スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京子「今日も二人で帰りたい」

2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:18:26.23 ID:T1+sk+BuO


タッタッタッ……



京子「おーい!あっやのーっ!!」

綾乃「とっ歳納京子!どどどどうしたのよ一体!?///」

京子「今帰り?」

綾乃「え、ええ」

京子「一人でなんて珍しくない?千歳はどうしたの?」

綾乃「今日は千鶴さんと用事があるからって、先に帰ったわよ」



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:20:27.72 ID:T1+sk+BuO
綾乃「そう言うあなたこそ、いつものごらく部はどうしたのよ?」

京子「ああ、あかりとちなつちゃんはクラスで何かあったらしくって、HRが長引いてるみたい」

京子「で、結衣は……」



綾乃「あっ、そういえば船見さんはインフルエンザで休んでたわね」

京子「そうなんだよ……移しちゃうから見舞いにくんなって言われてるし……」シュン

綾乃「はやく良くなるといいわね……」

京子「まぁ、あいつは結構タフだし、今頃ゲームしながらゴロゴロしてんだろうけどな、きっと」クスッ



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:22:22.90 ID:T1+sk+BuO
京子「それよりさぁ……なんか久しぶりだよね、こういうの」

綾乃「え、こういうのって……?」

京子「綾乃と二人っきりで帰るのが久しぶりだなーって!」ニカッ

綾乃「あ……あああああっ!!あなた!い、いつの間にっ!?///」ワタワタ

京子「いつの間にって、さっきっからずっと一緒に歩いてるじゃん」

綾乃「あまりに自然に馴染んできたから、今の今まで一緒に帰ってるだなんて気がつかなかったわ……///」



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:23:32.98 ID:T1+sk+BuO
京子「いつもは大体、千歳や結衣が一緒だもんなー」

綾乃「そ、そうね……///」



京子「……もう、何ガチガチに緊張してんのさ!」

綾乃「だ、だってしょうがないじゃない!誰かと二人っきりで帰るのなんて、久しぶりでなんだか気恥ずかしいんだから……///」

京子「千歳とはよく一緒に帰ってるじゃん?」

綾乃「千歳はなんて言うか……特別なのよ」

京子「えー?千歳と私の違いがわかんないんだけど……」ジトー

綾乃「と、とにかく特別なのっ!!///」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:24:22.98 ID:T1+sk+BuO
京子「けどさぁ、千歳とはこの中学で初めて会ったんでしょ?じゃあ、私と変わんないじゃん」

綾乃「それは……///」モジモジ

京子「百歩譲って、千歳が特別なのは認めるよ……でも、じゃあ私は特別じゃないの?」

綾乃「う、うぅ……///」モジモジ

京子「結衣とだって、この前のデートの時に一緒だったじゃん?その時は特に赤くなったり、居心地が悪そうだったりしてなかったよね?」

綾乃「……///」モジモジ



京子「……」



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:25:21.39 ID:T1+sk+BuO
京子「……ま、綾乃は照れ屋さんだからな!」

綾乃「えっ……?///」

京子「私は、そんな綾乃はかわいいなって思うし……」

綾乃「か、かわいい……?」




綾乃「え……誰が?」

京子「綾乃が」

綾乃「わたし?」

京子「そう、杉浦綾乃が……私は、杉浦綾乃がかわいいって言ったの」

綾乃「……」






綾乃「はああああああああっ!!??///」



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:26:41.32 ID:T1+sk+BuO
綾乃「わわわわわわわた、私がっ!?かわいい!?///」

京子「なんだよー、かわいいって言われるのが嫌いなタイプだった?じゃあ結衣と一緒だなー!」アハハッ

綾乃「私が……かわいい……///」カァー

京子「綾乃くらいのかわいさだったら、今まで何回も言われてるっしょ?」

綾乃「言われては……いるけど……///」




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:27:34.97 ID:T1+sk+BuO
京子「じゃあ、そんな顔を真っ赤にすることないじゃん?」

