スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かがみ「こなたを無視し続けたらどうなるか」

11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 12:31:18.86 ID:pI459nJE0
日曜日、駅前

こなた「いいえわったっしは♪さそりざのおんなぁ♪」テクテク

こなた「おきのすむまぁで♪わ~らうがいいわ♪たたったった♪……お、あれは……かがみんじゃんか」

かがみ「……」ポチポチ

こなた「かーがみん♪何してんの?」

かがみ「……」チラッ

かがみ「……」ポチポチ

こなた「ど、どしたの?かがみん」

かがみ「……チッ」

かがみ「……あ、もしもし?私だけど、今どこよ?」スタスタ

こなた「……ちょ、かがみ?」

かがみ「はぁ!?駅前で集合って言ったでしょ!?何でもう行っちゃってんのよ!?」スタスタ

こなた「な、なんなのさ一体……」
12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 12:44:02.40 ID:pI459nJE0
こなた「行っちゃった……」

パティ「オゥ、コナタ!奇遇ですネ!」

こなた「あ、パティ」

パティ「誰かと待ち合わせでもしてるんですカ?」

こなた「いや、そうじゃないんだけど……」

パティ「何かありまシタ?」

こなた「実は……かがみがさっきここにいてさ」

パティ「え?」

こなた「声をかけたんだけど、気づいてなかったのかそのまま行っちゃったんだよ……」

13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 12:50:23.95 ID:pI459nJE0
パティ「……コナタ……」

こなた「何?」

パティ「……いえ、何でもありまセン」

こなた「??」

パティ「それはアレですネ……最近流行りの『無視し続けたらどうなるか』って奴ですネ!」

こなた「はっ!あのしょんぼりとした無視対象が萌えるという鉄板の!?」

パティ「それネ!きっとカガミはコナタから萌えの真髄を引き出そうとしているのデス!」

こなた「な、なんですと!?」

パティ「その手に乗るかどうかはコナタ次第……」

こなた「ふむ……私を試すかかがみんよ……ならばその手、乗ってしんぜようではないか」

パティ「それでこそコナタネ!……オゥ、私はバイトがあるのでこれにて失礼しマス」

こなた「うん。じゃねーパティー」

15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 13:01:20.43 ID:pI459nJE0
こなた「ふふふ、かがみんの分際で私の萌え成分を試そうとはいい度胸よ」

こなた「……」

こなた「……でも……やっぱり無視されたんだよね、私……」

こなた「何か怒らせるようなことしたっけなぁ……」

こなた「先週の事がさっぱり思い出せない……」

こなた「まぁ、いいか。とにかく明日謝っとこう……」

泉家

こなた「ただいまー」

ゆたか「お、おかえり!お姉ちゃん」

こなた「わっ。元気なお出迎えさんだー」

ゆたか「お昼ご飯つくってあるからね。食べなよ」

こなた「うん。ありがと」

17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 13:06:02.11 ID:pI459nJE0
翌日、朝

こなた「zzz・・・」

ピピピピピピピピピ

こなた「ふが……」バン

こなた「zzz」


ピピピピピピピピピピ

こなた「うぅぅるっさいなぁぁぁ……」バン

こなた「……」

こなた「……!!!!」ガバッ

こなた「遅刻だぁぁぁ!!」

18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 13:12:43.96 ID:pI459nJE0
こなた「は、は、は……」タタタ

こなた「あぁ、もう、かがみとつかさは先行っちゃったかなぁ」

こなた「電話……したほうがいいかな」

こなた「……つかさにしよ」

トゥルルルルルルルルル

つかさ『……こなちゃん?』

こなた「あ、つかさ?もうバス乗っちゃった?」

つかさ『あ……ごめんねこなちゃん、私今日学校行けないや』

こなた「だ、大丈夫?」

つかさ『うん……じゃあ、またね』

こなた「あ、かがみは」

プツ

こなた「……切れちった」

こなた「仕方ない……かがみに電話しよ」

19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 13:23:58.10 ID:pI459nJE0

プップップッ

電話「おかけになった電話は、現在お客様の都合で通話ができません。」

こなた「え、なにこのメッセージ……はじめて聞いたよ……」

こなた「もしかして……着拒、とか?」

こなた「……」ウル

こなた「い、いやいや何泣きそうになってんだ私」ゴシ

こなた「とりあえず、学校行かなきゃ」

教室

ガララ

こなた「はぁ、はぁ、ギリギリセーーーーフっ!」
みゆき「おはようございます、泉さん」

こなた「おはよ、みゆきさん」

みゆき「今日はやっぱりつかささんは来られないんでしょうか……」

こなた「?うん、今日は来られないみたいだね」

20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 13:31:01.52 ID:pI459nJE0
みゆき「やはり、そうですか……」ハァ

