

本田「大丈夫、スーパー頭突きで太平洋を渡るでごわす」

ガイル「やっぱりマトモじゃなかった」

本田「腕から衝撃波を出す男にいわれたくないでごわす」

ガイル(た、たしかに……!)

57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 22:51:14.99 ID:XHk/OJPs0
次の日──

ケンが車に乗ってやってきた。

ケン「誘ったら、みんな快くOKしてくれたぜ。どうだった?」

ガイル「感謝している」

ケン「みんな、お前が心配なんだよ。同じファイターとしてな」

ケン「なにか食べたいものや見たいものがあったら調達してくっから」

ケン「遠慮なくいってくれよ」

ガイル「……が見たい」

ケン「え?」

59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 22:56:37.61 ID:XHk/OJPs0
ガイル「ボーナスステージが見たい」

ケン「ボーナスステージ?」

ガイル「いい車じゃないか」

ケン「ま、まさか……」

ガイル「頼む……」

ケン「いくらガイル、いや義兄さんの頼みでもそれはちょっと……」

ガイル「頼む……」

ケン「うぅ……」

60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 23:01:24.98 ID:XHk/OJPs0
ケン「わ、分かったよ! やるよ! やればいいんだろ!」

ガイル「ありがとう」

ケンは泣く泣く自分の車を攻撃し始めた。

グワシャッ! ガシャンッ! ドゴォンッ!

ケン「昇竜拳ッ!」

ドガシャーンッ!

ガイル「うむ……さすがだ」

30秒と経たないうちに、ケンの車はスクラップになった。

どこからともなく「パーフェクト」という声がした。

63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 23:04:40.13 ID:XHk/OJPs0
ケン(さよなら、俺の愛車……)

ガイル「いいものが見れた。ありがとう」

すると──

通行人「この辺、灰皿ないな……。いいや、ポイ捨てしちゃえ!」ポイッ

ガイル「むっ!」

ガイル「いかん!」

ガイル「捨てられたタバコが、ケンが壊した車から流れ出たガソリンに引火してしまう!」

ケン「なにっ!?」

ガイル「逃げろぉー!」

ケン「しかし、お前を置いて逃げるわけには……」

ガイル「俺はここから動かん! 逃げてくれっ!」

ケン「すまないっ!」

64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 23:09:13.57 ID:XHk/OJPs0
ズガァァァン!

大爆発が起こった。

ケンは通行人を助けつつ、避難したので無事だった。

一方のガイルは──

ガイル「ぷはっ……」

ケン「生きていたのか!」

ガイル「どうにかな……」

ガイル(まだお前のところに行く時期ではないということか……ナッシュ)

65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 23:10:27.13 ID:XHk/OJPs0
ケン「しかし、大火傷じゃないか!」

ケン「すぐ病院に連れていくぜ!」

ガイル「いや、ダメだ」

ケン「なぜ!?」

ガイル「俺は待ち続けなければならないからだ」

ケン「分かったよ……」

ケン「じゃあ、せめて包帯とかは巻かせてくれ」

ガイル「すまん……」

67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 23:14:19.63 ID:XHk/OJPs0
その後もケン、リュウ、ダルシム、ブランカ、春麗、本田が
一日交代でガイルの世話をした。

そのうち、ガイルの怪我も完治した。

ガイルはもはや公園の名物となっていた。

子供「ママー、あのおじちゃんなんでしゃがんでるの!?」

ママ「シッ、見ちゃいけません!」

ガイル「………」

68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 23:18:36.02 ID:XHk/OJPs0
ガイルが公園にしゃがんでから、一年経った。

今日はケンがガイルの食事当番だった。

ケン「あったかいスープを持ってきたぞ」

ケン「フーフーしてから飲ませるからな」

ガイル「すまん……」

ケン「しかし、ずっと疑問に思っていたんだが……」

ケン「ガイル……いったい誰を待っているんだ?」

ガイル「それは……」

72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 23:23:19.75 ID:XHk/OJPs0
ガイル「!」ピクッ

ガイルの気配が変わった。

ガイル「来るっ!」

ケン「なんだと!?」

ガイル「あいつが……もうすぐ来る!」

ケン「いったい誰が来るっていうんだ!?」

ガイル「全てを巻き込み粉砕する、アイツが……」

ケン「ま、まさか……お前が待ってるのって……」

ガイル「そう、アイツの名は──」

ガイル「ザンギエフ!」

76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 23:28:11.16 ID:XHk/OJPs0
ザッ

公園に大男が現れた。

ザンギエフ「………」

子供「ママー、なんであの人赤いパンツ一丁なの?」

ママ「シッ、見ちゃいけません!」

ケン「お前が待っていたのは、ザンギエフだったのか……」

ザンギエフ「待たせたな」

ガイル「待ったぞ」

79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 23:32:16.19 ID:XHk/OJPs0
ザンギエフ「いくぞっ! ハラショーッ!」ドドドッ

ケン「うわ、突っ込んできた!」

ケン「ガイル、あれを撃て!」

ケン「セガのハリネズミが流行した、みたいなやつを撃つんだ!」

ガイル「………」

ケン「なぜ撃たないっ!?」

ザンギエフ「とあーっ!」バッ

ケン「ザンギエフが跳んだ!?」

81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 23:36:05.69 ID:XHk/OJPs0
ケン「あ、あれはフライングボディアタック!」

ザンギエフ「うおおおおっ!」

ケン「ガイル、危ないっ!」

ガイル(見せてやろう……一年間タメ続けた、サマーソルトキックを!)