綾乃「他人に『かわいい』って言われたら、誰だって恥ずかしくなるわよっ!///」

京子「えー、私は綾乃から『かわいい』って言われても恥ずかしくはないけどなー」

綾乃「……///」





綾乃「……あなたも、千歳と同じくらい……特別だからよ///」ボソッ






12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:28:42.64 ID:T1+sk+BuO
京子「え?今何て?」

綾乃「ななな何でもないっ!!///」カァー






京子「……千歳と同じくらい……か」

綾乃「あ、ああああ……!///」

京子「私は千歳以上がよかったなぁー……とか思ったり」

綾乃「あなたっ!今の聞こえてたんじゃない!!///」




京子「……私は綾乃にとって、千歳より特別じゃないの……?」




13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:29:13.37 ID:T1+sk+BuO






京子「私は……誰よりも綾乃が好きだよ……?」








14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:30:27.63 ID:T1+sk+BuO
綾乃「……」

京子「綾乃?」

綾乃「……むきゅー」フラッ

京子「うわっ、ちょっと綾乃!?大丈夫!?」



綾乃「あ、あはははは……今のはきっと夢……夢なのよ、綾乃……」

京子「夢じゃねーよ!」ギュウウウ

綾乃「いたひ!いたひからっ!」ジンジン



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:32:12.91 ID:T1+sk+BuO
綾乃「夢……じゃないっ……!///」ジワッ

京子「夢の方がよかった?」



綾乃「そんなのっ!……そんなの……夢じゃなくてよかったに決まってるじゃない……///」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:33:14.08 ID:T1+sk+BuO
綾乃「確認させてもらうけど……その……本当に、私のことが好きなの……?///」

京子「本当に、綾乃のことが好き」キッパリ

綾乃「誰よりも?」

京子「誰よりも」

綾乃「……///」カァー



京子「だから私は……綾乃にとっての誰よりも『特別な存在』になりたいんだけど……だめかなぁ?」

綾乃「ううっ……///」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:34:09.85 ID:T1+sk+BuO
綾乃「だめ……じゃない///」

京子「……!!」パァーッ

綾乃「私も……と、歳納京子が……誰よりも特別……だもの///」

京子「千歳よりも?」

綾乃「千歳も特別だけど、あなたはもっと特別……!///」



京子「要するに!?」ワクワク

綾乃「へ……要するに?」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:35:35.52 ID:T1+sk+BuO
京子「あー!もうじれったい!私のことが好きって言えーっ!!」

綾乃「えええええっ!?///」

京子「私だって心臓が張り裂けそうになるくらいドキドキしたけど、綾乃にちゃんと『好き』って言ったぞ!?」

京子「だからっ!綾乃もちゃんと言ってよ!!」



綾乃「……///」カァーッ

20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:36:18.73 ID:T1+sk+BuO
綾乃「私も……と、ととと歳納京子のことが……///」

京子「……」ドキドキ

綾乃「すすすすすすすすすすすすすすすすすすすっすすしゅすしゅしゅ……!///」

京子「……」ドキドキ






綾乃「しゅきよっ!!!///」






25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:38:24.98 ID:T1+sk+BuO
京子「しゅき……」クスクス

綾乃「か……噛んじゃったぁ……」ジワッ

京子「しゅきだって……かわえぇ……」クスクス

綾乃「う……うぅ……」ポロポロ



京子「お、おい……何も噛んだくらいで泣くことないだろ?」アセアセ

綾乃「歳納京子に……ちゃんと好きって言えなかったぁ……」シクシク

京子「大丈夫だよ!ちゃんと伝わったから!綾乃の気持ち伝わったから!」

綾乃「……」ゴシゴシ



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:39:52.06 ID:T1+sk+BuO
…………………