こなた「……?あ、私ちょっとかがみのとこ行ってくるね」

みゆき「え……?」

こなた「またね」

みゆき「……泉さん……?」

隣のクラス

ガララ

こなた「(……かがみの席空っぽだ)」

こなた「(かがみ、今日はやっぱり来ないのかな)」

みさお「……おい」

こなた「あ、みさきち」

みさお「何しに来たんだよ」

こなた「へ……?」

あやの「ちょっと、みさちゃん……」

21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 13:41:10.03 ID:pI459nJE0
みさお「あやのは黙ってろよ、私はコイツに聞いてんだ」

あやの「でも……」

こなた「な、何?」

みさお「っっ!!!」

バシッ

こなた「……ふぇ」

こなた「(え、何?何?私殴られたの?何で?)」

こなた「(どうなってるの?)」

あやの「みさちゃん!」

みさお「でもあやの!!柊はコイツのせいで……だってのに!!コイツは抜け抜けと……てるんだぞ!!」

こなた「(え?何?よく聞こえな……)」

あやの「みさちゃん、言いすぎよ!!!」

みさお「あ……」

22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 13:49:09.12 ID:pI459nJE0
ななこ「はい、そこまで」

こなた「あ、せ、先生」

みさお「……」

ななこ「ほら泉、立てるか?」

こなた「は、はい……ぅわっ」ガク

ななこ「……とりあえず、保健室に行こか。日下部は放課後、指導室に来てや」

みさお「……はい」

ガララ

ななこ「泉、大丈夫か?耳、聞こえるか?」

こなた「え、と……少し聞こえにくいですけど、聞こえます」

ななこ「鼓膜がどうにかなっとらんとええけどな……」

23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 14:02:40.08 ID:pI459nJE0
ふゆき「これは手ひどくやられましたね」ペタペタ

こなた「いたたた……」

ななこ「耳も見てやってください。聞こえにくいって言ってたんで」

ふゆき「あら……じゃあ、ちょっと横になって」

こなた「はい」コロン

ふゆき「んーと……大丈夫だと思います。外圧がかかってちょっと鼓膜が押し込まれただけだと思いますよ」

ななこ「そうですか……」ホッ

ガラ

みゆき「泉さん!」

こなた「あ、みゆきさん」

みゆき「大丈夫でしたか?私、心配で……」ガシ

ふゆき「大丈夫ですよ。授業に出ても問題ないです」

みゆき「あぁ、よかった……」ギュ

こなた「み、みゆきさん、苦しいよ」

24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 14:14:58.06 ID:pI459nJE0
みゆき「す、すいません」スッ

ななこ「ウチは授業があるさかい、行くわ。ほな高良、頼むで」

みゆき「はい」

ふゆき「どうする?もう少し、休んでく?」

こなた「いえ、大丈夫です」

みゆき「ほんとに大丈夫ですか?」

こなた「うん。私、ちょっとトイレ行くから、みゆきさん先に戻ってて」

みゆき「一人で……」

こなた「大丈夫だから」

みゆき「……はい。では、先に戻っていますね」

こなた「うん」

25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 14:19:27.84 ID:pI459nJE0
トイレ

こなた(何もわからない)

こなた(私は何をしてしまったのかな?)

こなた(『柊はコイツのせいで……だってのにコイツは抜け抜けと……てる』)

こなた(私のせいで、何?私は抜け抜けと、何?)

こなた(わからない、わからないよ……)

こなた(……出よ)

ガチャ

かがみ「……」

こなた「か、かがみ……」

27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 14:56:42.76 ID:pI459nJE0
かがみ「……」キュッ ジャー

こなた「かがみ……あの……」

かがみ「……」キュッ

こなた「わ、私、何かしたかな……?」

かがみ「……」

こなた「何かしたなら謝るから、その……」

かがみ「……」

こなた「前みたいに、話してよ……」

かがみ「……」スタスタ

こなた「ま、待ってっ!」タタッ


こなた「いな、い……」

31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 15:08:50.78 ID:pI459nJE0
こなた「どうして……」

こなた「あ、て、手洗わないと」タタタ

かがみ「……」ジャー

こなた「……あ、あ……」

「泉さん?」

こなた「うわぁっ!!」

みゆき「ど、どうかしましたか?」

こなた「み、みゆきさんか……あ」

こなた(また、いなくなってる……)

みゆき「大丈夫ですか?」

こなた「う、うん、いや、……大丈夫だよ」キュッ ジャー

キーンコーンカーンコーン

こなた「あ、予鈴……みゆきさん、大丈夫だったの?」

みゆき「……心配ですから」

32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 15:14:55.97 ID:pI459nJE0
こなた「……ねぇ、みゆきさん」