ビキッ!

しかし、一年間しゃがみっぱなしだったガイルの足は、筋肉が完全に固まっていた。

ガイル(い、いかん!)

ケン「ガイルーッ!」

83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 23:39:27.76 ID:XHk/OJPs0
ガイルの頭上にザンギエフの胸板が落ちてくる。

ザンギエフ(どうした、なぜサマソしない!?)

ガイル(あ、足が動かない……!)

ケン(ガイルのやつ、足が動かないのか!?)

ザンギエフとガイルの距離は、残り一メートルになっていた。

ガイル(足よ……)

ガイル(足よ、動けぇぇぇっ!)

ケン(も、もうダメか……!)

87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 23:43:38.04 ID:XHk/OJPs0
すると、ガイルの家族が駆けつけてきた。

ユリア「あなたっ! しっかりしてっ!」

クリス「パパっ! 頑張ってっ!」

ケン「えっ!?」

さらにストリートファイターたちもやってきた。

リュウ「負けたら納豆だ!」

春麗「負けたら跪かせるわよ!」

本田「負けたらフンドシ担ぎになってもらう!」

ブランカ「負けたら、さしずめお前はネズミといったところか!」

ダルシム「負けたらお前の腕を伸ばす」

ケン「お前ら、いつの間に!?」

89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 23:47:46.92 ID:XHk/OJPs0
ガイル(みんな、すまん……!)

ガイル(ゆくぞ、ザンギエフ!)

ザンギエフ(来いっ!)

ガイル「うおおおおおおおおおおっ!」


 ド ガ ァ ッ !


一年間タメ続けたサメーソルトキックが、ザンギエフを迎撃した。

ザンギエフ「ハ、ハラショー……」

ドズゥン……

どこからともなく「YOU WIN」という声が聞こえていた。

92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 23:51:00.90 ID:XHk/OJPs0
ガイル「国へ帰るんだな、お前にも家族がいるだろう……」

ザンギエフ「ああ、帰るよ。楽しかった」

ガイル「また待つよ」

ザンギエフ「俺もまた待たせるよ」

ガシィッ!

握手するガイルとザンギエフ。

こうしてザンギエフは帰っていった。

93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 23:53:01.30 ID:XHk/OJPs0
リュウ「じゃあ俺たちも帰るか」

春麗「そうね」

ストリートファイターも帰っていった。

ユリア「私たちも先に家に戻ってるわね」

家族も帰っていった。

ガイル「………」

ガイル「ケン、ありがとう。お前がいなければ、俺は餓死していただろう」

ケン「よせよ、照れ臭い。でもよかったな、待ってた甲斐があったじゃないか」

ケン「さすが、俺の兄貴だぜ」

ガイル「これからもよろしくな……弟よ」

94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 23:54:06.89 ID:XHk/OJPs0
しかし、物陰から二人を見つめる四人がいた。

????「ヘッヘッヘ……」

????「フッフッフ……」

????「クックック……」

??「ハッハッハ……」

99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 23:58:09.63 ID:XHk/OJPs0
密かに観戦していた四人は、感動のあまり号泣していた。

バイソン「俺、今日からマジメにボクシングするよ……」

バルログ「美しい戦いだった……。私の負けだ……!」

サガット「二人の戦いで感動したら、胸の傷と右目が治ってしまった」

ベガ「シャドルー……解散!」



こうして一年に及ぶ死闘の末、世界は平和を取り戻したのであった。

<おわり>

Comment


(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

DVD

絶対美少女48人!厳選素人4時間 GLAM PLUM BEST [DVD]

好きで好きで、すきで HD [Blu-ray][アダルト]

つぼみのパイパン極小モザイク [DVD][アダルト]

秘蔵ロリパイパン200分 [DVD][アダルト]

ある日突然モテ男に変身!?オッパイだらけの夢のハーレム性活 さとう遥希 つぼみ 愛原さえ 北川瞳 [DVD][アダルト]

中出し痴漢バス女子校生 つぼみ [DVD][アダルト]

牧瀬みさ 初中出し天国 [DVD][アダルト]

SOFT ON DEMAND 男性ユーザー100万人が選んだ!確実にヌケるガチンコ素人お嬢さん2010年間BEST.20 [DVD][アダルト]

ギリグラ!! 秘宝館 北川りな [DVD]

ギリグラ!!秘宝館 相澤久美 [DVD][アダルト]

センチュリオン 青山佑香 [DVD][アダルト]

初裸 virgin nude カレン [DVD][アダルト]

ハックツ美少女 Revolution 桃川奈々 [DVD][アダルト]

モォ~娘 クリアホール 大容量ローション120ml付き

うぶばーじん

ペペローシヨン 360ml[アダルト]
Copyright © えすえす・SS管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。