綾乃「……///」

京子「えへへ、これで両想いだね……///」

綾乃「そ、そうね……///」

京子「これって……恋人同士ってことでいいのかなぁ?///」

綾乃「恋人!?///」

京子「違う……?」

綾乃「ち、違わない違わないっ!!私とあなたは今日から恋人よ!!///」



京子「そっか……えへへ///」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:41:58.14 ID:T1+sk+BuO
京子「……まぁ、ぶっちゃけると私は勝率100%だってわかってたけどね」

綾乃「え……勝率?」

京子「そう、私が綾乃に告白して成功する確率だよ」

綾乃「な、なんで100%なのよ……?」

京子「だって、綾乃が私のこと好きなのは前々からわかってたしねー」

綾乃「え……」



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:42:50.44 ID:T1+sk+BuO
京子「綾乃ったら、もろに態度に出てるんだよ」クスッ

綾乃「じ、じゃあ……さっきまでの千歳がどうとかって言うのは……」

京子「私が好きって知ってた上で、あえてカマかけてみた」ハハハッ



綾乃「そ、そんなぁ……///」カァー

京子「いやー、いつかは私の気持ちも伝えなきゃなって思ってたんだけどさ、なかなかタイミングがなくって」アハハ

京子「たまたま今日、綾乃と二人っきりで帰れるってことで、これはチャンスだなって……」



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:44:59.18 ID:T1+sk+BuO
…………………


京子「あのさ」

綾乃「なによ」

京子「恋人同士なんだからさ……」

綾乃「……」




京子「なんでこんな距離開けて帰ってんのかなーってさ……」

綾乃「……私の純粋な恋心を弄んだ罰よ!」ムキーッ



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:46:15.24 ID:T1+sk+BuO
京子「それは本当にごめんなさいっ!!」ゲザァ

綾乃「ダメ!そんなんじゃ許してあげないんだからっ!」プイッ

京子「じゃあ手繋ぐから!」

綾乃「……だめ///」

京子「キスするからぁ!」ンチュー

綾乃「それもダメ!!///」



京子「じゃあさ……こんなのはどうかなぁ?」




京子「明日も、一緒に帰るから」





32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:47:29.00 ID:T1+sk+BuO
綾乃「……当たり前でしょ……恋人なんだから……///」

京子「……これで許してくれる?」

綾乃「さぁー?明日になってみないとわからないわね!」フフン

京子「なんだよー!綾乃のケチー!!」



綾乃「ふふっ」

京子「……えへへっ」






明日も一緒に帰りたい





おしまい!


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:48:46.14 ID:T1+sk+BuO
京子ちゃんは昔から綾乃が好きだったってことで一つ……






続きまして……


櫻子「向日葵とのちゅーはいつも……」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:50:08.39 ID:T1+sk+BuO




櫻子「向日葵のちゅーは、なんか苺みたいな味がするんだよねー……」ムシャムシャ



向日葵「は、はぁっ!?///」






39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:52:09.86 ID:T1+sk+BuO

~給食時間~




あかり「……」ポカーン

ちなつ「櫻子ちゃん……今何て……?」

櫻子「いや、だから向日葵とのちゅーはなぜか苺味だなーって」



向日葵「ななな、何言ってますのよ!?このおバカは!!///」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:53:51.46 ID:T1+sk+BuO
櫻子「だから、向日葵のちゅーは苺味だって言ってるんだよ!」

向日葵「そういうことを聞いてるんじゃなくて!何でお二人も聞いてらっしゃる前で、そんな恥ずかしい事を言い出すのかって聞いてますのよ!///」

櫻子「え……?あ、口の中が苺味だってことをバラされるのが嫌だった?」

向日葵「だからっ……!///」



ちなつ「向日葵ちゃん、もうずっと前から二人がどういう関係なのかは知ってるから……大丈夫だよ」ニコッ

向日葵「よ、吉川さん……!///」カァー



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:55:18.36 ID:T1+sk+BuO
ちなつ「……で、私からも改めて聞くけど、なんで急にそんなこと言い出したの?」