みゆき「なんでしょうか」

こなた「かがみのこと……なんだけど……」

みゆき「……なんでしょうか」

こなた「かがみ……って……今日学校、休んでるんだよね……?」

みゆき「泉さん……?」

こなた「休んでるだけ……だよね……?」

みゆき「……なにをおっしゃっているんですか?」

こなた「……みんなおかしいんだ……かがみには無視されるし……つかさは様子が変だし……みさきちは怒るし……」

みゆき「……」

こなた「それに……さっき、か、かがみが、消え、消えちゃったんだ」ガタガタ

33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 15:18:38.53 ID:pI459nJE0
みゆき「……」

こなた「ねぇ、みゆきさん?何か、言ってよ……」

みゆき「泉さん……落ち着いて聞いてください」

こなた「……」

みゆき「かがみさんは……かがみさんは……」

みゆき「一昨日、亡くなられました、よね」

こなた「……あぁ……」


思い出した。

34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 15:30:17.85 ID:pI459nJE0
そうだ、土曜日は……かがみと待ち合わせをして、遊びに行く予定だったんだ。


土曜日、駅前

こなた「んー……11時半かぁ。待ち合わせより30分早く着いちゃったなぁ」

こなた「ちょっとメイトに行こーっと♪」

メイト

こなた「お、これ新刊出てんじゃーん!閲覧用、保管用、布教用っと~♪」

♪み、みみっ、みんみんみらくる、みっくるんるん♪

こなた「あ、電話……」ピッ

こなた「はい、ドッピオで」

かがみ『あ、もしもし?私だけど、今どこよ?』

こなた「え?アニメイト」

かがみ『はぁ!?駅前で集合って言ったでしょ!?何でもう行っちゃってんのよ!?』

こなた「ご、ごめんごめん、すぐ行くからさぁ」

かがみ『ったく……カフェのとこで待ってるからね?』

こなた「わかったー」

38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 15:53:23.98 ID:pI459nJE0
こなた「えーと、どこだったかな」キョロキョロ

かがみ「おーい、こなたー!」

こなた「お、やっほーっ」

信号が青になる。
道の向かい側で待つかがみのところに走る。
するとかがみが私の方に手を伸ばしてきた。

こなた「いつつ……」

気づけば、私は歩道に転がっていた。かがみは車道に転がっていた。

39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 15:57:53.39 ID:pI459nJE0
こなた「え……?」

転がっている場所以外の違いといえば、頭が後ろを向いているかどうかだろうか。

こなた「か、がみ……?」

かがみ「……」

こなた「……おーい」グリ

頭を元の方向に戻してみたが、無駄だった。

こなた「かがみ?」

かがみ「……」

こなた「起きなよ?」ユサユサ

かがみ「……」

こなた「……ねぇ」

かがみ「……」

こなた「無視しないでよ」

40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 16:03:14.72 ID:pI459nJE0
月曜日、トイレ

こなた「……どうして忘れてたのかな?」

みゆき「……ショックに、耐え切れなかったのかと」

こなた「そうなんだろうね。ごめん、私、帰るよ」

顔を上げて鏡を見た。

かがみ「……」

こっちを向いていないのにこっちを見ているかがみがいた。

こなた「ね、かがみ。帰ろうよ」

みゆき「泉さん、気をたしかに持ってください!」

こなた「やだなみゆきさん。私は正気だよ」

みゆき「ですけど……」

こなた「一人で大丈夫。先生に言っておいて」

みゆき「……」

41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 16:10:16.87 ID:pI459nJE0
こなたの部屋

こなた「……ね、かがみ」

かがみ「……」

こなた「ずっと一緒にいられるといいね?」

かがみ「……」

こなた「そうだ……いい方法があるよ」


夕方

ゆたか「ただいまー。お姉ちゃん、帰ってるの?」

ガララ

ゆたか「……キャァァァアァァァ!!!!!」


終われ



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 17:49:23.45 ID:pI459nJE0
こなた「寒いね」

かがみ「そうね」

こなた「こたつ出そっか」

かがみ「そうね」

こなた「それとも二人で暖まろっか」

かがみ「それはないわね」

こなた「そんな事言って夜は激しいくせに」

かがみ「やめなさいよ」



みたいなの誰か書いて

71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 17:53:05.14 ID:pI459nJE0
かがみ「焼き芋がおいしい季節になったわね」

こなた「前もそんな話聞いたよ」

かがみ「前もしたもの」

こなた「そっか」

かがみ「そうよ」

こなた「じゃあ言ってもいい?」

かがみ「ダメ」

こなた「太るよ」

かがみ「ダメって言ったのに……」



みたいなの誰か書いて

74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 18:00:12.82 ID:pI459nJE0
こなた「こたつの熱を出すとこあるじゃん?」

かがみ「あるわね」

こなた「ここってちょんって触れたくならない?」

かがみ「ならないわよ」

こなた「そう?」

かがみ「そう」

こなた「熱いけど耐えきれないほどじゃないって感じが心地いいんだけどなぁ」

かがみ「低温やけどに気つけなよ?」

こなた「低温やけどって凍傷のことじゃないの?」

かがみ「違うわよ」

こなた「違うんだ」

かがみ「うん」

75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 18:03:47.74 ID:pI459nJE0
こなた「もう………行かなきゃ」

かがみ「ダメ………私を一人にしないでよ!」

こなた「私だって!!………さよならしたくないよ………」

かがみ「お願い、そのコタツのスイッチを私によこしてからお茶を入れに行って……!」

こなた「そのくらい自分でやりなよ。全くもう、かがみも人のこと言えないんじゃないの?」

76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 18:09:32.88 ID:pI459nJE0
こなた「ダメ……!かがみ、そこはぁ……ッ!」

かがみ「普段あんまり弄ってないから敏感なのね……カチカチじゃないの」

こなた「や、やだっ、潰しちゃだめぇっ!」

かがみ「こんなのはどうかしら?」ヴィイイイイイイイン

こなた「やっ、機械は私ダメなのっ!や、あはぁぁあぁぁっ!」

カララ

つかさ「お姉ちゃんたち一体何してるの……?」

かがみ「こなたの肩の凝りをほぐしてるんだけど」ヴィイイイイイイン

こなた「あひゃひゃひゃひゃっ!ダメっ!くすぐった、かがみやめ、ひゃひゃひゃひゃひゃ!!」

77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 18:13:26.49 ID:pI459nJE0
かがみ「冬といえば悲恋よね」

こなた「そうなの?」

かがみ「そうなの。なのに私たちときたらこれでしょ……いやんなっちゃうわ」

こなた「私はもう悲恋してるけどなぁ」

かがみ「うそ?あんたが?信じられん」

こなた「うん。私はかがみに叶わぬ恋をしてるからね。およよ」

かがみ「なんじゃそりゃぁ……信じた私がアホだったわ……」

こなた「……冗談じゃないんだけどな」

かがみ「ん?なに?」

こなた「なんでもないよ」

78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 18:21:14.38 ID:pI459nJE0
こなた「やっぱりコタツといえばみかん。王道だよねぇ」ムキムキ

かがみ「そうね……」ムキムキ

こなた「ん、あまーい」

かがみ「こっちは酸っぱいわ……」

こなた「ペットは飼い主に似るっていうしねー」

かがみ「私は酸っぱいんかい。それ以前にペットじゃないわ!」

こなた「私とあなたで甘酸っぱい恋のギャランドゥの始まりよ!」

かがみ「わけわからんわ」

こなた「始まらないかな~恋のギャランドゥ」

かがみ「私たち二人で始まっても面白くもなんともないでしょ」

こなた「てかギャランドゥてなに?」

かがみ「……わからないわ」

79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 18:27:03.61 ID:pI459nJE0
カチカチ

こなた「ギャランドゥ……①もんたよしのり作詞作曲による西城秀樹の44枚目のシングル。
    ②へその周りに生えている体毛、あるいはそれが濃くパンツの中までつながっている状態。」

かがみ「そのネタ引きずるんだ……てか体毛て」

こなた「腹毛ってことだねー」

かがみ「腹毛っていうな!ギャランドゥって言え!」

こなた「別にギャランドゥ自体に意味はないみたいだね」

かがみ「つまりどういうこと?」

こなた「ニュアンスが伝わるなら何でもいいってこと」

かがみ「うーん……」

こなた「さ、かがみ。私とギャランドゥしよう」

かがみ「何でもいいってわけじゃないのがわかったわ」

80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 18:37:47.74 ID:pI459nJE0
こなた「成長痛ってあるじゃん?」

かがみ「あるわね」

こなた「胸が大きくなるときは胸がしこって痛くなるっていうじゃん?」

かがみ「なるわね」

こなた「……私……」

かがみ「ならなかったのね……」

こなた「普通の成長痛もほぼ経験してない……」

かがみ「……」ナデナデ

こなた「……『私は小さいこなたの方が好きよ』」

かがみ「勝手にアテレコするな」

81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 18:44:03.32 ID:pI459nJE0
かがみ「……でも、まぁ」

こなた「ん?」

かがみ「こなたは小さいのも持ち味だと思うわよ?」

こなた「……」

かがみ「……」

こなた「……」

かがみ「何で黙るのよ……」

こなた「あまりの破壊力に少し思考停止した……」

かがみ「なんの破壊力よ」

こなた「ね、かがみ」

かがみ「ん?」

こなた「もっと撫でてよ」

かがみ「はいはい」

83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 19:06:22.81 ID:pI459nJE0
つかさ「今日も寒いね」