櫻子「えっと、こういうパンに付いてる苺ジャムがなんだか『向日葵味』だなーって、今までずっと思っててさー」

櫻子「どうしてだろう?って考えてたら、昨日の夜に向日葵とちゅーした時に『向日葵の口が苺味なんだ』って気付いて……」

向日葵「あ……あああっ……///」カァー



ちなつ「おうおう、やりますなぁ~お二人とも……」ニヤニヤ



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:57:25.77 ID:T1+sk+BuO
ちなつ「向日葵ちゃんは何か特別にやってることとかあるんじゃないの?例えば……歯磨き粉が苺味とか?」

向日葵「べ、別にそんなことはありませんわよ///」

ちなつ「じゃあ、たまたまキスする時はいつも苺食べてるとか」

櫻子「何ぃっ!?向日葵が私に黙って、毎日苺食べてるだって!?私にも寄越せーっ!」ウガー



向日葵「……このおバカは///」カァー

ちなつ「毎日……お盛んですなぁ~」ニヨニヨ



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:58:33.62 ID:T1+sk+BuO
…………………


ちなつ「……ということは、向日葵ちゃんの口の中が苺味な理由は、特にないんだね」

櫻子「しかし、私の味覚に狂いはないっ!!」キリッ



ちなつ「私も試してみたいなぁ……」ジー

向日葵「ひぃっ!?わ、私の口は美味しくはありませんわよっ!?」ビクッ



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 22:59:33.07 ID:T1+sk+BuO
櫻子「こらーっ!いくらちなつちゃんでも向日葵にちゅーすることは許さないぞーっ!」

ちなつ「えー、でも本当に苺味かわかんないじゃない……」

櫻子「じゃあ……わかった!私が今から証明するから!」




櫻子「向日葵っ!!」

向日葵「ひゃいっ!!」ビクッ





チュー





45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:00:44.24 ID:T1+sk+BuO
櫻子「……」ンチュー

向日葵「っ!?……///」

櫻子「んちゅるるる……っぷはぁ!」




櫻子「今日の向日葵のちゅーは、この苺ジャムのお陰でいつもより甘かった!うまいっ!!」テーレッテレー

向日葵「……///」ポー

ちなつ「すげぇ……すげぇよ……」ゴクリ



櫻子「どう?これで私の言ってることが正しいってわかった?」

ちなつ「いや、全然わかんないけど……それ以上のモノを見れたからもういいや……」



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:02:02.56 ID:T1+sk+BuO
ちなつ「ちなみに、向日葵ちゃんの方はどんな味がしたの?」

向日葵「ま、まぁ……私も、櫻子とのキスは苺の味がしましたけど……///」



ちなつ「リア充爆散しろ」ボソッ

向日葵「え?なんですの?」

ちなつ「なんでもなーい」



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:03:43.31 ID:T1+sk+BuO
ちなつ「あーあ、私もいつかは結衣先輩とキスして『苺味がしました///』とか言ってみてぇー!!」

向日葵「も、もう!茶化さないでくださいなっ!///」

櫻子「えー?ちなつちゃんくらいの可愛さなら、今までにちゅーの一つや二つくらい……」

ちなつ「あー、前に練習と称してあかりちゃんとキスしたくらいかなぁ……」



櫻子「えっ」

向日葵「れ、練習!?」



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:05:40.58 ID:T1+sk+BuO
ちなつ「やっぱり、好きな人とのキスは上手にしたいじゃない?だから、そのための練習」

向日葵「あ、赤座さんは練習だって了承してましたの……?」

ちなつ「うーん、どうだろう……まぁ『なんでもする』って言ってくれたし、キスの練習くらい何でもないでしょ?」



櫻子「あかりちゃん……」

向日葵「相変わらず、不憫ですわね……」ホロリ

ちなつ「当の本人は、ここであんたらに衝撃的なモンを見せつけられて、白目剥いて気絶してるんだけどねー」




あかり「」チーン




51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:06:29.77 ID:T1+sk+BuO
ちなつ「ちょっと、あかりちゃん!もうお昼休み始まっちゃうよ!」ユサユサ