みゆき「寒いですね」

つかさ「もう12月なんだね」

みゆき「月日が経つのは早いものですね」

つかさ「ついこの間は暑かったのにね」

みゆき「そうですね」

つかさ「私は暑いより寒い方が好きかな」

みゆき「どうしてですか?」

つかさ「暑いのは我慢できないけど、寒いのはこうしてゆきちゃんに埋まってれば我慢できるから」

みゆき「私もこうしてつかささんに埋まっていただいていると寒いのを我慢できます」

つかさ「だよね」

みゆき「ええ」

84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 19:09:50.91 ID:pI459nJE0
つかさ「ゆきちゃんちはこたつないんだね」

みゆき「洋室ばかりですから、あまり合わないんです」

つかさ「でも、床があったかいんだね」

みゆき「ええ」

つかさ「いつもは冷たくて恐怖の対象のフローリングがこんなに密着したくなる存在になるものなんだね」

みゆき「私よりですか?」

つかさ「え?」

みゆき「私より密着したいですか?」

つかさ「ゆきちゃんの方が密着したいに決まってるよ」

みゆき「ありがとうございます」

つかさ「変なゆきちゃん」

みゆき「そうですね」

つかさ「えへへ」

みゆき「うふふ」

91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/02(木) 20:19:04.21 ID:pI459nJE0
ピンポーン

くじら「こんにちはー!宅配ピザお持ちしましたー!」

みゆき「はーい、ありがとうございます。おさいふおさいふ……っと、あら?私、ピザ頼みましたっけ?」

つかさ「ごめんね、勝手に頼んじゃった。えへへ」

みゆき「あら……でも、これでイタリアンな気持ちになれますね。両方いただきましょう」

つかさ「わーい」


らき☆すたキャラクターソングVol.004 高良みゆき
好評発売中

99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 00:37:06.11 ID:m5aBZccR0
かがみ「あんた、初潮がまだきてないって本当なの?」

こなた「ぶふっ! 唐突に何を言い出すのさ、かがみん」

みゆき「それは本当なんですか? 泉さん?」

こなた「ええぇっ、うーんまぁ……まだだね」

かがみ「……マズイわね」

みゆき「……マズイですね」

こなた「え? そうなの?」

かがみ「調べた方がいいわね、触診で」

みゆき「そうですね、触診で」

こなた「え、え? ちょ、ちょっと待って二人と、うわああああああああっ」

101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 01:14:16.17 ID:m5aBZccR0
つかさ「ええ! みんな何してるの!?」

こなた「あっ、つ、つかさ……助けてぇ!」

かがみ「つかさ、いいところにきたわね」

みゆき「今から、泉さんのアレをアレしようとしていたところです」

つかさ「うわ、楽しそうだね! 私も手伝うよ!」

こなた「えええー!」

つかさ「あ、そうだ! ちょっと待っててね、こなちゃん!」ダッ

一同「??」

ダダダッ

つかさ「ほらこれ! バルサミコ酢!」

かがみ「おー、つかさにしては気が利くわね」

みゆき「さっ、つかささん。それをここに」

こなた「え、え? ちょ、ちょっと待ってつかさ、うわああああああああっ」

105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 02:12:51.40 ID:m5aBZccR0
つかさ「おててのしわとしわを、あわせてしあわせ」

つかさ「な~む~」

かがみ「いきなりどうしたの?」

つかさ「えへへ、ちょっと思い出したから」

こなた「でも懐かしいね、それ」

つかさ「あのCMすごい好きだったんだぁ」

かがみ「へぇ~、つかさらしいわね」

こなた「あ、わたしその別のバージョン知ってるよ」

かがみ「別のバージョン?」

こなた「うん、たしか……」

こなた「おててのふしとふしを、あわせてふしあわせ」

こなた「な~む~」

つかさ「ふえぇ!?」

かがみ「止めい!」

106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 02:44:34.26 ID:m5aBZccR0
こなた「うんうん」

かがみ「何唸ってるのよ」

こなた「いや、駅前で買ったチョココロネが久々に当たりでね」

かがみ「へぇ~、そうなんだ」

こなた「うまい、うますぎる! 十万石コロネ!」

かがみ「……県民ネタは止めないか?」

109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 05:15:52.20 ID:m5aBZccR0
こなた「お邪魔しま~す」

かがみ「おーす、ってなんで制服なんだ?」

こなた「ん~、ちょっと野暮用で学校寄って来たからね――とぅっ!」ボスン

かがみ「部屋入るなり人のベッドに飛び込むなよ……」

こなた「いや~、部屋に入ったときの習わしみたいな?」

かがみ「は~、さいですか……」

かがみ「てっ、ちょっとこなた! パンツ見えてるわよ!」

こなた「ん? お、おー」スッ

かがみ「家の中だからって無防備すぎよ!」

こなた「えーでも、誰も見てないんだから気にしなくていいじゃん」

110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 05:17:42.91 ID:m5aBZccR0
かがみ「私がいるじゃない!」

こなた「かがみんは女じゃん?」

かがみ「そ、そういう問題じゃなくてっ!」

こなた「ふ~ん」

かがみ「……何よ?」

こなた「……ほれっ」ガバッ

かがみ「んな!?」ボフン

かがみ「な、な、な、何をしてんの!? アンタは!」

こなた「ほれほれ~」

かがみ「は、早く、あ、足閉じなさいよ!」

112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 05:19:11.72 ID:m5aBZccR0
こなた「んっふっふ、まさかかがみんにそっちの気があったとはねぇ」

かがみ「な、そ、そんなんじゃないわよ!」

こなた「いやいや、その反応は普通じゃないよ~」

かがみ「ち、違うって言ってるでしょ!」

こなた「ふ~ん、そっか」スッ

かがみ「あっ……」

こなた「ほら、やっぱり」

かがみ「ぬああ、しまったああああああああ!」

おわる

118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 13:48:07.23 ID:m5aBZccR0
こなた「ホワホワホワホワ花子さ~ん♪ ホワホワホワホワ花子さ~ん♪」

つかさ「あー、それ知ってる」

かがみ「また古いもの歌ってるな、アンタは」

こなた「いや~、結構見てたんだよね~。花子さんがきた!!」

こなた「現代風に言うと、花子さんがキタ━(゚∀゚)━!、かな」

かがみ「それはアンタらだけの言葉だ……」

つかさ「私もたまに見てたよ~。ね、お姉ちゃん?」

かがみ「そーねぇ。でもつかさはほとんど眼伏せてたじゃない?」

つかさ「ふえ、そうだったっけ?」

こなた「つかさは怖がりだからね~

119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 13:49:14.37 ID:m5aBZccR0
かがみ「私もわりとみてたと思うけど……」

かがみ「花子さんが妖怪退治してくれるってことくらいしか覚えてないわ」

こなた「んー、私も印象に残ってるのしか覚えてないね。怪人トンカラトンとか」

かがみ「それ、どんな話があったっけ?」

こなた「トンカラトンはねー」

つかさ「え、今その話するの……?」

かがみ「またつかさは。子供向けのアニメなんだからそんなに怖くないわよ」

つかさ「う、うん、そうだよね」

こなた「じゃ話すよ? トンカラトンはね」

こなた「全身包帯でぐるぐる巻きの怪人で、自転車に乗ってどこからともなく現れるんだよ」

120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 13:50:00.90 ID:m5aBZccR0
こなた「『トン、トッン、トントン、トン、カラ、トン』って歌いながらね」