あかり「」

ちなつ「だめだわ……相当ショックが大きかったのね……」



向日葵「ご、ごめんなさい……///」カァー

櫻子「……?」ハテナ



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:07:57.79 ID:T1+sk+BuO
ちなつ「もう、こうなったら仕方ないわね……」

ちなつ「眠り姫を起こすには、王子様のキスを……」

ちなつ「私が王子様役をするのは気が引けるけど……」ンー





チュウ






54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:09:15.87 ID:T1+sk+BuO
ちなつ「ちゅっ……ちゅぱ……」

あかり「……んうっ!!??」ビクッ

向日葵「吉川さ……って、遅かったですわね……///」

櫻子「おー!すげー!起きた!」ワイワイ




ちなちゅ「んー……っぷは、あ、あかりちゃん起きた?」

あかり「は……はは……」ピクピク

向日葵「目は覚ましましたけど、今度は今にも倒れそうですわね……」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:10:32.40 ID:T1+sk+BuO
櫻子「ねぇねぇ、ちなつちゃん!あかりちゃんとのちゅーは何味?ねぇ、何味っ?」

ちなつ「そ、そうね……」ウーン

櫻子「……」ワクワク

ちなつ「ちくわの……磯辺揚げ味かな?」

櫻子「マジでっ!?」キラキラ

向日葵「それは今日の給食にありますから、当たり前ですわね……」




櫻子「じゃあ、私もあかりちゃんとちゅーするー!」ンチュー…

向日葵「こらっ!櫻子!何おバカなことをしようとしてますのっ!!」バチコーン

櫻子「痛ぁ!」



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:11:42.05 ID:T1+sk+BuO
櫻子「なんだよなんだよ……じゃあ、あかりちゃんの残ってる磯辺揚げで許してやるよ」モグッチュイーン

向日葵「だから他人の給食を勝手に……!」

ちなつ「まぁ、もう給食時間終わっちゃうし、あかりちゃんもまた気絶しちゃったしいいんじゃない?」



あかり「」チーン







ごちそうさまでしたっ!



おしまい!



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:13:07.51 ID:T1+sk+BuO
キッスの味はレモンより苺派






続きまして……


櫻子「私……海賊王になりたい」



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:14:00.32 ID:T1+sk+BuO




向日葵「……はぁ?」


櫻子「海賊王に私はなるっ!!」ドンッ






59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:15:23.20 ID:T1+sk+BuO
向日葵「……そんな下らないことを言っていないで、さっさと進路調査書を書いてしまいなさいよ……」ハァ…

櫻子「あぁん?今のは聞き捨てならないな……『下らない』ってどういうことだよ、おい」

向日葵「だから、海賊王になるとかふざけてないで、さっさと進路調査書を……」

櫻子「海賊王になるって夢のどこが下らないって言うんだよ!?」



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:17:11.71 ID:T1+sk+BuO
向日葵「……あなた、さっき先生にそれを提出して書き直しになった時、何て書いていましたっけ?」

櫻子「宇宙刑事!」




向日葵「……その前は?」

櫻子「神!」

向日葵「神から宇宙刑事って、落差ハンパないですわねっ!?」



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:18:10.24 ID:T1+sk+BuO
向日葵「とにかくっ!あなたがそうやって真面目に将来について考えてないから、こうやって居残りさせられてるんでしょう!?」

櫻子「うぅ……いつも真面目に考えてるのに……先生も向日葵もダメダメダメダメって……」ウルウル

向日葵「真面目に考えたけっかが宇宙刑事や海賊王でしたの!?」

櫻子「なれないってわけではないじゃん!」



向日葵「可能性は限りなく0ですわよ!」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:19:10.43 ID:T1+sk+BuO
櫻子「あ、そうだ……向日葵はなんて書いたのさ?海軍の総大将?」