こなた「それで『トンカラトンと言え』って言ってくるんだよ」

こなた「ちゃんとトンカラトンと言えば助かるんだけど……」

こなた「言わないと持ってる日本刀で斬られちゃうんだ」

かがみ「……ふ~ん、そんなに怖くはないわね」

こなた「まぁ、見たの子供のときだしね~」

つかさ「うう、私は今聞いても怖いよぅ」

こなた「あはは、つかさは可愛いね~」

121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 13:51:00.08 ID:m5aBZccR0
~~~

つかさ「ううっ」

つかさ「(結局あの後もこなちゃん達の怖い話に付き合っちゃったよぅ)」

つかさ「(しかも、こんな日に限って私一人で帰るハメになっちゃうし……)」

つかさ「(お姉ちゃんの用事が終わるまで待ってればよかったな……)」

つかさ「……で、でも、まだ暗くなる前だし、早く家に帰ろうっ」

つかさ「それに『トンカラトン』なんて怖くないもんっ!」

チリリーン

「……ン、カラ、トン」

つかさ「えっ?」

「……トントン、トン、カラ、トン」

122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 13:51:53.70 ID:m5aBZccR0
つかさ「う、うそっ!?」

「トン、トッン、トントン、トン、カラ、トン」

つかさ「き、きゃああああああああああああああ」ダッ

つかさ「(な、な、なんで!? あれって、つ、作り話なんじゃ……!?)」ダダダ

つかさ「(だ、誰か助けてっ!)」

つかさ「(あっ、そうだ!)」

つかさ「(さっきこなちゃんが言ってたようにすればっ)」

「トン、トッン、トントン、トン、カラ、トン」

つかさ「(だ、大丈夫。怖くない、怖くないっ)」ブルブル

「トン、トッン、トントン、トン、カラ、トン」キキッ

123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 13:53:02.71 ID:m5aBZccR0
つかさ「(うう、目を合わせないようにっ、目を合わせないようにっ)」ブルブル

「オマエ『トンカラトン』と言ったな……」

つかさ「えっ」ビクッ

「言えという前に、勝手に『トンカラトン』と言った奴は皆、敵だ……」

つかさ「え、え!? そ、そんな――」

ズシャッ

「トン、トッン、トントン、トン、カラ、トン」

「トン、トッン、トントン、トン、カラ、トン」

チリリーン

END

132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 20:34:16.47 ID:m5aBZccR0
こなた「(ハンター×ハンターおもしろいな~)」ペラ

こなた「(ふむふむ、じゃんけん必勝法か……)」ペラ

こなた「(相手が出す瞬間の手の形で見極める、か…)」

こなた「(これぐらいなら私にもできそうじゃん)」

こなた「かがみんや」

かがみ「なによ?」

こなた「野球拳やらなイカ?」

かがみ「はぁ? イヤに決まってるでしょ」

こなた「え~、なんでぇ」

かがみ「そんな不利益しか生まない遊びはやる価値ない」

134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 20:43:04.76 ID:m5aBZccR0
こなた「じゃあそっちが勝ったら、さらに……」

こなた「食べたがってた駅前のお店のパフェおごってあげる」

かがみ「あ、あの『増量必死!ダイエット少女注意! 夢見る超特大特盛メガトンパフェ』を!?」ガバ

こなた「これならいいでしょ?」

かがみ「ほ、本当に!?」

こなた「もちロ~ン」

こなた「(好きな食べ物の話になるとちょろいもんだね)」

こなた「(これでかがみんのあられもない姿が拝めるってもんだよ)」

かがみ「う~ん、でもちょっとあやしいわね」

こなた「へっ? な、何が?」ギクリッ

135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 20:48:16.04 ID:m5aBZccR0
かがみ「こなた、ずいぶん自身あるみたいじゃない?」

こなた「ソンナコトナイヨ?」

かがみ「運頼みのじゃんけんでそんなに太っ腹な条件をだせるわけない」

こなた「ソレハオモイスゴシダヨ」

かがみ「ふ~ん……」

かがみ「まぁいいわ、アンタが何か仕込んで様と勝てばいいしね」

こなた「(ほっ)」

かがみ「お互い制服姿だからちょうど条件も一緒だしね」

こなた「うん、じゃ始めよっか」

かがみ「いいわよ」

136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 20:53:26.05 ID:m5aBZccR0
こなた「よ~し、いくよ」

こ・か「じゃん、けん」

こなた「(見えた!)」キラーン

こ・か「ぽん!」

こなた「……勝ったー!」

かがみ「くっ、負けた」

こなた「ほれほれ、一枚お脱ぎなさいな」ニヤニヤ

かがみ「わ、分かってるわよ! ……ほら、靴下脱いだわよ」

こなた「ふむふむ、無難に行くねぇ」

かがみ「あたりまえでしょ!」

137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 20:59:35.13 ID:m5aBZccR0
こなた「(ふふふ、これは簡単に終りそうだね)」ニヤニヤ

こなた「じゃ、次いくよ~」

こ・か「じゃん、けん、ぽん!」

こなた「……あ、あれ? 負けた」

かがみ「ふふ、一勝一敗ね。ほら一枚脱ぎなさい」

こなた「う、うん(おっかしいなー)」

こなた「はい、靴下脱いだよ」

かがみ「アンタも無難にいくんじゃない」

こなた「定石を崩してはいけないのだよ」

かがみ「ふ~ん、そう」

138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 21:05:13.68 ID:m5aBZccR0
かがみ「まぁ、いいわ。私の勝ち運を逃さないうちに次やるわよ」

こなた「うん(こんどこそ……)」

こ・か「じゃん、けん、ぽん!」

こなた「……ま、また負けた!?」

かがみ「あらら、意外と弱いわね、こなた」

かがみ「てっきり、何か策でも考えてるのかと思ったわ」

かがみ「ほら脱ぎなさい」

こなた「うむぅ、じゃあ……」ガバ

かがみ「ほほーう、上着の下はキャミソールですか」

こなた「ブラは窮屈だからあんまり好きじゃないんだよね」

140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 21:08:46.43 ID:m5aBZccR0
こなた「……ってそんなのはいいから! ほら、次やるよ! 次!」

かがみ「はいはい」

こ・か「じゃん、けん、ぽん!」

こなた「よし! 勝った!」

かがみ「あちゃー、負けた」

かがみ「それじゃ一枚脱ぐわね」シュル

こなた「あ、リ、リボンはズルいよ!」

かがみ「そんなことないでしょ? お互い今の格好は同意の上で始めたんだから」

こなた「うっ(ハメラレタ……)」

かがみ「さ、次いくわよ」

141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 21:12:42.55 ID:m5aBZccR0
こなた「(ええい、こっちだって本気だすからいいよ!)」

こ・か「じゃん、けん、ぽん!」

こなた「……ま、負けた(な、なんで?)」

かがみ「ふふ、次はどうするのかな~こなた?」ニヤニヤ

こなた「う、じゃあ上から」ガバ

こなた「……」

かがみ「……ぺったんこ」

こなた「ストレートに言うね、かがみ……」

かがみ「それじゃ、次いくわよ!」

こなた「う、うん(もう例の必勝法は信用できない……)」

142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 21:15:22.38 ID:m5aBZccR0
こ・か「じゃん、けん、ぽん!」

こなた「……か、勝った」

こなた「(ほっ……何とか勝てた)」

かがみ「あー、負けた」

こなた「ほら、かがみん。脱いで脱いで」

かがみ「分かってる。そっちの格好に比べたらこれくらい何ともないわよ」ガバ

こなた「おおー、これは絶景! いい形してますな!」

かがみ「あー、うるさいうるさい」

かがみ「しかし、そろそろ正念場ね……」

こなた「うん……」

145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 21:18:58.22 ID:m5aBZccR0
かがみ「じゃ、いくわよ」

こ・か「じゃん、けん、ぽん!

こなた「……うあぁ、負けた」

かがみ「はい、じゃあ脱ぎなさい」ニヤニヤ

こなた「分かってるよぅ(うぅ、こんなハズじゃ……)」スルスル

かがみ「ほぅ、青と白の縞模様、っと」

こなた「さすがにちょっと恥ずかしぃ……かも」

かがみ「アンタが言いだした事なんだから」

かがみ「さ、残す砦はあと一枚」

こなた「うぅ……」

147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 21:23:11.24 ID:m5aBZccR0
かがみ「じゃいくわよ~。ちゃんと約束は守ってもらうから」

こなた「うっ」

こ・か「じゃん、けん、ぽん!」

こなた「あっ……(負けた)」

かがみ「よーし、勝ったあ!」

こなた「あうぅっ……」

こなた「(まさかこんなことになるなんて……)」

かがみ「さ、ほら、脱ぎなさい」ニヤニヤ

こなた「ちょ、あ、あのさ、パフェはちゃんとおごるからさっ」

こなた「ここで終わりにしない? ねっ?」

149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 21:25:32.00 ID:m5aBZccR0
かがみ「ダメ!」

こなた「うえ!?」ビク

かがみ「脱ぎなさい。約束したでしょ?」

こなた「(う、かがみんが本気の目をしてる……)」

こなた「カガミサマ…メガコワイデス……」

かがみ「ゴチャゴチャ言ってないでさっさと脱ぎなさい!」グイッ

こなた「うわ!? ちょっ、やめ、か、かがみ危ない」バタバタ

こなた「ふおお!?」ドサドサ

ガチャ

つかさ「お姉ちゃーん、こなちゃーん、クッキー焼いたよ~」

150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 21:26:51.63 ID:m5aBZccR0
つかさ「ふえぇ!?」

こなた「あ、つ、つかさ!?」

かがみ「つかさ!?」

つかさ「あの、えと、ふ、二人とも何をしてるの?」

かがみ「いや、これは、その違うのよ?」

こなた「うん、そうそう、決してやましいことを……」

つかさ「あ、ううん、いいよ、うん、わかってるから、うん」

つかさ「く、クッキーここに置いておくからね」

かがみ「あ、ちょっと待ってつかさ勘違いして……」

つかさ「それじゃね! じ、ジャマしてゴメンね!」バタン

こなた「つかさ、ま、待って!」

つかさ「二人とも! お幸せにぃ――……!」ダダダッ

fin
関連記事

Comment


(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

DVD

絶対美少女48人!厳選素人4時間 GLAM PLUM BEST [DVD]

好きで好きで、すきで HD [Blu-ray][アダルト]

つぼみのパイパン極小モザイク [DVD][アダルト]

秘蔵ロリパイパン200分 [DVD][アダルト]

ある日突然モテ男に変身!?オッパイだらけの夢のハーレム性活 さとう遥希 つぼみ 愛原さえ 北川瞳 [DVD][アダルト]

中出し痴漢バス女子校生 つぼみ [DVD][アダルト]

牧瀬みさ 初中出し天国 [DVD][アダルト]

SOFT ON DEMAND 男性ユーザー100万人が選んだ!確実にヌケるガチンコ素人お嬢さん2010年間BEST.20 [DVD][アダルト]

ギリグラ!! 秘宝館 北川りな [DVD]

ギリグラ!!秘宝館 相澤久美 [DVD][アダルト]

センチュリオン 青山佑香 [DVD][アダルト]

初裸 virgin nude カレン [DVD][アダルト]

ハックツ美少女 Revolution 桃川奈々 [DVD][アダルト]

モォ~娘 クリアホール 大容量ローション120ml付き

うぶばーじん

ペペローシヨン 360ml[アダルト]
Copyright © えすえす・SS管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。