向日葵「んなわけないでしょ!……私は普通に高校進学して……しょ、将来は教育系の仕事に就きたいって書きましたわっ!」アセアセ

櫻子「ふーん……ねぇ、向日葵」

向日葵「なんですの?」

櫻子「海賊って中卒でもなれるかな?」

向日葵「知りませんわよ……」ハァー



櫻子「あっ、宇宙刑事はさすがに中卒は無理かぁ……」



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:20:41.38 ID:T1+sk+BuO
櫻子「じゃあ、向日葵は悪魔の実の能力者で……」

向日葵「いきなり話題転換しすぎですわよ」



櫻子「向日葵は……ムネムネの実のおっぱいにんげゴバボッ!」ドスッ

向日葵「何がおっぱい人間ですのよ……!」ゴゴゴ

櫻子「の、能力は……身体の好きなところからおっぱいを生やすことができrあべしっ」ゴスッ

向日葵「いい加減止めないと殴りますわよ……!」ゴゴゴ



櫻子「も、もう殴られてる……ぐふっ」バタンッ



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:22:14.70 ID:T1+sk+BuO
櫻子「あーあ、いい夢だとおもったんだけどなー、海賊王」

向日葵「あなたの発想は、あまりにもリアリティがなさすぎなんですわ……」

櫻子「まず、こんな多感な時期の中学生に将来のことを聞くのがそもそもの間違いなんだよ!」

向日葵「あなた、精神年齢は幼稚園児並じゃありませんの」



櫻子「んなワケあるかーっ!私だって中学生なりの悩みとか色々あるし!」

向日葵「え、櫻子に悩みがあるだなんて、初耳でしたわ」

櫻子「当然だろ!例えば……た、例えばぁ……」アセアセ

向日葵「悩み事を見つけだすのが悩みになってるじゃありませんの」



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:23:08.58 ID:T1+sk+BuO
櫻子「あああ、海賊王がダメなら何がいいんだよぉ……!」

向日葵「少しでも真面目に考えてたら、やり直しなんか受けませんわよ普通」



櫻子「うーん……」

櫻子「もう、最終手段しか残されてないのか……」

向日葵「まだアイデアはあったんですわね」






櫻子「最終手段とはすなわち!『向日葵んとこに嫁ぐ』ということ!」



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:24:54.35 ID:T1+sk+BuO
向日葵「は、はぁっ!?ななななんで私があなたを養わなきゃいけませんのよ!!///」

櫻子「だって、海賊王も宇宙刑事もダメなら……向日葵んとこにお世話になるくらいしか……」

向日葵「もっとあるでしょうが!」



櫻子「例えば?」

向日葵「例えば!?……えーっと……」



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:26:05.19 ID:T1+sk+BuO
向日葵「そうですわ!櫻子は楓と一緒に遊んだりするのが好きでしょう?だから、保母さんとかどうかしら?」

櫻子「保母さん……ねぇ」

向日葵「あなたなら、きっと楽しく仕事ができますわよ!」

櫻子「まぁ……海賊王に比べたら見劣りはするがな」

向日葵「そんな馬鹿げたのと比較しないでくださいな……」



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:26:54.99 ID:T1+sk+BuO
櫻子「そういや、さっき向日葵も『教育系の仕事』とか言ってたけど、保母さんとかを目指してるの?」

向日葵「いえ、保母さんというより私は学校の先生になりたいなって思って……」

櫻子「そっか……なら、私は保母さんはいいや」

向日葵「なんでですの?私はあなたにピッタリな仕事だと思ったんですけど……」





櫻子「だって、向日葵と一緒にできないんじゃ、楽しくないもん」





72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:27:59.45 ID:T1+sk+BuO
向日葵「な……なな……!///」カァー

櫻子「あ、そうだ!向日葵はパティシエになりなよ!そしたら、私は毎日お菓子食べ放題だし!」

向日葵「……///」

櫻子「よし、決まった!私は……」カキカキ





『向日葵と一緒にお菓子屋さん』





73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:29:22.32 ID:T1+sk+BuO
櫻子「これなら先生も文句言うまい!!」ドヤァ

向日葵「わ、私には文句ありますわよっ!///」

櫻子「なんだよー、やっぱり海賊王の手下がよかった?」

向日葵「違いますわっ!な、なんで私まであなたの進路に巻き込みますのよっ!?///」

櫻子「だって、嫁ぐのも海賊王も宇宙刑事もダメで、向日葵と私が一緒にできることって……これくらいじゃね?」



向日葵「……じゃあ、せめて私の名前は消しなさいよ……///」

櫻子「ざんねーん!もうボールペンで書いちゃったから、消せませーん!」



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:30:38.52 ID:T1+sk+BuO
…………………


向日葵「……で、どうでしたの?」

櫻子「苦笑いしてたけど、まぁオッケーだろうって」



向日葵「はぁ……もう書き直しさせてはくれないんですのね……///」

櫻子「そのかわり、店を持つならきちんと進学して経営を勉強しないとな!だって……うへぇ、勉強嫌いなのにぃ……」



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:31:38.58 ID:T1+sk+BuO
向日葵「当たり前ですわ、やっぱり大学くらいは出ていないと」

櫻子「そんな面倒な仕事は、向日葵が全部やってくれるだろ!」



向日葵「……残念、私はあくまで『パティシエ』ですから、経営などは店を出すと決めた櫻子に任せますわ」クスッ

櫻子「えぇー!?」




76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:33:14.20 ID:T1+sk+BuO
櫻子「ところでさ、私は第一希望のとこだけ書いて出したんだけど、向日葵は第二希望のところに何か書いた?」

向日葵「えっ、私は……///」

櫻子「なんだよ……顔赤らめて、気になるじゃん」



向日葵「ひ、秘密ですわっ!///」

櫻子「なんだよー!教えろよーっ!」ワーワー

向日葵「嫌ったら嫌っ!///」ギャーギャー







『第二希望:パティシエ』




おしまい!



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:35:43.26 ID:T1+sk+BuO
ひまさくが開くケーキ屋さんなら毎日通えるよ




支援激しく乙ですた


京綾、ひまさくのデュエットソング制作決定記念


結京綾ちとが好きな私は、綾ちとでデュエットしてほしい云々



ではでは
関連記事

Comment


(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

DVD

絶対美少女48人!厳選素人4時間 GLAM PLUM BEST [DVD]

好きで好きで、すきで HD [Blu-ray][アダルト]

つぼみのパイパン極小モザイク [DVD][アダルト]

秘蔵ロリパイパン200分 [DVD][アダルト]

ある日突然モテ男に変身!?オッパイだらけの夢のハーレム性活 さとう遥希 つぼみ 愛原さえ 北川瞳 [DVD][アダルト]

中出し痴漢バス女子校生 つぼみ [DVD][アダルト]

牧瀬みさ 初中出し天国 [DVD][アダルト]

SOFT ON DEMAND 男性ユーザー100万人が選んだ!確実にヌケるガチンコ素人お嬢さん2010年間BEST.20 [DVD][アダルト]

ギリグラ!! 秘宝館 北川りな [DVD]

ギリグラ!!秘宝館 相澤久美 [DVD][アダルト]

センチュリオン 青山佑香 [DVD][アダルト]

初裸 virgin nude カレン [DVD][アダルト]

ハックツ美少女 Revolution 桃川奈々 [DVD][アダルト]

モォ~娘 クリアホール 大容量ローション120ml付き

うぶばーじん

ペペローシヨン 360ml[アダルト]
Copyright © えすえす・SS管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。